2019年10月20日

ふたりボッチの 探鳥会(たんちょうかい)

獣医屋(じゅういや)ケンちゃんから、十日(とおか)まえに知(し)らされた探鳥会。 奄美野鳥の会(あまみやちょうのかい)は、たぶん会報(かいほう)に載(の)せているから、会員(かいいん)なら誰(だれ)しもチェックしている・・・ と信(しん)じているような。 でも、クオリティがイマイチな会報に、目(め)を通(とお)すのもおっくうになりがち。たらーっ(汗)

もとより
探鳥会がなくても、日々(ひび)チェックしてますしね゛〜。(笑)

さて
9時過(じす)ぎから、トリトリデッキのまわりをウロウロしていたら、10時ごろケンちゃんがやってきました。

keni-191020.jpg

そのあと、誰(だれ)も来(き)やしない・・・

でも、野鳥のほうは、そこそこ面白(おもしろ)い。

ksag-191020.jpg

シラサギとゆ〜か、コサギまがいのクロサギたち。 足(あし)がちっとも黒(くろ)くありません。 それにもっと名前(なまえ)がシラサギまがいの、アカガシラサギ幼鳥(ようちょう)らしいのが、すぐ近(ちか)くにいたのに気(き)づかず、メヒルギに逃(に)げ込(こ)まれてしまいました。爆弾

きのうから滞在(たいざい)している、オニアジサシも。

oni-191020.jpg

探鳥会でオニアジサシが観(み)られるなんて、結構(けっこう)トンデモで、ニュースになってもおかしくないレベルなんですけどね゛〜。ぴかぴか(新しい)

ほか、ハヤブサなど猛禽(もうきん)がウロウロしていたり。

せっかくですから・・・
クロツラヘラサギ、チュウダイサギ、アオサギ、コサギ、クロサギ、アカガシラサギ(っぽいの)、ハヤブサ、チョウゲンボウ、サシバ、コチドリ、キアシシギ、アカアシシギ、イソシギ、オニアジサシ、カワセミ、リュウキュウキジバト、ハクセキレイ、イソヒヨドリ、ツバメ、スズメ、ムクドリsp.、リュウキュウハシブトガラス、ほか、ミナミクロダイ、アミメノコギリガザミが観られました。

 
posted by ぶん+ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) |