2019年11月30日

どどど曇天(どんてん)に デキゴコロ

けさは、珍(めずら)しく北風(きたかぜ)が5メートルを切(き)ったので、イノーへ。

tenki-191130.jpg

ずるびきコーンとゆ〜 歴戦(れきせん)のルアーでチャレンジしようと。

おやや? なにやらガセが・・・

g-191130.jpg

足元(あしもと)までふよふよ歩(ある)いてきたので、ついつい。たらーっ(汗)

ハサミが小(こ)ぶりと思(おも)ったらメスです。

g2-191130.jpg

ひっくり返(かえ)して、失礼(しつれい)しました。 それでも甲幅(こうふく)は15センチほどあって、なかなかの良形(りょうけい)。

ん゛〜でも、メスですし道義的(どうぎてき)にアレだよなぁ。

g3-191130.jpg

せっかくなので、アミメノコギリガザミのメスではじめて・・・ チェケラ。exclamation×2 けっこ〜 ノリノリ?(笑)

そのあと、ヒレ脚(あし)がひっかかったりしてアレコレありましたが、無事(ぶじ)に? イノーへ帰(かえ)っていただきました。


そうした顛末(てんまつ)をよそに、イノーは意外(いがい)とザワついています。

tori-191130.jpg

どやどやと、アオアシシギやダイゼンが岩(いわ)のとこに飛来(ひらい)。 さらに、ズグロカモメやハマシギも。 そのほかカワウやカルガモもウロウロし、上空(じょうくう)からは島(しま)ではじめてのタヒバリ/フツ・タヒバリの声(こえ)まで・・・

ともあれ
ミナミクロダイはとても少(すく)ないなぁ。


そうそう
ガセをどうしようかウダウダしていたとき、グランドゴルフにやってきたオバアサマが。 足(あし)がよくない連(つ)れのために、車(くるま)をグランドわき乗(の)り入(い)れたいけれど、どこから入(はい)るのかわからない・・・と。 な〜して職員(しょくいん)らしからぬオッサンに尋(たず)ねるんじゃろかね゛〜と、疑念(ぎねん)は尽(つ)きませんでした。 んが・・・よくよく考(かんが)えるに、そもそも運動公園(うんどう・こうえん)で、フツーにカニを捕(と)ってる時点(じてん)で、ココの初心者(しょしんしゃ)ではなかろう・・・と考えたのかも。 ナイス連想(れんそう)exclamation×2(笑) 釣りするまえ、鳥(とり)をチェックした際(さい)に、そこらへんの事情(じょじょう)も見知(みし)っていたのでした。


posted by ぶん+ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月29日

白(しろ)い もこもこ

昼休(ひるやす)み、いささか風(かぜ)がユルめになりました。

tenki-191129.jpg

さっそく霞(かす)んでる・・・たらーっ(汗) 湿度(しつど)は50〜60%台(だい)ですから、ど〜考(かんが)えても湿気(しっけ)でもなく、はたまた黄砂(こうさ)でなく、大陸(たいりく)からのPM2.5。exclamation×2

強風(きょうふう)のあとなので、干潟(ひがた)の鳥(とり)はショボショボ。

kamo-191129.jpg

これは・・・ オナガガモのオス、エクリプス・・・ かも。 なんとなく、メスっぽくないので。

手前には、いつもいるので載(の)せていないキアシシギが走(はし)っていて、そのなかに違(ちが)うのが。

akas-191129.jpg

一昨々日(さきおととい)から見(み)られるアカアシシギ。

やっぱり黒(くろ)っぽいですわ゛〜。 フツーは、翼(つばさ)がチリチリした模様(もよう)ですと幼鳥(ようちょう)かもしれない・・・ と考(かんが)えるのですけれど、カモフラージュには黒っぽすぎるし、なによりクチバシの濃(こ)ゆぅい柿色(かきいろ)と黒みが、成熟(せいじゅく)した雰囲気(ふんいき)ムンムンです。 とはいえ、繁殖期(はんしょくき)でもなく、すっかり季節外(きせつはず)れでもあります。 やっぱり、成長夏羽(せいちょう・なつばね)だと思(おも)うけどなぁ。 残念(ざんねん)ながら、ネットにはアカアシシギ成鳥にしろ幼鳥にしろ、確(たし)からしい画像(がぞう)がほとんどないんです。たらーっ(汗)

さて、職場(しょくば)へ行(い)くか・・・ んexclamation&question

shsts-191129.jpg

カモメか? もこもこ動(うご)いてるなぁ。

お゛〜 ヤットカメの、ソリハシセイタカシギじゃったんかぁ゛〜。ぴかぴか(新しい)

shsts2-191129.jpg

先日(せんじつ)、大島(おおしま)のミラクルさんとこに載(の)っていたので、ちょっとだけ期待(きたい)してました。ひらめき

6/27ぶりで、今年(ことし)になってから9羽目(わめ)の渡来(とらい)に。 ここ10年(ねん)で、ダントツです。 台湾(たいわん)にはドッサリ渡(わた)るらしいので、温暖化(おんだんか)のお陰(かげ)なのかもしれない。たらーっ(汗)


ところで
Aコープでヘンテコおもしろい、ポテトチップを買(か)いました。

pc-191129.jpg

鹿児島(かごしま)の代表(だいひょう)? ケイハン味(あじ)。 鶏飯(けいはん)は和(なご)やかな風味(ふうみ)ですから、ポテチでは再現(さいげん)し辛(づら)いようで・・・ ゼンゼンわかりませんでした。たらーっ(汗)

三重(みえ)はイセエビ、愛知(あいち)はミソカツ、山口(やまぐち)に至(いた)ってはウベラーメン、知(し)らんわ・・・そんなん。 もとより、ポテチは焦(こ)げないよう、ジャガイモでんぷんを減(へ)らしてから揚(あ)げているので、美味(おい)しうないんです。 そこへフレーバーを、とっかえヒッカエしているワケですけど・・・ いよいよネタギレで、焦(あせ)っているよう。爆弾

そもそも
イセエビ味(あじ)ってナニ??? 料理(りょうり)ですらありませんよ。exclamation&question(笑)

ともあれ
キチンと美味しいポテチを、まっと〜にさえたらイインジャネ???



