2019年01月18日

ダイシャクシギ

きょうも、イノーは静(しず)かなもの。

おや? 意外(いがい)な大物(おおもの)たちが休(やす)んでいました。

dss-190118.jpg

ダイシャクシギは2羽(わ)だけかと思(おも)いましたが、増(ふ)えたようです。 ほかにも2羽いて、全部(ぜんぶ)で5羽に。exclamation

いささか離(はな)れたところに休む1羽。

dss2-190118.jpg

こうして、真後(まうし)ろからシゲシゲ眺(なが)めたことがなかった気(き)がします。 特徴(とくちょう)の腰(こし)の白(しろ)いところが見(み)えて、ホウロクシギでないことがシッカリ判(わか)ります。ぴかぴか(新しい)

ホウロクシギは、翼(つばさ)の裏(うら)や、腰、腹(はら)もみ〜んな褐色(かっしょく)の細(こま)かいパターンでおおわれています。

ふしぎと
ユーラシア全体(ぜんたい)にいる種(しゅ)から、極東(きょくとう)のみで分化(ぶんか)したような鳥(とり)がいて、ダイシャクシギに対(たい)してホウロクシギもそうですが、カワウとウミウ、ヘラサギとクロツラヘラサギなんかも、似(に)た感(かん)じ。 たまたま・・・ なのでしょうけど。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ダイシャクシギ 】
posted by ぶん+ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

非情(ひじょう)ベル?

ジリリリリリリリリリリリリリリexclamation×2

e_bell-190118.jpg

役場(やくば)に、非常(ひじょう)ベルの音(おと)が鳴(な)り響(ひび)きました。

けれども
だ〜れも火災(かさい)を確認(かくにん)することもなく・・・ 止(と)めようとするばかり。 最初(さいしょ)から、非常ベルを信(しん)じてないよう。たらーっ(汗) あまつさえ、急(きゅう)に鳴りだすから驚(おどろ)いたexclamationという職員(しょくいん)さんまで。 「ピン・ポン・パン・ポォ〜ンるんるん これから10秒後(びょうご)にベルを鳴らします、ご注意(ちゅうい)ください」みたいな予告(よこく)しないってば。(笑)


念(ねん)のため、オッサンは役場の内外(ないがい)を視(み)てまわりましたが、幸(さいわ)いナニもなさそうでした。

さておき
オオカミ少年(しょうねん)のように誰も信じない非常ベル、いやむしろ火災放置器(かさい・ほうち・き)。exclamation&question 非情すぎる・・・ ありゃ? オオカミ少年って、どこぞでオオカミに育(そだ)てられた少年だっけ???


そういえば
歴史文化産業科学資料センター・ユイの館だと「火災(かさい)が発生(はっせい)しました」とかしゃべるけれど、役場のはそうでもないのかな???

 
posted by ぶん+ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!

2019年01月17日

ほそぼそ 越冬(えっとう)

内地人(ないちゃー)であるオッサンにとって、島(しま)の試練(しれん)は冬(ふゆ)の曇天(どんてん)。 不思議(ふしぎ)とあまりジメジメせず手(て)などカサカサするのですけれど、降(ふ)るでもなく、降らぬでもなく・・・ のような車(くるま)のワイパーを30秒(びょう)とか1分(っぷん)くらいたってワイパーを動(うご)かしたくなる、ビミョ〜な陽気(ようき)。曇り

tenki-190117.jpg

北風(きたかぜ)がすさぶ干潟には、な〜んもおらず。 この冬(ふゆ)は、オッサンが移住して9年間(ねんかん)でもっとも渡(わた)り鳥(どり)が少(すく)ない。 にしても、こんな折(おり)クロツラーズたちは、どこへ雲隠(くも・がく)れしているのやら。

一応(いちおう)、イノーの南端(なんたん)をチェックするのが、このごろの日課(にっか)。

sts-aas-190117.jpg

exclamation&question 地味(じみ)どころか、わりと派手(はで)めなシギがいます。るんるん

セイタカシギとアカアシシギは、オッサンを全力(ぜんりょく)で怪(あや)しみつつも・・・なぜかズイズイ寄(よ)ってくる。

sts-aas2-190117.jpg

キュイキュイとキアシシギ風(ふう)に鳴(な)くオッサンに対(たい)し、怪しいだけ ≒ 天敵(てんてき)でないスイッチが入(はい)ったのかもしれない。exclamation&question(笑) こうして、アカアシシギがキアシシギのあとをついて歩(あゆ)むのは、まだオッサンが怪しうて恐(こわ)いからのよう。 セイタカシギは派手なだけあって、ニンゲンに対する神経(しんけい)は他(ほか)のシギたちより太(ふと)めなんです。 目立(めだ)つ姿(すがた)には、そうした性格(せいかく)も含(ふく)まれているワケです。

