2018年08月20日

嵐(あらし)の まえの・・・

夕(ゆう)、Aコープで買(か)い物(もの)してからイノーへ。

inow-180820.jpg

北風(きたかぜ)が爽(さわ)やかですけれど・・・まるで台風(たいふう)が来(く)るとは思(おも)えません。

たぶんクロツラヘラサギX4たちも、そうでしょう。

khs4-180820.jpg

昔(むかし)は、レーダーなどなかったので、急(きゅう)に嵐になったりして、大変(たいへん)だったのでしょう。

ちなみに
Aコープでは、もう食(しょく)パンや輸入(ゆにゅう)の豆腐(とうふ)なんかが品切(しなぎ)れでした。 とゆ〜か、それを予測(よそく)して、そ〜ゆ〜のは昼(ひる)に求(もと)めておきました。ひらめき 納豆(なっとう)は失念(しつねん)しちょったけど・・・たらーっ(汗) 夕は、ナニか気(き)の利(き)いた食材(しょくざい)でもないものか・・・と。

kakitane-180820.jpg

柿の種(かきのたね)の、ラー油(ゆ)のヤツ・・・マヨとかバーガーよりずっと乾(かわ)き物(もの)には合(あ)いそうです。るんるん そういえば、レジでまえにいた人妻(ひとづま)は、右(みぎ)はじのヤツを求(もと)めていらっしゃいましたね゛〜。 柿の種は、高湿度(こうしつど)の島(しま)では、すぐに湿気(しけ)って、ねちゃねちゃ指(ゆび)にひっつくから・・・かも。たらーっ(汗) けれど、お陰(かげ)で、ツマミですがつままなくても、指にちょいとヒッツケて楽々(らくらく)と口(くち)へ運(はこ)ばれるので・・・ソレはそれで便利(べんり)だったり。ひらめき(笑)



【追伸】ついしん
台風19号(ごう)の目(め)・・・どんだけデカいんよ。exclamation&question

me-180820.png<気象庁より

「非常に強い」レベルで済(す)まされるんかな゛〜。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年08月19日

カワニナの ナゾ

西阿木名集落(にしあぎな・しゅうらく)の西(にし)にある、下原(シュウバル)、標高(ひょうこう)90mくらいある石灰岩(せっかい・がん)の台地(だいち)で、川(かわ)はありません。 まえに、そこの泉(イジュン)にいるカワニナをログったことがありました。 あのときは、シュウバルのカワニナは、田(た)んぼがあったころ、イネにからんで定着(ていちゃく)した・・・と思(おも)っていました。

でも
稲作(いなさく)のはるかまえ、6,000年まえにもいたのです。exclamation×2 とゆ〜か、古代人(こだいじん)は、どんだけカワニナ食(た)べてたん?(笑)

kn-180819.jpg

4センチはある大型(おおがた)のカワニナ。 トウガタカワニナのたぐいでもなく、たぶんフツーのカワニナが、南国(なんごく)ゆえにデカくなったと考(かんが)えられます。 石灰岩台地のカルシウム豊富(ほうふ)な湧(わ)き水(みず)で育(そだ)ったお陰(かげ)で、殻頂(かくちょう)=とがった先(さき)っちょまで、しっかり残(のこ)っています。 フツー、淡水(たんすい)の巻貝(まきがい)の殻頂は、カルシウム不足(ぶそく)で欠(か)けてしまうんです。 

ともあれ
カワニナは内地(ないち)にも朝鮮半島(ちょうせん・はんとう)や中国(ちゅうごく)、台湾(たいわん)にまで分布(ぶんぷ)しています。

さて
琉球列島(りゅうきゅう・れっとう)の成(な)り立(た)ちを鑑(かが)みるに・・・大陸(たいりく)とべったり地(じ)つづきだったのは1,500万年くらいまえ。 トカラ列島(れっとう)が内地(ないち)と離(はな)れたのは150万年(まんえん)もまえだそう。

600万年も進化(しんか)しなかったというアマミノクロウサギがいるくらいですから、1,500万年くらい進化しなかったカワニナがいてもええじゃろ・・・と考(かんがえ)、ホッと一息(ひといき)。ひらめき

ん゛exclamation&question

そ〜じゃないですよね。 じゃあ、ドデカイ大陸(たいりく)にカワニナが広(ひろ)まったのは、全土(ぜんど)を襲(おそ)った大洪水(だいこうずい)でもあったとか・・・たらーっ(汗) ノアの箱舟(はこぶね)のだと、もっともっと最近(さいきん)でしょうから・・・水中(すいちゅう)のカワニナが、カタツムリよりも分布(ぶんぷ)が広(ひろ)いなんて、どゆこと???

