2018年12月10日

ウミ 専用(せんよう)?

きょうも、ワイパーを動(うご)かすか悩(なや)ましい、そぼそぼ雨(あめ)がつづいていました。 気温(きおん)は19.9℃・・・

喜治(キジ)の海岸(かいがん)といえば、新徳之島発電所(しん・とくのしま・はつでんしょ)のとこ。 そこにある岩場(いわば)は、冬場(ふゆば)になると、ウがやってくるところ。

umu-181210.jpg

やっぱり、ウミウ。ひらめき

先輩(せんぱい)もいないのに、自然(しせん)とココにはやっぱりウミウ。exclamation×2

ウのシリーズにしては、ヤタラお腹(なか)が白(しろ)っぽいのは、ゼロ歳(さい)だからで・・・かといって遠目(とおめ)に、カワウかウミウか見分(みわ)けるのは、たいがいムリ。たらーっ(汗) カワウもゼロ歳だと、カナリ白っぽいので。 見分けについてはデータベースに画像(がぞう)や説明(せつめい)がありま〜す。ぴかぴか(新しい)


ただ
オッサンの経験上(けいけん・じょう)、ココまで白っぽいのはウミウが圧倒的(あっとうてき)に多(おお)い気(き)がする・・・


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ウミウ カワウ 】
posted by ぶん+ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年12月09日

柿(かき) 長持(ながも)ち

先々月(せんせんげつ)の末(まつ)に送(おく)ってもらった柿。 おすそ分(わ)けしたのに、ほぼ毎日(まいにち)、柿。 わが家(や)にはもうずっと、柿・厳禁(げんきん)とゆ〜くらい。(笑) そこで、長持ちさせる実験(じっけん)を、絶賛実施中(ぜっさん・じっしちゅう)。exclamation×2

kaki-181209.jpg

そうして産(う)みだされたのが、オカズでもご飯(はん)でもなくサラダとも謂(い)いがたい料理(りょうり)。 アペタイザーと謂うか・・・ツマミ専用(せんよう)。exclamation&question(笑) パンにはさんでもいけそう。 できれば・・・ハムとかといっしょに。

コロコロにした柿に、ヨーグルトをたっぷり、いささか多(おお)めの塩(しお)と、化学(かがく)の昆布出汁(こぶだし)、ナツメグ、レモン果汁(かじゅう)を少々(しょうしょう)。

甘塩(あまじょ)っぱい、なんとも謂えないふくよかな和(あ)えもの。るんるん ほどよく柔(やわ)らかに熟(う)れてきたところがベスト。

しっかり甘いのに、ビタミンCが豊富(ほうふ)なのが、柿のナゾ。exclamation×2

そして
ど〜やって柿を長持ちさせているのかも、ナゾ。exclamation(笑)

 
posted by ぶん+ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2018年12月08日

干潟(ひがた)の ウグイス

きょうもドンヨリですね゛〜 しかも、きのうからズンズン寒(さぶ)うなっています。曇り

北風(きたかぜ)の干潟には、ほっとんど鳥(とり)たちが見当(みあ)たりません。たらーっ(汗)

おや? メヒルギにウグイス?

u-181208.jpg

メヒルギはシマンチュに植(う)えられてしまった外来種(がいらいしゅ)で、マングローブ植物(しょくぶつ)のひとつ。 ことしは、けっこう多(おお)めに渡来(とらい)している感(かん)じのウグイスですけれど・・・先(さき)の台風(たいふう)で植栽(しょくさい)など餌場(えさば)が荒(あ)れているので、ナリフリかまってられないのでしょうか。

 
posted by ぶん+ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年12月07日

キアシシギの マネのハズ・・・なのに?

