2019年10月02日

看板(かんばん) できましたが・・・

オッサンのビジネスは、地味(じみ)でサイドなビジネス。 島(しま)のドコカで見(み)たな゛〜とか、置(お)いてあった気(き)がするな゛〜みたいな仕事(しごと)ばかり。 目立(めだ)たないけれど、なんとなく効(き)いている感(かん)じならベストです。ひらめき

今回(こんかい)は、看板(かんばん)のデザイン。

AYT-191002.jpg

AYTの施設建設(しせつ・けんせつ)についての説明(せつめい)が掲示(けいじ)されてましたが、台風(たいふう)で飛(と)ばされてしまい、そこを美(うつく)しくカバーするのをご用命(ようめい)いただきました。 遠(とお)くからでも分(わ)かる、撮(と)って置(お)きの寝姿山(ねすがたやま)を提供(ていきょう)しました。

んが オッサンはこの仕事に対(たい)して、全力(ぜんりょく)でポジティブとはいかなかった。 なぜなら・・・

AYT_ago-191002.jpg

9年前(ねんまえ)、ケーブルテレビのデジタル化(か)パンフレットをこさえるときに撮ったものですが、色(いろ)ムラはあっても黒(くろ)くはありません。 当時(とうじ)でも築後(ちくご)10年あまり経(た)っていたのです。exclamation

PMナンチャラが報道(ほうどう)されるようになってから、黒(くろ)い雨(あめ)が降(ふ)るようになり、なにもかもがスグに黒ずんでしまうようになったようです。

その証拠(しょうこ)に、に半年(はんとし)前、上名道(うえなみち)に据(す)えた案内板(あんないばん)も、すっかり黒ずんでしまっているのです。

とりもなおさず、私(わたし)たちは、うすうす知(し)っていながら、子(こ)らともども黒い大気(たいき)を呼吸(こきゅう)しているのです。たらーっ(汗) 北(きた)の海(うみ)ボチャ・ミサイルも厄介(やっかい)ですけれど、黒いPMはもっと厄介なのではないか・・・ と。

だって、看板と同(おな)じく、私たちの肺(はい)まで、そっくり黒ずんでしまっているんですから。

 
posted by ぶん+ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミどころ

ジシギ 検(あらた)め

けさはまた、オオジシギっぽいのを見(み)つけました。 やっぱり北(きた)のトイレわき。 ナゼか、ココラヘンを気(き)に入(い)る鳥(とり)は少(すく)なくありません。

jsg-191002.jpg

羽繕(はづくろ)いの動画(どうが)をシッカリ記録(きろく)したものの・・・ 尾羽(おばね)をサクッと開(ひら)いてはくれませんでした。たらーっ(汗)

そのあとも立(た)ち位置(いち)を変(か)えたら、警戒(けいかい)が鋭(するど)くなりました。

jsg3-191002.jpg

ん゛〜 チョロチョロと、視線(しせん)の届(とど)かないところへ遁走(とんそう)してしまう。

その注意(ちゅうい)を引(ひ)いているのは、手前(てまえ)で騒(さわ)いでるムナグロのせい。

mg-191002.jpg

なんでワザワザ、狭(せま)いとこで、3羽(わ)でモメるるんだよ゛っexclamation&question ったくも゛〜。爆弾

ヤキモキしているオッサン上空などを横切るのは、ツバメチドリ。

tcdr-191002.jpg

空(そら)は広(ひろ)い。 群(む)れるでもなく離(はな)れるでもなく、互(たが)いに数十(すうじゅう)〜数百(すうひゃく)メートルの距離(きょり)をおいて、南(みなみ)を目指(めざ)しているようでした。

昼休(ひるやす)み、川津辺(こおっちぶ@しまぐち≒かわつべ)に、サギの一団(いちだん)が。

sags-191002.jpg

台風(たいふう)が通過(つうか)すると、ナニかが起(お)きるものです。 左(ひだり)はしの4羽(わ)が、クロツラヘラサギでした。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 オオジシギ 】
posted by ぶん+ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) |