【仮説】(かせつ)その1
カワニナは卵胎生(らんたいせい)で、子貝(こがい)を産(う)むのですけれど・・・その状態(じょうたい)でハゼなどの魚(さかな)に食(た)べられ>>>サギなどの鳥(とり)を経(へ)て分布(ぶんぷ)を広(ひろ)げる。

【仮説】その2
狩猟採集(しゅりょう・さいしゅう)が基本(きほん)だったホモ・サピエンスですけれど・・・勝手(かって)に増(ふ)える食糧(しょくりょう)を、持(も)ち歩(ある)いていた可能性(かのうせい)もあります。 ニンゲンは、川(かわ)や湧(わ)き水(みず)が必要(ひつよう)で、カワニナはそこで育(そだ)つので、便利(べんり)な食糧(しょくりょう)だった、とか?

【仮説】その3
神代(かみよ)の昔(むかし)、ナンチャラノミコト?が国造(くに・づく)りのとき、民草(たみくさ)のために、食料(しょくりょう)となるカワニナを各地(かくち)に広(ひろ)めて歩(ある)いた。 ツマミになるから個人的(こじんてき)に好(す)きだった・・・のかも。(笑)

【仮説】その4
卵(たまご)を持(も)ったメスは、わざとサギなどに見(み)つかりやすい浅瀬(あさせ)にいて・・・あるいはエサとなる藻類(そうるい)が多(おお)い浅瀬にいるところをサギなどに食べられ、ミッチリと蓋(ふた)を閉(し)めて卵(たまご)を守(まも)り、鳥類(ちょうるい)を利用(りよう)して移動(いどう)する。 カタツムリがメジロに食べられ、フンのなかから生(い)きて見(み)つかったという実験結果(じっけん、けっか)もあるので。


オッサンとしては「その4」かな。 カワニナのみならず、タニシにしても、すごくアタリマエにいるんですけれど・・・・・どうやって分布を広げたのか、サッパリわかりません。


ところで
今宵(こよい)は、あまぎまつり。

fireworks-180819.jpg

キッチンから、ガジュマルごしに仕舞(しまい)の一発(いっぱつ)が見(み)えました。

カメラを構(かま)えていた、すぐわきの面格子(めんごうし)には

skm-180819.jpg

サトクダマキモドキがいました。 クダマキとは、紡績(ぼうせき)に用(もち)いる軸(じく)が単調(たんちょう)な音(おと)を出(だ)すことから、グダグダ同(おな)じようなことを繰(く)り返(かえ)し語(かた)るヨッパライや、ひたすらガチャガチャ鳴(な)くクツワムシなどを表(あらわ)しているそうです。


 
posted by ぶん+ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識

2018年08月18日

キアシシギが 追(お)ってきたexclamation&question

暑(あつ)い昼下(ひるさ)がり、ですがAコープの玉子(たまご)の特売(とくばい)は外(はず)せません。 そのまえに、一応(いちおう)イノーを観(み)ておくことに。

いつものようにキュイキィイや、まったく鳥(とり)らしくないヒ〜ヨ〜フィッexclamationなど、いろいろ鳴(な)いて散歩(さんぽ)しています。 まだ、潮(しお)が引(ひ)ききっていなくて、干潟(ひがた)ではありませんから、腹(はら)を空(す)かせたシギたちにとっては、今(いま)や遅(おそ)しと待(ま)っていたのです。 にすると、北(きた)のほうからスワスワッと羽音(はおと)がやってきて、オッサンの前(まえ)のほうの浅場(あさば)に着地(ちゃくち)。 あるいは、オッサンの近くの岩(いわ)に着地。

