2018年06月24日

好(よ)くない カニ

雨雲(あまぐも)が近(ちか)づいています。

tenki-180624.jpg

トリトリデッキのまわりには、夏鳥(なつどり)はほとんどいないので、静(しず)かなもの。 大島(おおしま)の高さんのログに、クロツラヘラサギ2羽(わ)が飛来(ひらい)したとありましたが、どうやらコチラのが渡(わた)ったのではなさそう。 5羽のうち、4羽は確認(かくにん)できました。

ところで
トリトリデッキの下(した)に、だんだん増(ふ)えているシオマネキ。

ohsm-180624.jpg

小柄(こがら)なのにハサミがデカくて勇(いさ)ましい、オキナワハクセンシオマネキたち。

白(しろ)いポツポツが、そう。

ohsm2-180624.jpg

このシオマネキたちは、もっとも乾(かわ)いた海岸(かいがん)を好(この)むので、ここらの乾燥化(かんそうか)が進(すす)んでいる・・・ということです。たらーっ(汗)

まわりには外来種(がいらいしゅ)メヒルギがどんどん増えていて、トリトリデッキより南(みなみ)のイノーが干上(ひあ)がるのは、時間(じかん)の問題(もんだい)。 安易(あんい)にメヒルギを植(う)えられた方(かた)たちは、どうやって責任(せきにん)をとる気(き)なのでしょうか。 観光(かんこう)や漁協(ぎょきょう)など、関係者(かんけいしゃ)は、めったにイノーを眺(なが)めないので、ゼンゼン理解(りかい)されていないようですけれど、確実(かくじつ)に干上がりつつあります。 テゲテゲもたいがいにしておかないと・・・イノーが腐(くさ)れてからでは遅(おそ)い。

ま゛〜 泥(どろ)がたまりすぎて、とっくに半分(はんぶん)は腐れ、ヘドロになってるんですけども。 その証拠(しょうこ)に、ヒメヤマトオサガニがウジャウジャいますしね゛〜。


もともと、メヒルギさえなければ、ラムサール条約(じょうやく)にも登録(とうろく)できそうなイノーなんですけども。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

2018年06月23日

意外と

夏越(なつご)しするサギたちは、見分(みわ)けにくいものです。 とゆ〜のも、夏羽(なつばね)はボリュームがないので、意外とシュッとして、みなクチバシも首(くび)も長(なが)く見える。 チュウダイサギなのかチュウサギなのか、よくわからないんです。

sag-180622.jpg

それはそうと、意外と足指(あしゆび)が長(なが)い。

じっくり・・・かなりじっくり狙(ねら)いをつけて・・・スパっと。

sag2-180622.jpg

あ゛〜 判(わか)った、チュウサギね。ひらめき 砂地(すなじ)にザックリとクチバシを刺(さ)すのは、チュウサギやアオサギの特権(とっけん)。 ダイサギがやるとクチバシが折(お)れそう。たらーっ(汗)

野鳥(やちょう)を見分(みわ)けるのは、なにもカタチだけではなくて・・・遠目(とおめ)では仕草(しぐさ)や環境(かんきょう)のほうが、意外と役立(やくだ)つことが多(おお)いものです。

ありゃ?
6/17のサギは、チュウサギだったかな? それとも、今回(こんかい)のも、チュウダイサギの若鳥(わかどり)かな? ヤヤコシイけれど、モテには関係(かんけい)ないので、悩(なや)まないことに。

 
posted by ぶん+ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) |

どうして ヒゲ茶(ちゃ)

まえにトリトリデッキのところで、ガイドめいたことをしたとき、お礼(れい)に・・・といただいたものの、飲(の)む勇気(ゆうき)がでなかったドリンク。

higecha-180623.jpg

トウモロコシのヒゲ=メシベのお茶。 茶葉(ちゃば)でないのに茶というのは、いかがなものか・・・とか、北海道産(ほっかいどうさん)とはコダワリだなぁ・・・とか、それ以前(いぜん)に・・・なぜコレが売(う)られているのかわからない。たらーっ(汗)

お味(あじ)は・・・まんまナンバ(@いせ=とうもろこし)。(笑) ヒゲというよりは、茹(ゆ)でた湯(ゆ)がもったいないから、とっといた感(かん)じで、いささか生臭(なまぐさ)い。 でも、ラベルを十六茶にしとけば、だまされる人(ひと)は多(おお)いかも。exclamation&question(笑)

