2017年11月20日

おもてなしガイドマップ、プレ公開(こうかい)exclamation×2

まえのマップ作成(さくせい)から7年(ねん)。 観光(かんこう)マップがあったとて、なかなか現地(げんち)へ行(い)きつけない島(しま)。 もちろん、口頭(こうとう)でもナカナカ説明(せつめい)できません。たらーっ(汗)

pre-171120.jpg

そこで、GoogleMapへのリンクを貼(は)って、スマホのナビ機能(きのう)を利用(りよう)できるマップが役場(やくば)ホームページで公開されました。

マップにあるリンクボタンをタップすると、Googleの地図(ちず)サービスへジャンプします。

g-maps-171120.png

紙(かみ)のマップが出来(でき)あがるまえに公開して、ご意見(いけん)≒パブリックコメントをいただきながら完成度(かんせい・ど)をアップするよう、プレ公開しました。 旅行(りょこう)でおみえになったお客(きゃく)さまへ、一秒(いちびょう)でも早(はや)く公開したかった・・・というのもありまして。 初歩的(しょほてき)なホームページ言語(げんご)、クリッカブルマップのHTMLを用(もち)いているので、アプリ開発(かいはつ)よりもはるかに手軽(てがる)で、筆耕(ひっこう)さんでもサクッと更新(こうしん)できるメリットもあります。

ちなみに
スマホの画面(がめん)に表示(ひょうじ)されているGoogleMapsのマーク≒アイコンの流用(りゅうよう)については、コーポレート・アイデンティティやら著作権(ちょさくけん)がヤヤコシイので、オリジナルよりもソレっぽいアイコンをデザインしておきました。 Googleが、まるでストリート名(めい)のようなのを。(笑)


さらに
紙ベースのマップは野暮(やぼ)ったいexclamationというストイックなお客さまもいらっしゃることをを想定(そうてい)して、紙マップと同等(どうとう)のデータをGoogleMapにも登録を進(すす)めています。

pre2-171120.jpg

こちらでは、飲食店(いんしょく・てん)をご飯(はん)と居酒屋(いざかや)を分離(ぶんり)するなど、先(さき)のマップとは違(ちが)った利便(りべん)も追究(ついきゅう)しようと考(かんた)えています。

さてさて
残(のこ)る部分(ぶぶん)には、島らしい食(しょく)と自然(しぜん)の紹介(しょうかい)をコッテリと盛(も)りたいと思(おも)うので、役場なりオッサンなりに情報(じょうほう)をいただければ幸(しあわ)せます。exclamation×2

徳之島(とくのしま)の観光(かんこう)は情報発信(じょうほう・はっしん)ができなくて不利(ふり)になっているので、紙のマップ以上(いじょう)に、常(つね)に情報を追加(ついか)+更新(こうしん)できるネットのマップが向(む)いていると思(おも)います。 なにしろ、神社仏閣(じんじゃ・ぶっかく)とか秘宝館(ひほうかん)とかハードこそ無(な)いけれど・・・極(きわ)めて鮮明(せんめい)に残(のこ)る、昔(むかし)ながらの多様(たよう)な民俗(みんぞく)や方言(ほうげん)=ソフトこそがオンリーワンの島ですので。 かててくわえて魅力(みりょく)の発信のみならず、複雑(ふくざつ)な島口(しまぐち)に堪能(たんのう)なガイドさんがいなければ、まち歩(ある)きガイドなども成(な)り立(た)たないのもポイント。ひらめき ナイチャーが易々(やすやす)と入(はい)りこむことができない天然(てんねん)のメリットがあります。 近(ちか)い将来(しょうらい)、そうしたガイドさんがタブレット片手(かたて)に案内(あんない)する際(さい)の一助(いちじょ)になることを願(ねが)って、マップを作成(さくせい)してきました。

みなみなさまの、ご協力(きょうりょく)をお願(ねが)いいたします。exclamation

posted by ぶん+ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項

いよいよ冬(ふゆ)?