たぶん、戸ノ木(とのぎ)にスタンバイしていたキアシシギが、偶然(ぐうぜん)にオッサンのまわりに飛来(ひらい)しているのだろう・・・と思(おも)っていました。

帰(かえ)りながら、テキトーに鳴いていたところ、今度(こんど)は戸ノ木とは反対(はんたい)の南(みなみ)から、まるでオッサンを追(お)うように近(ちか)くにやってきて、仲間(なかま)を探(さが)しているよう。

kas-180818.jpg

明(あき)らかにオッサンを警戒(けいかい)してメヒルギを盾(たて)にしながら、オッサンの近くに飛来しているのです。たらーっ(汗)

どうやら
見(み)た目(め)を重視(じゅうし)するオッサンと違(ちが)って、キアシシギにとって声(こえ)の情報(じょうほう)は、見た目よりずっと信(しん)じられる情報に違いありません。 んま゛〜 キアシシギ史上(ししょう)オッサン以外(いがい)にキアシシギそっくりにマネをする生物(せいぶつ)はいなかったのでしょうから、ダマサレても仕方(しかた)なさそう。

だからといって
鳥類(ちょうるい)すべてが、声を重(おも)んじているワケではなさそうですけど。

 
posted by ぶん+ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

19号(ごう)の つぎがexclamation&question

米海軍(べいかいぐん)JTWCの予測(よそく)をチェックしたところ・・・知(し)らない台風(たいふう)が、内地(ないち)へ向(む)かっていました。exclamation×2

jtwc-180818.png

この予測ですと、ウダウダしている19号と仮(かり)の20号は同(おな)じころに日本(にっぽん)の2ヵ所(かしょ)を通過(つうか)することになりそうです。

その時分(じぶん)に移動(いどう)をする予定(よてい)の方(かた)は、ご注意(ちゅうい)ください。


【追伸】ついしん
22:51、台風20号が発生(はっせい)したと、ウェザーニューズのメールが入(はい)ってきました。


 
posted by ぶん+ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災

2018年08月17日

ベニシオマネキ 密度(みつど)

昼休(ひるやす)み、とりあえずトリトリデッキのとこで、キアシシギと遊(あそ)びつつ・・・アレは?

khs4-180817.jpg

クロツラーズX4です。 色合(いろあ)いからして、右(みぎ)から2番目(ばんめ)が羽折(はお)れだったクロツラヘラサギ。 なぜか、ビミョ〜に羽毛(うもう)がくすんでいるのです。

手前(てまえ)の見苦(みぐる)しい青(あお)いのは、みっともなくも恥(は)ずかしい、こんなので魚(さかな)を捕(と)ろうとする・・・徳之島名物(とくのしま・めいぶつ)の低脳風景(ていのう・ふうけい)にございます。たらーっ(汗) 低脳はさておき、ここに構造物(こうぞうぶつ)を設置(せっち)するには、許可(きょか)が要(い)るんですけど。バッド(下向き矢印) それ以前(いぜん)に、哀(あわ)れすぎてコッパズカシぃ〜exclamation×2 シマンチュの裸(はだか)の王様(おうさま)っぷりは、ゼンゼン笑えません。たらーっ(汗)

ともあれ
アオサ養殖の鉄骨よろしく、使わなくなったら放置・・・だけはやめてもらいたい。exclamation


さて
思(おも)わぬ渡(わた)り鳥(どり)が採餌(さいじ)していることもある、イノーの南端(なんたん)もチェック。 相変(あいか)わらず、ベニシオマネキたちが、わりとウジャっとした密度で生活(せいかつ)しています。

beni-180817.jpg

思(おも)わず、どんくらいの密度が限界(けんかい)じゃろか・・・と気(き)になってしまう。たらーっ(汗) あんまり多(おお)いと巣穴(すあな)がクロスして、シェアハウスになってしまうかもしれん・・・とか。exclamation&question

30センチ四方(しほう)に、10匹(っぴき)あまり密集(みっしゅう)しているところもあります。 たぶん、川津辺(こおっちぶ)には、戸ノ木団地(とのぎ・だんち)の排水(はいすい)が効(き)いて、もっとスゴイところがありそうですけれど・・・暑(あつ)いし、いささかメンドクサイいので、なかなか究(きわ)めきれません。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

タコさんは ウインナーを選(えら)ぶ?