調(しら)べたところ
どうやら悩(なや)める女子(じょし)がワラをもつかむつもりが、もっと細(ほそ)いのにつかまった感じらしく、7つの効能(こうのう)がある・・・とか、クックパッドには美味(おい)しうもないゼリー・・・とか、マズくて毎日(まいにち)はムリだから、ヒゲ・サプリがある・・・とか、笑(わら)うどころか、泣(な)けてきました。雨


ダイエットせにゃならんような生活(せいかつ)は、さっさと改(あらた)めるべきだと思(おも)うけれど、女子はナゼかダイエットなのに食物(しょくもつ)を足(た)す方向(ほうこう)で考(かんが)えてしまう・・・文字通(もじどお)りプラス思考(しこう)。exclamation&question そこへ、颯爽(さっそう)と現(あらわ)れし、ヒゲのリサイクル茶だった・・・のでしょう。たらーっ(汗) メディアにコロッとやられちゃうのが、女子。

あれはカラダにイイから食(た)べとかないと・・・とか思(おも)うまえに、無駄(むだ)に健康(けんこう)だから太(ふと)ったんでしょうが。exclamation×2(笑)

ちょっとだけ冷静(れいせい)になれば・・・無駄(むだ)な水分(すいぶん)を排出(はいしゅつ)してくれる・・・といいながら飲んでいる時点(じてん)で、プラマイゼロでは??? マズイものを飲むから努力(どりょく)・・・と感じるのは、いささかM志向(しこう)ですし。るんるん(笑)


そこまで「食べ」にコダワル女子・・・おそらく「食べて産(う)む」という本能(ほんのう)には、逆(さか)らえないのでしょうね゛〜。ひらめき


ちなみに
オッサンはどちらかというと・・・痩(や)せているよりは、ボッチャリさんのほうが好(この)みです。ぴかぴか(新しい)

 
posted by ぶん+ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2018年06月22日

役場(やくば)HPの バナー

たくさん並(なら)んだバナー。

banner-180622.jpg

11コほど見(み)えますが、4つだけオッサン作(さく)ではありません。 写真(しゃしん)とか、文字(もじ)のまわりの画像処理(がぞうしょり)でわかると思(おも)います。

上(うえ)から7番目(ばんめ)のが、今回(こんかい)あらたまったバナーです。

startup-_180622.png

先日(せんじつ)はヒミツにしていましたが、こちらの起動画面(きどうがめん)とトモ・デザインしたもの。

そういえば
先輩(せんぱい)から教(おそ)わったことがあります。 デザインは、苦労(くろう)を見(み)せないのがクオリティだ・・・と。 サラッとやったように見えるのがスグレモノという意味(いみ)ですけれど、今回(こんかい)はホントにサラッとだったりして・・・(笑)

2秒(びょう)しか表示(ひょうじ)されないので、凝(こ)りすぎても無意味(むいみ)。 旅行(りょこう)のお客(きゃく)さまやシマンチュを、あなたの知(し)らない天城町(あまぎちょう)へ誘(いざな)うために、脳内(のうない)をリセットする扉(とびら)として働(はたら)いてくれればOKなので。


他方(たほう)で
オッサンの経験(けいけん)では、一発目(いっぱつめ)で発想(はっそう)したモノが、たいがいベスト・・・ですね。 ただ、発想は個性(こせい)そのものなので、2番目、3番目と、あとになるほどベストに近(ちか)づく性格(せいかく)のデザイナーもいらっしゃるでしょう。


 
 
posted by ぶん+ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2018年06月21日

日常(にちじょう)の 夕(ゆう)

Aコープで買(か)い物(もの)してから、イノーへ。 おやや? 道端(みちばた)にムクドリたち。

md-180621.jpg

このごろ何十羽(なんじゅう・わ)もの群(む)れになっているフツ・ムクドリたち。 すっかり繁殖(はんしょく)が終(お)わり、いくつかの家族(かぞく)が合流(ごうりゅう)したようです。

きょうは夏至(げし)、まだ明(あか)るいハズなのに、薄暗いイノー。

tenki-180621.jpg

寝姿山(ねすがたやま)も、ずいぶん厚布団(あつ・ぶとん)。たらーっ(汗)

なにかに怯(おび)えたらしいサギが飛来(ひらい)。

sag-180621.jpg

身(み)を寄(よ)せるというか・・・ なんかワザトラシイ2羽。 胸(むね)にオレンジっぽいところがある、アマサギたち。 すっかり頭(あたま)がオレンジになっていてもいいのに・・・ ひょっとすると、まだ適齢期(てきれい・き)じゃないとか???