運動公園(うんどう・こうえん)の入口(いりぐち)のあたり、電線(でんせん)にムクドリたち。

mds-171120.jpg

ホシムクドリとフツ・ムクドリの集(あつ)まりでした。 そろそろ本格的(ほんかくてき)に、越冬(えっとう)モード。

風波(かざなみ)が立(た)ちすぎて、チヌが見(み)えず、釣(つ)りできない・・・ イノーに入(はい)る魚(さかな)は個体数(こたいすう)が少(すく)なすぎるので、ポイ〜んと投(な)げておけば釣(つ)れるほど、甘(あま)くはないので、見つけてキッチリ釣らにゃぁなりません。たらーっ(汗)

おや? 違和感(いわかん)のある岩(いわ)感?

dz-171120.jpg

これぞ冬のチドリ、ダイゼン。 ムナグロのそっくりさんで、同(おんな)じように極北(きょくほく)で繁殖(はんしょく)しますが、ムナグロは8月(がつ)なのにナゼかダイゼンは今(いま)ごろ。

気温(きおん)は20℃に届(とど)いていませんが、戸ノ木(とのぎ)からはクロイワツクツクの声(こえ)がしていましたけどね・・・たらーっ(汗)

帰(かえ)しりな、チラと横目(よこめ)にはいった遊具(ゆうぐ)のとこの鳥(とり)。

ojs-171120.jpg

ジシギのたぐいです。 似通(にかよ)ったジシギの見分(みわ)けはスンゴイ難(むつか)しいとはいえ・・・開(ひら)けたところで採餌(さいじ)できる肝(きも)のすわったジシギ・・・クチバシの太(ふと)さに腹(はら)のシマシマの黒(くろ)っぽさ・・・ たぶんオオジシギ。 だって大(おお)きいし。(笑) せっかくのチャンスだったのに、カメラとレンズの接触不良(せっしょく・ふりょう)でブレてますけど。バッド(下向き矢印)


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 ホシムクドリ オオジシギ 】
posted by ぶん+ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年11月19日

柿(かき)の意外(いがい)な? 美味(おい)しさ

柿はそのままいただいても美味(おい)しいのですけれど・・・島(しま)は2度(ど)の台風(たいふう)で野菜(やさい)が壊滅(かいめつ)してしまいました。 この時節(じせつ)になると実家(じっか)から送(おく)ってもらっている柿が、野菜のかわりにならないかと、思案(しあん)しました。

sunomono-171119.jpg

柿とダイコンの酢(す)の物(もの)、これ絶品(ぜっぴん)です。るんるん

ネットで見(み)かけたレシピですが、ダイコンを細切(ほそぎ)りして軽(かる)く塩(しお)もみしてシッカリしぼり、柿も細切りしてから和(あ)えるワケですが・・・ 砂糖(さとう)をキャンセルして酢(す)をふやし、2.5杯酢(はいず)?で調味(ちょうみ)すると抜群(ばつぐん)に。exclamation×2 柿が甘いので、二杯酢では塩(しお)っぱいので、しょうゆだけでなく、しょうゆとアラ塩(じお)、そして酢は多(おお)いいめにして和(あ)えるのがコツ。 つまり、しょうゆ+塩+しょうゆの2倍(ばい)くらいの酢で和えます。

ちなみに
柿を保存(ほぞん)するのにアレコレ調(しら)べたところ、ヘタへの給水(きゅうすい)が肝要(かんよう)とのこと。

kaki-171119.jpg

こうして4回(かい)たたんだティッシュを水(みず)にひたし、ペチャっとひっつけて冷蔵(れいぞう)すると長持(ながも)ちするらしいです。


 
posted by ぶん+ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

強風(きょうふう)は つづく

午前(ごぜん)、強(したた)かな北風(きたかぜ)で、ちょっとした高潮(たかしお)に。

tenki-171119.jpg

瞬間風速(しゅんかん・ふうそく)で、15メートルあまり。 すっかり冬(ふゆ)のようになり、半(はん)そではムリになりました。

イノーは高潮でナニもいないので、運動公園(うんどう・こうえん)をブラブラ。

mjt-171119.jpg

この秋(あき)、なぜか遊具(ゆうぐ)のまわりにいることが多(おお)いのは、臆病(おくびょう)なハズのマミジロタヒバリ。 オッサンのお気(き)にいりです。いい気分(温泉) 遊具のまわりに4羽(わ),球場(きゅうじょう)には2羽いました。

