2017年04月25日

会合(かいごう)のあと カラ シラサギ

きょうも、カラシラサギはいないかイノ〜と、眺(なが)むれば・・・

kt-170425.jpg

コーちん(コウノトリJ0066)5しきが休(やす)んでいます。

探(さが)しながらブラブラしていると、逃(に)げた?

kt2-170425.jpg

そこそこ離(はな)れていたのに、気(き)にしぃやなぁ゛〜。たらーっ(汗) やはり、追(お)いまわして撮影(さつえい)しようとしたシマンチュがいたようです。 心(こころ)あたりはアリアリです。バッド(下向き矢印)

トリトリデッキのまわりには、な〜んにもいないので、北(きた)を眺めると、おるおる。

hiru-kara-170425.jpg

オーサトリのオバサンの手前(てまえ)でチョロチョロしています。 でも、1羽(わ)だけで、もう1羽は渡去(ときょ)したのでしょうか。 でも遠(とお)いいな゛〜

さらにウロウロしていたところ、グッシーから入電(にゅうでん)、きょうは会合ですけど・・・だとぉ゛〜exclamation&question そんなん知(し)らんがなっexclamation×2 オッサンちは、郵便(ゆうびん)が2週間(しゅうかん)くらいかかって超遅(ちょう・おそ)く届(とど)くことがあり・・・イヤガラセされとるんかなぁ。たらーっ(汗)

オットリガタナで会合へ。

shakyow-170425.jpg

文化財保護審議委員(ぶんかざい・ほご・しんぎいいん)の手前、出席(しゅっせき)せにゃなりまません。 せっかくの会合、メンバーに伝(つた)えたいこともありますし。

さて、そのままAコープで買(か)い物(もの)、季節(きせつ)はずれの生(なま)クリームがあったので、とっとと購入(こうにゅう)してイノーへ。 小芋(こいも)のクリームシチューとカルボナーラでも、こさえましょうかね。ひらめき

さてと、満潮(まんちょう)なので、戸ノ木団地(とのきだんち)のほうかな・・・

kara-170425.jpg

子(こ)らが遊(あそ)んでいる、手前(てまえ)の岩(いわ)にいるようです。

やっぱり1羽。

kara2-170425.jpg

まんなかのがカラシラサギ、フサフサです。ぴかぴか(新しい) う、うらやましい・・・ たぶん左(ひだり)がチュウダイサギ、右(みぎ)はチュウサギでしょう。 島(しま)に飛来(ひらい)するダイサギは、けっこう小(こ)ぶりだからヤヤコシイのです。

さらにヤヤコシイのも。(笑)

sekirei-170425.jpg

きのう、よう壁(へき)ライフを愉(たの)しみにやってきたセキレイでしょうか? 胸(むね)の黒(くろ)いところが、ずいぶん多(お)いいなぁ゛〜 まるでタイワンハクセキレイのようですけど、グレーのところがありませんし、ギリギリ胸の黒いとこがクチバシに届(とど)いていません。

sekirei2-170425.jpg

ひょっとすると、ここらを通(とお)りかかる南方(なんぽう)のハクセキレイは、タイワンハクセキレイとの混血(こんけつ)が進(すす)んでいる・・・とか? 越冬(えっとう)しているのは、こんなに黒くありませんし。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コウノトリ カラシラサギ 】
posted by ぶん+ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月24日

たかがシラサギ されどシラサギ だカラシラサギ

そろそろじゃないかな・・・と勘(かん)が騒(さわ)ぐので、トリトリデッキ駐車場(ちゅうしゃじょう)の前(まえ)にいる、小(ちい)さめのシラサギをジロジロ。

kara-170424.jpg

お゛ぉ〜ビンゴ。exclamation×2 オッサンの勘(かん)もナカナカ。 これこそが、クロツラヘラサギより少(すく)なく絶滅(ぜつめつ)が危惧(きぐ)され、2,500羽(わ)ほどかもしれないとされている・・・カラシラサギにございます。 2年(ねん)ぶりの渡来(とらい)です。

採餌(さいじ)しているのは、なんでしょうか?

kara2-170424.jpg

エビ・・・? こんな細(ほそ)い、半端(はんぱ)なハサミがあるエビがいるとは。 テッポウエビでも、アナジャコでもない。 これまでも、エビばっかり食(た)べていました。

でも、カニも食(た)べるようです。

kara3-170424.jpg

ヒメヤマトオサガニでなく、ハシリイワガニのようなフォルムと色(いろ)あい。 ハサミはイヤのようで、振(ふ)りちぎって食(た)べていました。 やっぱりメンドクサイんだろうなぁ・・・たらーっ(汗)

昼休(ひるやす)み。 トリトリデッキのとこのほかに、ヒョッとして他(ほか)にもいるかもな゛〜と思(おも)ってイノーの南(みなみ)を見(み)やると、300メートルあまり先(さき)にソレっぽい気配(けはい)。 念(ねん)のために近(ちか)くに寄(よ)ってチェック。 挙動(きょどう)もなく、ジッとしているし・・・当(あ)たっていれば、視力(しりょく)は6.0くらい。(笑)

kara4-170424.jpg

おおお゛〜 走りだしました。exclamation&question オッサンの感覚(かんかく)もタマには的中(てきちゅう)するようです。 といっても、きょうは2回(かい)とも的中してしまいました。 経験(けいけん)と歳(とし)を経(へ)ると、無意識(むいしき)にナニかを感(かん)じられるようになったのかもしれません。