トリトリデッキの下(した)には、ウミアメンボとケシウミアメンボ。

ua-180621.jpg

やや゛っexclamation ウミアメンボのペアが、ケシウミアメンボを捕(つか)まえたっ。exclamation×2 その数秒後(すうびょうご)、格闘(かくとう)の末(すえ)にケシウミアメンボは逃(に)げ果(おお)せました。

そういえば
アメンボのたぐいは、こうしてペアになってしばらく生活(せいかつ)しているようですけれど・・・ 乗(の)ってるオスは、断食(だんじき)なのか、メスのおこぼれ、はたまた一瞬(いっしゅん)ピヤッと離(はな)れて狩(か)ってもどるとか・・・ どうしてるんだろう。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ウミアメンボ 】
posted by ぶん+ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

父(おとこ)の 背中(せなか)

きのうの撮影(さつえい)を整理(せいり)していたら・・・ ウンブキのアカヒゲ。

ah-180621.jpg

もうボロボロ、羽毛(うもう)が擦(す)れすぎて、羽軸(うじく)すらチクチク見(み)えます。

そういえば
巣穴(すあな)にエサを運(はこ)んでいたので、なにげに尋常(じんじょう)ではありません。 アカショウビンなど夏鳥(なつどり)が繁殖(はんしょく)しているタイミングで、渡(わた)らない留鳥(りゅうちょう)が営巣(えいそう)しているのはオカシイ。 しかも、とっくに巣立(すだ)ったのも確認(かくにん)しています。

つまるところ
まわりでオスが不足(ふそく)しているのか・・・ 二度目(にどめ)の繁殖ではないか、と。 このままですと、途中(とちゅう)で死(し)ぬるか、繁殖が終(お)わってから、長(なが)くないでしょう。 鳥(とり)たちの繁殖は、命(いのち)を削(けず)る子育(こそだ)てなのです。 たくさん巣立(すだ)たせれば、疲(つか)れにより免疫力(めんえきりょく)などが低下(ていか)して、寿命(じゅみょう)が縮(ちぢ)みます。 とかく、太(ふと)く短(みじか)く・・・などと申(もう)しますが、鳥にとってまったくその通(とお)り。たらーっ(汗)


たぶん、この営巣は・・・


【追伸】ついしん
ならエサを与(あた)えればイイんじゃないの?と思(おも)ったアナタ、正解(せいかい)です。 んが・・・パンやナッツは厳禁(げんきん)で、昆虫(こんちゅう)などタンパク質(しつ)の豊富(ほうふ)なエサでないと、腹(はら)がふくれるだけで成長(せいちょう)も回復(かいふく)も望(のぞ)めないので、逆(ぎゃく)に命を縮(ちぢ)めるから要注意(ようちゅうい)。

手(て)をさしのべることは、おそらく無理(むり)だと思(おも)う。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 アカヒゲ 】
posted by ぶん+ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年06月20日

島(しま)で コアホウドリ???

過日(かじつ)、ユイの館(やかた)で、ダイビングサービス海夢居(かむい)の鈴木さんの講演(こうえん)がありました。 春先(はるさき)のホエールウォッチングで、ホエールスイムの映像(えいぞう)のなかに、スゴイのが。

さっそく、データベースに登録(とうろく)させていただきました。

DB-180620.jpg

奄美群島(あまみぐんとう)で、ほとんど記録(きろく)がないコアホウドリ。exclamation&question

興味深(きょうみ・ぶか)いのは、コアホウドリは北半球(きたはんきゅう)の夏(なつ)でなく冬(ふゆ)に繁殖(はんしょく)する・・・ということと、成鳥(せいちょう)らしい姿(すがた)になるのに10年(ねん)くらいかかるということです。

こうして
お客(きゃく)さまとの何気(なにげ)ない映像(えいぞう)だからこそ、残(のこ)そうとする鈴木さんの姿勢(しせい)が、ひょっとすると発見(はっけん)につながりそうな予感(よかん)。 ダイビングの達者(たっしゃ)は、生物(せいぶつ)の全般(ぜんぱん)に対(たい)しても、どこかピンと来(く)るところがあるのかもしれませんね。ぴかぴか(新しい) 

