2018年04月23日

ネタがない・・・鳥(とり)いない・・・

昼休(ひるやす)み、イノーはまだ潮(しお)が残(のこ)っていました。

inow-180423.jpg

けれど、ガセ(ノコギリガザミ)どころか、ボラもクワガラ(コトヒキ)もいません。 かててくわえて、岩場(いわば)にシギたちすら見(み)えません。たらーっ(汗) 今(こん)シーズンは、かなりオカシイ。

そういえば、夜(よる)になっても、ほとんど虫(むし)の音(ね)がしません。

夕(ゆう)、スーパーでミョ〜な食品(しょくひん)を見つけました。

tanita-180423.jpg

冷(ひ)やし水餃子(すいぎょうざ)。 冷(さ)めたんじゃなくて、冷やし。exclamation&question

豚(ぶた)の脂(あぶら)は冷(ひ)えると、固(かた)まってボソボソになりますから、たいそう美味(おい)しくないんなじゃないか・・・と。 オッサンが、夏(なつ)の冷やしトマトカレーに鶏(とり)ムネを用(もち)いるのは脂が少(すく)なく固まりにくいため。

でもまぁ、考(かんが)えようによっては、柔(やわ)めの仕立(した)てにすれば、ちょうど脂が固まって、ほどよいボッソリな歯(は)ごたえになる・・・とか???


 
posted by ぶん+ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!

2018年04月22日

男(おのこ)の 料理(りょうり)

女子(じょし)は食(た)べさせたい、あるいは味(あじ)も雰囲気(ふんいき)を大切(たいせつ)にしたいという願(ねが)いから、いっぺんに見(み)た目(め)も味も努力(どりょく)されますが・・・男子(だんし)はとかく不器用(ぶきよう)なので、味(あじ)だけを追(お)うてしまう。たらーっ(汗)

このごろ発明(はつめい)?した、マグロ血合(ちあ)いステーキに合(あ)うソース。

magro-180422.jpg

オリーブオイルなどでマグロを焼(や)いたあとの、焦(こ)げっぽいコテコテのフライパンへ、丸大豆しょうゆ、赤ワイン、理想のトマト・・・カルピスの特撰バターをジュっとひと煮立(にた)ちさせたもの。るんるん んも゛〜、いきなり南(みなみ)フランスの漁師町(ちょうしまち)の気分(きぶん)に。exclamation&question 行(い)ったことないけど・・・

カルピスの特撰バターは、カナリお高(たか)いんですが、たまたま他(ほか)になかったので求(もと)めたもの。 でも、スゴイ美味(うま)さにビックリ。exclamation×2 アタリでした。ひらめき こんど、バターライスしちゃおっかな。(笑)

そろそろ
シーズンインしたパセリ。 島(しま)のパセリは、とかく牧草(ぼくそう)のように固(かた)く栽培(さいばい)されますが・・・ソレが狙(ねら)い目。ひらめき

parsley-180422.jpg

お気(き)に入(い)りの、塩(しお)っぱいヨーグルトにパセリを。るんるん コレ、実(じつ)はクリーミーなオツマミ。(笑) かすかに科学(かがく)の昆布出汁(こぶだし)をプラスすると、ふくよかに。

なんべんもチンしたり、ひっくり返(かえ)したり、冷蔵庫(れいぞうこ)に入(い)れてみたりして、ジックリ水分(すいぶん)を飛(と)ばし、ジップロックに入(い)れて、ズリズリとゆっくり指(ゆび)で砕(くだ)いていきます。 いっぺんに砕くとジップロックが破(やぶ)れたりするので、口(くち)をあけたまま冷凍庫(れいとうこ)へ納(おさ)め、折(おり)をみてズリズリを繰(く)り返(かえ)すと、きめ細(こま)かに。 とにかく香(かお)りがシッカリしているので、細かくても大丈夫(だいじょうぶ)なんです。 スープやシチューのトッピングにどうぞ。るんるん