それにしても
セイタカシギは「Black-winged stilt」≒ 黒(くろ)いつばさの竹馬(たけうま)/せいたかしぎ、アカアシシギは「Redshank」≒ 赤脛(あか・すね)なんですが、なかなか覚(おぼ)えられません。たらーっ(汗)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 セイタカシギ アカアシシギ 】
posted by ぶん+ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年01月16日

天城遺産(あまぎ・いさん) への思(おも)い

世界(せかい)遺産だとか、日本(にほん)遺産、奄美遺産だったり・・・ シマンチュでない価値観(かちかん)の人(ひと)らをイチイチ説得(せっとく)していたら、島(しま)の遺産が失(うし)われかねないexclamation×2 そうした思いが強(したた)かな学芸員(がくげいいん)、具志堅(ぐしけん)さんが命名(めいめい)した、町(ちょう)の広報(こうほう)あまぎの連載記事(れんさい・きじ)。

http://yuiamagi.html.xdomain.jp/amagi_isan/03/<<<広報誌・電子版へのリンク

ようよう、その3を公開中(こうかいちゅう)。

特長(とくちょう)は3つ。 具志堅さん自(みずか)らがキャラのグッシーとなって登場(とうじょう)するのと、写真(しゃしん)や図解(ずかい)が豊富(ほうふ)なところと、より内容(ないよう)を深堀(ふかぼ)りできる電子版(でんし・ばん)があるところ。 今回(こんかい)はウンブキでしたが、天城町民(あまぎちょうみん)のみなさま、ご覧(らん)いただけましたか?

なるべく、遺跡(いせき)、民俗(みんぞく)や歴史(れきし)、自然(しぜん)などがダブらないよう、まんべんなく、かつ季節(きせつ)に合(あ)わせて掲載(けいさい)できればなぁ〜と。ひらめき ちなみに今回は、イボイモリの繁殖期(はんしょくき)に合(あ)わせています。


ところで
ウンブキといえば、世界(せかい)で希少(きしょう)なウンブキアナゴ/Xenoconger fryeriが、お手軽(てがる)に見(み)られる地球(ちきゅう)で唯一(ゆいいつ)のポイントなんですけれど・・・ それよりナニより、ウンブキの成(な)り立(た)ちは小説(しょうせつ)より奇(き)なり、どころか・・・ 月(つき)の裏側(うらがわ)がまったく地球(ちきゅう)から見(み)えないくらい、奇跡(きせき)のなかの奇跡。exclamation×2

naritachi-190116.png

分厚(ぶあつ)い岩盤(がんばん)になるほど海中(かいちゅう)で発達(はったつ)をつづけたサンゴ礁(しょう)なのに、いつのまにか隆起(りゅうき)したりして・・・ はたまた鍾乳洞(しょうにゅうどう)ができるほどの時間(じかん)を経(へ)たあと・・・ 都合(つごう)よくサンダルで行(い)ける程度(ていど)に、ふたたび海中に没(ぼっ)するなんて、アリエナイ。exclamation×2

そんなコンナを踏(ふ)まえ、ヒョッとして、まだまだ島(しま)にはイロイロと見つかっない不思議(ふしぎ)ネタがありそうな気(き)がしますよね゛〜。

天城町(あまぎ・ちょう)で、そうした怪(あや)しげなネタがあったら、ぜひユイの館(やかた)にいる、具志堅さん(TEL:0997-85-4729)までご連絡(れんらく)をお願(ねが)いします。

 
posted by ぶん+ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年01月15日

きょうも 温(あった)か

けさはまた、中国(ちゅうごく)からのPM2.5シーズンだけに霞(かす)んでいるものの、とりあえず快晴(かいせい)。晴れ

tenki-190115.jpg

仕事(しごと)したくね゛〜 晴(は)れがモッタイネ〜。たらーっ(汗)

ギリギリまで観(み)ていくことに。

グランドのわきには、久(ひさ)しぶりにムクドリたちの群(む)れが。

hmd-190115.jpg

画像(がぞう)はホシムクドリですが、ホシムクドリとフツ・ムクドリの混成(こんせい)で、100羽いるかいないかな〜 くらい。

視線(しせん)をイノーへ移(うつ)すと、クロツラヘラサギたち。

khsx4-190115.jpg

きょうも4羽(わ)いっしょに休(やす)むよう。 さっきまで、1羽はトリトリデッキの近(ちか)くでエサを食(た)べていたハズなのに。

22℃まで上(あ)がって、汗(あせ)ばむ陽気(ようき)。

ymr-190115.jpg

しばらく使(つか)ってない傘(かさ)から、ホオグロヤモリがのぞいてます。 傘って結構(けっこう)いろんな生(い)き物(もの)が住(す)んじゃうんですよね゛〜。たらーっ(汗)