ガイドさんはイロイロいるけれど、ただペチャクチャしゃべるだけの昭和(しょうわ)のガイドさんって、本当(ほんとう)はガイドさんに向(む)いてないのかもしれない。 ただ浅薄(せんぱく)な知識(ちしき)をひけらかして、チヤホヤされたいオジサンだったりして。exclamation&question(笑)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 コアホウドリ 】
posted by ぶん+ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

クロツラーズ X5

夏場(なつば)はとかく南風(みなみかぜ)になるワケですが・・・そうすると島(しま)のほとんどが時化(しけ)てきます。 南北(なんぼく)に長(なが)いので、南北の風に弱(よわ)いのです。 磯が深(ふか)くて、平均的(へいきんてき)に丸(まる)っこい南大東島(みなみだいとうじま)が懐(なつ)かしい。

harow-180620.jpg

島の大半(たいはん)の磯(いそ)は、浅(あさ)いリーフなので、ほとんど遊(あそ)べなくなってしまう。たらーっ(汗)

きょうは戸ノ木(とのぎ)でなく、川津辺(こぉっちぶ)にクロツラーズたち。

khs-180620.jpg

クロツラヘラサギたちは、キチンと? 5羽(わ)そろっていました。 やれやれ、よかった。

それでなくても
外来種(がいらいしゅ)メヒルギのために干上(ひあ)がって死(し)につつあるイノーで、希少(きしょう)なクロツラヘラサギが死(し)んだとあれば、踏(ふ)んだり蹴(け)ったりですからね゛〜。バッド(下向き矢印)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年06月19日

クロツラーズ X4 ?

けさは中潮(なかしお)の最終日(さいしゅうび)ながら、まだまだ高潮位(こうちょうい)。 なのに・・・ ずいぶん濁(にご)っています。

inow-180619.jpg

寝姿山(ねすがたやま)は、気(き)の毒(どく)な感(かん)じに。たらーっ(汗) このごろイノーに入(はい)っている20センチほどの子(こ)チヌ(≒ミナミクロダイ)たちも、まったく見(み)えません。

戸ノ木(とのぎ)には、サギたちが集(あつ)まって休(やす)んでいます。

khs-sags-180619.jpg

右下(みぎした)の4羽(わ)がクロツラヘラサギ。 台風(たいふう)のあとも5羽(わ)とも健在(けんざい)だったので、奥(おく)で休んでいるのかも。

お隣(となり)の沖永良部(おきのえらぶ)のデータでは、ジメジメ至極(しごく)。

tenki-180619.png

湿度(しつど)100%、そこそこ強(したた)かな風(かぜ)、これが島(しま)の生活(せいかつ)。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 クロツラヘラサギ 移住 】
posted by ぶん+ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年06月18日

ジャングルの庭(にわ)に 新顔(しんがお)

オッサンちの庭(にわ)は、草木(そうもく)がボーボーで、集落(しゅうらく)でも疎(うと)まれていることでしょう。たらーっ(汗) でもハブは来(こ)ず・・・むしろ来(く)るのはノラネコたち。 もちろんノラネコたちはハブの天敵(てんてき)。

さ〜っと雨(あめ)が降(ふ)りだしたのを、キッチンから眺(なが)めていたら、赤(あか)いのが目(め)につきました。

osu-180618.jpg

お゛〜これは、オキナワスズメウリるんるん それっぽい名(な)のスズメウリとは、ほとんど関係(かんけい)のない植物(しょくぶつ)。

オッサンは、動(うご)きもしない、食(く)えもしない動植物(どうしょくぶつ)には興味(きょうみ)がありませんが・・・カラフルで絶妙(ぜつみょう)な大(おお)きさの実(み)が、ど〜しても引(ひ)きつける。 ウズラの玉子(たまご)くらいで、うっそうとした茂(しげ)みにあって、赤(あか)、オレンジ、黄(き)などカラフルなところが目(め)をひきます

それはそうと
ジャングル庭園(ていえん)に生(は)えてきたのなら、おそらく鳥(とり)がどこかで実を食(く)らって、フンをした・・・らしい。 ただし、たいがいの果実(かじつ)は、すぐに食(た)べきられては意味(いみ)がないので、ギリギリ食えるくらいのマズささらしい。 キレイだけど、酢(す)の物(もの)にはせんとこ・・・たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年06月17日