貧乏(びんぼう)なので、お安(やす)い食材(しょくざい)でコラーゲンを摂(と)りたい。

nan_koz-180422.jpg

豚(ぶた)の軟骨(なんこつ)にチャレンジ中(ちゅう)です。

コーマキブニより、もっとお得(とく)。 ながら・・・だいぶ炊(た)くのでガス代(だい)がかかりますね。たらーっ(汗) でも、3センチくらいの長(なが)さにカットすると、早(はや)く柔(やわ)らかになりました。 前回(ぜんかい)はアゴが外(はず)れるんじゃないか・・・と思(おも)うくらいゴリゴリでしたけども・・・たらーっ(汗) コラーゲンたっぷりの煮汁(にじる)もスキ鍋(なべ)に用(もち)いるとイカしますし、煮こごりもイケそう。

 
posted by ぶん+ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2018年04月21日

シオマネキが出(で)たら 夏(なつ)

きょうは、ダルさが一入(ひとしお)だったので、断食(だんじき)デーに。 ホントは、前野(むぇぬ)の田植(たう)えに誘(さそ)っていただいたのですが・・・たらーっ(汗)

夕(ゆう)のまえ、ごそごそ起(お)き、とりあえずイノーへ。 いつものようにクロツラヘラサギたちが目(め)につくだけで、閑古鳥(かんこどり)ドッサリ?

あんまり見慣(みな)れすぎて、観察(かんさつ)をおろそかにしてはダメだと、ベニシオマネキを眺(なが)めに。

bsm-180421.jpg

おるおる。ひらめき

ヒョコっと、たまに白(しろ)いハサミでバンザイするようにウェービングするのは、小さなカニ。

tcg-180421.jpg

甲幅(こうふく)が5ミリくらいしかない、ツノメチゴガニのオス。 もっともっとアップで観(み)たいのに、オッサンの装備(そうび)では無理(むり)。

おや? 甲幅1センチくらいの、見慣れぬシオマネキがいます。

xsm-180421.jpg

迷彩(めいさい)カラーです。 けれどハサミの感(かん)じからするとヒメシオマネキではないし、リュウキュウ、ヤエヤマ、オキナワハクセンシオマネキでもないし、シモフリでもない。

気(き)になりだすと、アチコチで目につきます。

xsm2-180421.jpg

ハサミの感じはベニシオマネキですが、まわりには同大(どうだい)の真赤(まっか)な個体(こたい)がウロウロしています。

こちらにビミョ〜な個体(こたい)。

xsm3-180421.jpg

甲羅(こうら)の下(した)から、わずかに赤(あか)くなっています。 それに歩脚(ほきゃく)も深(ふか)い紫(むらさき)。 ヒメシオマネキも幼体(ようたい)では迷彩カラーですから、ベニシオマネキにおいてもアリなのかも。 それと、大(おお)あごを持(も)つクワガタもそうですが、デカくなる個体とそうでない個体がいるので、迷彩はデカくなる個体の特徴(とくちょう)なのかもしれません。

そういえば
きのう、自然保護協(しぜん・ほごきょう)でありながら、レインボークラブ?に肩入(かたい)れしすぎている会長(かいちょう)から電話(でんわ)がありました。 24日(か)の午前(ごぜん)に自然遺産(しぜん・いさん)について、三町(さんちょう)の町長(ちょうちょう)と対話会(たいわ・かい)をすると。

忙(いそが)しいので、出ないだろうと回答(かいとう)しましたが・・・ もとよりオッサンは、自然遺産なんてド〜デモイ〜派(は)です。exclamation×2(笑) 自然遺産になれば、手薄(てうす)な島(しま)の自然は容易(ようい)に破壊(はかい)されてしまうでしょうから。

そもそも
他(た)の自然遺産である地域(ちいき)が、どのような対応(たいおう)をしているのか、知(し)りもしないようで、県(けん)にはたらきかけなければ予算(よさん)の規模(きぼ)が足(た)りないのに、内弁慶(うちべんけい)にも謂(い)いやすい町長をつかまえてクレームつけるような軽(かる)はずみ。

このあいだ、富士山(ふじさん)のことを拝聴(はいちょう)したハズなのに。たらーっ(汗)