ところで
カラシラサギが動(うご)いた・・・ということは、ほかにもいるハズ。 夕(ゆう)、よう壁(へき)に集(あつ)まってきたのは、よう壁ライフ大好(だいす)きで、野営(やえい)しようとするキセキレイたち。 と・・・

sekirei-170424.jpg

白黒(しろくろ)のタイワンハクセキレイっぽいのもいたり。たらーっ(汗) でもグレーゾーンのヤツとかいるし・・・遠目(とおめ)には判断(はんだん)できません。 ほかにもアレコレまじっているんだろうな゛〜とは思(おも)うけれど、近づいて刺激(しげき)するのも大人(おとな)げない。 とはいえ、どっさりとキセキレイたちでした。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 カラシラサギ 2017 キセキレイ 】
posted by ぶん+ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

爺(じい)の 〇〇工作(こうさく)

図画(ずが)工作、電子(でんし)工作、アリバイ工作、破壊(はかい)工作・・・工作もイロイロ。

kowsaku-170424.jpg

爺が漂着物(ひょうちゃくぶつ)で、なにやらこさえています。 生(い)きがいを発見(はっけん)したのでしょうか?

浮(う)きには、顔(かお)が描(えが)かれています。

kowsaku2-170424.jpg

ん゛〜 ぱっと見(み)は笑顔(えがお)みたいだけれど、よくよく見ると目(め)がドラッグでイッチマッタようで・・・かなりヤバゲな笑顔(えがお)だなぁ。

せっかくなら、ドラえもんの完全体(かんぜんたい)とか、フェリックスっぽくすれば、わかりやすいのに。たらーっ(汗) 伊仙町(いせんちょう)の小原海岸(くばる・かいがん)には、青(あお)をテーマにした工作で無法(むほう)に占拠(せんきょ)する爺がいますが、こちらのテーマはナゾの笑顔でしょうかね゛〜。 青の爺に比(くら)べると、まだまだコダワリが足(た)りないなぁ。(笑)

今様(いまよう)の表現(ひょうげん)なら・・・リサイクル工作かな? しかしながら、家(いえ)でやらないのには、なにかワケがあるに違(ちが)いない。 秘密基地(ひみつきち)の一部(いちぶ)になるのか、はたまたご神体(しんたい)か、それともプチ・アミューズメントパークか、はたまた実用(じつよう)できるナニかとか・・・どう発展(はってん)するのか、そこはかとなく気(き)にかかります。ひらめき

そんなことより
爺はどうやって、これらを取(と)り上(あ)げたのでしょうか・・・たらーっ(汗)

posted by ぶん+ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!

2017年04月23日

釣(つ)れそうにないほど オモシロイ

このところ仕事(しごと)とはべつに・・・来月(らいげつ)、ユイの館で催(もよお)す写真展(しゃしん・てん)の準備(じゅんび)が忙(いそが)しい。 うだうだ写真を選(えら)んだり、テーマを考(かんが)えたりしていると煮詰(につ)まるので、そこはやっぱり釣りに限(かぎ)る。ひらめき

hama-170423.jpg

実(じつ)は、きのうもチラとやってきたのですけれど、ずいぶん沖合(おきあい)でクジラがブリーチングしている水柱(みずばしら)が、3回(かい)ほど見(み)えただけでした。たらーっ(汗)

さて
きょうは違(ちが)います。 コレを試(ため)そうかと。

yura-170423.jpg

景山「 ゆらりん 10g 」をスプーンとして用(もち)い、フロントにダブルフックを装着(そうちゃく)してみました。 こんなん食(く)うのか?という疑念(ぎねん)こそがルアーの原動力(げんどうりょく)。exclamation&question コレは、その昔(むかし)・・・カサゴやアイナメ釣りで平(ひら)たいブラクリ≒ブラーが流行(はや)ったころの製品(せいひん)で、すなわちリサイクルアー。 ダイヤカットがキラキラするし、肉厚(にくあつ)なのが波風(なみかぜ)に強(つよ)いと思(おも)うのです。 マジメにこうして解説(かいせつ)しているけれど・・・してる本人(ほんにん)も、ゼンゼン信用(しんよう)できません。(笑)

波間(なみま)を泳(およ)ぐ40センチオーバーのツバメコノシロをめがけ、およその位置(いち)を通(とお)したところ・・・ガツガツ、ガシ、ゴツゴツ、グ〜でようやくフッキング。 けれど、波打(なみう)ち際(ぎわ)まで寄(よ)せたときに油断(ゆだん)してバラシ。たらーっ(汗)

ん゛〜 ちゃんと食うんだけれど、ツバメコノシロはフロントフックを食らうほどの食い気(け)がないらしい。 ならば・・・と、じっくりアレコレ、パーツを組(く)み替(か)えて、リアフックのスプーン風(ふう)な仕掛(しか)けに。

yura2-170423.jpg

そうしたら、投(な)げてすぐ・・・ここんビビビビビと早速(さっそく)ヒット。exclamation&question その後(うし)ろから50センチオーバーのロウニンアジが群(む)れて追(お)ってきて、興奮(こうふん)でジャンプ。exclamation×2 でも、掛っているのはかなりチンマイ。たらーっ(汗)

ka-170423.jpg

お゛〜るんるん 美(うつ)くしいコバンアジ、コレはコレでアリっ。exclamation×2 すごく美味(うんま)いヒラアジだそうです。exclamation でもやっぱりチンマイ・・・ しかも、とても側扁(そくへん)していて≒薄(うす)っぺらいので、ショボい薄づくりにしかなりそうにない。たらーっ(汗)

