2019年08月02日

メリメリ どどどど〜ん雷

雷雨(らいう)がつづいてますね゛〜。

inazma-190802.jpg

ためしに、雷雲(らいうん)が近(ちか)づいたときにパシャリ。 何(なん)カットも失敗(しっぱい)したんですけれど・・・ 今(いま)にして思(おも)えば、動画(どうが)でヨカッタンジャネ?(笑) けど、ど〜してもシャッターで捉(とら)えたくなっちゃうんですよね゛〜。 運(うん)だめし、みたいな気分(きぶん)で。

それはそうと
近所(きんじょ)に落(お)ちたとき・・・ ピカっと同時(どうじ)にジジジリと小(ちい)さな音(おと)がしてから、ズドドドドド〜ンときました。 あのジジジリはナンだったんでしょうかね゛〜。


posted by ぶん+ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

サイズごとに?

トリトリデッキ下(した)のウミアメンボたち。

いささか様子(ようす)が違(ちが)っていました。

kua-190802.jpg

小(ちい)さなケシウミアメンボの成虫(せいちゅう)と、わずかにウミアメンボの幼虫(ようちゅう)。

白(しろ)が目立(めだ)つのは、ウミアメンボの成虫たち。

ua2-190802.jpg

合体(がったい)しておらず・・・ 成虫たちが集(あつ)まるほうが、婚活(こんかつ)しやすいとか?

幼虫たちも集まっています。

ua-190802.jpg

このごろのワカイモンは・・・ と謂(い)われるのがメンドクサイとか?(笑)

あらま゛ デカい同世代(どうせだい)も?

aa-190802.jpg

アマミアメンボは内地(ないち)のナミアメンボの亜種(あしゅ)で、いわゆるアメンボのフツーサイズ。 けれども、まだ翅(はね)がなく、終齢幼虫(しゅうれい・ようちゅう)でしょうか。

こうして観(み)ると、ウミアメンボたちがいかにコンパクトサイズか、よく分(わ)かりますね゛〜。 おそらく、内水面(ないすいめん)よりもエサが少(すく)ないから、より小さく、翅(はね)も持(も)たない方向(ほうこう)に進化(しんか)の舵(かじ)を切(き)ったのでしょう。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ケシウミアメンボ ウミアメンボ Sea skater 】
posted by ぶん+ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) |