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ソリハシセイタカシギ 】
posted by ぶん+ at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) |

2019年11月28日

荒天(こうてん)に

きのうのピンポイント予報(よほう)によると、なんと風速(ふうそく)17メートルになるそう。

amagi_1h_191128.png<日本気象協会HPより

この値(あたい)が予報されるのは・・・ ヨホ〜ドのこと。たらーっ(汗) う゛・・・ カスタードが足(た)りてない・・・

実際(じっさい)のことろ、瞬間(しゅんかん)で17メートル吹(ふ)いたらしい。

amagi_191128.png<気象庁HPより

奄美群島(あまみ・ぐんとう)でも、おそらく最(もっと)も風当(かぜあ)たりの強(したた)かなところだから、平均(へいきん)で10メートルくらいは、わりとフツー。台風

宗谷岬(そうやみさき)よりは、多少(たしょう)マシのよう。

sowya_191128.png<気象庁HPより

さすがに北端(ほくたん)、こちらより25℃も低温(ていおん)です。雪 ソ〜ィヤ、港川(みなとがわ)の支流(しりゅう)も、宗谷川(そうやがわ)でしたっけ。たらーっ(汗)

空港(くうこう)の草地(くさち)では風がよけられなくなったようで、運動公園(うんどう・こうえん)にマミジロタヒバリ。

mjt-191128.jpg

白(しろ)いのはグランドの手(て)すり。 ほか、球場(きゅうじょう)らへんでも見(み)かけました。 この冬(ふゆ)も、そこそこの数(かず)が越冬(えっとう)しつつあるようです。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 マミジロタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月27日

タンパク源(げん) ならず

けさは新月(しんげつ)で大潮(おおしお)、風(かぜ)が弱(よわ)まったのでイノーへ。

fishin-191127.jpg

ど〜ゆ〜ワケか、透明度(とうめいど)が高(たか)い。

これまでチヌにソフトルアーを嫌(いや)がられたので、ハードルアーで。

lure-191127.jpg

シャッドのクランクベイト。

ん゛〜 しかし、コツンと頭(あたま)で小突(こづ)くのに・・・ 食(く)らいつかず。たらーっ(汗)たらーっ(汗)


あら゛?

tori-191127.jpg

岩場(いわば)には、ズグロカモメ、ダイシャクシギ、ユリカモメ、ダイゼンたちがいました。 おそらく、警戒心(けいかいしん)が強(つよ)めなので、戸ノ木(とのぎ)の岩場は陸続(りくつづ)きだから、納得(なっとく)いかないのでしょう。

帰(かえ)りしな、平和通(へいわ・どお)りに面(めん)したキビ畑(ばたけ)で、はじめてアオジのツッexclamationの声(こえ)を耳(みみ)にしました。 そういえば、平和通りとゆ〜と街路(がいろ)みたいですけれど、畑中(はたなか)の一本道(いっぽんみち)ですよね。


ま゛〜しかし
ルアー釣(づ)りがこんなに難(むつか)しいと思(おも)ったことはありません。 このごろ釣れなさすぎ。exclamation×2


 
posted by ぶん+ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2019年11月26日

4週(しゅう)ぶりの ミナミトビハゼ

昼休(ひるやす)み、イノーの南端(なんたん)をジロジロしていました。 久(ひさ)しかった小(ちい)さなシギ、トウネンを観(み)てもどるときに見(み)つけました。

mth-191126.jpg

3つあるミナミトビハゼの巣(す)うち、もっとも新(あたら)しい巣の主(ぬし)です。ひらめき

いつのまにか、全滅(ぜんめつ)したりするので、油断(ゆだん)できないのに・・・ 巣穴(すあな)≒チムニーは見つかるけれど、なかなか主がみつからないんですよね゛〜。たらーっ(汗)


そうそう
トリトリデッキの西(にし)にいたのは、黒々(くろぐろ)としたアカアシシギ。

aas-191126.jpg

このごろ飛来(ひらい)したようです。 まだ夏羽(なつばね)だとは・・・ ひょっとすると、ご高齢(こうれい)で、換羽(かんう)しづらくなっているのかも。 とはいえ、食欲(しょくよく)は十分(じゅうぶん)。exclamation×2


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミナミトビハゼ 】
posted by ぶん+ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

朝(あさ)は ムクドリ・タイム?

けさは満潮(まんちょう)。

inow-191126.jpg

チヌを狙(ねら)いたいところですけれど・・・ キャストしたルアーが、もどってくるほどの強風(きょうふう)。台風

なので
鳥見(とりみ)へシフト。

hmd-191126.jpg

ほとんど鳥(とり)はいないとゆ〜か・・・ ホシムクドリとムクドリだけが賑々(にぎにぎ)しい。

木立(こだち)をウロチョロしていたのは、カラムクドリたち。

kmd-191126.jpg

なんやかやで、ホシムクドリたちには合流(ごうりゅう)しないまでも、猛禽類(もうきんるい)に襲(おそ)われたとき目(め)くらましになるので、つきまとっているようです。たらーっ(汗)


そうそう
こうしてカラムクドリたちを観察(かんさつ)していたとき、背後(はいご)の茂(しげ)みでアカヒゲとともに、ムジセッカの声(こえ)が タッ タッ と2か所(しょ)から。exclamation このまま越冬(えっとう)してくれると、嬉(うれ)しいなぁ。ぴかぴか(新しい)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ホシムクドリ カラムクドリ ムジセッカ 】
posted by ぶん+ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月25日

数少(かずすく)ない 留鳥(りゅうちょう)?