そうそう
ソウルでも最悪(さいあく)となったPM2.5ですが、長崎県(ながさきけん)の対馬(つしま)でも深刻(しんこく)になりつつあるようです。

pm25-190115.png

中国や朝鮮(ちょうせん)から無駄(むだ)に近いですからね゛〜、迷惑(めいわく)では済(す)まされる問題(もんだい)じゃないんですけども。爆弾

原因(げんいん)は、暖房(だんぼう)の仕方(しかた)。 北海道(ほっかいどう)はさておき、国内(こくない)ではほとんどがオコタや、ストーブ、ファンヒーターや電気(でんき)カーペットのような局所(きょくしょ)暖房。 家(いえ)ごと暖(あった)めちまえexclamation×2のような、無駄(むだ)は少(すく)ないので、排(はい)ガスも少ないのです。 モッタイナイは地球(ちきゅう)を救(すく)う・・・かもしれません。ひらめき



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ホシムクドリ クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年01月14日

初(はつ)ガセ の 記録(きろく)とか

小潮(こしお)のイノーには、潮(しお)が残(のこ)っています。

tenki-190114.jpg

霞(かす)んでますが、なかなかの好天(こうてん)。

ひょっとして・・・ とキョロキョロしてみたら、おった。exclamation×2

gase-190114.jpg

甲幅(こうふく)9センチくらいのガセ ≒ アミメノコギリガザミが、モクモクと巣穴(すあな)を掘(ほ)っています。 今年(ことし)になって、初のガセの姿(すがた)。ぴかぴか(新しい) ギリギリ20℃になり、そこそこ温(ぬく)かったので、出(で)てきたのでしょうか? あわててテレコンバーターを外(はず)しましたが、もうちょっとワイドだと、上(うえ)にある巣穴がバッチリ入(はい)るのになぁ。


静(しず)かなイノーでは、大型(おおがた)のシギが採餌(さいじ)しています。

dss-190114.jpg

ダイシャクシギたち。

こ〜ゆ〜ことがあるので、望遠(ぼうえん)よりワイドが欲(ほ)しいなぁ・・・と感(かん)じることが少(すく)なくありません。 300〜500mm F4 ズーム なんてあると、すんごい便利(べんり)。ひらめき 現状(げんじょう)では 400mm F2.8X1.4 や X2 のテレコンバーターをつけて対応(たいおう)するしかありませんが・・・ ヨンニッパは高額(こうがく)だから、500mm F4フルサイズ・センサーのカメラを買(か)ったほうが、ずっと安(やす)い。たらーっ(汗)

あ゛〜 クロツラーズも。

khsx4t-190114.jpg

クロツラヘラサギ4羽(わ)は、外来種(がいらいしゅ)メヒルギの間(あいだ)で休(やす)んでいて、すき間(ま)の都合(つごう)で、このアングルがもっとも遠(とお)いんです。

マイクロフォーサーズは、センサーが小(ちい)さいので、500mmは都合1000mmの超望遠(ちょうぼうえん)になり便利(べんり)ではありますが・・・ 大きな鳥(とり)や群(む)れの記録には不利(ふり)になりがち。

休日(きゅうじつ)の運動公園(うんどう・こうえん)は人出(ひとで)があって、鳥たちは望(のぞ)めなそうですけれど、念(ねん)のためチェック。

お゛〜 おったおった。るんるん

mat-190114.jpg

ムネアカタヒバリたちは、球場(きゅうじょう)とグランドの間(あいだ)の四阿(あずまや)のあたりで、ちゃっかり採餌(さいじ)していました。 全部(ぜんぶ)で6羽(わ)ほど。

こちも、テレコンバーターを外して待(ま)っていたところ、なんとか3羽を同時(どうじ)にフレーミングできました。 島(しま)では、わりと寄(よ)ることができる機会(きかい)が多(おお)いので、ひたすら超望遠・・・というのも不便(ふべん)なもの。 さりとて、小鳥(ことり)を記録するには、1000mmでも短(みじか)いことも多(おお)い・・・ 実(じつ)は、実に、実のところ悩(なや)ましいんです、野鳥(やちょう)や小動物(しょうどうぶつ)の撮影(さつえい)というのも・・・たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ノコギリガザミ クロツラヘラサギ ムネアカタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影について