なんといっても
シマンチュの大半(たいはん)が自然遺産に興味(きょうみ)もないし、有識者(ゆうしきしゃ)の間(あいだ)では、面積(めんせき)が狭(せま)すぎて維持(いじ)できないとされている徳之島(とくのしま)なのに、登録(とうろく)されるかビミョ〜な時期(じき)に、どういう了見(りょうけん)なのでしょう。

安直(あんちょく)に血税(けつぜい)に頼(たよ)るような痴態(ちたい)を演(えん)じることなく、やはり地元企業(じもと・きぎょう)へ地道(じみち)にアプローチするのが道理(どうり)だと思(おも)います。

とかく役人(やくにん)にプレッシャーをかけたがるレインボークラブ、NPO活動(かつどう)について短絡(たんらく)しすぎでは???

根本的(こんぽんてき)に
スポンサー料(りょう)が集(あつ)まらないのならば、活動について地元でも賛同(さんどう)を得(え)られてないのでは???



キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ベニシオマネキ 】
posted by ぶん+ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

2018年04月20日

あのレシピが、いよいよ99冊限定でexclamation&question

わきゃまちの家庭料理、いよいよ4/29に復活(ふっかつ)です。exclamation×2 澄(す)みません、ナンヤカヤあって段取(だんど)りが遅(おく)れ、ようやくゲラが届(とど)きました。

recipe-180419.jpg

ソックリなんだけど、どこか色合(いろあ)いが違(ちが)う。  まったく同(おんな)じでは、またお求(もと)めいただくお客(きゃく)さまに愉(他の)しみがありません。ひらめき ちなみに、99の数字(すうじ)はベースの書体(しょたい)がイメージと違(ちが)ったので、いささかアレンジしていますし、ほかにもチョイ手(て)を加(くわ)えています。

といっても
例(たと)えば「みたらし団子(だんご)」のお店(みせ)ならば、毎日(まいにち)のように訪(おとず)れていただくお客さまを飽(あ)きさせない工夫(くふう)をされているので・・・ ですから、たまに発行(はっこう)するオッサンの冊子(さっし)など、まだまだゼンゼンです。


ともあれ
どういうわけか、もう7冊(さつ)もご予約(よやく)いただいております。たらーっ(汗) ワンコイン¥500、お求めはお早(はや)めに。

 
posted by ぶん+ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

デイゴの季節(きせつ)

「っデ〜ェゴ〜の ハナがさ〜ぁき〜 カゼをよ〜び ア〜ラッシがきたぁ゛〜」のアレ・・・じゃありません。(笑)

こちらのデイゴは、カイコウズ=アメリカデイゴ。

kkz-180420.jpg

鹿児島(かごしま)の県木(けんぼく)です。 県花(けんか)はミヤマキリシマだそうで・・・意外(いがい)と優柔不断(ゆうじゅうふだん)。(笑) とゆ〜か、本土(ほんど)にひっついたような島々(しまじま)は、オマケなのでしょうね。たらーっ(汗)

ちなみに
デイゴは沖縄(おきなわ)の県花。 島(しま)でも植(う)えられていますが、デイゴヒメコバチにやられてボロボロになって、ずいぶんピンチですよね゛〜。たらーっ(汗)

きょうも
この向(む)こうのグランドには、タイワンハクセキレイたちが採餌(さいじ)していました。

 
posted by ぶん+ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年04月19日

タイワンハクセキレイ 渡(わた)ってます

昼休(ひるやす)み、干潟(ひがた)には閑古鳥(かんこどり)だったので・・・天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)の南(みなみ)へ移動(いどう)してみました。

やっぱり。るんるん

ths-180419.jpg

ハクセキレイのソックリさん、亜種(あしゅ)タイワンハクセキレイが飛来(ひらい)していました。 んが・・・ど〜も違(ちが)うような。 背(せ)だけでなく、頭(あたま)までグレーなような。