速(すみ)やかにリリースして、ロウニンアジを狙(ねら)いましたが、もういない・・・ そのあと、波間に80センチくらいのオニヒラアジが見(み)えたものの、スルー。たらーっ(汗) 波浪(はろう)で、どうにも濁(にご)りがとれなくなったので、シブシブ撤収(てっしゅう)。

Aコープの鶏モモ肉の特売(とくばい)に向(む)かったのでした。 やれやれ。

それはそうと
どうもタンがからんで不快(ふかい)だし、霞(かす)んでいるな゛〜と思ったらヤッパリ。

pm25-170423.jpg

PM2.5がずいぶん飛来(ひらい)しているようですね。バッド(下向き矢印)



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ルアー 釣り コバンアジ 】
posted by ぶん+ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2017年04月22日

DVDがとどきまして

いや゛〜 うちにはテレビがないって言(い)ったのに・・・DVDがとどきました。

過日(かじつ)、放映(ほうえい)された番組(ばんぐみ)の録画(ろくが)で、オッサンがガイドをさせてもらっていました。 シマンチュも多数(たすう)、協力(きょうりょく)されています。

dvd-170422.jpg

お゛〜やっぱり。ひらめき サイバーリンク・パワーメディアプレーヤーだとパソコンでも再生(さいせい)できました。るんるん エンタメ系(けい)のパソコンには、この手(て)のCPRM対応(たいおう)のプレーヤーがインストールされています。

ウンブキアナゴの撮影(さつえい)では、アイデアをひねったんですよね゛〜。 おそらく国内初(こくないはつ)のロケだったと思(おも)いますし、気合(きあ)いが入(はい)りました。 ヤツガシラも見(み)つけたのですけれど・・・ボツになってしまいました。たらーっ(汗)

ちょい
気になったのは・・・コウノトリが飛(と)んでいるシーンで、カメラのセンサーにホコリがついていたみたいでした。(笑)

posted by ぶん+ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影について

カメラ と 科学(かがく)

ソニーから、ドギモを抜(ぬ)く一眼(いちがん)カメラが発表(はぴょう)に。

a9-170422.jpg

α9、フルサイズ=フィルムと同(おな)じ大(おお)きなセンサーサイズで、1秒間(びょうかん)に20コマの撮影(さつえい)ができるのだとか。exclamation&question 超高級(ちょう・こうきゅう)な一眼レフでも、せいぜい12コマが限界(げんかい)でした。 けど、オッサンがポケットに携(たずさ)ているサイバーショットでも、10コマいくんですけども。 それは別(べつ)ってことで。(笑)

一眼レフは、これまでは最(もっと)も高速(こうそく)なカメラで、キヤノンやニコンが世界(せかい)をけん引(いん)していました。 でも・・・それらのメーカーの進化(しんか)には、どうやら意地(いじ)が邪魔(じゃま)をしているよう。 光学(こうがく)メーカーにとって、光(ひかり)が乏(とぼ)しく、見(み)えないシーンは撮(と)る必要(ひつよう)がない・・・と思(おも)っているようです。 対(たい)してソニーやパナソニックは、見えないものも写(うつ)そうと、科学を駆使(くし)してデジカメを進化させているのです。

ニンゲンの好奇心(こうきしん)は無限(むげん)なので、たぶんソニーやパナソニックのほうが正解(せいかい)。 でも、まだまだです。 α9の搭載(とうさい)するセンサーは、グローバルシャッターではないようで、わずかにローリング歪(ひずみ)が生(しょう)じるようです。 グローバルシャッターは最新(さいしん・ぎじゅつ)で、現在(げんざい)のセンサーではプロペラがメロメロになってしまったり。 カメラが進化すれば、機械式(きかいしき)のシャッターも、光学(こうがく)ファインダーも要(い)らなくなりますから、一眼レフでなく、ミラーレス一眼にとって代(か)わられるのは時間(じかん)の問題(もんだい)です。

レンズは圧倒的(あっとう・てき)にキヤノンやニコンが充実(じゅうじつ)しているので・・・そこが厄介(やっかい)。 ちなみに、オッサンは普段(ふだん)、キヤノンのレンズにアダプターを用(もち)いてパナソニックのカメラを装着(そうちゃく)しています。

camera-170422.jpg

これですと、素早(すばや)くオートフォーカスができない弱点(じゃくてん)がありすが、電子ファインダーで最大(さいだい)10倍(ばい)まで拡大(かくだい)できるから、マニュアルで正確(せいかく)にピント合(あ)わせできるのです。 でも、先日(せんじつ)のルリビタキやキビタキのようなスバシコイ鳥(とり)ですと、やはり一眼レフのオートフォーカスが必要(ひつよう)で・・・悩(なや)ましい。 実(じつ)はルリビタキなどの撮影では、オートフォーカスで一度(いちど)合わせてから、マニュアルで微調整(び・ちょうせい)しているのですが、ファインダーのキレが悪(わる)くて、ズレたカットも多(おお)かったんです。 オートだと、所詮(しょせん)は背景(はいけい)の草(くさ)だの、枝(えだ)だのにジャスピンですしね゛〜たらーっ(汗)

それと
レンズの手(て)ブレ補正(ほせい)は、ほとんどのメーカーが搭載しているけれど、ボディ側(がわ)のと両方(りょうほう)搭載してるのは、やはりソニーとパナソニック、そしてオリンパス。 さりとてビーム砲(ほう)レンズはキヤノンとニコン、そしてシグマのみ。 なかなか、ウマイコトいかぬものですよね・・・たらーっ(汗)

posted by ぶん+ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影について

2017年04月21日

そろそろ夏鳥(なつどり)・・・なのに?