2019年01月13日

上名道(うぇなみぃち)チェック

そろそろ、ヒザクラ(ヒカンザクラ)が咲(さ)きだすころです。 そのまえに、池(いけ)を観(み)とくことに。

こりゃい゛かんexclamation×2 ダジャ鳥類(ちょうるい)がたくさん渡来(とらい)しています。 そりゃもう、ひときわバンバン、バンバン、ババンバンといるのは・・・

ooban-190113.jpg

オオバンたち。たらーっ(汗) 潜水(せんすい)しては、すごい勢(いきお)いで水草(みずくさ)を食(た)べています。

オオバンは、このごろ内地(ないち)で勢力(せいりょく)を増(ま)しているらしく、渡来も年々(ねんねん)増しています。

ちなみに、英名(えいめい)は Eurasian coot とか common coot で、ユーラシア大陸(たいりく)に広(ひろ)く分布(ぶんぷ)していて、フツーのバン。 バンバンいても不思議(ふしぎ)はない・・・んでしょうかね。たらーっ(汗)

さて
森林公園(しんりん・こうえん)のヒザクラはというと、まだまだこれから。

hizakura-190113.jpg

ふれあい林道(りんどう)にある一本(いっぽん)だけが、4分咲(ぶざ)きになっていました。

島(しま)のヒザクラは、わりと開花(かいか)や咲(さ)きっぷりにムラが大(おお)きいのに・・・ 昨年(さくねん)の台風(たいふう)23、24、25号(ごう)のあと、だいぶ咲いてしまった株(かぶ)が結構(けっこう)ありました。 なので今(こん)シーズンは、あまり期待(きたい)できそうにありません。

とはいえ
上名道森林公園は、今(いま)まさに再開発(さいかいはつ)していて、来(らい)シーズンからはヒザクラ見物(けんぶつ)するにも、ずいぶん便利(べんり)になりそう。ぴかぴか(新しい)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ヒカンザクラ カンヒザクラ オオバン 】
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年01月12日

地味(じみ)でイイ

ところで
過日(かじつ)オッサンがシマへもどってきた便(びん)には、美人妻(びじんづま)で同(おな)い年(どし)の、あるいは同(おんな)じ学級(がっきゅう)だったらマドンナだったであろう女子(じょし)が乗(の)ってました。 バゲージクレームで開口一番(かいこういちばん)、鹿児島(かごしま)でツルを見(み)てきたんですよるんるん・・・と。たらーっ(汗)

今年(ことし)も、ツルを目撃(もくげき)したとか、コピーやプリンターからは用紙(ようし)ぎれのたびに、カミがないとか謂(い)われるんでしょうかね゛〜。爆弾


気(き)をとりなおし・・・

きょうは温(あったか)ですね゛〜、オッサンは7分丈(ぶたけ)のTシャツです。晴れ

でも、北風(きたかぜ)が9m前後(ぜんご)ふいているので、干潟(ひがた)には閑古鳥(かんこどり)。 と思(おも)ったら・・・キアシシギのマネをしたら、アオアシシギやコチドリ、ダイゼンなどが反応(はんのう)したのかワサワサしだしました。 でも往(ゆ)き過(す)ぎるばかりで記録(きろく)はできず・・・ ならばと運動公園(うんどうこうえん)の南(みなみ)へ。

トラックの内側(うちがわ)に芝生(しばふ)を移植(いしょく)したので、鳥(とり)たちは集(あつ)まりやすくなったので。

mg-190112.jpg

じゅうぶん食(た)べたムナグロが、ペタポンと座(すわ)って休(やす)んでいます。

ほかは、見(み)あたらんなぁ゛〜と、ジロジロしていたら、地味にいたexclamation

mjt-190112.jpg

マミジロタヒバリです。 おそらくオッサンのような、モノズキのヒマジンしか注目(ちゅうもく)しないセキレイ科(か)。たらーっ(汗) セキレイ科(か)で、オッサンがもっとも好(す)いている鳥。 空港(くうこう)の草地(くさち)で、毎冬(まいふゆ)すごしていますし、たぶんこの個体(こたい)も空港から飛来(ひらい)したのでしょう。

mjt2-190112.jpg

ダッシュして、虫(むし)を食(た)べてました。exclamation ダッシュする必要(ひつよう)があったのか、なかったのかビミョ〜な気(き)がしないでもないんですけども・・・

そこから、50mくらい北西(ほくせい)に移動(いどう)して、イノーもチェック。

mth-190112.jpg

ミナミトビハゼが、とろっとろに泥(どろ)パック中(ちゅう)。いい気分(温泉) 気温(きおん)は高(たか)いけれど、強風(きょうふう)だと気化熱(きかねつ)が奪(うば)われるらしく、シオマネキたちは出(で)ていませんし、トビハゼたちもチムニーから出られないのかも。


マミジロタヒバリやミナミトビハゼは地味なわりに見(み)つけにくいためか、とかく生物(せいぶつ)のブログにも載(の)せてもらえない動物(どうぶつ)たち。 けれど、オッサンのまわりには恵(めぐ)まれた環境(かんきょう)があるので、ラッキーです。るんるん

そういえば
ミナミトビハゼの、うずたかい巣穴/チムニーの画像(がぞう)は、このブログくらいしか載せてないようで、ちょっと意外(いがい)。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 天城町総合運動公園 マミジロタヒバリ ミナミトビハゼ 冬 】
posted by ぶん+ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年01月11日

ようやく 解(と)けた?

