2017年02月28日

はぁ〜るぅが きぃたぁ〜るんるん

このところ、来(き)ている気配(けはい)のする春(はる)。 とりあえず、鳴(な)きマネしてから、昼休(ひるやす)みのイノーをチェック。

やってきたのは、ムナグロとキョウジョシギ。

kjs-170228.jpg

キョウジョシギの踊(おど)り食(ぐ)い・・・いつもながら凄惨(せいさん)ですね゛〜たらーっ(汗) 美味(おい)しいのでしょうけれど。

いつのまにやら、近(ちか)すぎて記録(きろく)できないほどのキアシシギ。

kas-170228.jpg

フツーに咳払(せきばら)いとか、話(はな)しかけたりしてもヘッチャラなヤツ。(笑) でも餌付(えづ)けしてませんし、ヤリようもありません。

はるか遠(とお)く松西(まつにし)のノリヒビのところには、コーちんらしきコウノトリが飛来(ひらい)していました。

念(ねん)のため、南(みなみ)へ移動(いどう)してタシギチェック。

tsg-170228.jpg

きょうも地味(じみ)に絶好調(ぜっこうちょう)です。exclamation あれ? その向(む)こうで、春らしい影(かげ)が?

ピヤっと飛(と)んだのは、ヤツガシラ

yg-170228.jpg

2週(しゅう)くらいまえから気配がしていたのですけれど・・・ようやく。 とはいえ、2月(がつ)は初(はじ)めての早(はや)さです。 いよいよ、本格的(ほんかくてき)な渡(わた)りのシーズンイン。exclamation×2


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ヤツガシラ 】
posted by ぶん+ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

チヌ いなイノ〜

けさは、チヌのチャンス。

inow-170228.jpg

おだやかな好天(こうてん)。 でも、怪(あや)しげな霞(かす)みはチャンからのPM2.5。たらーっ(汗)


39.5センチくらいのを見(み)つけたので、釣(つ)ってみることに。

fishin-170228.jpg

ルアーをセットして、うろうろジロジロ探(さが)すものの・・・ボラのみ。バッド(下向き矢印)

無駄(むだ)にネバっても仕方(しかた)ないので、仕事(しごと)しま〜す。

posted by ぶん+ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2017年02月27日

やっぱり強風(きょうふう)

温暖化(おんだんか)は強風と豪雨(ごうう)、大雪(おおゆき)がつきもの。

inow-170227.jpg

ようやく雨(あめ)が止(や)んだのに、すぐ強風。たらーっ(汗) コンチクショ〜気分(きぶん)ですけれど、それは天(てん)に唾(つば)を吐(は)くようなもの。 それに、温暖化はそもそもニンゲンがヤッチマッタ結果(けっか)ですし。

チヌ(ミナミクロダイ)は一尾(いちび)だけ見(み)つけたけれど、40センチあるかどうか・・・

見渡(み・わた)すと、クロツラーズたちが、不思議(ふしぎ)と先輩(せんぱい)たちが休(やす)んできた枯(か)れ枝(えだ)にいます。

khs-170227.jpg

奥(おく)の草地(くさち)には、渡りのアオサギたちが集(あつ)まっています。

ココはそう・・・

amagi-dake-170227.jpg

天城岳(あまぎ・だけ)をバックに、天城だけの風光(ふうこう)にございますっ。exclamation×2

昼休(ひるやす)み、イノーの南端(なんたん)のとこをチェック。 いたいた。

tsg-170227.jpg

ココは、毎年1、2羽(わ)の選(えら)ばれし?タシギが越冬(えっとう)するポイントなのです。 でも、記録(きろく)するにはタシギに気付(きづ)かれないのがベストですけれど・・・そりゃホトンド無理(むり)。 なので、気付いても逃(に)げないよう、知(し)らないフリして記録するのがコツ。(笑)

鳥(とり)はバカじゃありません。 記憶力(きおく・りょく)もありますから、間抜(まぬ)けなオッサンが驚(おどろ)かせてしまえば、記憶されてしまう。 これより先(さき)、その1羽がジェジェッと鳴(な)いて逃げると、ほかの鳥たちが逃げてしまう。 なので慎重(しんちょう)に。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 クロツラヘラサギ タシギ 】
posted by ぶん+ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年02月26日

予習(よしゅう) 副食(ふくしょく)

子(こ)どものころ、さっぱり予習などしませんでしたけれど・・・オトナになってからは、仕事(しごと)とご飯(はん)についてはバッチリ予習。exclamation×2 やはり人妻(ひとづま)に嫌(いや)がられない努力(どりょく)は惜(お)しみません。(笑)

なんといっても、シマンチュの離婚(りこん)の原因(げんいん)は、夫(おっと)はエッチしてタバコと焼酎(しょうちゅう)を飲(の)みながら、チッポケなことを大声(おおごえ)で自慢(じまん)するばかりで・・・妻(つま)に愛想(あいそ)を尽(つ)かされるワケですし。たらーっ(汗)