球場(きゅうじょう)やグランドのまわりをウロウロするのが日課(にっか)となっている、ホシムクドリたち。

hmd-171119.jpg

30羽(わ)ほどで、このホシムクドリたちとは別(べつ)に行動(こうどう)している、小集団(しょうしゅうだん)もいるようです。 もうすっかり、越冬(えっとう)モード。 フツ・ムクドリたちは、強風をさけて浅間(あさま)や天城(あまぎ)の集落(しゅうらく)に散(ち)っているのでしょう。

スーパーで食糧(しょくりょう)の調達(ちょうたつ)へ・・・

konegi-171119.jpg

なんぼなんでも、安定供給(あんてい・きょうきゅう)が身上(しんじょう)の水耕(すいこう)コネギが¥470なんてのは常識(じょうしき)ハズレ。 ど〜なっとんじゃい。exclamation×2



キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 マミジロタビバリ ホシムクドリ 】
posted by ぶん+ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年11月18日

ソニーの夢(ゆめ)

きょうもビミョ〜に荒天(こうてん)、台風(たいふう)のようにすさんでいます。

2000年(ねん)のきょう、発売(はつばい)されたのがバイオGTだそうです。 本格(ほんかく)ビデオカメラつき、小型(こがた)パソコン。

vaio-gt-171118.jpg

同年(どうねん)、初(はじ)めて番組(ばんぐみ)を録画(ろくが)するハードディスクレコーダーが発売(はつばい)されたのも、ソニーだそう。 DVDレコーダーが発売されたのは、ちょい後(あと)のこと。

そのころビデオテープでなくパソコンでビデオ編集(へんしゅう)する、新(あら)たなノンリニア編集(へんしゅう)する文化(ぶんか)が浸透(しんとう)しつつありましたが、すごく高額(こうがく)でした。 オッサンもン十万(じゅうまん)かけてパソコンとソフトを買(か)った覚(おぼ)えがあります。たらーっ(汗) あのYoutubeが設立(せつりつ)されたのは2005年なので、だいぶ未来(みらい)。 さらに、iPhoneの発売は、2007年になってから。

バイオGTは画期的(かっきてき)でカナリ欲(ほ)しかったけれど、当時(とうじ)は活(い)かしようがなかったので・・・オッサンはスルーするしかありませんでした。

このバイオは、欧米(おうべい)のアップルなどにはマネできない理由(りゆう)があります。 彼(かれ)らは分業(ぶんぎょう)してナンボで、責任(せきにん)を分化(ぶんか)するばかり。 現代(げんだい)の学問(がくもん)が、やたら細(こま)かく分(わ)かれてしまいヒッチャカメッチャカで・・・だれもまとめないのも、その影響(えいきょう)。たらーっ(汗) けれどニッポンジンは、多機能(た・きのう)をコンパクトにまとめるのが大好(だいす)きです。 欧米では会社(かいしゃ)そのものもセクショナリズムが蔓延(まんえん)していますが、ニッポンでは協力(きょうりょく)してこさえることを前提(ぜんてい)とする文化(ぶんか)だから。

オッサンが入社(にゅうしゃ)したのはパナソニック。 でもいつも、ソニーへの憧(あこが)れがあったのです。 ソニーは数歩(すうほ)さきの夢を実現(じつげん)しようとするからです。 ソニーとパナソニックは根本(こんぽん)となる社是(しゃぜ)=目指(めざ)すところがちがうので、仕方(しかた)ないことです。 トヨタは世界一(せかいいち)の車(くるま)のメーカーですが、ホンダはビジネスジェットで世界一になったように、社長(しゃちょう)のかなえたい夢によっては、実現(じつげん)されることは自(おの)ずとちがってしまうのです。

なので、技術屋(ぎじゅつ・や)をめざすなら、就職(しゅうしょく)を決(き)めるときにソコラも肝要(かんよう)。 ただし、会社だってニンゲンが営(いとな)んでいるので、変(か)えていく気概(きがい)も大切(たいせつ)です。


いまや、スマホにいろんな機能があれこれ入(はい)っていますが、どれもこれも小型化(こがたか)されたヤスモノの寄(よ)せ集(あつ)めで夢がありません。 ワクワクするような新たな技術をカタチにするというのは、やはりデザイナーとしても技術屋としても嬉(うれ)しいものです。るんるん