シギもヤヤコシイけど サギも・・・

キアシシギの声(こえ)がするので、オッサンも鳴(な)きながらジロジロしていると・・・ジェット機(き)の轟音(ごうおん)に驚(おどろ)いた数羽(すうわ)が近(ちか)くにやってきました。

kas-180617.jpg

干潟(ひがた)なのに、とっさに岩場(いわば)にとまるとは。 実(じつ)は干潟でなく、岩(いわ)のカモフラージュカラーなのかな? いやいや、どちらか似(に)たような方(ほう)に避難(ひなん)するのかもしれないし、晴(は)れていると影(かげ)でバレるから影が複雑(ふくざつ)なモノのそばに身(み)を寄(よ)せるのかもしれない。

それにしても
右下(みぎした)のは、胸(むね)などにギザギザパターンがない。 幼鳥(ようちょう)っぽいけれど、背(せ)にチリチリした白(しろ)いパターンがない。 ん゛〜 肝心(かんじん)のSHORE BIRDS IN JAPANにも、ソレっぽいのがない。

ぶっちゃけ・・・シギ・チドリ好(ず)きは、わざわざ琉球列島(りゅうきゅう・れっとう)に来(き)てまでシゲシゲ観察(かんさつ)しないので・・・まだまだ知(し)らんこともあるのかもしれない。 たぶんこの個体(こたい)は、もうじき満一歳(まん・いっさい)になる若鳥(わかどり)なんじゃないか、と。 第一回夏羽(だいいっかい・なつばね)とゆ〜のかな?

な〜んて謂(い)えるのも、徹底(てってい)して詳(くわ)しいSHORE BIRDS IN JAPANがあってこそ・・・なんですけども。(笑)


ところで
オッサン的(てき)には、こちらがもっと厄介(やっかい)。 内地人(ないちゃー)にはゼンゼン注目(ちゅうもく)されない、ダイサギのたぐい。 このごろオオダイサギとダイサギ、あるいはダイサギとチュウダイサギは別種(べっしゅ)の扱(あつか)いになったらしいんだけれど、ほとんど見分(みわ)けができない。 別(わか)れて進化(しんか)したからといって、姿(すがた)が変(か)わるワケでもない。

参考(さんこう)までに、植物(しょくぶつ)のカンアオイでは、奄美大島(あまみおおしま)と徳之島(とくのしま)にのみ分布(ぶんぷ)する固有種(こゆうしゅ)どうしは、急速(きゅうそく)に分化(ぶんか)し、DNAでは見分(みわ)けられないほどですが、見た目(め)はゼンゼン違(ちが)っているそうです。 花粉(かふん)を運(はこ)んでもある昆虫(こんちゅう)をアテにする植物と、食(た)べる側(がわ)の鳥類(ちょうるい)では、進化のコンセプトが真反対(まはんたい)のよう。ひらめき


そんなわけで、たぶんチュウダイサギ。

ds-180617.jpg

だって、まるでチュウサギっぽい大(おお)きさじゃもん。(笑) 越夏(えっか)するダイサギは、小(ちい)さめなのです。

ちなみに
サイズがそっくりなチュウサギは、干潟でも砂地(すなじ)の上(うえ)とか、水辺(みずべ)でもすごく浅(あさ)いまわりにいます。 だって、クチバシが太(ふと)めで丈夫(じょうぶ)なので。


こちらもやはり、水辺でも水深(すいしん)があるところに。

ds2-180617.jpg

この個体(こたい)は、クチバシが黒(くろ)い。

鳥(とり)たちは、恐竜(きゅうりゅう)の末裔(まつえい)ですけれど・・・マメンチサウルスのように何年(なんねん)もかけて成長(せいちょう)し、大(おお)きくなることはありません。exclamation 生(う)まれて3ヶ月(かげつ)で、親(おや)とおなじになります。exclamation×2 ホウロクシギなどでは長(なが)すぎる?クチバシだけ、あとから伸(の)びるけれど。 くわえて、大型(おおがた)の鳥類では大人(おとな)になるのに、それなりの時間(じかん)がかかります。