で、このごろの予習テーマはニンジン。

絶賛収穫中(ぜっさん・しゅうかく・ちゅう)のバレイショは人気(にんき)ですから、さほど予習しなくてもOKですし、オカズでなくむしろご飯。 なぜに徳之島(とくのしま)でニンジンなのかわかりませんが、バレイショのつぎはニンジン尽(づ)くしになります。 でもシマンチュは好(す)き嫌(きら)いが激(はげ)しいので、不合品(ふごうひん)のニンジンは困(こま)り者扱(もの・あつか)い。たらーっ(汗) クロウサギの住(す)む林道(りんどう)へ捨(す)てる、頭(あたま)の悪(わる)ぅい農家(のうか)もいらっしゃるほど、余(あま)ります。


そこで
おいしい作(つく)り置(お)きはできないものか、と。 煮物(にもの)とか冷凍(れいとう)とかスマートでないし、そんなに食(た)べられない。 とりあえず、マリネかな?

marinade-170226.jpg

シンプルにピーラーで引(ひ)いて、塩(しお)、安(やす)い米酢(こめず)、バージンオリーブオイルでサラダをこさえ、チョイ置(お)いてからいただいてみると・・・甘旨(あまうま)っ。ひらめき

ブロッコリーでもそうだったのですけれど、島野菜(しまやさい)は愛情(あいじょう)たっぷり施肥(せひ)ドッサリだから濃(こ)くて甘いので、ドレッシングの甘みがクドくなってしまう。 そこでシンプルにしてみたのです。ひらめき

では、朝(あさ)のパンのオカズになるよう、タンパク源(げん)も加(くわ)えて・・・と。

salad-170226.jpg

ウチナーンチュの必需品(ひつじゅひん)、シーチキンをプラス。 奥(おく)さまなら缶(かん)の油(あぶら)もバッチリ用(もち)いることができますし、冷(ひ)えても固(かた)まりません。

粒(つぶ)コショウを包丁(ほうちょう)を寝(ね)かせて荒(あら)くつぶし、いっしょに漬(つ)けておくとオトナの味(あじ)わいに。

ニンジンを半分(はんぶん)に乾竹割(からたけわ)り?してからピーラーで引くと、葉物(はもの)のようにワシワシとドッサリ食べやすいので、おススメです。 ちょい面倒(めんどう)なのと、ビミョ〜にアクがでるのが気になるところ・・・ですけれど。

posted by ぶん+ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2017年02月25日

どんより曇天(どんてん) もどり冬(ぶゆ)?

こんなときは・・・イボイモラー。

スンゴイ寒(さぶ)い内地(ないち)でも同(おんな)じように、凍(こお)るはずの厳冬(げんとう)に繁殖(はんしょく)するアガカエルなどもいるらしい。 島(しま)でも厳冬に繁殖するカエルやイモリがいます。

その代表格(だいひょうかく)がイボイモリ。 シットリ系(けい)でなく、サラッと系の不思議(ふしぎ)な両生類(りょうせいるい)。 この時節(じせつ)は産卵(さんらん)が盛(さか)ん。

tamago-170225.jpg

両生類なので・・・水辺(みずべ)でイクラくらいの卵(たまご)を産(う)みます。 ずいぶん増(ふ)えました、けれど、水辺の草(くさ)が刈(か)られたためか、なんだかヤタラと産みちらかしてしまって、ムキダシの卵が多(おお)い。たらーっ(汗) 踏(ふ)まれた卵も。

あ゛・・・母(かあ)さんイボイモリが。

ii-170225.jpg

夜(よる)のうちに森(もり)に帰(かえ)らずに、休(やす)んでいました。 産卵は全力(ぜんりょく)だから、ときどき帰られない母さんがいます。

おやや?

ao-170225.jpg

アマミアオガエルがここに産卵したのは初(はじ)めて。

イボイモリやらカエルやら・・・水辺に産卵というか散乱(さんらん)していました。(笑、いちどはいっとかなきゃ)

帰(かえ)りしな、らしいツマミを仕入(しい)れました。

sakana-170225.jpg

するめそうめん、アーモンド小魚(こざかな)、それと・・・アマミノクロウサギの糞(ふん)。exclamation&question(笑) いえいえ、産地不明(さんち・ふめい)の怪(あや)しげなブルーベリー。たらーっ(汗)



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 イボイモリ 】
posted by ぶん+ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物

2017年02月24日

トリトリ のみの 能力者(のうりょくしゃ)?