あんまり廉(やす)いウインナーがあったので、懐(なつ)かしいタコさんウィンナーにチャレンジしようと求(もと)めてみました。 Aコープブランドの、かごしまのウインナー。

しかし・・・

takosan-180817.jpg

8本足(っぽんあし)にしようとしたら、ボコボコになって、うまくいかない。たらーっ(汗) どうやら歯(は)ごたえを改善(かいぜん)するのに、粗挽(あらび)き風(ふう)にしてあって、包丁(ほうちょう)が引(ひ)っかかるのです。 日本ハムのサイトには、どえらいたくさんの〇〇ウインナーがあって、ワクワクしたのにぃ゛〜。爆弾

ということで・・・わが家(や)では、軽(かる)はずみにタコさんを目指(めざ)さず、ナマコさんとか、ヘチマさん、アーウイウィンナーと解釈(かいしゃく)していただくことに。たらーっ(汗) ウインナーをお子(こ)さん、フランクフルトをオトナさん・・・すんごいミニなヤツを大腸菌(だいちょうきん)さん・・と呼称(こしょう)するのはナシで。(笑)

ちなみに
存知(ぞんち)だとは思(おも)いますが、ウィンナーをまっすぐにしてみました。

I_180817.jpg

曲(ま)がったウィンナーを猫背(ねこぜ)と見(み)なしますと・・・お腹(なか)のほうに切(き)れめを入(い)れておくと、シャンとします。exclamation 曲がったコトが嫌(きら)いなアナタに、おススメです。ぴかぴか(新しい)

 
posted by ぶん+ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミどころ

2018年08月16日

縄文人(じょうもんじん)の イノシシ料理(りょうり)?

つぎの広報誌(こうほうし)の連載(れんさい)で、もっともオッサンが気(き)になっているのが、6000年(ねん)まえのご馳走(ちそう)、リュウキュウイノシシ料理。ひらめき お子(こ)さまたちの自由研究(じゆうけんきゅう)も(たいへん)そうですけれど・・・オッサンは二月(ふたつき)ごとにテーマを探究(たんきゅう)せにゃならんワケで。たらーっ(汗)

コショウ、ニンニク、ショウガ、しょうゆなんて、ありゃしないし・・・せいぜい海水(かいすい)くらいしかないのに、ど〜やっておいしく食(しょく)したのか。exclamation&question 学芸員(がくげいいん)グッシーによると、焚火(たきび)で石(いし)を焼(や)いて、そこへ葉(は)っぱにくるんだ肉(にく)をくべて、蒸(む)し焼(や)きにするのが定番(ていばん)だったそう。

やっぱそっかぁ゛〜 今(いま)でもジャングルで生活(せいかつ)する少数民族(しょうすう・みんぞく)でも定番です。ひらめき そんなこと、なんでオッサンがアタリマエみたいに知(し)っているの?と感(かん)じたアナタ、どどどどど田舎者(いっなっかも〜ん)です。 そんくらい、都会(とかい)のサラリーマンには、常識(じょうしき)ですよ〜ん。るんるん(笑) 都会の男子(だんし)は雑学(ざつがく)こそ、モテの武器(ぶき)ですから。ぴかぴか(新しい)

なんとなく葉っぱといっても・・・キッチリ包(つつ)めるほどデカくて手軽(てがる)なのはツワブキ、あるいはサネンバ≒アオノクマタケランかな。 近所(きんじょ)にはないから、とりあえず近縁(きんえん)のゲットウで代用(だいよう)しとくことに。 海水をくみそこねたので、軽(かる)く塩(しお)をもみこんで・・・・・イザっ。exclamation×2

yamashi-180816.jpg

ちょうど、石器(せっき)でタタキ切(き)ったような肉なので、ソレっぽい。exclamation&question

うまいこと蒸し焼きになるよう、昔(むかし)ながらのフライパンで、じっくりと。

yamashi2-180816.jpg

焦(こ)げすぎないように、ちょくちょく水(みず)を加(くわ)えながら、いかにも蒸し焼き風(ふう)にしてみました。 イノシシの肉はどっさりあったでしょうから、石焼きであってもジワジワ・モワっと蒸された気がします。