ヒミツにしてましたが・・・10月(がつ)から飛来(ひらい)しているアカアシシギ2羽(わ)のうちの1羽が、マネにダマサレ?だしたようなんです。

aas-181207.jpg

このごろはオッサンを見(み)かけると、キヨ〜ンるんるんと鳴(な)きかけてくるのです。 最初(さいしょ)、驚(おどろ)かせてしまって・・・飛(と)び去(さ)るときにキュイキュイるんるんと鳴(な)いたら、逃(に)げるのをやめました。 爾来(じらい)、まるでオッサンのようなキアシシギと認識(にんしき)しているらしい。(笑)

そもそも
シギたちは、せっかく餌場(えさば)にいるのに、天敵(てんてき)でもない相手(あいて)を無駄(むだ)に恐(おそ)れて逃げるのは、ヒッジョ〜にメンドクサイのでしょう。exclamation

コウノトリとかカラスは、マネが効(き)きませんが、意外(いがい)と見(み)かけより声(こえ)を信(しん)じる鳥(とり)は多(おお)いのかもしれません。 しかも同族(どうぞく)でなくても・・・

 
posted by ぶん+ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年12月06日

サクラツツジ

ニッポンジンは、とてもサクラが好(す)きなので、サクラとつくモノは多々(たた)あります。 姓名(せいめい)、歌(うた)に列車(れっしゃ)、餅(もち)とか、金(きん)さんのサクラフブキ、サクラダイ、イベントを盛(も)りあげるヒトなんかも。(笑)

南国(なんごく)では、このごろ咲(さ)きだす花(はな)も少(すく)なくない。

sakura_ttj-181206.jpg

山(やま)では、サクラツツジ。 ツツジといえば、春先(はるさき)のイメージですけれど。 白(しろ)っぽいので、あまりサクラらしからぬ容姿(ようし)。

ところで
集落(しゅうらく)では、スミレはイマイチですけれど・・・ナノハナは好調(こうちょう)。

nanohana-181206.jpg

ソコも、弱肉強食(じゃくにく・きょうしょく)exclamation&question とゆ〜か、クモはササグモでしょうか・・・花にはヒラタアブの類(たぐ)いがやってきたのに、ナゼかそっぽを向(む)いたまま。 教科書(きょうかしょ)どおりに、事(こと)は運(はこ)ばぬモンですよね゛〜。


 
posted by ぶん+ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

ヤエヤマシオマネキ の メス

きのう、トリトリデッキの下(した)には南方系(なんぽうけい)のヤエヤマシオマネキが巣穴(すあな)から出(で)ていました。 シオマネキたちは、寒風(さむかぜ)がふくと、すぐにヒキコモッテしまうのですけれど・・・ヤエヤマが出るとは。晴れ

ys-181206.jpg

とかく、動物(どうぶつ)はオスがオシャレだと謂(い)われますが・・・やたら青白(あおじろ)い美脚(びきゃく)。exclamation×2 昆虫(こんちゅう)と同(おんな)じご先祖(せんぞ)ですから、紫外線(しがいせん)のパターンで仲間(なかま)と判断(はんだん)するのかもしれません。

シャンハイガニの親戚(しんせき)、モクズガニなどは、ヒキガエルよろしくヤタラめったら抱(だ)きついて交尾(こうび)するだらしいですが・・・シオマネキはキチンとメスを見分(みわ)けているようなので、美脚は大切(たいせつ)なのかもしれない。 ただし、ヤタラに巣穴(すあな)に押(お)し入(い)る習性(しゅうせい)が、気(き)になるところですけれど。たらーっ(汗)

その・・・押し入り系(けい)の? オスも出ていました。

ys2-181206.jpg

すごく立派(りっぱ)に成長(せいちょう)したオス。 ハサミがデカいこと以外(いがい)は、わりと地味(じみ)。 そろそろ寿命(じゅみょう)かも・・・くらいな雰囲気(ふんいき)です。 せいぜい4年(ねん)くらいしか生(い)きられないので、来春(らいはる)にいるかどうか・・・


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ヤエヤマシオマネキ 】
posted by ぶん+ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

2018年12月05日

Aコープの むこう

たま〜に やきうどんでなく、コッッテコテの太麺(ふとめん)やきそばが食(た)べたくなるんで・・・それを求(もと)めてから、ふとキジの海(うみ)の方(ほう)へ。

すると
上空(じょうくう)には、ムクドリ、ホシムクドリたちの群(む)れが。exclamation

md-181205.jpg

発電所(はつでんしょ)の煙突(えんとつ)のまわりを、なんべんも、なんべんも回(まわ)ります。

どうやら、マジメに日没(にちぼつ)を待(ま)ているようです。 日没したあとには、ハヤブサなどが襲(おそ)ってこない法則(ほうそく)でもあるんでしょうか???