もう、リュウキュウアカショウビンが渡(わた)ってきそうな時節(じせつ)ながら・・・天候(てんこう)がイマイチなので、早(はや)くてもあす、土曜夜(どよう・よる)のフライトで、日曜朝(にちようあさ)からキョロロロロ〜るんるんというイメージになりそう。

運動公園(うんどう・こうえん)のまわりでも、まだ渡(わた)りが続(つづ)いています。 なかでも珍(めず)らしいのを見(み)つけました。

shs-170421.jpg

ご存知(ぞんち)でしょうか? サルハマシギを。

シギにはどうにもイイカゲンでセンスないネーミングが多(おお)いなかでも、筆頭(ひっとう)のダメネーミング・・・たらーっ(汗) ツル+シギ、ヒバリ+シギ、ウズラ+シギならまだしも、サルってどうなの??? 猩々(しょうじょう)のような赤(あか)い姿(すがた)だからサルにしたっぽいのだけれど・・・サルは全身(ぜんしん)でなく顔(かお)とケツだけ赤いし・・・それなら、ムネアカハマシギ か ショウジョウハマシギでもいいじゃん。exclamation×2

んま゛〜どっちみち サルハマシギを知(し)っていたにしろ、絶対(ぜったい)モテナイだろうから・・・ど〜でもい〜んですけどね゛〜。(笑)

ところで
ムナグローズも渡りのよう。

mg-170421.jpg

ムナグロの群(む)れが、これだけたくさん画角(がかく)に入(はい)るのは珍しいことです。 くつろいでいれば、密集(みっしゅう)しないので、だいぶ緊張(きんちょう)しているらしい。

トリトリデッキ前(まえ)には丸(まる)っこい姿が。

css-170421.jpg

チュウシャクシギたちが、休(やす)んでいました。

たぶん、まだ渡らないヘラーズ?たちもイノーのヤヤコシイところで休んでいました。

hs-khs-170421.jpg

だいぶ、互(たが)いの距離(きょり)が詰(つ)まってきたらしく、前よりずっと仲良(なかよ)くなったようです。 こうして似(に)た生態(せいたい)のヘラサギとクロツラヘラサギが行動(こうどう)をともにすると、効率(こうりつ)よく警戒(けいかい)したりできるのです。

陸(おか)にもチラと。

moz-170421.jpg

2羽(わ)のシマアカモズが、ピヤッと茂(しげ)みから飛(と)び出(だ)し・・・隠(かく)れたり、百舌鳥(もず)らしくアレコレ鳴(な)きマネしていたりしていました。

こうして渡りにズレがあることで、大群(たいぐん)でもろともに死滅(しめつ)することを防(ふせ)いでしるのでしょうけれど・・・本人(ほんにん)たちは、短(たん)に迷(まよ)ったりサボったりしたダケなのかもしれません。たらーっ(汗)(笑)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 サルハマシギ シマアカモズ 】
posted by ぶん+ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月20日

うりずん って言(い)うんですか?

デイゴの花(はな)が咲(さ)きだしました。

deigo-170420.jpg

デイゴのつぼみ・・・初(はじ)めてシミジミ眺(なが)めました。

花びらのように、八方(はっぽう)に伸(の)びた枝(えだ)に花がついているんですね゛〜。 デイゴヒメコバチにやられて、葉(は)がほとんど失(うしな)われたのに、最後(さいご)の力(ちから)をふりしぼって咲こうとしているようです。 だからこそ、こうしてスッキリと撮影(さつえい)できたのですけれど。たらーっ(汗)

松枯(まつが)れに瀕(ひん)した、リュウキュウマツと同様(どうよう)の・・・断末魔(だんまつま)の一手(いって)なのでしょうか???

うりずん・・・ウチナーンチュの間(あいだ)でも失(うしな)われつつあるようですけれど・・・こちらでも言うんでしょうか? 先日(せんじつ)チラと耳(みみ)にしましたが。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 デイゴ 】
posted by ぶん+ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2017年04月19日

コウノトリ と オーサトリ と

けさからコーちん=コウノトリJ0066がイノーに飛来(ひらい)しています。

kt-170419.jpg

歩(ある)いてたのに、モサモサとグルーミング・・・オッサンのビーム砲(ほう)レンズが気(き)になったらしく、イライラして羽繕(は・づくろ)いしているようです。たらーっ(汗)

だんだんズンズン遠(とお)ざかって・・・限界(げんかい)に。

kt-ot-170419.jpg

オーサトリのジジババも苦手(にがて)なので、オッサンから逃(に)げてばかりもいられない。 コウノトリも楽(らく)じゃない。

役場(やくば)への道(みち)すがら、キジの岩場(いわば)には、季節(きせつ)はずれのウ。

umu-170419.jpg

顔(かお)の白(いろ)いところが多(おお)いいので、ウミウ・・・ってゆ〜か、イロイロ白すぎ。exclamation×2 ウミウたちはサカナトリが専門(せんもん)。

ちなみに
オッサンはアゲアシトリが得意(とくい)・・・かな。いい気分(温泉)(笑)

ところで
きのう登録(とうろく)いておいた、町内(ちょうない)の所縁(ゆかり)ある地点(ちてん)が、見(み)えるようになりました。

db-170419.jpg

スマホの「にっぽん風景なび」で閲覧(えつらん)できるデータが、しっかり増(ふ)えました。exclamation


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コウノトリ J0066 ウミウ 】
posted by ぶん+ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) |

セイタカシギ の 目指(め)ざすトコ

トコトコトトトトトト・・・

sts-170419.jpg

あんまり足早(あしばや)に移動(いどう)したセイタカシギ。 なしてだ???