ピヤッと空港(くうこう)のほうから飛来してきました。 あわせて5羽(わ)ほどに。

ths2-180419.jpg

こちらは、クチバシの下(した)と胸(むね)の黒前掛(くろ・まえかけ)?がつながっていて、正常(せいじょう)とされるタイワンハクセキレイ。

頭(あたま)のまわりが、もっと黒っぽいのもいます。

ths3-180419.jpg

濃(こ)ゆぅいですわ゛〜

ハクセキレイの世界(せかい)も、個性(こせい)が豊(ゆた)かなのかもしれない。ひらめき

こちらのは、またしても背からつづく頭がグレーです。

ths4-180419.jpg

頭がグレーなハクセキレイの亜種(あしゅ)は、いないハズです。 ならば、幼鳥(ようちょう)というにはスッカリ成長(せいちょう)した、もうじき1歳(さい)になる若手(わかて)なのではないか・・・と。


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2018 タイワンハクセキレイ 】
posted by ぶん+ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年04月18日

極大(きょくだい)の警戒(けいかい) シロチドリ

昼休(ひるやす)み、トリトリデッキ駐車場(ちゅうしゃじょう)の前(まえ)の干潟(ひがた)。

inow-180418.jpg

どこからか、ホィッexclamationの声(こえ)。 どういうわけか、聞(き)いたことないハズなのに、シロチドリだろうな・・・と感(かん)じました。

北風(きたかぜ)に流(なが)されて近(ちか)く感(かん)じるのか、音源(おんげん)が複数(ふくすう)なのか判(わか)らないので、そっと移動(いどう)しながら耳を傾(かたむ)けます。 どうやら、さほど遠(とお)くない。

そのあたりの干潟をジロジロすると、ポコっとした物体(ぶったい)。 

sc-180418.jpg

なんかおる。exclamation&question

もっとジロジロすると、低(ひく)い姿勢(しせい)のシロチドリが上空(じょうくう)を見(み)やっています。

sc2-180418.jpg

チドリだけでなくシギたちも、急(きゅう)に天敵(てんてき)がやってきたとき、とっさにうずくまって
警戒します。

けれど、声はもっと右(みぎ)からするので、まだまだジロジロすると・・・

sc3-180418.jpg

おったexclamation×2 べっちゃり腹(はら)を着(つ)けているあたり、かなり恐(おそ)れているらしい。

sc4-180418.jpg

よほど厄介(やっかい)な猛禽(もうきん)が飛来(ひらい)したようですけれど、オッサンが上空を眺(なが)めても、サッパリ見つかりませんでした。

渡(わた)りの時節(じせつ)、ハヤブサなど猛禽(もうきん)たちも移動(いどう)しますから、通(とお)りかかったのかもしれない。

 
posted by ぶん+ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年04月17日

きょうも 雨(あめ)

それでも、トリトリデッキへ。

tenki-180417.jpg

やれやれ、外(そと)へ出(で)られんな・・・たらーっ(汗)

きのう、湿気(しっけ)のためか、パソコンがダウン。 メモリーの認識不良(にんしき・ふりょう)だけかと思(おも)ったら、ディスプレイに表示(ひょうじ)が出(で)ない。 けどパスワードを入力(にゅうりょく)すると起動(きどう)しているようで・・・キーボードでシャットダウンすると、動作(どうさ)する。 たぶんグラフィック・ボード。

videocardi-180417.jpg

梅雨時期(つゆじき)になると、たまったホコリに湿気(しっけ)が宿(やど)り、微細(びさい)な回路(かいろ)がショートしやすくなりますから、徹底的(てっていてき)にお掃除(そうじ)してみました。

とりあえず、表示は戻(もど)り、やれやれ。 組(く)み直(なお)すとなると、新たなマザーボードとCPU、DDR-4メモリ16GB、NVMe SSDなどが必要になるので、7万(まん)くらいかかりそう。バッド(下向き矢印)


けれども、こうしたトラブル、往々(おうおう)にして電源(でんげん)ボックスだったりするので、油断大敵(ゆだん・たいてき)。 配線(はいせん)が複雑(ふくざつ)で外(はず)しづらいだけに・・・たらーっ(汗)

帰(かえ)りしな、久々(ひさびさ)にマヨをこさえたくなり、Aコープでワインビネガーを。

su-180417.jpg

あったexclamation×2 とかく、島(しま)ではチョットイイやつとか、シャレた食材(しょくざい)はないから、ダメかと思(おも)ってました。 やっぱり、バルサミコはなかったけれど。(笑)

そういえば、数年(すうねん)は冷蔵庫(れいぞうこ)で寝(ね)かせていたバニラエッセンス、そろそろマイルドになったろうから、プディングもこさえようかな。 こりゃ、ヒマなゴールデンウィークは玉子(たまご)まつりかも、ですね。ひらめき

 
posted by ぶん+ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!