md2-181205.jpg

ようやく、煙突にとまりだすと、追(お)って一斉(いっせい)にとまりました。

これまでは
小集団(しょうしゅうだん)がジワジワ集(あつ)まってきて賑々(にぎにぎ)しくなっていたけれど・・・ゼンゼン違(ちが)っている。 ナニが、そうさせているのだろう。

sunset-181205.jpg

鳥(とり)たちにとっては、べつに自然(しぜん)とか、人工(じんこう)とかゼンゼン関係(かんけい)なく、常(つね)に進(すす)みつづけるのみ・・・なんですね゛〜ぴかぴか(新しい)

ギリギリ夏日(なつび)でなかったものの、きょうも地味(じみ)に暑(あつ)うございました。 ついさっき、網戸(あみど)のところでホオグロヤモリが、ケッケッケッケッケッケッexclamationと鳴(な)きましたよ。

 
posted by ぶん+ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

上名道(うぇなみぃち)あれこれ

ここらの案内板(あんないばん)をこさえるのに、ど〜もアイデアがまとまらないので現場(げんば)へ。 あまりジックリ観察(かんさつ)していなかったので、ゆっくり視察(しさつ)することに。

ナゾの石彫(せきちょう)の向(む)こうには、立派(りっぱ)な松(まつ)。exclamation×2

pine-181205.jpg

枝(えだ)の差(さ)し渡(わた)しは、ゆうに20メートルを越(こ)えています。 どうやったら、こういったスタイルが保(たも)たれるのでしょうか・・・

それはそうと、森林公園(しんりんこうえん)にあるナゾの石彫は、ぶっちゃけ素質(そしつ)ナシしです。 センスが悪(わる)いとかソ〜ユ〜レベルでなく、彫(ほ)りそのものが二次元(にじげん)の発想(はっそう)でしかなく、脳内(のうない)で立体(りったい)がイメージできてない。 飛鳥時代(あすかじだい)の仏像(ぶつぞう)みたいな感(かん)じで、やたら直角(ちょっかく)や水平(すいへい)、シンメトリが目立(めだ)ちすぎる。

ゲージツ家(か)のなかでも、彫刻(ちょうこく)家が立体(りったい)をイメージする脳力(のうりょく)は別格(べっかく)で、一目(いちもく)おいていて・・・デッサンからして全(まった)く違(ちが)うんです。


その先(さき)に、さらなるナゾの彫刻? いや石碑(せきひ)が。

monu-181205.jpg

吉岡為良町長の名(な)があるのですけれど・・・ツッコミどころアリアリ。

戦時中(せんじちゅう)に、ここらに滞在(たいざい)したことがあり、徳之島防衛(とくのしま・ぼうえい)を担(にな)われていた旅団長(りょだんちょう)、高田少将(たかだ・しょうしょう)の、戦中のみならず敗戦後(はいせん・ご)の苦悩(くのう)をも忘(わす)れまい・・・と建立(こんりゅう)されたようです。

monu2-181205.jpg

利貞さんを利定さんとミスってしまい、ムリヤリ直(なお)したのですけれど、そのすぐ下(した)には中将(ちゅうじょう)となっていて・・・シマンチュのテゲテゲさあふれ倒(たお)す造(つく)りになっており、もはやナンのためのモニュメントなのか、ワケわからんデキなのでした。爆弾

昔(むかし)っから、勢(いきお)いダケで、なんでもヤッチマウ民族(みんぞく)なんですね゛〜、シマンチュって。 石(いし)に彫るのにキチンと調(しら)べようという気(き)がゼンゼンなかったというのが、アリアリと判(わか)るダメダメさを記録(きろく)した遺跡(いせき)になっちまってます。たらーっ(汗) こんなのを建立できるなんて、むしろスゴイ。exclamation&question

林道(りんどう)をまわっていたら、白(しろ)いKワンボックスのなかでポテチを食(く)らって昼寝(ひるね)しているヤツがいたのですけれど・・・カラスバトもいました。るんるん(笑)

kb-181205.jpg

ん゛〜 茂(しげ)みの奥(おく)へ奥へと避(さ)けようとします。 手前(てまえ)のワシャワシャしたのがなければ、とっくに逃(に)げてしまっていたでしょう。 オッサンの経験上(けいけんじょう)、大和城のまわりが、カラスバトを探(さが)すにはもっとも適(てき)している・・・気(き)がしています。 ダ〜レも探さんと思(おも)うけど。(笑)