どんよりな昼休(ひるやす)み、トリトリデッキへ出勤(しゅっきん)。 ほとんど鳥(とり)がいないので、ここは・・・

ト リ ト リ の゛〜ぉ

鳴(な)きまね゛ぇ〜っexclamation×2 キュイキュイっとなっるんるん


すると きたきた。

kas-170224.jpg

このキアシシギは、オッサンをスッカリ「カメラを持(も)った渡(わた)り鳥(どり)」と信(しん)じているらしい。(笑)

気(き)づかなかったのですけれど・・・オッサンが鳴きながらイノーをヌッとのぞいたので、ほとんど逃(に)げそびれていたのは、数羽(すうわ)のシロチドリのよう。

sc-170224.jpg

口(くち)にしたゴカイを洗(あら)いにきました。

集(あつ)まりだすと、なぜかイロイロと。

hs-170224.jpg

かすかに鼻(はな)の穴(あな)が・・・ ハマシギたちも、サイズがそっくりなシロチドリやメダイチドリと一緒(いっしょ)にいることがあります。

それらを見(み)つけてやってきたのは、キョウジョシギ。

kjs-170224.jpg

でも砂地(すなじ)でなく、岩(いわ)の上(うえ)にある砂をホジっていました。 ほか、ムナグロとアオアシシギがドドッと飛来(ひらい)してみたり。

クロツラヘラサギは落(お)ち着(つ)かない様子(ようす)。

khs-170224.jpg

トリトリデッキをかすめるように、右往左往(うおうさおう)していました。

はるか北(きた)、松原(まちゃあら)の白浜(しろはぁま)には、コウノトリ。

kt-170224.jpg

年明(としあ)けから、ずいぶん出席率(しゅっせきりつ)が高(たか)いのは、ウギ刈(か)りのためか、あるいは旅立(たびだ)ちのチャージのためか・・・?

ともあれ
オッサンは、さしたる能力もありませんし・・・せいぜいトリたちを集(あつ)めるのみ・・・たらーっ(汗)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コウノトリ クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) |

Premium Fry Day

そう、きょうはプレミヤム・フリャーデーです。 残業(ざんぎょう)しとらんで、とっととフリャーでも食(た)べゃ〜せという週末(しゅうまつ)。

早速(さっそく)、プレミヤムなフリャーをチェックするがや。

fry-170224.jpg

やっぱりコレっ フリャーといえば、エビフリャーだがね゛〜。

Aコープのは、したたるようなジューシーな油(あぶら)でシットリしとしとなだけでなく、ごはんが要(い)らない、コッテリと衣(ころも)が分厚(ぶあつ)い・・・っでぇ〜らカーボニックなのがプレミヤムなエビフリャー。たらーっ(汗) 基本的(きほんてき)に、具(ぐ)より厚(あつ)みのある衣だで。

もっと、プレミヤム感(かん)みなぎるフリャーはあらせんか? とジロジロ。

fry-nama-170224.jpg

あったexclamation 超(ちょう)プレミャ〜ムだがねっexclamation×2 雑(ざつ)にひいたミンチを、省(しょう)エネの観点(かんてん)から加熱(かねつ)もそこそこに・・・生(なま)のメンチ。exclamation&question 生なんだけど、堂々(どうどう)として原材料(げんざいりょう)の表示(ひょうじ)もおろそかなところが、プレミヤムぅ〜ひらめき(笑)

いつもなら、冷凍食品(れいとうしょくひん)を加熱してま〜すとか、いつもは焦(こ)げ気味(ぎみ)だったけれど、きょうのは中身(なかみ)が生のままだから違(ちが)いま〜すという意思(いし)表示とか?たらーっ(汗)

ほか、おもな原材料が調味料(ちょうみりょう)の表示・・・ どえらげなぃケミカルなフリャーもあるでよ。(笑)


posted by ぶん+ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!

2017年02月22日

正(ただ)しければ キレイ伝説(せんせつ)

昼休(ひるやす)み、キュイキュイと鳴(な)いてイノーを眺(なが)めていると、コーちん(コウノトリJ0066)。 あ゛・・・アオサギが集(あつ)まっ・・・ あ゛〜そうなるか。たらーっ(汗)

kt-170222.jpg

アオサギとコウノトリは、いかにも相性(あいしょう)が悪(わる)い。 サギはヤセッコチだけれど荒(あら)っぽくて、毒(どく)こそないけれど性質(せいしつ)はハブに似(に)ているかもしれない。 体力(たいりょく)でなく反射神経(はんしゃしんけい)と、気性(きしょう)の荒さ、見(み)てくれの大(おお)きさで勝負(しょうぶ)しちゃうタイプ。たらーっ(汗) コーちんはそそくさと移動(いどう)して、アオサギをまいてました。(笑)

ところで
コーちんのアレコレをジロジロしているうちに、鳴きマネにつられたシロチドリがすぐ下(した)に。

sc-170222.jpg

あんまり近(ちか)い・・・けどピタリ停(と)まってポーズ?