オリンパス PEN-Fを借(か)りてきました。

pen-f-190111.jpg

借りたとゆ〜か・・・ カメラの設定(せってい)がわからないから、勉強(べんきょう)して教(おし)えてほしい、との宿題(しゅくだい)をもらったのでした。

向学(こうがく)のために借りてはみたものの・・・オリンパスのメニューってビミョ〜。たらーっ(汗) かなり解(わ)かりづらいんです。 説明(せつめい)があったりなかったり・・・ まるで駆(か)け出(だ)しのUI(ゆーざー・いんたーふぇいす)デザイナーが手掛(てが)けたようなデキバエで、やっとこさ体裁(ていさい)を整(ととの)えたレベル。

そもそも、今(いま)のカメラのモニターはタッチパネルなんだから、タッチパネル設定(せってい)がオフであっても、それは撮影(さつえい)のときの話(はなし)で・・・ メニューを押(お)したら自動(じどう)でタッチパネルがオンになる、くらいのコトは当然(とうぜん)だと思(おも)うんですけれど、ドコもやってませんよね゛〜。 カメラメーカーのUIって、そんなレベル。たらーっ(汗)

で、問題(もんだい)は
ミラーレスカメラの利点(りてん)「見(み)たまんま撮影できる」ハズなのに、露出補正(ろしゅつほせい)がファインダーやモニターに反映(はんえい)されないのはナゼか。

おかしい・・・
いろいろメニューをいじってみたのですけれどサッパリ直(なお)らず、アレ?と思(おも)ったのです。 そもそも露出補正が反映されないってことは、撮影しても反映されないってことじゃないの???

撮影してみたら、そのとおり。 な〜んも反映されずスルーされてました。爆弾

リセット
して、デフォルトに戻(もど)したのに働(はたら)かない露出補正ダイヤル。 「前(まえ)は反映されていた」という持(も)ち主(ぬし)のコトバなどに影響(えいきょう)されるあまり・・・ オリンパスのヘッポコUIを信用(しんよう)して、リセットすればすべてべ元(もと)にもどせたと判断(はんだん)すること自体(じたい)ダメなのではexclamation&question さっそくダイヤルに割(わ)り当(あ)てられた設定を確認(かくにん)すると、なぜか内蔵(ないぞう)されてもいない、ストロボの露出補正に設定されていました。バッド(下向き矢印) やっぱし、オリンパスを信じたオッサンがオバカさんだったんだ。たらーっ(汗)

setup-190111.jpg

その上(うえ)にある、レンズの露出補正アイコンに設定して、ようやっと解決(かいけつ)。 実(じつ)は、ここ何日(なんにち)もアレコレ調(しら)べてたので、ホッとしました。ぴかぴか(新しい)


老舗(しにせ)のわりに、オリンパスがパッとしないのは、使(つか)い勝手(がって)の完成度(かんせいど)がイマイチだから・・・なのかもね゛〜。

そもそも
ストロボの露出補正を、カメラのダイヤルに割り当てるなんて発想(はっそう)があったことを知(し)ることができました。 ストロボのダイヤルの方(ほう)が、サクッと設定(せってい)しやすいと信じてましたからね゛〜。 いい勉強になりましたわ゛〜。るんるん


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミラーレス オリンパス ファインダー 反映されない 露出 補正 】
posted by ぶん+ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影について

2019年01月10日

20℃ ちょいに

ぴかぴか(新しい)トリトリデッキのところから、イノーを見回(みまわ)すと・・・

khsx4-190110.jpg

クロツラーズX4exclamation&question クロツラヘラサギは、12月(がつ)には3羽だったのが、また4羽になりました。ぴかぴか(新しい)

鳴(な)きマネしていると・・・関係(かんけい)ないとは思(おも)うけれど、アオアシシギやら、キョウジョシギ、メダイチドリやシロチドリなどが飛来(ひらい)しました。 遠(とお)くキアシシギも。

さらに遠くには、大型(おおがた)のシギがチラッと。

dss-190110.jpg

きょうも、な〜んもおらんと感(かん)じてたのに、ダイシャクシギまでおるなんて。たらーっ(汗) オッサンの勘(かん)なんて、サッパリだなぁ゛〜。

でも、おってヨカッタぁ゛〜るんるん

さっそく
データベースも更新(こうしん)しときました。ぴかぴか(新しい)

ところで
トリトリデッキのすぐ下(した)では、いろんなシオマネキたちが出(で)ていました。

hime-190110.jpg

このヒメシオマネキのみならず、ヤエヤマシオマネキ、オキナワハクセンシオマネキも。exclamation×2



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年01月09日

気温(きおん)も 関係(かんけー)ナシ?

exclamation&questionトリトリデッキのとこで、鳴(な)きマネも虚(むな)しく・・・ イノーには、1羽(わの鳥(とり)もおらんexclamation&question ど〜なってんだ???