そろそろかな・・・火(ひ)をとめて15分(ふん)ほど置(お)いてみました。

yamashi3-180816.jpg

お゛〜っ やっぱり、スンゲ〜硬(かた)そう。exclamation×2(笑) けれど、縄文人は、ホームペース顔(がお)のオッサンよりもエラが張(は)った、とても咬(か)む力(ちから)が強(つよ)いヒトたちだったので、こんくらいはフツーでしょう。 その証拠(しょうこ)に縄文人の歯(は)は、すごくすり減(へ)っているのがフツー。

そんなことよりうんまっexclamation×2
なにこれ・・・血(ち)なまぐさいハズだったのに・・・まるで、ローズマリー風味(ふうみ)ぴかぴか(新しい) 野生(やせい)のイノシシは、骨(ほね)のまわりにかすかに脂(あぶら)があって、完全(かんせん)なパサパサでなく、さらにローズマリー風味が加(くわ)わると、なんとも贅沢(ぜいたく)な味(あじ)わいに。


ただし
フツーのヒトにはドエライ硬いし、砕(くだ)けた骨がアチコチにありますし、高齢化(こうれいか)したシマンチュにはムリすぎるメニューですけれど・・・たとえば肉をパパイヤ+ハチミツと一緒(いっしょ)にチルドルームで寝(ね)かせるなどしてから、サネンバ蒸しにすれば、ご当地(とうち)A級(きゅう)グルメになるかもしれません。

それはそうと
縄文人ご一家(いっか)のお腹(なか)が空(す)いて空いて、待(ま)ち遠(どお)しい蒸しあがりが、どういうタイミングだったのか・・・これまた気になるところ。 とても鼻(はな)のいいとされるヒトが、判断(はんだん)していたのかもしれません。 それに新鮮(しんせん)ならば、加熱(かねつ)しなくても大丈夫(だいじょうぶ)ですから、半生(はんなま)でもOKだったのでしょう。ひらめき



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018イノシシ 料理 ゲットウ アオノクマタケラン 】
posted by ぶん+ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2018年08月15日

判(わか)らなかったこと

ちなみに
図鑑(ずかん)を編纂(へんさん)しようとする御仁(ごじん)や先達(せんだつ)の方々(かたがた)は、アレコレ知(し)っている識者(しきしゃ)。 でも畏(おそ)れるのは、新(あら)たな方法(ほうほう)による調査(ちょうさ)などによって得(え)られた知見(ちけん)にから、真実(しんじつ)がコロッと変(か)わってしまうことです。たらーっ(汗) オッサンが知(し)っている図鑑には、土星(どせい)の輪(わ)が7本(ほん)とされていたけれど、今(いま)では本数(ほんすう)なんて、ど〜でもい〜コトになってしまいました。

オッサンは図鑑ではないけれど、天城町文化遺産データベースを編(あ)んでいます。 そうしたら、島(しま)では図鑑(ずかん)とかネットにも、ほとんどない生物(せいぶつ)を見(み)つけてしまうコトは、わりと多(おお)い。exclamation×2 たぶん、これまでのシマンチュの子(こ)らも、そうした悩(なや)みがあったに違(ちが)いありません。 そのための図鑑が、ずいぶん図書館(としょかん)に備(そな)えられているので、なんとなく判(わか)ります。

こないだ見つけたカニは、ワタリガニのなかでもベニツケガニのたぐい。

fbtm-180815.jpg

でも、甲羅(こうら)の巾(はば)が2センチ・・・1円玉(えんだま)くらいしかないのに、抱卵(ほうらん)してますっexclamation×2 どゆこと???

ここらにいるベニツケガニは、調(しら)べたところ、ミナミベニツケガニ、ミナミベニツケモドキ、フタバベニツケガニあたりで、いづれも甲羅は7〜8センチになります。 なのに2センチで抱卵するとは・・・どんだけオマセさんexclamation&question

で、見(み)た目(め)からフタバベニツケガニと思(おも)って調べていたとき、たまたま見つけたのですけれど・・・フタバベニツケモドキ

すんごいマイナーと謂(い)うか、世間(せけん)からホトンド注目(ちゅうもく)されていないワタリガニらしくて、マニヤか専門家(せんもんか)にしか判(わか)らないようなヤツらしいんです。 それにしても、モドキの多(おお)いベニツケガニ。 つぎに似(に)たのが見つかったら、ニセフタバベニツケモドキ? さらなるおつぎなら、ニセフタバベニツケモドキダマシ?(笑)

とりあえず
シマンチュの子らが、オッサンみたいに無駄(むだ)に悩(なや)まないよう、データベースに載(の)せておきました。たらーっ(汗)

どうあっても、地味(じみ)すぎるカニだ・・・ 知(し)ってても、モテもしないし、なんのメリットにもなりません。 こ〜ゆ〜のが結構(けっこう)いるので、載せるかどうか悩んでしまいます。爆弾

 
posted by ぶん+ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

なぜに 風(かぜ)が強(つよ)い?