ちなみに
オッサンが昔(むかし)デザインしたノートパソコンCF−1000が、まだ売(う)られていました。 画面(がめん)の右(みぎ)にある486のロゴもデザインしましたが、確(たし)か書体名(しょたい・めい)をブンザエモン・ハイ・イタリックにしたような・・・


 
posted by ぶん+ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影について

2017年11月17日

ダマシ ながら ナラス

どんより天気(てんき)でした。

tenki-171117.jpg

ドサっと降(ふ)ったり、パラパラだったり・・・

新(しん)ネタがないので、温存(おんぞん)ネタで。(笑)

kas-171117.jpg

ずっと、キアシシギの鳴(な)きマネしながら撮影(さつえい)をしてきましたが・・・このごろズイブン、キアシシギの反応(はんのう)がマイルドになりました。 もちろん気(き)のせいカモしれないけれど。

kas2-171117.jpg

いったん警戒(けいかい)しても、しばらくすると採餌(さいじ)するようになったような。

アオアシシギの鳴きマネをしているときにも、やってきました。

kas3-171117.jpg

そもそもアンタが来(こ)んでもいいのに、勝手(かって)にヤナメツキ。たらーっ(汗) こうして怪(あや)しむだけで、慌(あわ)てて逃(に)げることは、あまりなくなりました。 とゆ〜か近(ちか)くでドッコイショとビーム砲(ほう)レンズを構(かま)えても、逃げていないワケです。

穏(おだ)やかな心持(こころも)ちで鳴きマネしながら撮影していると、ウズラシギもやってきました。

us-171117.jpg

渡(わた)ってきて間(ま)がないのか、活発(かっぱつ)に動(うご)いているからか、給水(きゅうすい)しています。 

あんまり近(ちか)いので、チラと。

us2-171117.jpg

シギの声(こえ)のオッサンを怪しまないのか、あるいはオッサンの背後(はいご)にシギがいると感(かん)じたのか、そのまま採餌をつづけました。

こうした機会(きかい)が増(ま)すにつけ、オッサンをギターを持(も)った・・・じゃないや、ビーム砲(ほう)レンズを持った渡(わた)り鳥(どり)と認識(にんしき)してくれているな゛〜という実感(じっかん)が。(笑)

寂(さび)しいから、下等(かとう)な?イヌネコにエサを与(あた)え、ペットとして飼(か)う。 好(す)かれるための努力(どりょく)もなしに、エサで釣(つ)って飼いならし、自分(じぶん)だけ慰(なぐ)さめられたいニンゲンが多(おお)いこのごろ。 あまつさえ不妊去勢(ふにん・きょせい)だの繁殖(はんしょく)の権利(けんり)まで奪(うば)って、飼(か)い殺(ごろ)し・・・でなく、身近(みぢか)な動物(どうぶつ)たちとの共存(きょうぞん)という道(みち)も、あるのではないでしょうか。

私(わたし)にとって、ペットがかわいいほどカイヌシともども、痛(いた)ましくて、哀(あわ)れで、たまらない・・・
 
 
posted by ぶん+ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年11月16日

地味(じみ)もまた 美(うつく)しさ

いや゛〜 癒(いや)されるわ゛〜いい気分(温泉)

mjt-171116.jpg

運動公園(うんどうこうえん)の遊具(ゆうぐ)のとこで、マミジロタヒバリたちが間近(まぢか)に。 地味でシュッとしていて、美しぃ〜い。ぴかぴか(新しい)

彼(かれ)らのオッサンへの恐(おそ)れを薄(うす)めていたのは、根性(こんじょう)のすわったハクセキレイたち。

hs-171116.jpg

ハクセキレイたちはニンゲンを恐(おそ)れないから、マミジロタヒバリたちは、それらを盾(たて)にしていたのです。 いづれもバッタを捕食(ほしょく)しています。 秋(あき)になると、ガの幼虫(ようちゅう)は少(すく)なくなるから、バッタのほうが多(おお)いのでしょう。

マミジロタヒバリは、4羽(わ)ほど。

mjt2-171116.jpg

常連(じょうれん)のムナグロいました。

鳥(とり)たちの滋味さは、ニンゲンから眺(なが)めたときのことで、紫外線(しがいせん)も見(み)えている鳥どうしにとっては別(べつ)の話(はなし)。 けれど・・・森(もり)の鳥たちと違(ちが)って水辺(みずべ)はキラキラと紫外線を反射しやすいので、まぎれてしまうのでしょう。 ただ、マミジロタヒバリたちは草地(くさち)の鳥ですから、背側(せがわ)は紫外線を吸収(きゅうしゅう)するような工夫(くふう)をしているのかもしれません。 羽毛(うもう)が紫外線を反射(はんしゃ)するほど、健康(けんこう)な鳥に見えるのだとか・・・