きのう、トリトリデッキ下(した)をステテテテテテテテと、走(はし)っては停(と)まっていたシロチドリ

sc-191125.jpg

島(しま)の海岸(かいがん)で繁殖(はんしょく)し、ずっと島で過(す)ごすチドリです。 ほかに、島で繁殖するチドリはいません。 同(おな)じチドリ目(もく)だと、アマミヤマシギコアジサシがいます。 コアジサシは夏鳥(なつどり)。

ところで
島で見(み)つかっている鳥類(ちょうるい)は220あまり。 そのうち島にずっといる留鳥は、身近(みぢか)なところから・・・ スズメ、リュウキュウツバメ、リュウキュウメジロ、リュウキュウキジバト、イソヒヨドリ、アマミヒヨドリ、リュウキュウハシブトガラス、ミフウズラ、アカヒゲ、リュウキュウコノハズク、クロサギ、アマミシジュウカラ、アマミコゲラ、アマミヤマガラ、リュウキュウサンショウクイ、ズアカアオバト、リュウキュウツミ、カラスバト、アマミヤマシギ、バン、ムクドリ、カイツブリ、シロハラクイナ、シマキンパラ、リュウキュウキビタキあたりでしょうか。


1/10くらいが留鳥で、ほかは渡(わた)りなんです。 つまりほとんどが、このごろ流行(はや)りの? 外来種(がいらいしゅ)。(笑)

 
posted by ぶん+ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

結局(けっきょく)・・・ 曇天(どんてん)曇り

けさは晴(は)れたのに北(きた)からの強風(きょうふう)、昼(ひる)にはこの陽気(ようき)に。

tenki-191125.jpg

さらに、雨(あめ)がパラパラと・・・たらーっ(汗)

イノーには、ユリカモメが1羽(わ)だけでした。

けっこう涼(すず)しかったハズなのに、昼前に25.5℃まで上(あ)がりました。

 
posted by ぶん+ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2019年11月24日

台風(たいふう)の あとは

鳥(とり)が動(うご)いてそう・・・ だったので、トリトリデッキへ・・・ と思(おも)ったら、ホームページにも載(の)っていない、ナゾのイベントちびっこノリダーが催(もよお)されて駐車(ちゅうしゃ)できそうになく、離(はな)れたところから歩(ある)くことに。

せっかく、舌打(したう)のマネに反応(はんのう)してくれた、ジョウビタキのオスなのに・・・

jb-191124.jpg

あまりの湿気(しっけ)に、レンズが結露(けつろ)してマトモに写(うつ)りませんでした。たらーっ(汗)

しばらく日向(ひなた)でレンズを暖(あたた)めてから、トリトリデッキへ。 すぐさま飛来(ひらい)したのは、クロツラヘラサギたち。

khs-191124.jpg

とゆ〜か、1羽(わ)ふえました。exclamation よく観(み)ると右(みぎ)のはやや歳(とし)かさで、目(め)の下(した)がわずかに黄色(きいろ)い。 左(ひだり)は、この夏(なつ)に生(う)まれた個体(こたい)なので、飛来(ひらい)したのならコチラかもしれない。

きょうも仲良(なかよ)しの、ダイシャクシギたち。

dss-191124.jpg

先月(せんげつ)から、ずっといます。

その向(む)こうでは、ズグロカモメが・・・

zk-191124.jpg

キョウジョシギを脅(おど)して、ヒメシオマネキを横取(よこど)りしてました。たらーっ(汗) ダラ〜っとしたカニの感(かん)じからしても、キョウジョシギにグッサリやられたのが判(わか)ったり。爆弾

こちらは、クチバシが細(ほそ)めで黒(くろ)くないユリカモメ。

yk-191124.jpg

まだおったのか・・・ 新(あら)たに渡(わた)ってきたのやら。

球場(きゅうじょう)でも試合(しあい)が行(おこな)われていて、その上に・・・

hmd-191124.jpg

なんでアナイナノがおるんじゃ? みたいな顔(かお)をしていたホシムクドリ。 どうにも、あきらめきれない様子(ようす)でした。

チヌでも釣(つ)ろうとヨナマビーチへ赴(おもむ)いたのに、やたら南風(なんぷう)が強(したた)かに。台風

khs2-191124.jpg

ありゃ゛exclamation&question クロツラヘラサギが1羽、南(みなみ)を目指(めざ)していました。


午後(ごご)、一転(いってん)して曇天(どんてん)に。

nesgata-191124.jpg

雲(くも)のお陰(かげ)で、寝姿山(ねすがたやま)の美乳(びにゅう)が・・・ (笑) トリトリデッキのとこから見(み)えたのは、初(はじ)めてな気(き)がします。

いつでも見たいんやexclamation とゆ〜オッパイ星人(せいじん)のアナタは、松原漁港(まつばら・ぎょこう)をおススメします。ぴかぴか(新しい)

トリトリデッキの角(かど)っこには、ケシウミアメンボが。exclamation&question

kua-191124.jpg

まだ、いたんですね゛〜。 午前(ごぜん)、立(た)ち寄(よ)った松原漁港では、ウミアメンボを一匹(いっぴき)だけ見かけました。

ウロウロしているカルガモが、また? と思(おも)ったらビミョ〜なやつカモ。たらーっ(汗)

kkh-191124.jpg

クチバシの根本(ねもと)が白(しろ)っぽいんだけど・・・ たぶん、スズガモまがいの、キンクロハジロのメス。

結局(けっきょく)のところ
カモメは4羽ほど見かけましたが、ズグロX2、ユリX1のみ確認(かくにん)しているので、新(あら)たな1羽はナニか判(わか)らずじまい。たらーっ(汗) イノーをウロウロするオニヒラアジを釣(つ)ろうと無駄(むだ)にガンバっていたら、午前は1羽だったカルガモが2羽になったりと、やはりイロイロ動いているようです。 ただし、台風だった低気圧(ていきあつ)は、実(じつ)はまだ通過中(つうかちゅう)のようでして・・・台風