台風(たいふう)は遠(とお)ざかったはずなのに、ますます風が強(したた)か吹(ふ)きはじめました。

kaze-180815.png<気象庁より

もう平均(へいきん)で、10メートルオーバーに。たらーっ(汗)

で・・・
おもむろに天気図をチェックすると・・・やにわに熱低(ねってい)が。exclamation

tenkiz-180815.png<気象庁より

台風(たいふう)15号(ごう)と16号のあいだに、できちゃったってコト。exclamation&question

この熱低、雨雲(あまぐも)をシッカリまとっているので、大雨(おおあめ)に要注意です。雨

それはそうと
早(はや)くもNTTのADSLは速度(そくど)がサッパリ出(で)ず・・・

adsl-180815.png

コレはコレで、防災上(ぼうさいじょう)よろしくありません。たらーっ(汗)


【追伸】ついしん
熱低は発生(はっせい)から半日(はんにち)ほどの14児(じ)まえ、台風18号(ごう)になってしまいました。exclamation×2 こんなん、どないして予測(よそく)しろっちゅ〜んじゃい。exclamation×2


 
posted by ぶん+ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災

2018年08月14日

ようやっと ムナグロ

昼休(ひるやす)み、炎天(えんてん)のグランドに、なにかポコっといます。 さっそくファインダーをのぞくと・・・

mg-180814.jpg

あ゛・・・気(き)づいた。たらーっ(汗) いたのは、グランドでは冬(ふゆ)の定番(ていばん)、ムナグロ。

ならば
イノーにもいるだろうとジロジロするものの・・・けっこう神経質(しんけいしつ)。 冬はあれほど肝(きも)がすわっているのに。

mg2-180814.jpg

おったおった。

あ゛・・・

mg3-180814.jpg

こちらのムナグロはオッサンに気づいてから、羽毛(うもう)をふくらませ・・・バサバサっと。

大島(おおしま)のミラクルさんのログでは、十日(とおか)もまえに観察(かんさつ)されていましたから、ここらのイノーをスルーする理由(りゆう)があるのか、あるいは太平洋側(たいへいよう・がわ)にコダワル理由があるのかもしれません。 なにしろ、ムナグロだけでなくメダイチドリなども見(み)えず、チドリに軒並(のきな)みスルーされている感(かん)じです。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ムナグロ 】
posted by ぶん+ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年08月13日

出土(しゅつど)した ナゾ・・・

島(しま)の遺跡(いせき)からたくさん出土する、カサガイのたぐい。 オッサンはスゴ〜く気(き)になっているのに、学芸員(がくげいいん)のグッシーとか専門家(せんもんか)はスルーなのだそうです。・たらーっ(汗)

shell-180813.jpg

だってコレ・・・ど〜やって捕(と)ったん。exclamation&question

マイナスドライバーを用(もち)いたところで、さっぱり捕ることの敵(かな)わぬ現代人(げんだいじん)がゾロゾロいるのに・・・6000年もまえに、ど〜やったんですか。exclamation&question オッサンは切実(せつじつ)に気になるワケで。 もちろん、水中(すいちゅう)にいるときにクルクル動(うご)いてれば、そこへ竹(たけ)べらをサクッと差(さ)し入(い)れて捕られるでしょうけれど・・・そうまでして捕るほどのモンじゃない気がします。 むしろ、叩(たた)き割(わ)ってしまったほうが、お手軽(てがる)なのに。たらーっ(汗)

石器時代(せっき・じだい)は200万年(まんねん)もまえからでしたし、「技(わざ)あり」なテクニックがキチンとあったハズなのに・・・今(いま)やヘナチョコなニンゲンばかりになってしまった。

ニンゲンは、ホントに進化(しんか)した生物(せいつぶ)なのでしょうか???