先(さき)のチュウダイサギ?の例(れい)を、そのまま単純(たんじゅん)に仮説(かせつ)にするなら・・・クチバシが黄(き)なのが、まだゼロ歳、黒いのがもうじき2歳といったところ。 都合(つごう)、チュウダイサギは3歳(さい)くらいから繁殖(はんしょく)する・・・とか? ただし、オスメスのうち、オスのほうが早熟(そうじゅく)かもしれない。 おなじペリカン目(もく)のクロツラヘラサギにも、その傾向(けいこう)があるように。


そうそう
午後(ごご)は、ユイの館(やかた)でダイビングショップ海夢居(かむい)のリュウジさんの講話(こうわ)がありました。 ウミガメがラブリーな島(しま)なのもさることながら・・・奄美(あまみ)では記録(きろく)がほとんどない希少(きしょう)なコアホウドリが・・・実(じつ)は沖合(おきあい)にはビュンビュンやってくる大切(たいせつ)なとこらしいので、ここらの海(うみ)はトンデモなようです。ひらめき


 
posted by ぶん+ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年06月16日

ナニモノか わからない生物(せいぶつ)とか

ヨナマビーチの生物をあれこれ調(しら)べ、文化遺産データベースへ登録(とうろく)していますが・・・ なかにはサッパリわからない生物もいます。

sg-180616.jpg

ゴシャゴシャした濃緑(のうりょく)の、5〜7センチくらいのカタマリ。

サンゴでなく植物(しょくぶつ)みたいですが硬(かた)いし石灰質(せっかいしつ)のようにも見(み)え、見当(けんとう)もつかない。 さりとて、図書館(としょかん)にはサンゴ礁(しょう)にまつわる図鑑(ずかん)はまったくなく・・・困(こま)り果(は)てていました。 みどり サンゴ などでヤタラと画像(がぞう)を検索(けんさく)したところ、ようやくアクアリウム用(よう)に販売(はんばい)されているサボテングサの一種(いっしゅ)と判(わか)りました。 緑藻(りょくそう)は地上(ちじょう)の草木(くさき)とおなじ緑色植物(りょくしょく・しょくぶつ)のくくりですから、わりと植物らしい植物のなかま・・・らしいけれど、そうは見えない。たらーっ(汗) 名(な)は、ウチワサボテンっぽさに、なぞらえたようです。

ところで
その周(まわ)りに、ふにょ〜んとある草(くさ)というか緑の帯(おび)のようなものは、たぶんリュウキュウスガモ。 ジュゴンが食(た)べたりする海草(うみくさ)で、花(はな)も咲(さ)きます。 これがたくさんあるところを藻場(もば)と呼(よ)んだりしますが、内地(ないち)の藻場は、おなじオモダカ目(もく)のアマモが多(おお)い。 メバルやタツノオトシゴなんかもいるところで、漁場(りょうば)でもあります。

さて
このアマモ・・・和名(わめい)がメチャクチャんなげ〜んです。exclamation

リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ

オトヒメさまの髪(かみ)を結(ゆ)っていたヒモの、使(つか)ったあとのやつ・・・ってことかな? ヒトヅマノモトユイグサでイイじゃん。exclamation&question(笑) だれひとり覚(おぼ)えようとしなかったのか、まったく呼(よ)んでもらえぬ、無意味(むいみ)な和名でした。 植物(しょくぶつ)では最長(さいちょう)だそうで、じゃあ他(ほか)にもモノズキがいそうだ・・・と調(しら)べたら、昆虫(こんちゅう)では「オガサワラチビヒョウタンヒゲナガゾウムシ」、魚(さかな)では「ミツクリエナガチョウチンアンコウ」だそうです。たらーっ(汗) どちらもレアモノだから、覚(おぼ)える必要(ひつよう)もない。

さらに気(き)になったのでオトヒメについて調(しら)べたところ、もともとお姫(ひめ)さま姉妹(しまい)を兄姫(えひめ)に弟姫(おとひめ)と呼んだそうな。 だからわざわざ、リュウグウノオトヒメと表現(ひょうげん)したらしい。 くれぐれも、無駄(むだ)に真面目(まじめ)でした。(笑)

正確(せいかく)には和名のことを、標準和名(ひょうじゅん・わめい)といい、図鑑(ずかん)に載(の)せる正(ただ)しい名(な)です。 けれど、呼ばれないときは俗称(ぞくしょう)が標準和名の代(か)わりに用(もち)いられることがあります。 リュウグウノオトヒメノ・・・は、その最(さい)たるもののよう。たらーっ(汗) 野菜(やさい)のアメリカネリなんて知(し)らないけど、オクラならおなじみですよね。ひらめき