ほぉ゛〜 そ〜ゆ〜こと?

sts2-170419.jpg

風(かぜ)のないトコで採餌(さいじ)するために、移動していたのです。

水面(みなも)にさざ波(なみ)がないところを目指すのは、体(からだ)が見(み)た目(め)より軽(かる)すぎる鳥(とり)たちは、風(かぜ)にはフラフラ揺(ゆさ)ぶられるので、バランスをとるだけで疲(つか)れるから嫌(いや)なのです。 しかも、水中(すいちゅう)が見やすくてエサが捕(と)りやすいワケです。

posted by ぶん+ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月18日

本日(ほんじつ)は ヒキコモリで〜

雨(あめ)だったので、ヒキコモリでテレワーク。 天城町文化遺産データベースのネタを日本風景なびに対応(たいおう)させる作業(さぎょう)をしていました。

n-f-navi-170418.jpg

今(いま)のところ数カ所(すうかしょ)ですけれど・・・あすにはカナリ増(ふ)えると思(おも)います。

どうやら
島(しま)の観光連盟(かんこう・れんめい)や役場(やくば)はスマホの情報提供(じょうほうていきょう)をヤヤコシく考(かんが)えているようで、すこぶる及(およ)び腰(ごし)。 でも・・・いかなる優(すぐ)れた業者(ぎょうしゃ)に依頼(いらい)しても、載(の)せるための写真(しゃしん)や文言(もんごん)はキッチリ監修(かんしゅう)する必要(ひつよう)があるのに・・・そこまでマルナゲするもんだから、イイカゲンなものしか出来(でき)ないことに気付(きづ)いていないようです。 ぶっちゃけシマンチュって、ツッコミどころ満載(まんさい)なのだけれど、ツッコミ入(い)れるのはダメな民族(みんぞく)なので、仕上(しあ)がったにしてもカタチだけで・・・内容(ないよう)についてはユルユルぼろぼろになりやすい。たらーっ(汗)


ならば・・・文化遺産データベースで、先行(せんこう)してしまえば? と。(笑)

なんといっても
このデータベースの仕組(しくみ)なら、いつでも更新(こうしん)できるのが特長(とくちょう)。 通常(つうじょう)の固定(こてい)した観光アプリでは実現(じつげん)できない、コンテンツ=観光ネタの追加(ついか)がいくらでもできるのが嬉(うれ)しいところ。ひらめき フツーのアプリ業者は、コンテンツの更新(こうしん)で易々(やすやす)と儲(もう)けようとするワケで。たらーっ(汗) 早稲田システムさん、融通(ゆうづう)の利(き)く仕組みを ありがとう。るんるん


さて
オカタイのばかりでは、つまらぬので・・・由緒正(ゆいしょ・ただ)しい千鳥足(ちどりあし)を。

mcdr-170418.jpg

かなり遅(おそ)い渡(わた)り、きのうのメダイチドリ。 1月下旬(がつ・げじゅん)には動(うご)きだす群(む)れもあるので、分散(ぶんさん)することで気象変動(きしょう・へんどう)などによる死滅(しめつ)を防(ふせ)いでいるのでしょう。 個性(こせい)って大事(だいじ)ですよね゛〜。


個性と謂(い)えば・・・オッサンの痛(いた)いの好(ず)き。(笑)

sasari-170418.jpg

きのう、そこそこ深(ふか)く刺(さ)さったルアーのフックでしたが、腫(は)れたりもせず・・・もう回復(かいふく)50%くらいに。exclamation&question ほとんど痛みもなく、洗(あら)いモノもへっちゃらで、スッカリふさがってしまいましたよ。るんるん

ホントに、そんなに刺さってたのかよexclamation&questionという方(かた)のうち、本当(ほんとう)にブッササリを見(み)たいならコチラの生画像(なま・がぞう)をどうぞ。たらーっ(汗) 気持(きも)ち悪(わる)くなっても、責任(せきにん)を負(お)いませんけども。

みなさんは、マンガやオカルトと思(おも)っているかもしれないけれど・・・クラ(チャクラ)≒気(き)で、包(くる)んでおいたんです。

合気道(あいきどう)や空手(からて)など、格闘技(かくとうぎ)を極(きわ)めようとする一部(いちぶ)のヒトなら、感(かん)じられるエネルギーの一種(いっしゅ)です。 感覚(かんかく)や細胞(さいぼう)に作用(さよう)するらしく・・・破壊(はかい)にも回復(かいふく)にも用(もち)いることができます。 科学(かがく)で解明(かいめい)できない事柄(ことがら)は、身近(みじか)にもマダマダあるものです。

オッサンは真剣(しんけん)に修行(しゅぎょう)していないので、成功率(せいこうりつ)はビミョ〜。 でも成功すれば、切(き)り傷(きず)もすぐにくっつきます。 おそらく、血小板(けっしょうばん)の展開(てんかい)を限定(げんてい)しつつ、細胞(さいぼう)が活性化(かっせいか)し癒合(ゆごう)を飛躍的(ひやくてき)に促進(そくしん)しているようです。