ほかにも
出土する遺骸(いがい)から、意外(いがい)な事実(じじつ)がありそうなのに、スルーされているような。たらーっ(汗) ちなみに、奄美大島(あまみおおしま)や徳之島(とくのしま)では絶滅(ぜつめつ)した・・・とされるアオミオカタニシは、今(いま)のところ出土しておりません。 保存状態(ほぞん・じょうたい)のいいアレコレがたくさん出土する島(しま)なので、古(ふる)うて新(あたら)しいナゾは、まだまだあるんじゃなかろか・・・と思(おも)えてなりません。ひらめき


 
posted by ぶん+ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

ソリハシ が さらにexclamation&question

シギたちのクチバシは、ふにょっexclamationと不自然(ふしぜん)に曲(ま)がることがあります。

きょうははじめて?、ソリハシシギが、オオソリハシに゛っexclamation×2

shs-180813.jpg

逆(ぎゃく)に、オオソリハシシギが反(そ)りを戻(もど)してオオスキハシシギ?のようになったり。

オッサンは軟骨(なんこつ)じゃろ? と思(おも)っていたけれど、こないだ「夏休み子ども科学電話相談」で女子(じょし)が質問(しつもん)されたのを聴(き)いたところ・・・シッカリと骨格だそうです。exclamation 先(さき)っちょと根元(ねもと)の間(あいだ)が、上下(じょうげ)の薄(うす)い骨格に分離(ぶんり)した構造(こうぞう)になっていて、それを引(ひ)っ張(ぱ)る筋(すじ)によって曲(ま)げられる・・・とのこと。

なるほど・・・軟骨だと重(おも)くてダメかもしれない。たらーっ(汗)


イイトシして、ナンも知(し)らんで思いこみだなんて・・・こっ恥(ぱ)ずかしいぃ゛〜爆弾

 
posted by ぶん+ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年08月12日

シオマネ カズ?

トリトリデッキ下(した)には、島(しま)では珍(めずら)しいヤエヤマシオマネキの成熟(せいじゅく)したオスがいます。

シオマネキというからには、ワッセワッセと大(おお)バサミを振(ふ)って、潮(しお)を招(まね)いていただかないと、その名(な)が無意味(むいみ)になるんですけれども・・・

ys-180812.jpg

やたら歩(ある)きまわってばかりで、ほかのシオマネキとイザコザを。たらーっ(汗) 左(ひだり)のは、レアな甲羅(こうら)のパターンを持(も)ったヒメシオマネキ。 手前(てまえ)と向(む)こうが、オキナワハクセンシオマネキ。

どうも、まわりに同種(どうしゅ)のオスもメスも見当(みあ)たらないとき、潮を招いている場合(ばあい)ではないらしい。 つまり、ド近眼(きんがん)と思(おも)っていたけれど・・・見わたしただけで、同種(どうしゅ)を認識(にんしき)できるようです。 紫外線(しがいせん)の反射(はんしゃ)の具合(ぐあい)とか???

ys2-180812.jpg

ルリマダラシオマネキもやってましたが・・・メスがいそうな巣穴(すあな)を探(さが)しまわっていました。

もっと立派(りっぱ)なオスがいます。

ys3-180812.jpg

さっきのオスとは勝負(しょうぶ)がついているらしく・・・コヤツが目(め)の前に現(あらわ)れると、ひたすら逃(に)げてしまいました。 ってことは、カニにも記憶力(きおくりょく)があるらしい。ひらめき

カニも昆虫(こんちゅう)も、エビのようなご先祖(せんぞ)から進化(しんか)したワケですけれど・・・オッサンはいづれも反射(はんしゃ)だけで生活(せいかつ)していて、学習能力(がくしゅうのうりょうくは無(な)いと思いこんでいましたが・・・おいしいカニミソは、もっと高機能(こうきのう)なのかもしれません。 つぎからは、もっとしっかり味(あじ)わっとこ。(笑)

ともあれ
まわりには、天敵(てんてき)のキアシシギたちが走りまわっていました。

kas-180812.jpg

繁殖(はんしょく)の障害(しょうがい)が大(おお)きいからといって・・・天敵は手をゆるめてくれるワケではありません。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ヤエヤマシオマネキ 】
posted by ぶん+ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

おいしい 実験(じっけん)?