ならばと、イノーの南端(なんたん)へ。

おや? やっぱり巣(す)からのぞいてます。

mth-190109.jpg

ミナミトビハゼは、繁殖(はんしょく)のために巣穴(すあな)のチムニーをこさせるハズなのですけれど・・・ 周年(しゅうねん)OKなのかもしれませんね゛〜。

ナゾなのは、ミナミトビハゼが満潮(まんちょう)になったときドコにいるのか・・・ で、おそらくダレも知(し)らぬこと。 人類(じんるい)の英知(えいち)って、ソレッポッチでいいんかなぁ゛〜。たらーっ(汗)

つぎのチムニーにも。

mth2-190109.jpg

ここから顔(かお)をだしているのは、そこそこ大(おお)きい個体(こたい)で、スペック的(てき)にはオスより大きい気(き)がします。 つまり、メスはオスが死(し)んだあとも、卵(たまご)と巣穴を守(まも)っているような雰囲気(ふんいき)。 それに、オスは短命(たんめい)ですし。

でも、学術的(がくじゅつてき)んは、オスが巣穴をこさえ、卵と巣穴を守りとおす設定(せってい)になってたハズで・・・たらーっ(汗)

こっちにも。

mth3-190109.jpg

いづれの個体も、7センチオーバーに見(み)えます。

その先(さき)へ、つらつら歩(ある)くと

sts-190109.jpg

この時期(じき)では初(はじ)めての、セイタカシギが飛来(ひらい)していました。exclamation ど〜なってんの???


世(よ)の中(なか)、不思議(ふしぎ)なことは尽(つ)きません。

wasabi-190109.jpg

コレ、ナニか判(わか)りますか??? オッサンはわさび漬(づ)けかと思(おも)いましたが・・・ 納豆(なっとう)でした。 ナットくいかんexclamation×2(笑)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミナミトビハゼ 】
posted by ぶん+ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2019年01月08日

時代(じだい)は 変(か)わってく

オッサンはスマホを使(つか)っておらず・・・ ドコモ・ガラケーのF-04A。

正確(せいかく)には・・・ 仕事(しごと)で、スマホ用(よう)のホームページなどを確認(かくにん)するために旧(ふる)めのソニエリXperiaを持(も)っています。 それから、おそらくマニヤしか知(し)らないPDAと呼(よ)ばれる端末(たんまつ)をアレコレ使いましたし、初代(しょだい)のiPod Touchは今(いま)も持ってます。ぴかぴか(新しい) 最初(さいしょ)のスマホはHTC 3600で、買(か)ったのは2007年(ねん)12月(がつ)のこと。 たぶん、みなさんのスマホデビューより何年(なんねん)か早(はや)かったのでは?(笑)

オッサンがガラケーを好(この)む理由(りゆう)はひとつで、ズボンのポケットに入(い)れといても壊(こわ)れないから。

実(じつ)はガラケーなどと揶揄(やゆ)されるものの、海外(かいがい)メーカーが製造(せいぞう)できない理由(りゆう)がありまして・・・ ヒンジ/ちょうつがいのところは、とても高(たか)い技術(ぎじゅつ)が必要(ひつよう)で、追従(ついじゅう)できなかった背景(はいけい)があります。 開閉(かいへい)のスムーズさのみならず、パカッと閉(と)じるときの音(おと)の品位(ひんい)まで追究(ついきゅう)されているのです。exclamation×2

そこらへんのスゴさは、意外(いがい)と知(し)られてないかも。たらーっ(汗)


さて
新年早々(しんねんそうそう)、CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショウ)の情報(じょうほう)がホットになってます。るんるん ラスベガスで開催(かいさい)されるエレクトロニクス商品(しょうひん)の展示会(てんじかい)。 パナソニックがフルサイズセンサー/フィルムと同大(どうだい)のセンサーを搭載(とうさい)したミラーレスを出(だ)すと予告(よこく)したそうな。

lumix-190108.jpg

黒(くろ)い・・・無駄(むだ)にナゾのカメラっぽい。 きょねん9月にライカ、パナソニック、シグマで提携(ていけい)してライカL規格(きかく)のレンズマウントを使っていくことになったのだとか。 ただ、ライカのレンズはキヤノンやニコンより数倍(すうばい)も高価(こうか)なので・・・たらーっ(汗)