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月23日

この秋(あき)は フツーで

体育館(たいいくかん)の裏(うら)でチョロチョロしていたのは、ウグイス。

u-191123.jpg

なにやら食(た)べてますね。

あんまりオッサンを恐(おそ)れないようです。

u2-191123.jpg

気(き)にはなる・・・ ようですけれど。たらーっ(汗)

すぐ手前(てまえ)、浄化槽(じょうかそう)のうえへ。

u3-191123.jpg

警戒(けいかい)するときは、高(たか)いところが好(い)いようです。

ん゛〜exclamation ヤ゛〜ットカメの、ウグイス色(いろ)だなもぉ゛〜。ぴかぴか(新しい)

去冬(きょとう)は、ウグイスもシロハラもアオジもとても少(すく)なかったのですけれど、とりあえずウグイスは例年並(れいねん・な)みです。 きのう、庭(にわ)で変(へん)な声(こえ)がしましたが、どうやら地鳴(じな)きがまだヘタクソな、ノゴマのようでした。

そうそう
干潟(ひがた)には、まだズグロカモメが1羽(わ)と、滞在(たいざい)4週目(しゅうめ)になるダイシャクシギ2羽も。

dss-191123.jpg

乾(かわ)ききらない砂地(すなじ)にソックリなので、意外(いがい)とわかりづらい。

それにしても
きょうも地味(じみ)に夏日(なつび)になり、ムシムシしますね゛〜。たらーっ(汗) 瞬間風速(しゅんかん・ふうそく)は、20.8メートルほどに。台風


【追伸】(ついしん)
ようやく庭で、シロハラの声(こえ)が聞(き)かれました。

 
posted by ぶん+ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月22日

なんやかやで、台風(たいふう)に

きょうは、調(しら)べものをジックリするため、ヒキコモリしてます。(笑) つぎの広報誌(こうほうし)で、シマのテラ=寺?を特集(とくしゅう)するため。

臨済宗(りんざいしゅう)がキッカケになったことや、神仏習合(しんぶつしゅうごう)の影響(えいきょう)があったことまでは分(わ)かりましたが・・・ なんで、ジズーガナシでなく、ビンジルガナシになったのかがナゾのまま。たらーっ(汗) ここからは、オッサンが解(と)き明(あ)かすしかなさそう。


さて
台風27号(ごう)が近(ちか)づいてきて・・・ いるかと思(おも)えば足(あし)が遅(おそ)いのに、ずいぶん荒(あ)れています。 平均風速(へいきん・ふうそく)が15メートル、気温(きおん)は25℃を超(こ)えました。台風

kishow-191122.png

寒(さむ)うなったのに、また台風で一時(いっとき)だけ夏日(なつび)とか、荒(あ)れにもイロイロあるのでしょうけれど・・・ これまでにない荒れっぷりのようで、皆々(みなみな)さまにおかれましては、天候(てんこう)にも体調(たいちょう)にも、臨機応変(りんき・おうへん)に。

オッサンは、特(とく)に寝具(しんぐ)にはカナリ細(こま)かく気(き)づかいしているのに、気温(きおん)の上下(じょうげ)に対応(たいおう)できてなくて、体調(たいちょう)が変(へん)なので・・・バッド(下向き矢印)

 
posted by ぶん+ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災

2019年11月21日

干潟(ひがた)は 閑古鳥(かんこどり)?

北風(きたかぜ)が強(したた)かになり、お次(つぎ)は台風(たいふう)27号(ごう)の東(ひがし)風に変(か)わりました。

イノーには、ズグロカモメが2羽(わ)、ダイサギ、アオサギのほかには、目立(めだ)った鳥(とり)は見当(みあ)たらず・・・

khs-191121.jpg

外来種(がいらいしゅ)メヒルギの合間(あいま)に、クロツラヘラサギが1羽(わ)。

4羽(わ)いたクロツラヘラサギは、11/10ごろ3羽になり、11/16には1羽になってしまいました。 これから、今年生(ことし・う)まれの若鳥(わかどり)が増(ふ)えると思(おも)っていたのに。たらーっ(汗)

一応(いちおう)
グランドもチェックしたところ、おったおった。

mjt-191121.jpg

しゃんとしてないマミジロタヒバリ・・・ なのか、コマミジロタヒバリなのか、よく判(わか)らないヤツでした。 もともと、よく判らんヤツでなので、仕方(しかた)ありません。


さて
夕(ゆう)からは、亀津(かめつ)で会合(かいごう)・・・ 早(はや)めに終(お)わったのでAコープへ。 おなじ農協(のうきょう)なのに、ちょくちょく違(ちが)うんです。 たとえば、マヨの特売(とくばい)が¥178でなく¥158とか。

お惣菜(ぞうざい)がわずかに残(のこ)っていて、半額(はんがく)に。 ゴボウのきんぴら、島(しま)らしいデカい切(き)り干(ぼ)し大根(だいこん)の炊(た)いたやつと、コレ。

ef_mus-191121.jpg

天(てん)むすならぬ・・・ フリャ寿司(ずし)?(笑) ソース味(あじ)のエビフリャー、レタスとマヨが巻(ま)かれたもの。 たま〜に想像(そうぞう)しづらいモノを食(た)べたくなりませんか?(笑) でも、¥100じゃなきゃ、買(か)やしませんでしたけどね。