2018年04月16日

ハクセキレイの 伝説(でんせつ)?

ハクセキレイは、島(しま)でたくさん越冬(えっとう)する冬鳥(ふゆどり)ですけれど、もっと南(みなみ)で越冬したセキレイたちが、今頃(いまごろ)になって島(しま)を通過(つうか)しているようです。

hs-180416.jpg

球場(きゅうじょう)にいたハクセキレイ、か〜な〜り黒(くろ)くてタイワンハクセキレイに似(に)ていますが、伝説?では、胸(むね)の黒いところがクチバシに届(とど)いていなければ、ハクセキレイとされている。

この時節(じせつ)にフツ・ハクセキレイが渡(わた)るものかな゛〜と疑(うたが)いつつ眺(なが)めていたら、もう1羽(わ)。

hs2-180416.jpg

こちらは届いてるような・・・

するとクイッと首(くび)をひねって昆虫(こんちゅう)を採餌(さいじ)。

hs3-180416.jpg

ばっちりタイワンハクセキレイです。

ネットにあった、ハクセキレイの図解(ずかい)では、もっとも下(した)の2パターンがタイワンハクセキレイで、届いていない場合(ばあい)もあるらしい。

タイワンハクセキレイのオスメスと、ハクセキレイのメス夏羽(なつばね)はともに背(せ)がグレーで、ハクセキレイのオスは黒いそうです。 とゆ〜ことは、ハクセキレイとタイワンハクセキレイのメスは、そもそも見分(みわ)けがつかないのかもしれない。


ちなみに
こちらは数日前(すうじつまえ)に見(み)かけた、怪(あや)しげなハクセキレイ。(笑)

bfr-hs-180416.jpg

たぶんオスのハクセキレイが、グレーの羽毛(うもう)をぬぎすてて、換羽(かんう)しているところ・・・なのでしょうが、それにしても黒っぽい。 想定(そうてい)より緩(ゆる)やかな進化(しんか)で、ニンゲンの人種(じんしゅ)のように雑多(ざった)なのかもしれない。 オカタイ学者(がくしゃ)さんの分類(ぶんるい)とは違(ちが)う在(あ)り方(かた)であっても、不思議(ふしぎ)はありません。


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2018 タイワンハクセキレイ 】

posted by ぶん+ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年04月15日

ついつい・・・習性(しゅうせい)

天気(てんき)もわるいのに、ついついトリトリデッキへ。

tenki-180415.jpg

ど〜も来(こ)ないと収(おさ)まらない。 けれど、クロツラヘラサギが3羽(わ)いただけ。

ガソリンスタンドで給油(きゅうゆ)と洗車(せんしゃ)のときは、コレ。

cream-180415.jpg

ふむふむ、水切(みずき)りヨーグルト、使(つか)えそう・・・。ひらめき しぼった乳清(にゅうせい)は、牛乳(ぎゅうにゅう)か味噌汁(みそしる)にでも入(い)れていただこうか。

オッサンは書(か)くのは好(す)いていますが、読(よ)むのは苦手(にがて)。たらーっ(汗) 唯一(ゆいいつ)の愛読書(あいしょくしょ)は、オレンジページ・・・と仕方(しかた)なく地域防災計画(ちいき・ぼうさい・けいかく)くらいなもの。

安(やす)っぽい品々(しなじな)が充実(じゅうじつ)のスーパーにも、たま〜に旨(うま)そうなのが。

daiz-180415.jpg

「のむ大豆」。 豆乳(とうにゅう)を超(こ)たドリンク、というか・・・実(み)も入(はい)った、ねっとりトロトロのやつ。 大豆(だいず)のビシソワーズを手軽(てがる)にこさえられそう。 トマトのドロドロ「理想のトマト」もそうですが、飲(の)むのもいいけれど調理(ちょうり)に用(もち)いると、っで〜らい旨そうな食材(しょくざい)。るんるん 口(くち)にしたことのないモノは、とりあえず味(あじ)わってみたくなります。 わきにある、アーモンド効果(こうか)ってナニ???

