2019年09月05日

調(しら)べもの

頭(あたま)がハッキリしなく、いいデザインを案(あん)じられそうもないので、図書館(としょかん)へ。 家(いえ)が暑(あつ)すぎて、オチオチ寝(ね)てられん・・・ とも謂(い)う。たらーっ(汗)

徳之島事情(とくのしまじじょう)で餅(もち)について調(しら)べたあと、見(み)つかった本(ほん)。

hon-190905.jpg

『心を伝える 奄美の伝統料理』泉 和子さん著(ちょ)、スゴイです。exclamation×2

幕末(ばくまつ)の風物(ふうぶつ)を記(しる)した、南島雑話(なんとうざつわ)に登場(とうじょう)する料理(りょうり)のレシピがあれこれ記されています。

hon2-190905.jpg

『じょうひもち』は、もち粉(こ)と黒糖(こくとう)を練(ね)ったもの。 大島(おおしま)では、黒糖(こくとう)をすべて納(おさ)めてしまわずに、所有(しょゆう)できる島役人(しまやくにん)が多(おお)かったんでしょうか・・・ 当時(とうじ)は、超高級菓子(ちょう・こうきゅう・かし)です。

砂糖(さとう)がなかった幕政(ばくせい)のもとでは、ポルトガルなどから輸入(ゆにゅう)した超高級の白糖(はくとう)のほかは、黒糖か和三盆(わさんぼん)くらいしかありませんでしたから、ずいぶん高値(たかね)だったのです。 それを薩摩藩(さつまはん)が、奄美(あまみ)をプランテーションにしてシマンチュから搾取(さくしゅ)をつづけ、利権(りけん)を一手(いって)に握(にぎ)っていました。

その資金(しきん)あっての、明治維新(めいじ・いしん)でもあり、近代日本(きんだい・にっぽん)が在(あ)るのは、江戸時代(えどじだい)の徳之島(とくのしま)の奴隷労働(どれいろうどう)まがいの日々(ひび)のお陰(かげ)・・・ と謂っても過言(かごん)でないでしょう。


当時の、ぜんざいのようなもの、でしょうか、『うとしいり』(おとしいれ)って?

hon3-190905.jpg

団子(だんご)や餅などを、黒糖(こくとう)を溶(と)いた汁(しる)へぶっこんだ料理(りょうり)。 ここでも黒糖が用(もち)いられていますが、確(たし)かに南島雑話では、いろんなバージョンをこさえたとありました。 んま゛〜 黒糖が超高級とゆ〜以外(いがい)は、雑(ざつ)な料理ですしね゛〜。たらーっ(汗) そこらにウンコするような、不衛生(ふえいせい)なシマンチュだらけだったので、もらった菓子は加熱(かねつ)して食(た)べていたのかもしれません。たらーっ(汗)

天城町(あまぎちょう)で、5月(がつ)の節句(せっく)で供(きょう)されるグンジャモチ=クジラ餅がありますが、大島にもあったんです。exclamation×2

hon4-190905.jpg

『クジリャムチ』は白(しろ)い餅と、黒糖で味付(あじつ)けした餅をカシャ≒クマタケランの葉(は)でくるんで蒸(む)した、謂わば2色(しょく)カシワモチ。 松上(まつうえ)の松元(まつもと)のジイチャンが謂っていた『グゥジラモチ』は、個包装(こほうそう)?しないスタイルでしたから、徳之島では自家用(じかよう)だけを意識(いしき)していたのでしょう。 それに黒糖を用いるので、おそらく明治(めいじ)になってから入(はい)ってきたのでしょう。 ソーダ餅(もち)≒蒸(む)しパンを用いたグンジャモチは、料理教室(りょうりきょうしつ)が流行(はや)った、昭和(しょうわ)30年代(ねんだい)ごろに考案(こうあん)されたものかも。

これマジ?

hon5-190905.jpg

ヤギのうんころマメexclamation&question(笑) とんでもね゛〜マニヤックな菓子ありました。ひらめき ひとつだけ、本物(ほんもの)を混(ま)ぜた、ロシアンうんこマメだったとか。exclamation&question(笑) つくり方(かた)は、サタジマムィのまんまですが、落花生(らっかせい)でなく大豆(だいず)でした。

ほか
ケイハンのソックリさんで、ブタミシなんかもあって・・・ ゥワンフニでやってみようかな。 豚肉(ぶたにく)を醗酵(はっこう)させて旨味(うまみ)を増(ま)す、技(わざ)あり調理(ちょうり)も見逃(みのが)せません。ひらめき

さて
夕(ゆう)のAコープ。

pan-190905.jpg

さっそくパンが壊滅(かいめつ)。たらーっ(汗) お盆(ぼん)の台風(たいふう)では、スンゴイ痛手(いたで)でしたから、身(み)にしみているようです。

ちなみに
オッサンは、パンもミルクも、きのうのうちに仕入(しい)れときました。 あと、納豆(なっとう)も。ぴかぴか(新しい)(笑)


 
posted by ぶん+ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 島文化