2019年10月28日

見(み)たことのない シギexclamation&question

はじめて見る鳥(とり)にはワクワクするものです。

sig-191028.jpg

なんだろう・・・ シュッとしたハマシギのような。 でも腹(はら)が黒(くろ)くないし、足(あし)が長(なが)い。

ぜんぜん物怖(ものお)じせず、オッサンの前までズイズイ。exclamation×2 オッサンの技(わざ)では、もはや近(ちか)すぎて追(お)えなそう。

sig2-191028.jpg

小(ちい)さいのに、ずいぶん肝(きも)の据(す)わったシギだなぁ。 カアサンチク≒イソヒヨドリくらいしかありません。

とりあえず
近すぎだからX1.4テレコンバーターレンズを外(はず)して、対処(たいしょ)してみることに。 レンズが明(あか)るくなれば、鈍(にぶ)いパナのフォーカスアシスト、ピーキングも働(はたら)きが好(よ)くなりそうですし。


目のななめ後下(うしろ・した)あたりに、ぽっと茶色(ちゃいろ)いところがあるので、やっぱりハマシギっぽい。 でも、こんなにスッキリした爽(さわ)やか?な、カラーリングにはなりませんし。 はたまたサルハマシギだと、赤(あか)っぽいのしか見たことがありませし、JIZZが違(ちが)いすぎる。たらーっ(汗)

せっかくなので、採餌(さいじ)の様子(ようす)をジロジロしておくことに。

sig3-191028.jpg

ズボっとクチバシを突(つ)っ込(こ)んで、ゴカイの頭(あたま)をくわえて・・・ にうっと抜(ぬ)く。

sig4-191028.jpg

ゴカイの頭(あたま)が出(で)ているのをツマムのかと思(おも)ったら、違(ちが)うようです。

ひょっとすると
シギの振動(しんどう)に感(かん)づいたゴカイがシュッと潜(もぐ)る瞬間(しゅんかん)を見つけ、引(ひ)っこもうとするところを捕(と)らえる・・・ 超反射(ちょう・はんしゃ)の技かもしれません。 伊勢(いせ)の砂浜(すなはま)で、スゴカイを掘(ほ)るのを思(おも)い出(だ)しました。 とすると、このシギのクチバシの長(なが)さは、反射の時間差(じかんさ)ぶんの進化(しんか)なワケ?


そのあとは、水辺(みずべ)にいって、洗(あら)ってパク。

sig5-191028.jpg

必(かなら)ず洗ってました。

ピっと停(と)まって、警戒(けいかい)・・・

sig6-191028.jpg

ナゼか、ガセ≒アミメノコギリガザミが散歩(さんぽ)してました。exclamation(笑)

そんなこんなで
フォルムはサルハマシギそのものなので・・・ なぜかブログをやめたのに、また始(はじ)められたっぽいOZOK先生(せんせい)のサイトを活用(かつよう)させていただいたところ、やっぱりサルハマシギで、幼鳥(ようちょう)のようです。


これまで春(はる)の渡(わた)りで5、6回(かい)しか見たことがなく、幼鳥ははじめて。 ぶっちゃけ、オッサンにとっては、ハシブトアジサシソリハシセイタカシギよりも珍(めず)らしい出逢(であ)いでした。

ちなみに
サルハマシギの繁殖地(はんしょく・ち)は、ユーラシア大陸(たいりく)の極北(きょくほく)なのだとか。 チッコイのにスゴイですね゛〜ひらめき


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 サルハマシギ Curlew Sandpiper 】
posted by ぶん+ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

知的(ちてき)な 擬態(ぎたい)

お゛exclamation 車(くるま)にナンかとまってる?

an-191028.jpg

どっから歩(ある)いてきたのか・・・ アマミナナフシの幼体(ようたい)です。

いつもながら鮮(あざ)やかな擬態ですよね〜「木」にそっくり。exclamation&question

an2-191028.jpg

しっかし、天敵(てんてき)に漢字(かんじ)が解(わか)るんでしょうかね゛〜(笑)

 
posted by ぶん+ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) |