2019年10月24日

ホシ とか ホシが

けさも、例(れい)のピチチと鳴(な)くコトリを探(さが)していたところ・・・ 足元(あしもと)に、ちんまいアサガオ???

hag-191024.jpg

何年(なんねん)もまえ兼久(かねく)で3ミリくらいのを見(み)かけましたが、アレとは違(ちが)うようですが・・・ どうやら、大島(おおしま)の高(たかし)さんのログに載(の)っていた、ホシアサガオのよう。 原産(げんさん)は、南米(なんべい)あたりの熱帯地域(ねったいちいき)らしいです。

西風(にしかぜ)が強(したた)かで、見(み)つかりそうにないので、運動公園(うんどうこうえん)をブラブラ。

hmd-191024.jpg

お゛ やってきたのはホシムクドリ。 少(すこ)しずつ増(ふ)えているようです。

はじめて気(き)づいたのですけれど・・・ ムクドリのギュルギュルと声(こえ)が違(ちが)うんです。 ギュルルル、ギュルルルとテンポ速(はや)く鳴(な)くんですね。ぴかぴか(新しい)

歩(ある)きまわっても、見(み)つかったのはムクドリだけ。

md_hmd-191024.jpg

フツ・ムクドリの群(む)れに、ホシムクが間借(まが)りしているようです。 まだまだ、ホシムクドリは少数(しょうすう)のようですね。

 
posted by ぶん+ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木