それにしても
なんて丈夫(じょうぶ)なエビなんだろう。 さらに、ちっとも不味(まず)くはないのに、美味(おい)しい要素(ようそ)も見当たらない・・・ コンニャクのような味(あじ)わいを、これだけ複雑(ふくざつ)な調理(ちょうり)で紡(つむ)ぐとは、Aコープおそるべし。exclamation×2 これぞ窮極(きゅうきょく)の、飽(あ)きさせない技(わざ)。 植物(しょくぶつ)の果実(かじつ)も、鳥たちが食(た)べつづけたくならない風味(ふうみ)が絶用(ぜつみょう)なのだとか。ひらめき



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) |

むつかしい ジュース

オッサンがよく飲(の)むジュースに不思議(ふしぎ)な記載(きさい)が・・・

kagome-191121.jpg

濃厚(のうこう)、且(か)つ、すっきりタイプとなっexclamation&question

残念(ざんねん)ながら、オッサンには理解(りかい)できませんでしたとさ。たらーっ(汗)

一は全、全は一・・・ みたいなモン??? 濃厚はすっきりを兼(か)ねる・・・ とか。

 
posted by ぶん+ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミどころ

2019年11月20日

目的(もくてき)は ブレないように

このごろ、めっぽう伐採(ばっさい)が進(すす)む運動公園(うんどう・こうえん)。

最初は(さいしょ)は、外来種(がいらいしゅ)のモクマモウやナンヨウスギだったんですが・・・ 現在(げんざい)は、真面目(まじめ)すぎる? 手持無沙汰(てもちぶさた)を嫌(きら)う職員(しょくいん)さんが、ビシバシ刈(か)りまくってしまいます。

でも、そのビシバシにも不自然(ふしぜん)さが・・・

kari-101120.jpg

なして、ツワブキを残(のこ)したん???

昔(むかし)、冷蔵庫(れいぞうこ)がなかった厳(きび)しい時代(じだい)を知(し)っているから、刈りはらえないのかも。たらーっ(汗) でも、ここは運動公園なので、無意味(むいみ)。 すぐわきに、除草剤(じょそうざい)も散布(さんぷ)しますし。爆弾


このごろオッサンが注目(ちゅうもく)していた茂(しげ)みが、ついに刈られてしまっています。 せっかく、海岸(かいがん)にも関(かか)わらず、森林(しんりん)の野鳥(やちょう)が渡(わた)ってくる、希少(きしょう)な環境(かんきょう)なんですが。 渡り鳥(どり)たちは海岸(かいがん)を飛(と)ぶのですけれど、もちろん森林の野鳥なら森林で休(やす)みたいのです。 ただし、ここは運動公園ですから、渡り鳥たちに配慮(はいりょ)するのは無意味。

でもなぁ〜
せっかくだから、運動公園を、野鳥公園(やちょう・こうえん)としても(かつよう)できるようにしたいと思(おも)ったり。 なにしろ、せっかくトリトリデッキもありますし、自然遺産(しぜんいさん)なんかの話(はな)しもあるので。 ぼちぼちデータを集めて、プランをこさえてみようかなぁ。


そもそも
運動公園は、温暖化(おんだんか)もあって、四季(しき)をつうじて強風(きょうふう)にさらされ、いろんな意味(いみ)で風当(かぜあ)たりの強(つよ)い弓道場(きゅうどうじょう)やら、テニスコートもあるので、計画的(けいかくてき)に植栽(しょくさい)を増(ふ)やさないと、使(つか)えなくなりそうだし・・・台風



それはそうと
家(いえ)のわきを、ずいぶん原付(げんつき)パイクが通(とお)るなぁ・・・


 
posted by ぶん+ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2019年11月19日

誰(だれ)にとっても大切(たいせつ) とは限(かぎ)らない

それにしても、昨晩(さくばん)はズイブンな風音(かざおと)でしたね゛〜。台風

kishow-191119.png

けど、20℃くらいあって、地味(じみ)に暑(あつ)うて、汗(あせ)かきました。たらーっ(汗)

関係(かんけい)ありませんが、あの台風(たいふう)19号(ごう)は、アメリカで謂(い)うところの「カテゴリー5」かアリエナイはずの「カテゴリー6」かもしれなかった・・・のだとか。 ただ、被害(ひがい)は風(かぜ)でなく、雨(あめ)だった。

さてさて
このごろ近所(きんじょ)で目立(めだ)つようになったのは、ムクドリたち。

mds-191119.jpg

ホシムクドリのほうが多(おお)いかも。

まだピリピリしているのか、ちょっとしたことで飛(と)び回(まわ)ってます。

mds2-191119.jpg

まるで、小(ちい)さなカラスだ・・・

実際(じっさい)
種(しゅ)としてカラスに近(ちか)いし、群(む)れるし、図太(ずぶと)かったりします。たらーっ(汗) なので、内地(ないち)では、むしろカラスより繁栄(はんえい)しはじめたため、フン害(がい)でキラワレモンになっています。

とはいえ
差別(さべつ)かもしれないけれど、ホシムクドリやカラムクドリは、わざわざ例外的(れいがいてき)に天城町(あまぎちょう)へ渡来(とらい)してくれる、国際的(こくさいてき)に珍(めず)らしい鳥(とり)たちで、オッサンは嫌(きら)うことなんてできない。 そもそも、昔(むかし)は農家(のうか)にとって、虫(むし)を食(た)べてくれる益鳥(えきちょう)だったんです。 今(いま)は農薬(のうやく)がドッサリあるから大丈夫(だいじょうぶ)・・・ だそうな。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ホシムクドリ 】
posted by ぶん+ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月18日

翅(はね)も いただきます

きょうはなんだかダルうて、マルっと寝(ね)てました・・・ でも、さりげに夏日(なつび)だったんですね。たらーっ(汗)

さて
とっといたネタです。(笑) このごろ家(いえ)のまわりには虫(むし)が少(すく)なく、当然(とうぜん)ながらクモなんかの捕食者(ほしょくしゃ)もいません。 カマキリなんて、ずいぶん久(ひさ)しい。

kama-191118.jpg

細身(ほそみ)なので、チョウセンカマキリかな?