そうそう
トリトリデッキのところでもKが停(と)まってて、ダッシュボードに足(あし)をなげだして、サボっているのを見かけました。 オッサンが観察(かんさつ)するところは、サボリ場(ば)???

 
posted by ぶん+ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年12月04日

覚(おぼ)えてたexclamation&question

うりずんのころ以来(いらい)でしょうか・・・久(ひさ)しぶりに、保護(ほご)されているリュウキュウコノハズクを構(かま)いに。 コッ コホッ・コッ コホッるんるんと鳴(な)くと、ヤル気(き)まんまんに゛っexclamation×2

konoha-181204.jpg

やっぱり、タマには刺激(しげき)が必要(ひつよう)でしょう。ひらめき 顔(かお)がマルっとしているのは、のどをふくらませ、鳴きかえしているため。

ゆびを入(い)れると飛(と)びかかってきて、ガシガシと好(い)い感(かん)じにかじりついてました。ぴかぴか(新しい) ノコギリガザミにくらべたら、優(やさ)しいイタさ・・・初心者(しょしんしゃ)むけです。ひらめき

そして、オッサンの再来(さいらい)に刺激(しげき)され・・・昼間(ひるま)なのに、ずっとコッ コホッexclamationと鳴きつづけていました。 オッサンは、よっぽど刺激になるらしい。(笑) ちなみに、ほかの個体(こたい)はホッソリして、警戒(けいかい)しているダケなのも、変(か)わらずでした。

そうそう
そのすぐ近(ちか)くで、ずいぶん久しいチョウ、ツマムラサキマダラが飛んでいました。 集落(しゅうらく)のなかに飛来(ひらい)することもあるんですね・・・


 
posted by ぶん+ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

またまた 戸森(ともり)へ

けさ、すんごいジメジメしていたので、戸森へ。 線刻画(せんこくが)に隣接(りんせつ)するところで、マイマイを探(さが)そうと・・・

日曜(にちよう)に、トクノシマケイマイマイがいた朽木(くちき)をヒックリ返(かえ)しました。

okmymy-181204.jpg

ケはど〜したん? トクノシマ・・・マイマイ? 個人的(こじんてき)には、ソコ、あんまりツッコミたくないんだけど・・・たらーっ(汗) 気(き)をとりなおして、ジロジロするに・・・ヤケに黄色(きいろ)いし、一本(いっぽん)もない。 どうやら、オオカサマイマイという別種(べっしゅ)らしい。 ホッとしたぁ゛〜ぴかぴか(新しい)

そのそばの葉(は)には、殻径(かくけい)8ミリくらいのマイマイ。

tkmymy-181204.jpg

よ゛〜く観(み)ると、ケが3本(ぼん)のトクノシマケマイマイ。exclamation 残(のこ)っててよかったぁ゛〜ぴかぴか(新しい)

よりジメジメしたところを探すと、コロコロといくつかのパンダナマイマイやトクノシマケハダシワクチマイマイなどの殻(から)が転(ころ)がっているところに、覚(おぼ)えのあるマイマイ。

bkmymy-181204.jpg
肉(にく)でおおわれている、ベッコウマイマイです。 にう〜と伸(の)びる黒(くろ)いボディは、しっぽの方(ほう)。

さらにツラツラ歩(ある)くと、細長(ほそなが)い殻。

hgg-181204.jpg

コレはたぶん、森(もり)の奥(おく)に住(す)まうという・・・伝説(でんせつ)のヒルグチキセル??? 朝早(あさはや)く森に赴(おもむ)くシマンチュなら、見(み)かけるそうです。

そろそろ帰(かえ)ろうとしたところ、またマイマイ。

tkmymy3-181204.jpg

サシ≒センダングサの花(はな)びらでも食(た)べているらしい、トクノシマケマイマイ。 場所(ばしょ)さえ選(えら)べば、わりと見られるモンなんですね゛〜ケマイマイ。