科学では解明できないけれど、記録(きろく)は大切(たいせつ)だろう・・・と、事ある毎(ごと)にチャレンジしています。ひらめき


30年前(ねんまえ)チラとだけ、クラを教(おそ)わった師匠(ししょう)は、癌(がん)をも治(なお)すという怪(あや)しげな?叔父(おじ)ですが、クラは体(からだ)を重(おも)くしたりすることを、その場(ば)で体感(たいかん)させてくれたので、すぐに本物(ほんもの)だexclamation×2と理解(りかい)するしかありませんでした。 たぶんその程度(ていど)なら、今(いま)のオッサンでも簡易(かんい)にできると思(おも)うので、体感したい方(かた)はお早(はや)めに。 だってすぐ忘(わす)れそうだし。(笑) 特(とく)に合気道のチカラを試(ため)すならはおススメかも。

クラとは不思議なエネルギーです。 けれども使(つか)えるからといって、語尾(ごび)に「ってばよ」をつけなければならないシキタリはありませんし、ラセンガンexclamationとか、あまつさえカ〜メ〜ハ〜メ〜とか撃(う)てませんよ。(笑)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 観光 アプリ 日本風景なび 千鳥足 】
posted by ぶん+ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 不自然なこと

2017年04月17日

痛(いた)いい〜 光景(こうけい)?

けさのイノーは、気圧(きあつ)が下(さ)がったようで、潮位(ちょうい)がアップ。

tenki-170417.jpg

にしても、スンゲ〜ハンパな陽気(ようき)。 とゆ〜のも、暑(あつ)いってシマンチュと、鼻水(はなみず)やら咳(せき)をかかえたシマンチュが入(い)り乱(みだ)れすぎていて・・・たらーっ(汗)

セイタカシギは、まだ数羽(すうわ)が残(のこ)っています。

sts-170417.jpg

この姿(すたが)について、頭(あたま)もふくめエレガントな貴婦人(き・ふじん)ってナニ・・・アレかな、ツル系(けい)の貴婦人ってことかな?たらーっ(汗)

遊具(ゆうぐ)のとこの芝生(しばふ)からピヤッと逃(に)げたのは・・・どこだろう・・・

tgm-170417.jpg

逃げた先(さき)の枝(えだ)のなかに、チラ見(み)してるツグミが。 1羽(わ)で渡(わた)るピリピリした感(かん)じが伝(つた)わってきます。 ほか、やはり1羽のマミジロタヒバリやら、ホシムクドリがグランドにいて、こちらもピリピリ警戒(けいかい)して・・・少(すこ)しも寄(よ)らせてくれませんでした。

ところで
ルアーをいじってたところ痛(いた)イイ〜ことが。exclamation&question

ita-170417.jpg

ちょい刺激(しげき)がキツそうだから、モザイクを。(笑)

指先(ゆびさき)のわずか2mmほどの深(ふか)さに、フックがブッサリと・・・たらーっ(汗) カエシのところまでブッサリなので、少々(しょうしょう)ひっぱっても抜(ぬ)けないんだけれど、痛みもチクチクするだけで、サホドじゃない。

んま゛〜ニンゲンなんて、むやみに指先のイタさをオオゲサに感(かん)じる感性(かんせい)がアリますが・・・痛さを敵(てき)にまわしすぎるのもナニかなぁ゛〜と。ひらめき


posted by ぶん+ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月16日

食(た)べることは 幸(しあわ)せのひとつ

さえないニンゲンほど、珍(めず)らしいモノや動植物(どうしょくぶつ)に憧(あこが)れや興味(きょうみ)を持(も)ってしまうものです。たらーっ(汗) オッサンもさえないけれど、食(く)えないモノには、あまり興味がありません。(笑) 食べられるモノの知識(ちしき)は、生死(せいし)にかかわりますし。

さっき
直売所(ちょくばいじょ)で見(み)かけた野菜(やさい)。

ip-170416.jpg

ナゾの野菜だったらしく、売(う)れていませんでした・・・ わかりますか? コレ。

最初(さいしょ)はゴツイ牧草(ぼくそう)っぽいミツバかな? と。(笑) でもニオイでわかりました。 牧草っぽいイタリアンパセリ。たらーっ(汗) すんげ〜硬(かた)そぉ〜。 見破(みやぶ)ったのでタダであげます、とのことでしたが、ビッミョ〜。(笑) レンジで乾燥(かんそう)させようかな゛〜。

食(た)べ方(かた)がわからないから・・・と、蕎麦粉(そばこ)もいただいてきました。 蕎麦ずきとしては嬉(うれ)しい限(かぎ)りで、先月(せんげつ)で消費期限(しょうひきげん)が過(す)ぎ、チョイワルなところも嬉しいですね。(笑) 蕎麦がき、一度(いちど)やってみたかったんで、レンジでチャレンジしようかと。るんるん

先日(せんじつ)ハマってしまった、Aコープの安(やす)い養殖(ようしょく)カンパチのアラ・・・頭(あたま)だけで、あとはスカ・・・カマすら入(はい)ってませんでした。 Aコープの安い商品(しょうひん)って、ホントにスカですよね゛〜・・・やれやれ。 そんなこったろうと思(おも)っていましたから、コラーゲンの抽出(ちゅうしゅつ)を忘(わす)れません。

nikogori-170416.jpg

酒(さけ)の肴(さかな)にモッテコイな煮(に)こごり。 行儀(ぎょうぎ)わるいけれど、いただいた頭(あたま)や皮(かわ)をもどして煮(に)ておくと、硬くプリッとした濃(こ)ゆい仕上(しあ)がりに。