とはいえ、節約(せつやく)も大事(だいじ)。exclamation×2

mune-dango-180415.jpg

都合(つごう)よく寒(さぶ)うなった?ので、特売(とくばい)でお腹(なか)いっぱいになる、鶏(とり)ムネを刻(きざ)んで団子(だんご)なべに。 シメはおじやでなく、そばがきで。るんるん

 
posted by ぶん+ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミどころ

2018年04月14日

洗(あろ)うて 食(た)べるシギ

日課(にっか)なので、トリトリデッキへ赴(おもむ)いてみたものの・・・閑古鳥(かんこどり)。たらーっ(汗)

でも、実(じつ)は、シギの大物(おおもの)が逗留中(とうりゅう・ちゅう)。

hrs-saij-180414.jpg

ホウロクシギが、ヒメヤマトオサガニを水辺(みずべ)にもってきて・・・足(あし)を外(はず)しています。 砂泥(さでい)で口(くち)のなかがジャリジャリするからか、体(からだ)が無駄(むだ)に重(おも)くなるからか判(わか)らないけれど。 洗うことに関(かん)しては、チュウシャクシギのほうが丁寧(ていねい)のような。

ジェット旅客機(りょかっき)の音(おと)を恐(おそ)れて、ペアが身(み)をよせました。

hrs-180414.jpg

ホウロクシギとダイシャクシギはソックリさんですが、ホウロクシギは白(しろ)っぽさがないことや、クチバシの曲(ま)がりの雰囲気(ふんいき)がビミョ〜に違(ちが)うんです。

すると・・・ぅおえ゛〜


hrs2-180414.jpg

大(おお)きなペリット=未消化物(みしょうか・ぶつ)を吐(は)きました。 しかしながら、未消化になるようなモノを食べてるようには見(み)えないのですけれど・・・ パートナーの複雑(ふくざつ)な心境(しんきょう)が目(め)つきに出(で)てます。たらーっ(汗)

知(し)らないところで、拾(ひろ)い食(ぐ)いしてるんでしょうか?

ところで
Aコープの納豆(なっとう)が、ナゼか品切(しなぎ)れに。

nattow-180414.jpg

ヒマジンが、またテレビにだまされたみたいですね゛〜。 雑食(ざっしょく)にしろ、草食(そうしょく)にしろ、一定(いってい)の植物(しょくぶつ)を食らいつづけると、毒素(どくそ)のために肝臓(かんぞう)に負担(ふたん)がかかりますから、活動(かつどう)に支障(ししょう)がでます。 でなければ、コアラのようにヤタラ寝(ね)るしかありません。バッド(下向き矢印)

信(しん)じる者(もの)は、みな騙(だま)される・・・ やれやれ。(苦笑)

 
posted by ぶん+ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

きのう スーパーのとこで

ふと思(おも)い出(だ)しました。 そういえば、艦艇(かんてい)を見(み)かけたのを。

kan-180413.jpg

このあいだは役場(やくば)から見(み)えたけれど・・・佐世保(させぼ)あたりから一定(いってい)の速度(そくど)だと、夕方(ゆうがた)に見えるとか?

kan2-180413.jpg

ゴチャゴチャとクレーンがあったり、ヘリコプターの飛行甲板(ひこう・かんぱん)があったりするので、補給艦(ほきゅうかん)。 佐世保でググったところ・・・どうやら、ルイス・アンド・クラーク級(きゅう)貨物弾薬(かもつ・だんやく)補給艦のようです。 このごろの軍艦(ぐんかん)は、エンジンで発電(はつでん)して、モーターで航行(こうこう)するんですよね゛〜。

 
posted by ぶん+ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2018年04月13日

チラッと だけ

昼休(ひるやす)み、イノーはやはり、例年(れいねん)になくド静(しず)かです。 いつものように? クロツラーズX4と離(はな)れて活発(かっぱつ)に採餌(さいじ)しているのは、フツ・ヘラサギ。

hs-180413.jpg

ユーラシアに広(ひろ)く分布(ぶんぷ)するものの・・・国内(こくない)では、そう簡単(かんたん)に観察(かんさつ)できる種(しゅ)ではないのですけれど、コウノトリが去(さ)ったあとでは、イマイチどうも・・・で申(もう(し訳(わけ)ない。たらーっ(汗)