帰(かえ)りしな、秋利神大橋(あきりがみ・おおはし)の下(した)あたりで、ウロウロ。

sm-181204.jpg

側溝(そっこう)をユルユル進(すす)む、サソリモドキ。 どうやら、ナニかの肉(にく)をかかえていて前(まえ)が見(み)えず・・・ハサミの後(うし)ろにある足(あし)を触角(しょっかく)がわりにして進んでいるようです。 こちらも夜(よる)がメインの虫(むし)ですけれど、タイミングですかね゛〜。 動画(どうが)も記録(きろく)しておきました。

酢(す)をピヤッと吹(ふ)きだす尻尾(しっぽ)が、やや短(みじか)いのは、どうしてだろう・・・

ともあれ
すっかりキビ畑(ばたけ)ばかりになった感(かん)があるけれど、秋利神にはまだまだ森林の生物(せいぶつ)が残(のこ)っているようで、嬉(うれ)しい限(かぎ)りです。

にしても
戸森のまわりは湿度(しつど)がほとんど100%で、ミョ゛〜に暑(あつ)かったなぁ。たらーっ(汗)


 
posted by ぶん+ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物

2018年12月03日

なぜ ムクドリ?

あまり好(この)まれないかもしれないけれど、今秋(こんしゅう)はズイブンとムクドリの類(たぐ)いが多(おお)め。

mds-181203.jpg

天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)には、ムクドリ、ホシムクドリたちがドッサリ。

まわりからドシドシ集(あつ)まってくるので、総勢(そうぜい)300羽(わ)はゆうに超(こ)えてそう。

mds2-181203.jpg

フツ・ムクドリのうち在来(ざいらい)のは10つがい程度(ていど)、50羽(わ)あまりじゃないか・・・と。 4000キロあまりを東進(とうしん)して渡来(とらい)したホシムクドリは100羽を超(こ)えますが、ナゼかフツ・ムクドリも100羽を超えて渡来しています。

ホシムクドリたちは、バイカル湖(こ)より西(にし)で、それより手前(てまえ)のモンゴルやロシアでもフツ・ムクドリたちは繁殖(はんしょく)しているので・・・いつも渡来しても不思議(ふしぎ)ではないのですけれど・・・、なぜ今年(ことし)に限(かぎ)って多(おお)いのでしょうか???

1)たまたま
2)農薬(のうやく)を多用(たよう)されて、ムシがいない
3)PM2.5、工場排水(こうじょうはいすい)や糞尿(ふんにょう)のタレながし
4)貧(まず)しい人民(じんみん)に食(く)われてしまう
5)強烈な気候変動により、ムシがいない


とか??? オッサンちのまわりは、わりと(5)。 と思(おも)っていたのに、毎朝(まいあさ)ウグイスがやってくる。 今秋は、ウグイスもカナリ多い。 ホントならロシアあたりで繁殖したウグイスも、対岸(たいがん)の大陸(たいりく)で冬越(ふゆご)しせにゃならず・・・アッチにいられぬ理由(りゆう)が加速(かそく)しているのかもしれません。たらーっ(汗)

おや?
このごろ見(み)かけなかったカラムクドリ数(すう)羽が、チラとやってきました。exclamation

kmd-181203.jpg

いつも随伴(ずいはん)しているワケではなさそうですけれど・・・やはり近縁(きんえん)のヨシミで、フツムクたちを利用(りよう)することがあるのでしょう。

に゛しても、きょうも26℃オーバー、地味(じみ)に暑(あつ)うございましたね゛〜。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ムクドリ カラムクドリ ホシムクドリ 】
posted by ぶん+ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年12月02日

とんだ カモみ〜る?