一方(いっぽう)、中国(ちゅうごく)からは曲(ま)がるタブレットexclamation&question

FlexPai-190108.jpg

オッサンにとって、FlexPaiは曲がるのよりポケットに入れても壊れなさそうなところが期待(きたい)されます。exclamation×2 ぶっちゃけ、曲げる方向(ほうこう)が逆(ぎゃく)なんですけど・・・たらーっ(汗)

パソコンでデザインするのに便利(べんり)なのがペンタブレット≒ペン入力(にゅうりょく)の装置(そうち)。 ワコムさまには、ずいぶんお世話(せわ)になっております。 でも、液晶(えきしょう)が内蔵(ないぞう)されていると、高価で手(て)が出せなかったんです。

Cintiq_16-190108.jpg

Cintiq 16は15インチもありながら、7万円台(まんえん・だい)まで下(さ)がったので、ずいぶん手(て)ごろに。 タブレット型(がた)のパソコンとちがって、ずっと使いつづけられるのがメリット。 オッサンのタブレットは初代(しょだい)のIntuosですから、ずいぶん長持(ながも)ちしていますが、液晶がどのくらいもつのか興味深(きょうみ・ぶか)いところ。

オッサンがパナソニックをやめてから、もう13年ちかく。 パソコンはほとんど進化(しんか)した感(かん)じはしないけれど、ケータイやカメラ、ディスプレイなどはずいぶん変わりましたね゛〜。

そういえば、テレビは4K8Kの時代(じだい)でしたっけ・・・ でも、年末年始(ねんまつねんし)に視(み)た番組(ばんぐみ)はグダグダな内容(ないよう)でしたし、さして画質(がしつ)が大切(たいせつ)でもなかったような。たらーっ(汗)


ハードばかり進化しても、たいしたソフトがなきゃね゛〜

 
posted by ぶん+ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!

2019年01月07日

シマは あったか

もどってきました。 なので早速(さっそく)、トリトリデッキへ。

tenki-190107.jpg

シマの冬(ふゆ)にしては、快心(かいしん)の晴(は)れっぷり。exclamation×2 遠(とお)く北(きた)のほうでクロツラヘラサギが2羽(わ)、採餌(さいじ)していました。

にしても・・・ほかに、ナンの鳥(とり)もおらん・・・たらーっ(汗) ので、足元(あしもと)をジロジロ。

ys-190107.jpg

お゛お゛お゛〜exclamation×2 干潟(ひがた)には、もっとも南方系(なんぽうけい)のハズのヤエヤマシオマネキが1頭(とう)だけ、しかも立派(りっぱ)なオスです。 たぶん、シオマネキのオスたちは、秋(あき)に採餌(さいじ)しながらも潮(しお)まねきつづけるので・・・ とくにデカいハサミを振(ふ)りかざすほど、寒(さむ)くなってヒキコモらなくてはならない冬が辛(つら)いのではないか? と。 なにしろ、カニたちは越冬(えっとう)するために、さほど食(く)いだめしないようなので・・・

腹減(はらへ)って、ど〜しよ〜ものうて出てきたのかも。たらーっ(汗) なにしろ、これまでイノーの冬でのたれ死(じ)にしていたのは、どれも3〜4歳(さい)の大型(おおがた)に成長(せいちょう)しきった、シオマネキやノコギリガザミばかりでしたから。

武士(ぶし)は食(く)わねど高楊枝(たかようじ)
腹(はら)が減(へ)っては戦(いくさ)はできぬ


のドッチでもなく、武士は意気地(いきじ)を張(は)り詰(つ)めているぶん、いつも腹が減る・・・っぽいですね。ひらめき

ところで
今宵(こよい)は久々(ひさびさ)にネットで「美味しんぼ」を眺(なが)めていたら、ピザの話題(わだい)。 しもた〜 おととい、おふくろ様(さま)の特製(とくせい)ビザたったんですが、あれがお持(も)ち帰(かえ)りできていたら、どんだけ美味(うま)かったろうか・・・と。 ん十年(じゅうねん)まえ、まったくピザが知(し)られてなかったころから、ミートソースをこさえて焼(や)いてきたビザですから、か〜な〜りイケるんですよね゛〜。ひらめき



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ヤエヤマシオマネキ 冬 真冬 】
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

PM2.5は 軽(かる)いが重(おも)いexclamation×2

島(しま)へのもどりしな・・・窓(まど)から見(み)えた霞(かす)んだ山並(やまな)み。

kasumi-190107.jpg

中国(ちゅうごく)から無駄(むだ)に飛来(ひらい)したPM2.5が、微風(びふう)になったことで、低(ひく)いところ沈滞(ちんたい)しているように見まえます。たらーっ(汗)

桜島(さくらじま)を見たとき、確信(かくしん)しました。

sj-190107.jpg

やっぱり、なんぼ細(こま)かくても、PM2.5は大気(たいき)より重い。 つまり、飛(と)んできたら最後(さいご)、吸(す)ってしまいやすい・・・ということです。バッド(下向き矢印) まったく、困(こま)ったチャンだこと。 AIIBはど〜なったん???(笑)