すると、ピヤッと飛来(ひらい)したのは、島(しま)では珍(めずら)しいオバシギ。

os-180413.jpg

これまでは数羽(すうわ)でしたが、1羽だけだからか・・・とても不安(ふあん)そうに、ピリピリして歩(ある)き回(まわ)り、じき飛(と)び去(さ)ってしまいました。

こうした瞬間的(しゅんかん・てき)な出逢(であ)いなのに、確率(かくりつ)が高(たか)いのがトリトリデッキのまわりの特長(とくちょう)かもしれない、気(き)がしています。るんるん

 
posted by ぶん+ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年04月12日

干潟(ひがた)だけ でもない

干潟には、まばらにシギやチドリがいます。 キアシシギ、ムナグロ、珍(めずら)しくダイゼン、メダイチドリ、コチドリ、イソシギなど。 ほかチュウサギ、ダイサギ、クロツラヘラサギ、ヘラサギも。

パッとしないので、念(ねん)のためグランドもチェックすると・・・おるおる。

kc-180412.jpg

時節柄(じせつがら)、コチドリのご夫婦(ふうふ)かな? 80mあまり離(はな)れているのに、オッサンを警戒(けいかい)しています。 渡(わた)りの時(とき)は、ピリピリするものです。 それでもペタポンと座(すわ)って休(やす)むのは、だいぶお疲(つか)れなのかも。

その向こうにもペタポン現象(げんしょう)。

mg-180412.jpg

いよいよムナグロらしく、胸(むね)というか喉(のど)から腹(はら)にかけて黒(くろ)ずみかけていました。 もともと度胸(どきょう)が座(すわ)っているので、こうして休むことが多(おお)いものの、さらに遠いいのに、このあと1羽(わ)だけ残(のこ)して、立(た)ってしまいました。 シギたちがグランドで休んだのはハマシギくらいなものですが、少数(しょうすう)で渡(わた)るチドリたちはわりと平気(へいき)のよう。

 
posted by ぶん+ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年04月11日

コーちん また逢(あ)うときまで

コウノトリJ0066が、ずいぶんイノーに来(こ)ず、旅(たび)に出立(しゅったつ)したかもしれない。 調(しら)べたところコウノトリ湿地ネットにデータがありました。


J0066 2018/4/6 鹿児島県屋久島町安房校庭 南日本放送

J0067 2018/4/9 沖縄県宮古市佐和田海岸 宮古島通信


コーちんは屋久島(やくしま)へ、大島(おおしま)にいたコージちん?J0067は宮古島(みやこじま)へ。exclamation&question 男(おのこ)は旅して強(したた)かになってナンボ、達者(たっしゃ)でな。ひらめき

ヒミツにしていましたが・・・コーちんをイノーで観(み)たのは4/1が最近(さいきん)でした。

kt-180411.jpg

これが見納(みおさ)めなハズはありません。 なんといっても4年(ねん)も島(しま)にいたのですから、おそらくナンヤカヤでいづれ、島にもどって来(く)るんじゃないかと。

ただ
ニンゲン社会(しゃかい)ですら今(いま)でも、お子(こ)さまは「今」何人(なんにん)ですか?と、お母(かあ)さんに問(と)わねばならない地域(ちいき)が、ずいぶんあります。 産(う)んだ子らが、じきに亡(な)くなることは珍(めずら)しくない・・・それが自然(しぜん)なのです。たらーっ(汗) なので、無事(ぶじ)を祈(いの)るばかり・・・と謂(い)いたいところですが、オッサンは祈ってもコーちんが幸運(こううん)になるワケでもないので、フツーにサラッと流(なが)しています。(笑)

どうあがいても摂理(せつり)には敵(かな)わぬものですから、心配(しんぱい)だけなら、するだけ無駄(むだ)です。るんるん



キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2018 コウノトリ 】
posted by ぶん+ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) |