昼食後(ちゅうしょくご)、公民館(こうみんかん)で投票(とうひょう)しました。 仕事(しごと)が立(た)て込(こ)んでいるので、きょうはネタ集(あつ)めに戸森の線刻画(ともりのせんこくが)へ。 あ゛・・・そうそう、ただいま工事中(こうじちゅう)なので、見学(けんがく)はできません。 オッサンもその周辺(しゅうへん)をウロウロするのみ。たらーっ(汗)

ちょうど雨上(あめあ)がりでしたから、マイマイ探(さが)しを・・・

しっかし、なんかアヂ〜な゛〜 日差(ひざ)しがキッツイです。 昼下(ひるさ)がりの気温(きおん)は、26℃くらいあったようで、小夏日和(こなつびより)だ・・・晴れ

森林(しんりん)のマイマイは朽木(くちき)で休(やす)むらしいので・・・チェック。

tkmymy-181202.jpg

お゛〜おったおった。 よ゛〜く観(み)ると、左(ひだり)のほうにはギザギザしたものがついていて、殻径(かくけい)1センチほどのトクノシマケマイマイです。 ほかのギザはどうしたんだろう。 でも、この感(かん)じですと、ゆくゆく大(おお)きくなるにつれ、殻と共(とも)にギザを足(た)しながら成長(せいちょう)するようです。 成長するほど、ギザも大きく丈夫(じょうぶ)になりますし。ひらめき

しばらく歩(ある)くと、すっかり白(しろ)くなった殻(から)。

tkskmymy-181202.jpg

殻頂(かくちょう)が、凹(へこ)になってる・・・ これが目当(めあ)ての、トクノシマケハダシワクチマイマイ。 雨上がりなら、一匹(いっぴき)くらいヌラヌラ歩(ある)いてないものか・・・と思(おも)ったけれど、マイマイはまったく歩いておらず。たらーっ(汗)

せっかくなので、350メートルあまり東(ひがし)にある、まえにトンボを観察(かんさつ)できた沈砂池(ちんさち)へ。

kamo-181202.jpg

なんですとっexclamation&question マガモたちで賑(にぎ)やかになってます。

トンボたちであふれていた水草(みずくさ)は、ほとんどカモたちに食(く)われて、スッキリした水辺(みずべ)になっていました。

ほかにも、まだいるカモ・・・

kamo2-181202.jpg

ヒドリガモとマガモのメス、こうして眺(なが)めると、ずいぶんマガモって大(おお)きいんだなぁ〜。いすれも狩猟免許(しゅりょうめんきょ)があれば、食用(しょくよう)OKなカモです。

さらに、こうして眺めると

kamo3-181202.jpg

ツヤツヤして、実(じつ)に健康(けんこう)で美味(うま)そう。ぴかぴか(新しい) いつもハギシリ顔(がお)のハシビロガモは、エグそう。(笑) ちなみに、カモのオスたち、は真冬(まふゆ)に繁殖羽(はんしょくう)になり、派手(はで)な姿(すがた)になります。 冬のうちに、パートナーを見つけるために。 オシドリ夫婦(ふうふ)と謂(い)われるのはタダの伝説(でんせつ)で・・・ウソッパチです。ふらふら

早々(はやばや)とアオサギがオッサンに驚(おどろ)いたのは平気(へいき)だったのに・・・何(なに)かを感(かん)じたのか、いっせいにカモたちは飛(と)んだ。exclamation×2 あ゛〜 なんてこった。バッド(下向き矢印)

だのに? シュッとしたオナガガモだけが、居残(いのこ)っています。

kamo4-181202.jpg

不安(ふあん)になり、草の間(あいだ)から首(くび)を伸(の)ばし、オッサンをチラチラ確認(かくにん)していました。 不安なら逃(に)げとけばよかったろうに・・・ カモたちにも、さまざまな性格(せいかく)や個性(こせい)があります。

 
posted by ぶん+ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物

2018年12月01日

そこに ジャストフィット・・・

サタデーといえば、玉子(たまご)の特売(とくばい)。 そのまえに、イノーチェック。

満潮(みちしお)から逃(に)げるのに、手軽(てがる)なのが巣穴(すあな)。 そこらの巣穴で顔(かお)を出しているミナミトビハゼ。

mth-181201.jpg

ナニヤラ、機嫌(きげん)イイのか、ワルいのか・・・モクマオウの枝(えだ)が、目(め)の間(あいだ)にジャストフィットexclamation&question 意外(いがい)と気(き)に入(い)ったようでもあり・・・ぴかぴか(新しい) なるほど、箸置(はし・お)きはムリっぽいけど、爪楊枝(つまようじ)や串(くし)置きにはなりそうなモチーフ。(笑)