おややexclamation&question

sc2-170222.jpg

クチバシが互(たが)い違(ちが)いに? ニンゲンは左右非対称(さゆう・ひたいしょう)だとすぐ奇形(きけい)と感(かん)じるけれど・・・ホントでしょうか? 心臓(しんぞう)が左(ひだり)にあるし、利(き)き手(て)だって非対称。 このようなクチバシではイスカが有名(ゆうめい)。 ダーウィンで著名(ちょめい)なフィンチの親戚(しんせき)です。

ふだんはズラしていても、ピンポイントでキッチリと摘(つま)むときは上下(じょうげ)そろえて用(もち)いれば合理的(ごうりてき)。 ズラしていなければ口(くち)が乾(かわ)いたり、体温(たいおん)を逃(のが)してしまいます。

シロチドリも、小(ちい)さなカニやゴカイなどをピピッと摘むのに、こうした個性(こせい)≒進化(しんか)の姿(すがた)なのではないか・・・と思(おも)います。ひらめき いやそもそもオッサンは、シロチドリの顔(かお)をマジマジと眺(なが)めたのは初(はじ)めてで、な゛〜んも知(し)りませんでした。たらーっ(汗)


左右対称だから、パッと見がスマートでキレイとか、そういう好(この)みで正しさ判断(はんだん)しちゃダメではないでしょうか???

そうそう
アオサギのストレスがあったのか・・・夕(ゆう)にミサゴが魚(さかな)をとったところ、追(お)っかけまわして念晴(ねんば)らししていました。 鳥(とり)たちにもイロイロあるわけで。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コウノトリ シロチドリ 】
posted by ぶん+ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年02月21日

時化(しけ) は つづく

空港(くうこう)の外(そと)、東(ひがし)シナ海(かい)は荒(あ)れています。

harow-170221.jpg

ちなみに、喜界島(きかいじま)と沖縄島(おきなわとう)を結(むす)ぶラインが太平洋(たいへいよう)との境界(きょうかい)らしいので、徳之島(とくのしま)は東シナ海に囲(かこ)まれた島だそうです。ひらめき

大波(おおなみ)の手前(てまえ)には、コーちん(コウノトリJ0066)。

kt-170221.jpg

炎天(えんてん)と寒風(かんぷう)の薄陽炎(うす・かげろう)にマッタリと。

テニスコートの西側(にしがわ)に、クロツラーズ。

khs-170221.jpg

クロツラヘラサギは、ダイサギなどにくらべて根性(こんじょう)が据(す)わっているけれど、それでもオッサンが通過(つうか)するときにピリピリしていました。 なので、じゅうぶん通過(つうか)してから記録(きろく)。 鳥類(ちょうるい)の記憶力(きおくりょく)はナメてはなりません。

ウザッタいオッサンか、ウザッタいのがいる場所(ばしょ)として認識(にんしき)されるのかは、知(し)らないけれど。

温暖化(おんだんか)によって、風(かぜ)が強(したた)かになることで、急(きゅう)に寒(さむ)くなったり、海(うみ)が荒れっぱなしだったり、野鳥(やちょう)たちが風裏(かぜうら)に移動(いどう)してしまったり・・・厄介(やっかい)な冬(ふゆ)。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コウノトリ クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2017年02月20日

コーちん と ヤッカイな仲間(なかま)たち

けさもコーちん(コウノトリJ0066)がイノーをブラブラしていましたが、ボラを見(み)つけたのかピヤッと・・・

kt-170220.jpg

すると、あっという間(ま)に飛来(ひらい)するカワウたち。

そして、エサを漁(あさ)ったら、すぐどこかにボラがいないか飛んでいきます。 

kt2-170220.jpg

でも、イノーは浅(あさ)くて行(ゆ)き所(どころ)もなくもどってきたり。たらーっ(汗) あきれて、あ゛〜な感(かん)じのアオサギたちが並(なら)んで眺(なが)めています。たらーっ(汗)

ボラを食(た)べるならまだしも・・・おつぎは、ケンカするアオサギたち。

kt3-170220.jpg

コーちんの内心(ないじん)を詠(よ)んでみました。ひらめき イラついているアオサギたちは、いつも魚(さかな)を食べているはずなので、カルシウムは足(た)りているのに、なぜ? モテナくて、パートナーが見つからないのでしょうか?? それとも、たがいに身近(みじか)でエサを捕(と)ると間接(かんせつ)キッスが嫌(いや)だとか???(笑)

いづれにせよ
コーちんにとっては、いかにも邪魔。たらーっ(汗)

そもそも
最初(さいしょ)はコーちんがカワウにストーキングして、エサの捕(と)り方(かた)や食べっぷりを学習(がくしゅう)していました。 今(いま)やコーちんが長身(ちょうしん)を活(い)かし、ボラを見つける技前(わざまえ)がカワウたちを動(うご)かすようになっています。