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 サボテングサ 】
posted by ぶん+ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

意外(いがい)と 厄介(やっかい)な台風(たいふう)

いや゛〜 よ〜降(ふ)りますし、いよいよ風(かぜ)もでてきました。

rain-180616.png

990hPaだから、風速(ふうそく)は大(たい)したことはないけれど、風(かぜ)の吹(ふ)き方(かた)にムラがあるので、ゆさぶられるタイプ。 意外と倒木(とうぼく)がでやすいかもしれません。

そのせいか?竜巻(たつまき)の発生率(はっせいりつ)がアップしているような。

tm-180616.png

レーダーナウキャストは雨量(うりょう)だけでなく、雷(かみなり)や竜巻に切替(きりか)えてチェックできます。

ADSLのスピードも落(お)ちてしまって・・・

adsl-180616.png

娯楽(ごらく)といえばNHKネットラジオくらいなものです。たらーっ(汗)

おっと、雨量(うりょう)があったので、土砂災害警戒情報(どしゃさいがい・けいかい・じょうほう)がでています。

dpsha-180616.png

地盤(じばん)がゆるんでいるので、家(いえ)のそばや、道路(どうろ)わきのがけ崩(くず)れなどにご注意(ちゅうい)を。

 
posted by ぶん+ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災

2018年06月15日

アメニモ マケズ

7時(じ)まえ、雨(あめ)のなか チトテロロロロロ〜るんるん 庭(にわ)の向(む)こう、牛小屋(うしごや)のわきの電線(でんせん)。

as-180615.jpg

この鳴(な)きは・・・8月のころ 落(お)ち着(つ)いているときと同(おんな)じ。 かなり遠(とお)い相手(あいて)を、確認(かくにん)する鳴きのような。 かなり長(なが)めに、かつアチコチに向かって鳴きながら、ジックリと反応(はんのう)を聴(き)いているようでした。 ときおり、プルルルッとしながら。

ところで
デジ一眼(いちがん)ルミックスG8は、いつもオートISO感度(かんど)に設定(せってい)していますが、けさはドップリ暗(くら)かったようで、ISO 3200にアップしていました。 明(あか)るさF4のレンズなのに。たらーっ(汗) けど一方(いっぽう)で、以前(いぜん)なら、けさのアカショウビンはノイズでジャリジャリだったハズなのにスッキリ画像(がぞう)・・・ずいぶん時代(じだい)は進(すす)んだものですね゛〜。ぴかぴか(新しい)



台風(たいふう)6号(ごう)は、かなり涼(すー)しい。 きょうの最高(さいこう)は24℃で、夜半(やはん)すぎのこと。 発達(はたっつ)はしないけれど、フツーの低気圧(ていきあつ)としては、雨風(あめかぜ)が強(つよ)そうですからご注意(ちゅうい)を。

rain-180615.png

子育(こそだ)てまっただなか、とか、これから産卵(さんらん)する鳥(とり)たちにとっても、なかなかの試練(しれん)になりそうです。


これから先(さき)の、警報(けいほう)・注意報(ちゅういほう)や風速(ふうそく)などの遷(うつ)り変(か)わりは、こちらでチェックできます。

 
posted by ぶん+ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災

2018年06月14日

ダマジョーな セッカ

口笛(くちぶえ)で鳴(な)きマネするのは、ハードルも高(たか)いし、なによりヒョットコみたいな顔(かお)も恥(は)ずかしいものです。 でも、舌打(したう)ちなら・・・

sk-180614.jpg

繁殖期(はんしょくき)でせわしないセッカは、ダマされジョーズで、テリトリーの見回(みまわ)りもマメ。 カチンといった金属音(きんぞくおん)や、ヒッヒッヒッと鳴(な)きますが、 舌打(したう)ちで、カチンとおなじリズムをマネすると、わりとヒツッコク応(こた)えてきます。ひらめき コツは、セッカのカチンに負(ま)けぬ、強(したた)かな舌打ち。

恥ずかしいけれど、野鳥(やちょう)とのヤリトリを試(ため)してみたいアナタに、おススメです。ひらめき

ちなみに
目(め)つきが曇(くも)っているのは、第三(だいさん)のまぶた、瞬膜(しゅんまく)を閉(と)じているため。


 
posted by ぶん+ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) |