2019年08月20日

夏(なつ)の クロツラヘラサギ

いや゛〜 トリトリデッキのまわりに、ウザウザ生(は)えていた外来種(がいらいしゅ)メヒルギを駆除(くじょ)したので、干潟はスッキリ。るんるん

いつものようにカメラを持(も)って干潟に近(ちか)づくと、ここらでいつも採餌(さいじ)しているキアシシギから、キュイキュイるんるんの声(こえ)かけ。 慌(あわ)ててオッサンもキュイキュイ。exclamation(笑) このところ、ずいぶんマメに声をかけてくるな゛〜。

おっと、その手前(てまえ)にも、ダッシュしているシギ。

shs-190820.jpg

キアシシギよりダッシュの速(はや)いソリハシシギ。 短足(たんそく)を活(い)かした、低姿勢(ていしせい)で回転数(かいてんすう)の高(たか)い加速(かそく)は、ナカナカです。exclamation

眺(なが)めるに、ところどころ、メダイチドリやキアシシギ、シラサギの類(たぐ)いしかおらんな・・・ おやや?

khsx4-190820.jpg

遠(とお)く、川津辺(こおっちぶ@しまぐち=かわつべ)には、珍(めずら)しくクロツラヘラサギが4羽(わ)とも集(あつ)まっていました。 8/1以来(いらい)のことです。

九州(きゅうしゅう)、沖縄(おきなわ)などでは、冬鳥(ふゆどり)と信(しん)じられちているためか・・・ 越夏(えっか)の情報(じょうほう)がとても少(すく)ないようです。 沖縄では、なんと新聞(しんぶん)ネタになっていたのにはビックリ。exclamation 周年(しゅうねん)いる場所(ばしょ)は、わりと珍(めず)らしいのでしょうか???


ところで
宮古島(みやこじま)のあたりと、フィリピンの東(ひがし)に熱低(ねってい)ができました。 内地(ないち)には、秋雨前線(あきさめ・ぜんせん)のはしりも。 さ〜てさて、気象(きしょう)もハチャメチャになってきたので、この秋(あき)はどうなりますことやら。台風



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ 越夏 】
posted by ぶん+ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) |