タダで動(うご)く仲間(なかま)を易々(やすやす)と利用(りよう)する・・・ このところ島(しま)で蔓延(はびこ)るボランティア現象(げんしょう)とソックリなような。たらーっ(汗) んま゛〜、ハナからアテにされないよりはマシかな???(涙)


カンケ〜ナイのですけれど・・・
北(きた)ってオモシロですね。 そもそもジョンナムさんでないなら、北のニンゲンかどうかすらビミョ〜です。 なのに単(たん)なる東洋人(とうようじん)の個人(こじん)のご遺体(いたい)を、ナゼなぜ渡(わた)せexclamationなどと、マレーシアに注文(ちゅうもん)をするのでしょうか??? 北ってイタイご遺体マニヤ???(笑) これがウワサの、バカチョン現象(げんしょう)exclamation&question



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コウノトリ カワウ 】
posted by ぶん+ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年02月19日

鳥(とり)は 能力(のうりょく)が高(たか)い

とかくニンゲンは、小(ちい)さいと安(やす)っぽいと誤解(ごかい)しやすいものです。 だから、哺乳類(ほにゅうるい)より鳥類(ちょうるい)の能力が低(ひく)い、と思(おも)っている、安っぽいニンゲンもずいぶん多(おお)い。(笑)

私(わたし)たち哺乳類(ほにゅうるい)と同(おな)じ爬虫類(はちゅうるい)の祖先(そせん)から分(わ)かれた、恐竜(きょうりゅう)。 つまり、爬虫類の祖先をベースとして、みな親戚(しんせき)。 でも、いきなり恐竜が大繁栄し、たまたま6500万年前(まんねんまえ)から始(はじ)まるナゾの死滅(しめつ)がなければ、哺乳類はサエナイ存在(そんざい)のままでした。 つまり哺乳類は、恐竜から進化(しんか)した鳥類(ちょうるい)からみると・・ザックリと億年単位(おくねんたんい)で遅(おく)れをとっているんです。たらーっ(汗)

ただし、
脳(のう)力については別(べつ)で、ニンゲンは二本足(にほんあし)で立(た)って手(て)を器用(きよう)にしながら、体力(たいりょく)や反射神経(はんしゃしんけい)を犠牲(ぎせい)にする見返(みかえ)りに頭(あたま)と脳を大(おお)きくしわワケです。

一方(いっぽう)、
酸素(さんそ)の少(すく)ない三畳紀(さんじょう・き)〜ジュラ紀で体力を伸張(しんちょう)させた恐竜は、圧倒的(あっとうてき)な機動(きどう)で他(た)の生物(せいぶつ)を圧倒(あっとう)してきました。


で、きょうのクロツラーズ。 そそくさと、さりげなく観察(かんさつ)していたのですけれど・・・やはり気配(けはい)を覚(さと)られました。

khs-170219.jpg

2羽(わ)とも、しっかりオッサンを監視(かんし)しています。 ビーム砲(ほう)レンズは、やはり違和感(いわかん)があるらしい。 それでも、ガンとしてさりげなくしていると・・・寝(ね)てしまいました。ひらめき

khs2-170219.jpg

クロツラヘラサギたちは野生(やせい)ですから、「怪(あや)しげ」というだけでジロジロしているヒマはなく、寝るときは寝ておかないとイケナイのです。

ちなみに

amagi-dake-170219.jpg

久々(ひさびさ)の天城岳(あまぎ・だけ)をバックに、天城だけの風光(ふうこう)にございます。exclamation×2

午後(ごご)、イノーは満(み)ち潮(しお)。

kt-170219.jpg

コーちん(コウノトリJ0066)はイノーに居(い)て、彼方(かなた)からオッサンに気付(きづ)いてジロジロ。 そういえば、鳥類は視力(しりょく)もすこぶる発達(はったつ)させています。

実(じつ)は、そのまわりには、オーサトリ=アオサ(ヒトエグサ)を採(と)るジジババが、いよいよ出(で)てききました。

鳥類は、哺乳類に比べて、チョ〜進化したところがたくさんあります。exclamation×2 だから、小さくて進化した体(からだ)は、ニンゲンの医療(いりょう)でも治療(ちりょう)はままならず、しかも保険(ほけん)もききません。たらーっ(汗)

そこらの鳥が傷(きず)ついて、かわいそうだ・・・と思(おも)うまえに・・・鳥たちはニンゲンより先(さき)に進化した動物(どうぶつ)であることを心(こころ)しておきましょう。 それと、保険がきかないし、シマンチュ以上(いじょう)にハイカロリーな食(た)べ物(もの)がないと飛(と)べないこと、などなど。



そうそう
先(さき)ほどから、リュウキュウコノハズクのオスがコホッと鳴(な)きだしました。 いよいよ夜(よる)の春(はる)のはじまり、はじまり〜るんるん



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 クロツラヘラサギ コウノトリ 】
posted by ぶん+ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) |

シマンチュ、最大(さいだい)の弱点(じゃくてん)は?