この夏(なつ)は、ピーマンが手(て)に入(はい)りやすい。 生(なま)でも加熱(かねつ)してもイケるのがピーマンのいいところ。 加熱しても壊(こわ)れにくい、丈夫(じょうぶ)なビタミンCを含(ふく)んでいるのだとか。

昼(ひる)ごはんの手抜(てぬ)きの定番(ていばん)は、オカカ和(あ)え。

p-180812.jpg

に・・・お酢(す)を数滴(すうてき)、油(あぶら)をひと垂(た)らしすると、風味(ふうみ)が引(ひ)きたちました。ひらめき このごろのピーマンは苦味(にがみ)がなくて、味気(あじけ)ないなぁ。たらーっ(汗)

これまで厄介者(やっかい・もの)だったプチ・ピーマン。 ころっころの丸(まる)のまま、2ヵ所(かしょ)くらい切(き)り込(こ)みをいれ、パンクするのを防(ふせ)ぎつつ、だし汁(じる)がしみるよう。

p2-180812.jpg

ざっと炒(いた)めてから、アルミホイルを落(お)としぶた代(が)わりにして、だし汁で甘辛(あまがら)く炊(た)いたところ・・・意外(いがい)なほど、くったくたになるのが早(はや)かった。 煮(に)びたしだったハズが、なんかバアチャンの煮物(にもの)みたくなりました。(笑)

さて
最後(さいご)のハードルは、味噌汁(みそしる)。 ネットで調(しら)べたら案(あん)の定(じょう)「意外と」おいしいらしい。(笑) ついでに手抜きして、タネごとヘタごと汁に。

p3-180812.jpg

これまた、くたっとなるのが早く、あまり長(なが)く炊いたらダメのよう。 ニンジンいりの方がハードルが高(たか)かった気(き)がします。 オッサン的(てき)に意外だったのは、ピーマンの熟(じゅく)し加減(かげん)しだいで、異(こと)なる香(かお)りが愉(たの)しめること。ぴかぴか(新しい)

島(しま)のピーマンはたいがい、薄肉(うすにく)で苦味(にがみ)がなく、硬(かた)めだから、どちらかというと汁物(しるもの)や、ピッツァのトッピングに向(む)いているようです。 逆(ぎゃく)に、サラダとか、肉詰(にくづ)め、チンジャオロウスーなどは、イマイチですけど・・・たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2018年08月11日

無意味(むいみ)な 休日(きゅうじつ)

山の日? ナニそれ・・・たらーっ(汗) なして土曜(どよう)なワケ?

国会議員(こっかい・ぎいん)さんたちは、マトモに社会(しゃかい)にでて会社(かいしゃ)で働(はたら)いたコトもありゃしない。たらーっ(汗) 大半(たいはん)の中小企業(ちゅうしょう・きぎょう)や農漁業(のう・ぎょぎょう)にとって、あるいは日本(にっぽん)の稼(かせ)ぎ頭(がしら)である自動車業界(じどうしゃ・ぎょうかい)のみなさんにとっても、旗日(はたび)がナンボあっても無意味(むいみ)・・・なことをサッパリ存知(ぞんち)じゃない。爆弾 もっとも献金(けんきん)が多(おお)い、土建屋(どけんや)さんには有効(ゆうこう)とか。exclamation(笑)

それにしても、山(やま)に親(した)しむなんて謂(い)われても・・・内地(ないち)は死(し)ぬほど暑(あつ)いし、南国(なんごく)ではハブが怖(こわ)い。 議員さんらは、献金のコトしか考えてないコト、山のごとし。exclamation×2(笑)

さて
そんなことは放(ほ)っといて、また台風(たいふう)の種(たね)が向(む)かってきました。

taifu-180811.png<<<米海軍JTWCより

14号(ごう)はもともと島を直撃(ちょくげき)するコースで予測(よそく)され、ずいぶん南(みなみ)へコースが変(か)わったのですけれど・・・その感(かん)じですと、今度(こんど)は直撃のような。台風

それにしても
温暖化(おんだんか)がズズイとイキナリ進(すす)み、予測アルゴリズムではサッパリ当(あ)たらない・・・厄介(やっかい)な気象(きしょう)になったものです。たらーっ(汗)


 
posted by ぶん+ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災