2019年09月07日

また 露天風呂(ろてんぶろ)?

トリトリデッキからの眺(なが)め。

inow-190907.jpg

ほとんど、北欧(ほくおう)の湖(みずうみ)。ひらめき トラウトとか釣(つ)れそう。(笑) 無風(むふう)のイノーに、ただただ海(うみ)なりが響(ひび)いてます。

そこそこ引(ひ)いてきたので、ひょっとして・・・ ミナミトビハゼが出(で)てやしないかと。

mth-190907.jpg

ん゛〜 水平展開(すいへい・てんかい)している巣穴(すあな)?のトビハゼ、まだいました。たらーっ(汗)

これでは、巣穴としては機能(きのう)しないんですけれど・・・ 個性(こせい)なのか、パートナーがいない開(ひら)き直(なお)りか、ウケ狙(ねら)いのハッチャキレか・・・ なんじゃろか???


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミナミトビハゼ Mudskipper 】
posted by ぶん+ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

シギ・チドリ 増(ふ)えてます

このごろ、グランドをチェックするのが気(き)にいってます。

お゛〜 おったおった、ようやっと見(み)つけた。ぴかぴか(新しい)

mdc-190907.jpg

陸(おか)にやってくるのは珍(めずら)しいメダイチドリ、きょうは逃(に)げるまえに記録(きろく)できました。 これまでは、50mあまり離(はな)れていても飛(と)ばれてました。たらーっ(汗) ほか、定番(ていばん)になっているムナグロや、ヒバリシギも。

ついでに
球場(きゅうじょう)もチェック。

kc-190907.jpg

コチドリ・・・ じゃないです、額(ひたい)が白(しろ)いし、アイリングもない。 ん゛〜 かといって、メダイチドリでもない・・・ となると・・・ 地物(じもの)のシロチドリでしょうか。たらーっ(汗) でも、シロチドリが芝生(しばふ)にやってきたことがないので、ど〜も自信(じしん)がありません。たらーっ(汗)

ついでに干潟(ひがた)もチェック。

shs-190907.jpg

キアシシギかと思(おも)ったら、ソリハシシギの群(む)れでした。 日中(にっちゅう)は、外来種(がいらいしゅ)メヒルギの間(あいだ)で休(やす)むシギたちが多(おお)いけれど、キアシシギに紛(まぎ)れず、臆病(おくびょう)なソリハシシギだけが集(あつ)まっているのは、なかなかありません。 ひょっとすると・・・ 座(すわ)って爆睡(ばくすい)しているのは、キアシシギかもしれないけれど。

ほか、鳴(な)きながら仲間(なかま)を集めているチュウシャクシギや、干潟で採餌している、キアシシギ、ウズラシギ、イソシギ、セイタカシギなど、結構(けっこう)もりだくさん。るんるん

 
posted by ぶん+ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) |