品(ひん)がないこと、品質(ひんしつ)の概念(がいねん)が存在(そんざい)しないこと。

そんな失礼(しつれい)な・・・オメ〜のブログなんざ炎上(えんじょう)させてやるっ。exclamation×2 と思(おも)われても仕方(しかた)ありませんね。 でも事実(じじつ)は隠(かく)しようがありませんので。たらーっ(汗)

西郷(せぇごぅ)どんでウカレテいるようでは・・・やっぱりダメです。 そもそも文化(ぶんか)という意味(いみ)は、あらゆる事柄(ことがら)を文(ぶん)と化(か)して価値(かち)と為(な)すということ。 でも、島(しま)は薩摩藩(さつまはん)によって、歴史(れきし)を焼(や)かれ、ほとんど土人(どじん)のように口承(こうしょう)のみが歴史です。 どうしてシマンチュが薩摩にチヤホヤするのか、オッサンはゼンゼン理解(りかい)できません。

ところで
きょうは想定(そうてい)していたとおり・・・スッポカサレました。たらーっ(汗)

unbk-170219.jpg

役場(やくば)からの依頼(いらい)で、旅行会社(りょこうがいしゃ)のひとらをガイドするはずでした。 せめて、予定(よてい)が長引(ながび)いたから、ウンブキは回(まわ)らない、と連絡(れんらく)がいただければ・・・

確認(かくにん)のメールをしたところ、返信(へんしん)はコレ。

「ありがとう文ちゃん、少しくなり、こちらで、対応しましたのでOKです。」

ナニがOKなの? 少しくなりってナニ?? 少しどうなったん???

先進国(せんしんこく)とされる欧米(おうべい)もそうですけれど、まだまだ「のりしろ」に成(な)れる民族(みんぞく)は稀(まれ)です。 つまり、連携(れんけい)することがヘタすぎるってことです。exclamation×2 シマンチュも同様(どうよう)に、のりしろはムリムリ。 そもそも、仕事(しごと)に幅(はば)も余裕(よゆう)も客観性(きゃっかんせい)もないですし。 だから、ほとんど技術(ぎじゅつ)もないのにリハーサルもしないで、ぶっつけ本番(ほんばん)だったり。 そりゃ〜あ〜た・・・保育園(ほいくえん)の遊戯(ゆうぎ)よりもダメでしょ。たらーっ(汗) 基本的(きほんてき)に役場が案内(あんない)したところを下見(したみ)したのでしょうか? そもそもハブのような毒蛇(どくへび)がいる島なのに・・・爆弾

金(かね)をもらってナニカするのだから、その価値(かち)をキッチリ踏(ふ)まえないとイケナイ。 でも、そもそもチャンやチョンと同様(どうよう)に、あっけらかんと歴史をなくしてしまい、文化を失(うしな)ったシマンチュは、どうしてもヤルコトナスコト軽々(かるがる)しいし、雑(ざつ)なのです。

新築(しんちく)を建(た)てるのに、南国(なんごく)だからガスはともかく、水道(すいどう)を外(そと)から穴(あな)を開(あ)けて配管(はいかん)とか・・・フツーやりませんし。 見苦(みぐる)しいですし、しかも塩ビパイプとかアリエナイですし。たらーっ(汗) Aコープの特売(とくばい)の値札(ねふだ)って、値上(ねあ)げしたヤツにつけてあるし・・・たらーっ(汗)

そういうわけで、品とか品質がないのです。 その証拠(しょうこ)が、クルーズ船(せん)が来(こ)なくなったこと。

シマンチュには理由(りゆう)がわからないようですけれど・・・そりゃ゛〜無理(むり)もない。 だって、おもてなしダメじゃん。たらーっ(汗) オバサンたちが趣味(しゅみ)の演芸(えんげい)で踊(おど)ってみせるけど、踊りも衣装(いしょう)も島のではない。

テントにある商品(しょうひん)も、サトウキビやマンゴーで徳之島(とくのしま)で歴史を刻(きざ)んでもいないものばかり。 クルーズ船のお客(きゃく)は、ともすれば町長(ちょうちょう)さまよりずっと裕福(ゆうふく)だったりするので、パチモンはすぐ見破(みやぶ)られてしまいます。 だって、アフリカやアマゾンの土人の踊りって、品はないけれど、島の踊りより歴史を感(かん)じるし、個性的(こせいてき)ですよ。 つまり歴史を経(へ)た品質があるワケで。