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 マミジロタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

おお゛〜 ギャクぞりハシシギexclamation

オオソリハシシギが採餌(さいじ)してます。 んが・・・

oshs-171116.jpg

上(うえ)へ逆(ぎゃく)ぞりしたクチバシが、さらに逆ぞりして、エサをくわえています。exclamation×2 オオソリハシシギや、ホウロクシギ、ダイシャクシギなど、クチバシの長(なが)〜ぁいシギたちは、砂地(すなじ)に潜(ひそ)むエサを感触(かんしょく)で探(さが)し当(あ)てられるよう、クチバシが柔(やわ)らかくて敏感(びんかん)なようです。

そのずっと北(きた)には、コーちん(コウノトリJ0066)が採餌していました。

kt-khs-171116.jpg

右(みぎ)にいるのはクロツラヘラサギ。 クロツラヘラサギも感触で探すタイプなので、クチバシは柔らかめです。


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 オオソリハシシギ コウノトリ クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年11月15日

百基(ももき)?って まさか・・・

トリトリデッキのすぐわきにあるのは、レンタカーにしてはゴツイ? あれ゛?ナンバーが違(ちが)う。 しかも百基。exclamation&question

momo-171115.jpg

こないだ、T−4のエンジンを撮(と)ったときには気(き)づかなかったのですが、体育館(たいいくかん)のわきに勢(せい)ぞろいしたインスタント管制塔(かんせいとう)?や電源車(でんげんしゃ)にも百基と記(しる)されていました。 警衛(けいえい)のヒトにたずねたところ、やはり茨城県(いばらき・けん)は百里基地(ひゃくりきち)からおいででした。exclamation×2

ついでに、T−4の手前(てまえ)に写(うつ)っていた★みっつのことをたずねたら、やっぱり空将さんでした。 一佐(大佐)のうえに、将補、(少将)、将(中将)、航空幕僚長(大将)があり、将は会社(かいしゃ)でいうと、専務(せんむ)とか、COOやCTOといったところでしょうか。

イノーにはコーちん(コウノトリJ0066)。

kt-171115.jpg

きょうは涼(すー)しいので、ヒマンチュがイノーに来(こ)なかったからでしょう。(笑)

ダイシャクシギは、まだいます。

dss-171115.jpg

そこそこ警戒(けいかい)していて、チラチラ見(み)ながら、遠(とお)ざかっていきます。

陸(おか)には、あまりいなくて・・・イベント用(よう)の草地(くさち)に、タヒバリ。

mjt-171115.jpg

いつになく、マミジロタヒバリがダッシュを繰(く)り返(かえ)していました。

そうそう
空港(くうこう)には、3機(き)の旅客機(りょかっき)がウロウロ。

jair-171115.jpg

ナンかあったんですかね゛〜。



キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 コウノトリ ダイシャクシギ マミジロタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年11月14日

兼久(かねく)の屋敷林(やしきりん)をもとめて

午後(ごご)は、調査(ちょうさ)に同行(どうこう)。

どうせグッシーは、筆記(ひっき)とかで記録(きろく)をとろうとしているだろうから、記録しきれまい・・・と試(ため)しにボランティア参加(さんか)してみました。 屋敷林として活用(かつよう)されている植物(しょくぶつ)についての調査(ちょうさ)に、田畑先生(たばた・せんせい)をお招(まね)きしています。ぴかぴか(新しい)

chowsa-171114.jpg

右(みぎ)から2番目(ばんめ)、田畑先生は昭和(しょうわ)10年生(ねんせい)ですが、カクシャクたるもの。 腰(こし)が曲(ま)がった一雄(かずお)フージイに至(いた)っては昭和4年生で、シマンチュは友達(ともだち)やライバルが生(い)きている限(かぎ)り元気(げんき)でいられるようです。exclamation×2 ちなみに、杖(つえ)は浜(はま)で拾(ひろ)ってきたもの。