スカなアラも、ほぐしてマヨじょうゆ+ひきたてコショウのサンドイッチに。

sand-170416.jpg

ところどころ・・・骨(ほね)があたるのはご愛敬(あいきょう)。(笑)

先週(せんしゅう)のチヌは、刺身(さしみ)だけでなく、出汁(だし)をとってミネストローネ風(ふう)に。

minestrone-170416.jpg

ミネストローネって、シマンチュのなかで何人(なんにん)ご存知(ぞんち)だろう。 安いトマト缶(かん)でこさえられるし、飾(かざ)らずカンタン、美味(おい)しい・・・野菜(やさい)のごった煮(に)です。

このごろチャレンジ中(ちゅう)なのが、特売(とくばい)の鶏(とり)ムネ。

burg-170416.jpg

昨宵(さくよい)は、粗挽(わらび)きバーグに。ひらめき アッサリした風味(ふうみ)に濃ゆい旨味(うまみ)、グリグリした歯(は)ごたえが、とても新食感(しん・しょっかん)。exclamation×2 でもこれ、アッサリなのでキツイ風味のケチャップが合(あ)わず・・・和風(わふう)のポン酢(ず)ではモノタリナイ・・・どうしたものやら。

とかく
貧民(ひんみん)ほど、ガツガツと早飯(はやめし)を食らってしまうものです。 オッサンも貧民ながら、食事(しょくじ)はできるだけ美味しいのをこさえて、ジックリ味(あじ)わっていただくことにしています。 食事の豊(ゆた)かさは心(こころ)の豊かさだと信(しん)じています。ひらめき なにしろ、これまで出会(であ)った早食いのデザイナーは、どうにもデザインに落(お)ち着(つ)きや、楽(たの)しさがアリマセンでしたから・・・


【追伸】ついしん
さきほどワンセグで、さわやか自然百景(しぜん・ひゃっけい)を視(み)ました。 徳之島(とくのしま)の自然が満載(まんさい)でしたが・・・なかでもタイトルがイノーと寝姿山(ねすがたやま)だったのが嬉しいオッサンでした。 ウンブキアナゴの撮影(さつえい)には、あれこれ苦労(くろう)があったのですけれど、よかったよかった。ぴかぴか(新しい)
posted by ぶん+ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2017年04月15日

めんどイノ〜

けさも、釣(つ)りのチャンスでした。

inow-170415.jpg

けれど、ど〜も水温(すいおん)がダメらしく・・・ボラが水面(みなも)を泳(およ)ぎませんし、ダツもいません。 そんなときは、当然(とうぜん)ヒラアジもいない。たらーっ(汗)

チヌにルアーをキャストしたとき、うっかり根掛(ねがか)り・・・ということで、昼(ひる)から回収(かいしゅう)へ。 運動公園(うんどう・こうえん)のわきからエントリー。

dame-170415.jpg

ここらは、だメヒルギが埋(う)め尽(つ)くしてしまって、野鳥(やちょう)もチヌも見(み)えなくなりました。 しかも、ゴミがひっかかって溜(た)まり、ゴミだらけになってしまって・・・やれやれ。たらーっ(汗)

引(ひ)かかったあたりをジロジロ。

lure-170415.jpg

あったあった。 オヤジ殿から送(おく)ってもらったレアモノのジグヘッドなので、無(な)くすわけにはいかない。

で・・・ただルアーを回収しにきたダケじゃありません。

dame2-170415.jpg

トリトリデッキのまわりの外来種(がいらいしゅ)だメヒルギの種(たね)も、回収&ポキポキ折(お)って駆除(くじょ)。 野鳥(やちょう)が観(み)られなくなっては困(こま)るので。

さらに
まだ目的(もくてき)があり・・・貝(かい)の生息(せいそく)をチェック。 なかなか、いなイノ〜。

amg-170415.jpg

ようやく見つけました。 マングーブアマガイだか、アラスジアマガイだか・・・そのあたり。

なぜか、甲幅1.5センチくらいの小(ちい)さめハシリイワガニがじっとしています。

hig-170415.jpg

ちゃんと岩(いわ)を走(はし)らんかいっexclamation×2(笑) カニは逃(に)げそびれると、こうして固(かた)まってしまうことがあります。

データベースに、ノコギリガザミの幼体(ようたい)と間違(まちが)って載(の)せてしまったミナミベニツケガニも探索(たんさく)していましたが・・・

btg-170415.jpg

意外(いがい)にスンナリと。 甲幅(こうふく)は4センチくらい。 だいぶ目(め)が離(はな)れたイメージが特徴(とくちょう)です。

生(い)きてるかツンっと・・・

btg2-170415.jpg

すんげ〜怒(おこ)った。exclamation×2 しかも、両(りょう)のハサミを正面(しょうめん)で一瞬(いっしゅん)クロスさせるようにチャキッexclamationと威嚇(いかく)します。 ホントに音(おと)がしますよ。

しばらく行(い)くと、また。

btg3-170415.jpg

イキナリ、のけ反(ぞ)って威嚇しています。 しばらくすると、シュボッexclamationと瞬時(しゅんじ)にして砂(すな)に潜(もぐ)ってしまいました。 そんな技(わざ)があったんだ・・・

さらにまた。

btg4-170415.jpg

甲幅3センチくらいの小(こ)ぶりな個体(こたい)。 夜行性(やこうせい)との記述(きじゅつ)があるけれど・・・ベニツケガニ伝説(でんせつ)だったとか。exclamation&question(笑)

転(ころ)がっていた二枚貝(にまい・がい)。

rsb-170415.jpg

みっちり戸締(とじま)りしていて・・・生(い)きているようです。 サルボウガイのたぐいでしょうか?