そんなこと言(い)ったって、ありゃしね゛〜モノは、ありゃしないんだよexclamation×2 と オッサンに嘆(なげ)かれましても、せんなきこと。

徳之島が観光(かんこう)がダメなのは、ソフト面(めん)がダメだから。 つまり文化の積(つ)み重(かさ)ねがサッパリ。 本土復帰(ほんどふっき)してから60年あまり、勝手気(かって+き)ままな闘牛(とうぎゅう)で遊(あそ)んだり、生(なま)コン建築(けんちく)をこさえるるだけで、な゛〜んも積み重ねてこなかったからです。


大切(たいせつ)なのは、意気地(いきじ)、継続(けいぞく)、客観です。exclamation×2
迎合(げいごう)、テゲテゲ、ジコチュ〜ではありません。

けど実(じつ)はオスの発想(はっそう)でしかなく・・・それらを傘(かさ)に、子(こ)らが笑顔(えがお)で、ごはんが美味(おい)しく、みな健康(けんこう)なのが一番(いちばん)だったり。(笑)

とまれ
黒糖(こくとう)やバレイショは、どえらい施肥(せひ)の気前(きまえ)よさで、スンゴイ美味(おい)しかったりしますから、気付(きづ)いてない魅力(みりょく)も多(おお)いのも事実(じじつ)。 やはり近道(ちかみち)はないので、客観して他所(よそ)よりイイトコを的確(てきかく)に発信(はっしん)したり、磨(みが)くしかないでしょう。

テゲテゲ、ダメダメでは、島はいつまでもこのままなのは確(たし)かです。

しかしながら・・・
オッサンは島が忘(わす)れられることで、タイムカプセルになることを望(のぞ)んでいます。ひらめき 集落(しゅうらく)ごとにコトバや習慣(しゅうかん)がビミョ〜に違(ちが)うなんて、江戸時代(えどじだい)より前(まえ)のような社会(しゃかい)。 先進国において、これはアリエナイほど稀なことですから。ぴかぴか(新しい)


そうそう
そもそも、きょうのガイドはダメダメなことはわかっていました。 なぜなら鹿児島観光連盟(かごしまけん・かんこうれんめい)のツアーは、自然遺産(しぜん・いさん)をネタに西表(いりおもて)、ヤンバル、奄美大島(あまみおおしま)をハシゴする強行日程(きょうこう・にってい)の果(は)てに徳之島・・・もうヘトヘトですから・・・ガイドなんかより、よほど安(やす)らぎのおもてなしでないと、嫌味(いやみ)でしかありません。 徳之島はまた、薩摩にハメられたワケです。 そんなことも気(き)づかんとは・・・やれやれ。たらーっ(汗)

posted by ぶん+ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミどころ

2017年02月18日

聞(き)たことないから キク科(か)?

なぜだろう・・・天城町(あまぎちょう)には、タンポポがあんまりない。 いや正確(せいかく)には、オッサンの生活(せいかつ)するあたりにはない。

おや? できてからずっと影(かげ)の薄(うす)い・・・あるいは存在(そんざい)が的(まと)を射(い)ていないかに見(み)える弓道場(きゅうどうじょう)のそばに、タンポポ?

ojs-170218.jpg

葉(は)っぱからして違(ちが)います。 ギザギザした根性(こんじょう)があり、隙(すき)あらば種(たね)をまき散(ち)らし女子(じょし)をはらませる、雑草王(ざっそうおう)みたいな葉ではない。たらーっ(汗) むしろニガナ(ほそばわだん)似(に)です。

調(しら)べたところ、キク科のオオジシバリ・・・という聞いたことがあるような、ないような・・・覚(おぼ)えてもスグ忘(わす)れそうな名(な)です。 名を聞くか?と問(と)われると、別(べつ)に・・・な感(かん)じ。 だって、知(し)っていてもモテそうにないですし。たらーっ(汗)

おや、これもキク科かな? またまたショボくてモテそうにないし。(笑)

ktbm-170218.jpg

これは知(し)っています、カタバミ。 なんかこう・・・覚えられるんだけれど、イザというとき出(で)てこないので、外来(がいらい)のムラサキカタバミを連想(れんそう)することで、ようやく思(おも)い出(だ)すヤツです。たらーっ(汗)

黄色(きいろ)い雑草はキク科かと思(おも)ったら、カタバミ目カタバミ科の本家(ほんけ)にございました。exclamation×2 今(いま)だけ恐(おそ)れいってしまいましたが、あすはもう忘れてそう。 さながら忘れ草(そう)?(笑)

おや? まだ黄色いのが。

abrn-170218.jpg

これは・・・近(ちか)くでキッツイニオイを放(はな)つ立派(りっぱ)なヤツがあり、アブラナ科のナノハナみたいです。 ど〜せ外来でしょうし、ナノハナでじゅうぶん。(笑) ちなみにアブラナ目もカタバミ目もバラ類(るい)なのだとか。 こんなことは、明日はもう忘れてますね。 オッサンこのごろモノワスレのいい歳(とし)ごろなので。晴れ