ココの巣穴/チムニーは、なんと4つ穴式(あな・しき)???

mth2-181201.jpg

これらが、つながっているのか、2×2なのか・・・

おっと 油断大敵(ゆだんたいてき)。

ks-181201.jpg

天敵(てんてき)カワセミがウロついています。 とかく鳥(とり)はオスが派手(はで)とされるものの、カワセミは僅差(きんさ)でメスが派手? クチバシの下(した)が赤(あか)いので・・・

そうそう
気(き)になる旅客機(りょかっき)のデコ。

jal-181201.jpg

遠目(とおめ)には、なんだかエグイ感(かん)じに見(み)えるんですが・・・コウノトリがモチーフになってしました。 ここらにコーちんが飛来(ひらい)していたから、実現(じつげん)したんでしょうね゛〜。 コーちんは5/30に島根(しまね)で記録(きろく)されてから行方知(ゆくえ・し)れず。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ミナミトビハゼ 】
posted by ぶん+ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2018年11月30日

凪(なぎ)の とき

東風(ひがしかぜ)ですと、天城町(あまぎちょう)は風裏(かぜうら)になります。 そろそろ美味(うま)そうなチヌが、ヨナマビーチに入(はい)ってそう。ひらめき きょうはトリトリチェックでなく、ウオウオチェックへ。

やっぱり・・・

mk-181130.jpg

チヌ≒ミナミクロダイは、トライアスロンのスイムのスタートとゴールのあたりをウロウロしていました。 動画(どうが)はデータベースにアップしておきました。

おや?

murasame-181130.jpg

ムラサメモンガラたちが集(あつ)まってきて、コソコソと会合(かいごう)。

オジサンっぽいのもいました。

ojsan-181130.jpg

ヒメジ科(か)、アカヒメジだと思(おも)うのですけれど・・・アカヒメジは群(む)れるモンだと信(しん)じきっていたのに、チットモそうでないらしい。たらーっ(汗) ひつっこいヒラアジの子(こ)は、なにヒラアジか判(わか)らずじまい。たらーっ(汗)

ひさびさに、天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)のまわりもウオウオチェック。ぴかぴか(新しい)

mth-181130.jpg

お゛ったexclamation シマには、サッパリいないとされるミナミトビハゼ。exclamation しかも大小(だいしょう)のセット。

ほかにも、ぐで〜〜〜と不貞寝(ふてね)しているのもexclamation&question(笑)

mth2-181130.jpg

オッサンも、あんたを観察(かんさつ)するのメンドクサイから、ずいぶんサボってたよ。exclamation(笑)

そして
ジワジワ満潮(みちしお)になってきて・・・ スゴク嫌(いや)がるのかと思(おも)いきや

mth3-181130.jpg

なんだか泡(あわ)だらけで、風呂(ふろ)に入(はい)ったときに、ツイやりたくなるアレ・・・ぶくぶくぶく・・・をやっているみたい。(笑)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 2018 ミナミクロダイ ミナミトビハゼ 】
posted by ぶん+ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

徳之島の名物、町長選exclamation&question

いや゛〜 役場の駐車場にヒマンチュが集まってメンドクサイな゛〜と思ったら、どうやら不利だと感じた候補陣営を支援するシマンチュらが、期日前投票にやってきたジジババたちに、支援している候補の名のある紙を渡したりしていた・・・ところ、別の候補の支援者も負けじとウダウダ寄ってきたらしい。たらーっ(汗)

senkyo-181130.jpg

ただ・・・そんな微笑ましい?原始的な手法を用いるオジサンらの地味な闘争とは別に、ナゾのセダンが。 昼寝したり、スマホをいじったりしていましたが、誰なんだろう。 記者?それとも公安? あるいは他国のエージェント?

はたまた
数日前から駐機していたヘリが、きょうになって飛行しはじめました。

nakanihon-181130.jpg

どう見ても、不自然で仮設っぽいヘリテレを搭載しています。

まるで、誰かがナニか起こしてしまうことを、あらかじめリークしていたような雰囲気です。 もしかすると明日、もしくは明後日、その「ナニか」が起こるのかもしれない。

投票する町民のみなみなさま、両町長候補の方々ともに、ご用心を。

 
posted by ぶん+ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不自然なこと