食(た)べているのは、オッサンもわりと好(す)きなイナゴ。

kama2-191118.jpg

美味(おい)しいところだけ・・・ いただくのかと思(おも)いきや、翅も一枚(いちまい)一枚、端(はし)からチマチマチマチマと食べていました。 むしろ、愉(たの)しそうに。

イナゴのほうは、まだ生(い)きていて、おどり食(ぐ)いといったところ。 幸(さいわ)い?、虫には痛覚(つうかく)はないらしい。

 
posted by ぶん+ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月17日

トライアスロンの 午後(ごご)

国体(こくたい)のプレ大会(たいかい)で、きょうはトライアスロン。 先週(せんしゅう)見(み)かけたマツダイを狙(ねら)いたいけれど、そもそもトライアスロンの起点(きてん)が松原漁港(まつばら・ぎょこう)。たらーっ(汗)

浅間(あさま)〜松西(まつしに)の県道(けんどう)と海岸道路(かいがん・どうろ)がコースですから、山側(やまがわ)のヨコ線(せん)をたどって、ヨナマビーチへ。

yonama-191117.jpg

チヌはチラホラいるけれど・・・ 風(かぜ)がオカシイ。 そもそも南東(なんとう)の風なのに、急(きゅう)に北西(ほくせい)の突風(とっぷう)になったり。 寝姿山(ねすがたやま)を回(まわ)りこんだ風が、どこから吹(ふ)いてくるかわからない。

それにしても暑(あっち゛〜)いな゛〜。晴れ 26℃オーバーになりました。

とりあえず釣(つ)れそうにないから、涼(す〜)しぃところへ。 とゆ〜ても、心当(こころあ)たりはトリトリデッキ駐車場(ちゅうしゃじょう)くらいなもの。

andro-191117.jpg

あんまりヒマなので、USBメモリに入(い)れといたAndroid(あんどろいど)で、タブパッドをスマホっぽく起動(きどう)させて遊(あそ)んでみたり。(笑) スクリーン・キー入力(にゅうりょく)で日本語(にっぽんご)がでてくれなかったけど・・・ 音声(おんせい)でサクッと入力できたりして、ナカナカです。るんるん

みなさまも、旧型(きゅうがた)のWindowsXPやVistaや、今回(こんかい)のWindows7サポート切(ぎ)れで使(つか)わなくなってしまうパソコンを、スマホ風(ふう)に使(つか)ってみませんか??? 要(よう)はWindowsでなければ、パソコンは動かしてもOKなのです。 Androidもさることながら、Linux(りなっくす)系(けい)の基本(きほん)ソフトには、オフィス・モドキも入(はい)ってたりして、とても便利(べんり)だったり。ひらめき デスクトップ・パソコンでも、まったくOKなんですよ。

ちなみに
スマホのAndroidやアイフォーンのiOSも、Linuxの兄弟で、もともとのUNIX(ゆにっくす)をベースとしているので、ブラックボックスのマイクロソフトWindowよりは出所(しゅっしょ)が定(さだ)か・・・ だったり。たらーっ(汗)


 
posted by ぶん+ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

なかだけ ダイエット

さて、きのうのガセですが、とてもキレイなオスで。

g-191117.jpg

スペックは、甲幅(こうふく)15.3センチ、およそ870グラム。

すごくイケそうだったんですけれど・・・

g_yase-191117.jpg

そりゃないわ゛〜たらーっ(汗) ナンかちょっと、カメノテに似(に)てるけど・・・

脱皮(だっぴ)だと、柔(やわ)らかい甲羅(こうら)ができていますが、そうでもありません。

文字通(もじ・どお)り、ハサミのなかは水増(みずま)しされていて・・・ ソレが出汁(だし)になっているようで、濃厚(のうこう)に。

g_udon-191117.jpg

恒例(こうれい)のガセうどんは、ガセ汁(じる)をさらにチューンし、季節(きせつ)のフルゥ(ニンニクの葉{は})、ショウガ、あらびきコショウ、唐辛子(とうがらし)に、バターをプラス。ひらめき

とんでも旨(うま)いガセうどんになったにしろ・・・ ナンか納得(なっとく)いかないなぁ。

ちなみに
そのほかの脚(あし)は、ナカヤセしてませんでした。 ガセ生活(せいかつ)のなかで、繁殖期(はんしょくき)を過(す)ぎると、オオバサミは重(おも)いだけのお荷物(にもつ)になるから、ナカヤセして軽量化(けいりょうか)しているとか???



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 アミメノコギリガザミ 】
posted by ぶん+ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2019年11月16日

探(さが)すのは ムダ

コハクチョウがいた・・・ とゆ〜連絡(れんらく)があったので、心(こころ)あたりを捜索(そうさく)しました。 んが・・・ やっぱりサッパリ。 野鳥(やちょう)を探(さが)し当(あ)てるのは、ほとんどムリです。たらーっ(汗)

とはいえ
コハクチョウは、だいぶ助走(じょそう)しないと飛(と)べないので、ソレナリの場所(ばしょ)にいるハズです。 轟木(とどろき)ダムにもおらず、その足(あし)で上名道池(うえなみちいけ)へ。

小(ちい)さな、シオカラトンボ?

tombo-191116.jpg

よくわからないけれど、ヒメトンボかな。

ハク・・・ 白(しろ)いのおったexclamation×2

bariken_-191116.jpg

ちかすぎる。たらーっ(汗) 目(め)に泡(あわ)がたまっているバリケン。 もうお歳(とし)かな゛〜?