さておき
あ゛〜やっぱし・・・ケーブルテレビAYTから旧式(きゅうしき)のムービーでいいから借(か)りとくようススメたのに、メモしか用意(ようい)してない。 忙(いそが)しい学芸員(がくげいいん)のグッシーですが、ウチナーンチュって、どうしてこうユルユルなんだろう・・・たらーっ(汗) 南国(なんごく)では市販(しはん)のデジカメやムービーだと、センサーの放熱(ほうねつ)がうまくいかないので、記録に支障(ししょう)がある。 シナリオがなくダラダラと不用意(ふようい)に記録するには冷却(れいきゃく)する機能(きのう)がついた録画機材(ろくが・きざい)が適(てき)しています。

しかも
用意されたメモにある、植物名(しょくぶつ・めい)を探(さが)しきれないようですから、それならばワードで目次(もくじ)になるアイウエオ順(じゅん)の植物名に加(くわ)え、リンクを作成した資料をこさえてPDFにし、タブレットに入(い)れておいたほうが、ずっと便利(べんり)だったことでしょう。 そうすれば、目次をタップするだけで、資料へジャンプできます。 さらにiPadならアップルペンシルでシャカシャカとメモをとることができるらしいので、そっちのほうがイイんじゃない? 機器(きき)のコストもさることながら、そもそもご高齢(こうれい)のシマンチュにヒアリングできるチャンスを、大切(たいせつ)にすべきかと・・・たらーっ(汗)

せっかく優秀(ゆうしゅう)なグッシーだけに、もすこし工夫(くふう)したらどうかな゛〜と。


ともあれ
田畑先生、とても元気(げんき)でいらっしゃる。 すべての植物が記憶(きおく)されているというのは、どういうふうに世界(せかい)が見(み)えているのだろう。

tbt-171114.jpg

にしても・・・おなか出(で)すぎかも。 んま゛〜人類(じんるい)の生態的(せいたいてき)には、もうじゅうぶん惜(お)しげのないお歳(とし)ですけれど・・・

対(たい)して一雄ムィは、畑仕事(はたけしごと)でスリム体形(たいけい)。 しかも、まだまだ好奇心(こうきしん)が旺盛(おうせい)。exclamation×2

kazuo-171114.jpg

ただまぁ〜、謂(い)っていることの99%は、ご自分(じぶん)の謂いたいこと・・・ですし、油断(ゆだん)すると勝手(かって)に踊(おど)っちゃいます。exclamation×2(笑) 

オッサンがたずねたのは、自生(じせい)しているというわりには、違和感(いわかん)がありすぎるソテツについて。

stt-171114.jpg

ど〜もコレについては、視線(しせん)が泳(およ)いでいて、話(はなし)が急(きゅう)にジュラ紀(き)へ飛(と)んだりして・・・ 先生にもイマイチ、帰化(きか)かどうか判(わか)らないようです。たらーっ(汗)

あれこれ巡(めぐ)ったけれど、さしたる屋敷林がなく・・・とある庭先(にわ・さき)にあったヒカゲヘゴ。

maru8-171114.jpg

恐竜時代(きょうりゅう・じだい)のようなヤシのようになるデカいシダ。 田畑先生いわく根元(ねもと)が乾燥(かんそう)すると枯(か)れてしまうそうで、ココの庭は島らしくジメジメのよう。

その葉(は)が落(お)ちたあとが、変(か)わったカタチをしているそうです。

maru8b-171114.jpg

お゛〜 コレは丸八(まるはち)? 小笠原(おがさわら)へ赴(おもむ)いたとき、チラと耳(みみ)にしたヘゴ。 このヒカゲヘゴも丸八っぽいけれど、やっぱり丸くなくフツーのサカサマ八ちゃん? いづれにしろ、マルハチもヒカゲヘゴも、南国(なんごく)っぽい巨大(きょだい)なシダです。

最後(さいご)に訪(おとず)れたところにあった、オートみかんの木(き)の根元(ねもと)に、ミングイ。exclamation×2

mingui-171114.jpg

ボランティア参加だった手前(てまえ)・・・お給金(きゅうきん)もないので、秘(ひそ)かに食材(しょくざい)を探(さが)していたのですけれど、助(たす)かりました。るんるん


で・・・お陰(かげ)さまで、晩(ばん)ごはんの麻婆豆腐(まーぼどうふ)にミングイ。ひらめき

marbo-171114.jpg

シビレル辛(から)みにシャリシャリした歯(は)ごたえ、ナカナカです。るんるん ミングイは島口(しまぐち)で、アラゲキクラゲのこと。 キクラゲの近縁(きんえん)で、ブナシメジとシメジのようなもの。



キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 天然 きくらげ キクラゲ 】
posted by ぶん+ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

ムクドリたちが・・・

地味(じみ)に蒸(む)しますね゛〜。

午前(ごぜん)の運動公園(うんどうこうえん)や干潟(ひがた)には、気配(けはい)が薄(うす)い。 念(ねん)のため球場(きゅうじょう)もチェック。

おやや?

hmd-171114.jpg

ミョ〜な声(こえ)がするなぁと思(おも)ったら、すべてのムクドリがホシムクドリたちでした。exclamation×2 30羽(わ)くらいでしょうか・・・ここ数年(すうねん)ぐっと増(ふ)えていて、今(いま)やフツーの冬鳥(ふゆどり)になってしまった感(かん)があります。

世界(せかい)の侵略的外来種(しんりゃくてき・がいらいしゅ)ワースト100にランキングされていますが、フツ・ムクドリほど声がわるくないし、姿(すがた)が美(うつく)しいので、おそらく世界(せかい)で人気(にんき)の鳥(とり)になり、篭脱(かごぬ)けが大量発生(たいりょう・はっせい)したのかもしれない。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 ホシムクドリ 】
posted by ぶん+ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年11月13日

メス プレイ ?

舞(ま)い降(お)りてきた、ミサゴ。

msg-171112.jpg

カッコイイ雰囲気(ふんいき)にしてありますが・・・ど〜やら勇(いさ)ましく水中(すいちゅう)へ突進(とっしん)するワケですが・・・失敗(しっぱい)ダイブしすぎて、ぐっしょりのよう。たらーっ(汗) ワシタカにしては防水性(ぼうすいせい)のある羽毛(うもう)だそうですが、やっぱりペンギンのようにはいかない。 こうして風(かぜ)にあてて乾(かわ)かします。

すると、上空(じょうくう)から甘(あま)えるような声(こえ)が・・・

msg2-171112.jpg

胸毛(むなげ)の黒(くろ)っぽいところが多(おお)いいので、メスのよう。 どうやら、メスが来年(らいねん)の繁殖(はんしょく)に向(む)けて、オスにアプローチしているようです。揺れるハート

ニンゲンは、無駄(むだ)に男尊女卑(だんそんじょひ)をヤッチマッタから、女子(じょし)がダメになりましたが、もともと子(こ)を産(う)むのはメスだけだから、好(い)いオスを選(えら)ぶのはメスの役目(やくめ)なのです。exclamation×2

シギにしても、タカたちにしても、今(いま)のうちにペアになる好いオスを探(さが)しています。 モテナイもっさり鳥類学者(ちょうるい・がくしゃ)さんたちは、ニンゲン基準(きじゅん)で考(かんが)えてしまい、サッパリ気(き)づいていないかもしれないけれど、メスの出産(しゅっさん)には余裕(よゆう)がありません。雨

ちなみに
ミサゴの英名(えいめい)こそ、あのオスプレイ。 メスだろうとオスだろうと、オスプレイ。exclamation&question

 
posted by ぶん+ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) |

クージ の 鳥(とり)

空港(くうこう)がワサワサしていると思(おも)ったら、イロイロ飛来(ひらい)していました。 空港はもともと、鳥たちが集(あつ)まりやすい、干潟(ひがた)とかに建設(けんせつ)してますからね゛〜。(笑)

u4-171113.jpg

カップやきそばUFOじゃなくて・・・U−4。(笑) もっともカッコ好(よ)いビジネスジェット、ガルフストリームIVです。 といっても、ホンダジェットには負(ま)けるけど。 どうやら、オエライサンがおみえになっているらしい。

T−4、もっと近(ちか)くで見(み)たいなぁ゛〜。

t4-171113.jpg

おやや? 右下(みぎした)にチラと見(み)えるオジサン・・・キャップに★みっつ・・・ おつきもいるし、オエライサンでしょう。

オッサンが見たかったのは、エンジン。

t4-2-171113.jpg

石川島播磨(いしかわじま・はりま)の国産(こくさん)ジェットエンジン。6 このごろ戦闘機(せんとうき)で流行(はや)っている、ベクタードスラスト・ノズルではなく、スポンとした筒(つつ)のようですが、ビミョ〜な角度(かくど)がついていますね゛〜。