ところで
鹿児島空港(かごしまくうこう)で、変(か)わったアドを見かけました。

soup-190107.jpg

だしスープ ¥180なり。 味付(あじつ)けされただけの お湯(ゆ) のようですけれど・・・ホントに朝(あさ)けずり? ホントにカレブシ?? っぽい化学(かがく)じゃないの???(笑) だって、空港で売(う)ってる段階(だんかい)で、朝けずったカツブシを冷凍(れいとう)してそうだから、夜(よる)けずりでも昼(ひる)けずりでも関係(かんけい)なさそうですし。たらーっ(汗)

せめて、イメージとか、何(なん)CCくらいなのか明示(めいじ)しとくべきでしょうね゛〜。

とりあえず、ネーミングセンスがダッサダサだとか、コトバとして怪(あや)しいところは、田舎(いなか)だけにスルーしてあげるとしても・・・

なぜ、素直(すなお)に茶節(ちゃぶし)にしなかったんでしょうか?


 
posted by ぶん+ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 不自然なこと

2019年01月06日

初(はつ)ダジャ とか

曇天(どんてん)で、地味(じみ)に冷(ひや)かい陽気(ようき)になりました。

ところで
ど〜にも気(き)になっていることがあって、心持(こころも)ちがモヤモヤしまくっていたのですけれど・・・

boke-190106.jpg

サイバーショットのピントが、ゼンゼン合(あ)わなくなってしまいました。

わが家(や)の家系(かけい)は、心持ちが電子機器(でんしきき)に影響(えいきょう)をおよぼしてしまう個性(こせい)?があるようで、時(とき)に科学(かがく)では説明(せつめい)がつかないトラブルに。たらーっ(汗)

どないしよ・・・ と、狼狽(ろうばい)していたところ、黄(き)な花(はな)が目(め)に入(はい)りました。

roubai-190106.jpg

お約束(やくそく)、ロウバイにございます。るんるん(笑) ズーム率(りつ)によっては、合(あ)うこともあって、ナゾの症状(しょうじょう)がつづいています。爆弾

どうしても、撮(と)っておきたい鳥(とり)がいるので、な〜んのヘンテツもない細(ほそ)い道路(どうろ)わきの用水路(ようすいろ)へ。

mizo-190106.jpg

ホオアカは、ゆるい流(なが)れか、水気(みずけ)がある川(かわ)べり + 風裏(かぜうら)で陽(ひ)だまりになる草(くさ)むら、がポイント。 ササなども、意外(いがい)と風よけになり、とくに丈(たけ)の低(ひく)い、開(ひら)けたところを好(この)むのです。

ゆっくり歩(ある)くと・・・ 出(で)た出たexclamation×2

ha-190106.jpg

なんべんか草むらにスポッと入られてしまいしたが、見(み)えるところにとまった。exclamation&question ん゛〜2秒(びょう)くらいでしょうか、マニュアルフォーカスが間(ま)に合(あ)わず。たらーっ(汗)

つぎは、遠(とお)めのところに降(お)りました。

ha2-190106.jpg

こちらは、しばらく止(と)まってくれたので、なんとか。

ha3-190106.jpg

こんな感(かん)じで、ピリピリしながらオッサンを警戒(けいかい)しています。 狙(ねら)どおり撮られて、よかったよかった。ぴかぴか(新しい) とてもメンドクサイのですけれど、あんまり鳥(とり)が少(すく)ないので、念晴(ねんば)らしのようなもの。(笑)

四国(しこく)や九州(きゅうしゅう)など、もっと西(にし)で越冬(えっとう)するもんだ・・・ と、されているようですけれど、ポイントが知(し)られていなかったり、撮りづらかったり、判別(はんべつ)しづらいだけで、伊勢(いせ)でも毎年(まいとし)キチンと越冬しているんです。ひらめき

伊勢平野(いせへいや)の田んぼのど真(ま)ん中(なか)にある用水路わきから1〜2羽(わ)でピヤッと出た鳥のうち、ホオジロ科の特徴(とくちょう)≒ 広(ひろ)げた尾羽(おばね)のわきが白(しろ)ければ、まずホオアカ。 やや草丈が高めだと、セッカやスズメもいますから、尾羽の判別は大切(たいせつ)です。 ホオジロ科のホオジロ、カシラダカ、アオジも川べりの草むらにいることがありますが、うっそうとアシなどが茂ったり、草むらと林(はやし)が隣接(りんせつ)する、隠(かく)れやすいところを好みます。



キーワード keyword 【 三重 伊勢 2019 ホオアカ 】
posted by ぶん+ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) |