コハクチョウはおらんな゛〜、ほかにもおらんものか・・・  すると、首(くび)の肉(にく)がマルっと見(み)えているカモが。たらーっ(汗)

kamo_-191116.jpg

覚悟(かくご)のある方(かた)は、画像(がぞう)をクリックしてください。

翼鏡(よくきょう)は緑(みどり)だったので、ヨシガモのオスのエクリプスかな? 羽毛(うもう)のないところから体温(たいおん)が失(うしな)われるからか、元気(げんき)がなく日向(ひなた)ぼっこ。

コハクチョウも気(き)になりますが、ヨシガモのほうがもっと気になる・・・ あす、あさってまで生(い)きててくれるでしょうかね。

 
posted by ぶん+ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

イノーの 糧(かて)

けさは、イノーの満潮(まんちょう)。

inow-191116.jpg

チヌのチャ〜ンス。exclamation

でも、見(み)つかったのは、オニヒラアジと・・・

g-191116.jpg

ガセにございます。ひらめき 

せっかくなので、記念撮影(きねん・さつえい)。

g2-191116.jpg

チェケラexclamation×2

甲幅(こうふく)は15センチくらいですが、そこそこ重(おも)い。ぴかぴか(新しい)  おいしくいただきま〜す。

さあexclamation
調理(ちょうり)の準備(じゅんび)をしかけた矢先(やさき)・・・ 入電(にゅうでん。 コハクチョウらしきが、イノーに飛来(ひらい)し東(ひがし)へ飛(と)んだ、とのこと。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 アミメノコギリガザミ 】
posted by ぶん+ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

2019年11月15日

ズグロカモメ

トリトリデッキ、駐車場(ちゅうしゃじょう)のまえに。

zk-191115.jpg

はじまりは、頭(あたま)のピッでした。台風

北風(きたかぜ)で、逆立(さかだ)つのはピッだけではなかったのです。exclamation×2

zk2-191115.jpg

どんだけモワモワ・・・たらーっ(汗) これでは、ベラベラして空気抵抗(くうき・ていこう)もありそう。 きのうは強風(きょうふう)だったけれど、きょうはせいぜい5mあまり。

それにしても
なんでズグロカモメなのに白(しろ)いの? と思(おも)われる方(かた)もいらっしゃるでしょう。 実(じつ)は夏羽(なつばね)のときだけ頭黒(ずぐろ)。 以前(いぜん)はチラホラ見(み)かけていましたが、このごろはサッパリです。 ほか、ユリカモメや、ボナパルトカモメなども頭黒になります。


さらに
ズグロカモメのズグロカモメらしいところといえば・・・ カニ好(ず)き。るんるん

zk3-191115.jpg

このズグロカモメ、フツーなら目(め)のまえのカニですら、いっぺんフワリ飛(と)んでから捕(つか)まえるハズなのに、テケテケ歩(ある)いてはホイホイ食(た)べるサボり屋(や)さん? ズグロカモメのコダワリはどこへやら。たらーっ(汗)

ひょっとすると
ビッコははとんど回復(かいふく)しているようですけれど、ワザワザ飛んで捕(と)るより痛(いた)い足(あし)への負荷(ふか)を減(へ)らすために、テケテケ捕食(ほしょく)に転向(てんこう)したのかも。 なにしろ、この干潟にはカニが莫大(ばくだい)いるので、拾(ひろ)うように捕まえることができます。ぴかぴか(新しい)

カニの食べかたは、ストレート。

zk4-191115.jpg

ヒョイパクexclamation

シギチドリは歩(ある)きを重(おも)んじるために頭(あたま)を小(ちい)さめにして足をガッチリとさせたから、カニの足を振(ふ)りちぎってから食べる。 カモメは長(なが)く飛(と)ぶために翼(つばさ)を長く、さらに頭(あたま)も大(おお)きくしました。 上空(じょうくう)からエサを探(さが)すには、目(ね)が離(はな)れていたほうが、立体視(りったいし)しやすいので。 カモメもシギも、チドリ目(もく)で、祖先(そせん)は同(おな)じ。

あまりのヒョイパクをうらやんで、フラフラ近(ちか)づくのはユリカモメ。

yk-191115.jpg

うっとうしいので、ズグロカモメに威嚇(いかく)されたら、ネウネウ鳴(な)いて抗議(こうぎ)しているようでした。 んま゛〜どうせ、ユリカモメにはカニの踊(おど)り食(ぐ)いは、ムリなんですけど。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ズグロカモメ 】
posted by ぶん+ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月14日

ひとくちに 紅(べに)とは

そろそろ北風(きたかぜ)が冷(ひ)やくなってくるので、カニたちも巣穴(すあな)にこもるようになります。

ベニシオマネキたちは、かなり耐寒性(たいかんせい)があるようですけれど。

bsm-191114.jpg

こちらが、いかにもベニシオマネキの量産(りょうさん)タイプ?の色合(いろあ)い。

こちらは、より紅らしい濃ゆいオスはさておき・・・

bsm2-191114.jpg

柿色のメスは、珍(めず)らしいです。 ベニシオマネキのオスのカラーバリエーションはわりと豊富(ほうふ)ですけれど、メスは一定(いってい)で、ほとんどが足(あし)の色が異(こと)なるだけ。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ベニシオマネキ 】
posted by ぶん+ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