ところで
タンポポが生(は)えないのは、奄美群島北部(あまみぐんとう・ほくぶ)は日照(にっしょう)が極端(きょくたん)に少(すく)ないからでは? そういえば、ここの弓道場については、サッパリ日(ひ)の当(あ)らないとか、風(かぜ)当たりが強(つよ)いとか・・・イロイロありそうですよね、世間的(せけん・てき)にも。たらーっ(汗) そこらへんの事情(じじょう)・・・キクかな?


posted by ぶん+ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

北風(きたかぜ)になると ニオイますねたらーっ(汗)

きょうのイノーはまた北風が強(したた)かになりはじめ、鳥(とり)がサッパリ・・・とゆ〜か閑古鳥(かんこどり)・・・

tenki-170218.jpg

それにこの霞(かすみ)っぷりは、アレでしょう。

pm25-170218.jpgtenki.jpより)

海(うみ)から産廃(さんぱい)を燃(も)したようなニオイがしますから、チャンからのPM2.5。

この冬(ふゆ)はやたら鼻水(はなみず)が出(で)たり、目(め)がショボショボしたり・・・やだなぁ。

posted by ぶん+ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項

2017年02月17日

小夏日和(こなつ・びより) と 渡(わた)り鳥(どり)

けさのイノーも、チヌ日和。

inow-170217.jpg

でもボラばかりで、チヌはいません。 さらにミサゴも。

ビミョ〜に暑(あつ)かった24.1℃の午後(ごご)でしたから、夕(ゆう)に渡りをチェック。 キュイキュイるんるんと鳴(な)きながら見(み)渡すと、やはりカニ好(ず)きたちがいました。

kjs-170217.jpg

キョウジョシギが容赦(ようしゃ)なく、躍(おど)り食(ぐ)い中(ちゅう)。

おや゛? トリトリデッキ下(した)には、様子(ようす)が芳(かんば)しくないムナグロ。

mg-170217.jpg

クチバシにくっついているのは、オキナワハクセンシオマネキの大(おお)バサミ。 ひょっとすると、舌(した)をはさまれたのが外(はず)れず、エサがとれないのかも。たらーっ(汗) ほかのムナグロたちはピリピリしているので、北(きた)への渡りの途上(とじょう)のよう。

その手前(てまえ)をウロウロしているのは、キアシシギ。

kas-170217.jpg

すっかり鳴(な)きマネに慣(な)れてしまったらしく、オッサンをシギ的(てき)なナニカと思(おも)っているようです。 オバサン的なシギがオバシギなら、オッサンシギもありとか? はたまたビーム砲(ほう)をもった渡り鳥とか? 「ビィムほぉ〜 かかぁえてぇ〜 あぁ〜てぇ〜 もなぁくぅ〜るんるん(笑)

上空(じょうくう)には、ピヨッの声(こえ)。

msg-170217.jpg

今(いま)ごろになって、ミサゴが飛来(ひらい)してます。 鳴くということは、2羽(わ)以上(いじょう)です。 ミサゴは独(ひと)り言(ごと)はしません。(笑)

クロツラーズたちも健在(けんざい)。

khs-170217.jpg

なぬ? まだいるの??

hs-170217.jpg

ヘラサギが舞(ま)い戻(もど)ってきました。 3週間(しゅうかん)ちかく、どこにいたワケ??? まわりの島(しま)のログにないので、たぶん島内(とうない)にいたハズなのですけれど。 カニのいる泥(どろ)があるか、カエルやオタマジャクシなどがたくさんいる水辺(みずべ)にいたとして・・・どこ? 亀津(かめつ)あたり?

そうそう
小(ちん)まいカニたちも元気(げんき)でした。グッド(上向き矢印)

tcg-170217.jpg

Φ10(じゅっふぁい) = 直径(ちょっけい)10ミリほどの穴(あな)のそばにいるのは、目(め)の上(うえ)にツノのあるカニ・・・ツノメチゴガニです。ぴかぴか(新しい) カワイイけどレンズの限界で、これ以上(いじょう)は寄(よ)られない。たらーっ(汗)

陸(おか)でも変化(へんか)が。

ムクドリが、繁殖(はんしょく)のための巣穴(すあな)をキープしはじめたようです。 

md-170217.jpg

ここらにムクドリがウロウロしているのは、ここで巣立(すだ)ったヒナたちも、巣穴をねらっているからかもしれません。

ほか、サシバたちが鳴きながら、恋(こい)のさや当(あ)てをはじめています。

いよいよ季節(きせつ)は春(はる)へ。 二月の風回り(にんぐゎち・かじまぁい)から、三寒四温(さんかん・しおん)に。晴れ


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 クロツラヘラサギ ヘラサギ ツノメチゴガニ 】
posted by ぶん+ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) |