上空(じょうくう)をクルルルルと聞(き)いたこともない声(こえ)をだして北上(ほくじょう)するシギ・チドリのたぐいも見かけましたし・・・ヒマをもてあましたのか、ガセトリのオジサンも見られました。(笑) 


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 メヒルギ 外来種 ベニツケガニ マングローブアマガイ 】
posted by ぶん+ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月14日

幸(しあわ)せ・・・の?

けさは絶好(ぜっこう)の釣(つ)り日和(びより)。

inow-170414.jpg

穏(おだ)やかなイノーになりました。

トリトリデッキのすぐ下(した)をチヌ(≒ミナミクロダイ)が泳(およ)いでいます。

mk-170414.jpg

ん゛〜 たるい泳ぎ・・・たらーっ(汗) 結構(けっこう)寒(さぶ)かったので、干潟(ひがた)が冷(ひ)やされ、水温(すいおん)が下(さ)がってしまったのかもしれない。

とりあえず、満潮(まんちょ)で海水(かいすい)が増(ふ)えれば水温も上(あ)がるかもしれないので・・・運動公園(うんどうこうえん)を散歩(さんぽ)。

sts-170414.jpg

おや? まだいますね。 やはり片足(かたあし)が痛(いた)くて、地面(じめん)のおろせないのです。 セイタカシギは、足が長(なが)すぎて、片足ではまともに採餌(さいじ)できません。 このセイタカシギは長(なが)くないかもしれない。

じっと待(ま)っていると、枝(えだ)からピヤッと地面におりてパパッとエサを探(さが)しては戻(もど)る影(かげ)。

kb-170414.jpg

キビタキのオス。 こちらも、まだいるんだ・・・

キビタキって、好(い)い名(な)ですよね゛〜。 キビ炊(た)き=黒糖(こくとう)を炊いているみたい。 キビタキ印(じるし)の、やわらかムチ黒糖はいかが?(笑)

で、イノーを眺(なが)めながらトリトリデッキへも戻ろうとしたら、チラリと見慣(みな)れぬ影が見(み)えたのですけれど・・・確認(かくにん)できず。 しかも、仕掛(しか)けを組(く)みだしたら東(ひがし)からの強風(きょうふう)に。たらーっ(汗) チヌは下(した)ばかり見て、ルアーを嫌(いや)がってしまうし・・・すごすご撤収(てっしゅう)。



昼休(ひるやす)み、チラ影?が気(き)になって、散歩道(さんぽみち)をジロジロ。

おった。exclamation&question

rb-170414.jpg

青(あお)い?

これがウワサのルリビタキかなぁ゛〜、にしても遠(とお)いい。 でも、とても嫌(いや)がっているようで、ずいずい遠(とお)ざかるので、とりあえずここまでで仕事(しごと)へ。



夕(ゆう)、Aコープで買(か)い物(もの)してから、青い鳥(とり)を探(さが)しに。 すみっこに駐車(ちゅうしゃ)してから、散歩道を眺(なが)めると・・・やはりチラっと。 けれども逆光(ぎゃっこう)なので、トリトリデッキ側(がわ)から回(まわ)ることに。

route-170414.jpg

トリトリデッキのところからは、暮(く)れなずむイノーに、珍(めずら)しくヘラーズ?が。

khs-hs-170414.jpg

一緒(いっしょ)だったのは、ほんの一瞬(いっしゅん)で、すぐさまバラバラに。たらーっ(汗) 今回(こんかい)のクロツラヘラサギとヘラサギは、相性(あいしょう)は悪(わる)い方(ほう)じゃないかと。バッド(下向き矢印)

そしていよいよ、ポイントあたりにやってきたとき、腰(こし)をおろして タタッ タタタタッ とマネを。 すると・・・

rb2-170414.jpg

虫(むし)を追(お)って、サッと舞(ま)いおりたらオッサンがいて・・・慌(あわ)てたのを覚(さと)られまいと、とっさにシャキーン。exclamation×2(笑) 青い鳥も、トリつくろうんだ・・・鳥だけに・・・たらーっ(汗) ひたすらコソコソしているよりも、マネしている方(ほう)が、相手(あいて)が警戒(けいかい)しない場合(ばあい)があるのです。 たっぷり食(た)べて、今宵(こよい)は北(きた)へフライトかな?


チルチル+ミチルは連(つ)れ去(さ)ろうとして、ことごとく失敗(しっぱい)したけれど、このルリビタキはやってきてくれました。 ってことは、どっさり幸せをもってきたハズ。 スズメくらいのバディに何人前(なんにんまえ)の、どのくらいの期間(きかん)有効(ゆうこう)な幸せを搭載(とうさい)しているのか・・・ビッ ミョ〜。

このルリビタキが本物(ほんもの)なら、あすは爆釣(ばくちょう)するはず。るんるん っ楽(たの)しみぃ〜っひらめき あ、でもラッキーで釣(つ)れちまうより、セイタカシギの足をナントカしてほしいような・・・ オッサンは、ルリビタキを眺(なが)められたけで、充分(じゅうぶん)に幸せているし。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ルリビタキ キビタキ クロツラヘラサギ ヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) |