それにしても
これまで飛来していたのは機番(きばん)が784だったのに、なぜに801?

t4-3-171113.jpg

あの機番が、沖縄(おきなわ)に配慮(はいりょ)したのか、偶然(ぐうぜん)なのか、きいてみたかったのにぃ゛〜exclamation×2 だって、784は那覇市(なはし)になってるし。

オッサンちは陸自一家(りくじいっか)なので、クージはいまいちわからない。 しっかり見ておかないと。

kansei-171113.jpg

インスタント管制塔(かんせいとう)らしいです。 強風(きょうふう)だと揺(ゆ)れるし、上(のぼ)り下(お)りもヤバそう。たらーっ(汗)

そういえば
隊駐車(たいちゅうしゃ)?の様子(ようす)をチェックしておいたのですが・・・

rent-171113.jpg

青(あお)いレンタカーはピシッとそろっているけれど、奥(おく)のはズレています。 こりゃ〜ユルい部隊(ぶたい)ですね。(笑) ジエタイサンは、テントもシーツも隊列(たいれつ)もピシッとしていてナンボです。

【追伸】ついしん
★みっつのオジサンは、どうやら空将(くうしょう)だったらしい。

 
posted by ぶん+ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2017年11月12日

どうして 釣(つ)れない?

オッサンは昔(むかし)っから釣(つ)り好(ず)き、ルアーを始(はじ)めたのはカレコレ40年前(ねんまえ)。 紋別(もんべつ)から小笠原(おがさわら)、対馬(つしま)、波照間(はてるま)まで釣り歩(ある)きました。 北風(きたかぜ)が強(したた)かで、午後(ごご)のイノーはムリなので、湾屋川(わんやがわ)へ。

ルアーを用(もち)いるヒトのうち、半分(はんぶん)くらいがカッコイイ釣り方(かた)で釣らないと気(き)が済(す)まない。 別(べつ)に必死(ひっし)こいて釣らずとも、晩(ばん)ごはんに困(こま)るワケではない。 今回(こんかい)は、ペンシルポッパーでナントカしたい気分(きぶん)のオッサンでした。

上流側(じょうりゅうがわ)へ移動(いどう)し浅場(あさば)から流心(りゅうしん)にかけてのカケアガリを狙(ねら)うと、ポンポンとポッパーを食(く)らいにきますが、乗(の)らない。

ようやく乗ったのは、クワァガラことコトヒキのちんまいの。

kh-171112.jpg

晩の煮(に)つけにしようと、大(おお)きめに成長(せいちょう)したヒラアジの子(こ)=メッキを狙(ねら)っていたのですけれど、いませんでした。 メッキは、エサとなる稚魚(ちぎょ)やエビが多(おお)いい河口(かこう)で育(そだ)つハズですが・・・どこへいったのやら。

まわりでは、アカヒゲのほか、冬鳥(ふゆどり)のウグイス、ノゴマの声(こえ)がしていました。

帰(かえ)りしな、茂(しげ)みでヂャッ・ヂャッと声がするので、コチラもツバをためてヂャッと舌打(したうち)しながら、しばし・・・

u-171112.jpg

でたでた。るんるん この秋(あき)の初物(はつもの)です。 いよいよ秋本番(あきほんばん)? といいつつ、ビミョ〜にまだクロイワツクツクが鳴(な)いてました。

 
posted by ぶん+ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

コーちん と コーキシン

コーちん(コウノトリJ0066)が川津辺(こおっちぶ)にいました。

kt-171112.jpg

あ゛・・・この歩(あゆ)みは、ナニか見(み)つけたようです。 3年半(ねんはん)も観(み)てきたので、たいがいのことは判(わか)ります。

その先には、ヘラーズ(ヘラサギ1+クロツラヘラサギ2)がいるのです。

kt-khs-171112.jpg

ですが、これまでマトモに近寄(ちかよ)られたためしがなく、刺激(しげき)しない距離(きょり)を保(たも)ってやめました。 体(からだ)がデカすぎるゆえの、痛々(いたいた)しい学習(がくしゅう)ですが・・・コウノトリは、シマンチュよりよっぽど相手(あいて)を察(さっ)する脳力(のうりょく)があるような。ぴかぴか(新しい)(笑)


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 コウノトリ 】
posted by ぶん+ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) |