汁物(しるもの)の シーズンに

きのうは25.8℃まで上(あ)がりましたが、きょうは23℃まで。 カラッとしているので、ずいぶん過(す)ごしやすうなりました。

昼(ひる)ごはんのオカズどうしよう・・・ 豚(ぶた)の切落(きりおと)しとモヤシで味噌汁(みそしる)とか? う゛〜ん、ハードル高(たか)めだけれど、炒(いた)め汁(じる)にしてみよっと。

m_soup-191114.jpg

材料(ざいりょう)を油(あぶら)で炒めてから、味噌汁にしました。 モヤシは意外(いがい)と出汁(だし)がでるので・・・

豚とモヤシ、季節(きせつ)のフルゥ(ニンニクの葉{は})一本分(いっぽんぶん)だけ刻(きざ)んで、高温(こうおん)でザザッと痛めてから水をそそぎ、ちょい心(こころ)もとないので、化学(かがく)のあご出汁を。

フルゥはニンニクですが、球根(きゅうこん)は発達(はったつ)しておらず、やさしい香(かお)りなおので、一本くらいなら午後(ごご)の職場(しょくば)でニオったりしません。

塩分(えんぶん)ひかえめの味噌(みぞ)を存分(ぞんぶん)に溶(と)いて、グツグツしないよう軽(かる)く一煮(ひとに)たち。 仕上(しあ)げにネギをパラパラっと・・・ でした。

想像以上(そうじょう・いじょう)に香(こう)ばしくて、モヤシはシャキシャキexclamation、ごはんが、ススムすすむ。るんるん

ちなみに
油は多(おお)めで炒めるのがおススメですが、サラダ油は工業油(こうぎょう・あぶら)なので、カラダに好(よ)うありません。たらーっ(汗) オッサンはベニバナの油でやってます。 ラードでも、イケそうですね。ひらめき


 
posted by ぶん+ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2019年11月13日

イイカゲン50代(だい) サボリ場(ば)

秋晴(あきば)れ・・・ とはいえ暑(あつ)いですが、山(やま)へ。 とゆ〜のも、オッサンの仕事(しごと)のクライアントが、ふたりとも出張(しゅっちょう)で打合(うちあ)わせできないので、いっそサボっちゃえexclamationと。(笑)

山といっても・・・ ハブが恐(こわ)いので、山すその美名田(みなだ)へ。

路上(ろじょう)に違和(いわ)を感(かん)じたのでジロジロすると、トクノシマトゲネズミの遺骸(いがい)。

toge-191113.jpg

ハブの毒牙(どくが)をいなす進化(しんか)を知(し)りたいので、いささかトゲをいただきました。ぴかぴか(新しい)

ちなみに
種の保存法(しゅのほぞんほう)の取扱(とりあつかい)では、該当(がいとう)する希少種(きしょうしゅ)の死骸(しがい)を拾(ひろ)って帰(かえ)るのはOKですが、販売(はんばい)どころか譲渡(じょうと)もダメ。exclamation&question つまり、タダであげちゃうのもダメです。exclamation×2 なので、地獄(じごく)の果(は)てまでもってきましょう。


さらに進(すす)むと、路上にモワモワがたくさん。

usage-191113.jpg

アマミノクロウサギの毛(け)・・・たらーっ(汗) ナニモノかに襲(おそ)われたようですが、10メートルあまりに、点々(てんてん)としていた理由(りゆう)は、サッパリわからん。

べつに探偵(たんてい)をやりにきたワケでもないので、まわりを眺(なが)めると・・・ 黒(くろ)っぽいアサギマダラ?

tmm-191113.jpg

いやまて、この夏(なつ)はツマムラサキマダラが多(おお)かったとゆ〜し、それかな。 だとすると、メスっぽいですね。

オスを見(み)つけて最高(さいこう)のコバルトブルーを記録(きろく)しようとするものの・・・

tmm2-191113.jpg

これっぱかししか、翅(はね)を広(ひろ)げてくれません。たらーっ(汗) ど〜も動作(どうさ)が緩慢(かんまん)で、時期的(じきてき)に元気(げんき)がないようです。

ウロウロしていると、森(もり)の見張(みは)り、アマミヤマガラがやってきました。

ayg-191113.jpg

あんまり近(ちか)かいのにオッサンを恐れないので、たぶんニンゲンを知(し)らないのでしょう。

とはいえ
猛禽類(もうきんるい)のツミを追(お)っ払(ぱら)うほどの、強気(つよき)な鳥(とり)なんです。exclamation

ん゛〜 ツマムラサキマダラのオスは見つかるけれど、とまってるだけ。

tmm3-191113.jpg

なんぼネバってもダメか・・・

おっとナニかとまった。ひらめき

raz-191113.jpg

あ゛〜 リュウキュウアブラゼミです。 ついガッカリしてしまいますが、世界的(せかいてき)には透明(とうめい)でない翅をもつセミは、とても珍(めずら)しいそうです。

そんなこんなで、ネバってもダメそうなので、撤収(てっしゅう)。


Aコープで買(か)いものしてから、キジの海岸(かいがん)へ。

sunset-191113.jpg

赤(あか)い夕陽(ゆうひ)が、校舎(こうしゃ)を染(そ)めちゃってますね、こりゃ・・・たらーっ(汗)

高校三年生(こうこうさんねんせい)にとっては燃(も)えるかもしれないけれど、赤いのは大気(たいき)が汚染(おせん)されたり、微粒子(びりゅうし)が多(おお)いためだから、ちっとも歓迎(かんげい)できません。バッド(下向き矢印)

それはそうと
来(き)た来た・・・ 煙突(えんとつ)をねぐらにしているムクドリたち。

hmd-191113.jpg

ほとんど、ホシムクドリと、スズメです。 この煙突がなければ、ムクドリもスズメも、今(いま)ほど町内(ちょうない)に住(す)みついてないかもしれない。

ともあれ
定点観測(ていてん・かんそく)だけでは、視点(してん)がマンネリになってしまうので、たま〜に山でリセットしてま〜す。ひらめき あ゛〜でも、釣(つ)りしたかったな゛〜。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ツマムラサキマダラ 】
posted by ぶん+ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月12日

カキイレ どき

実家(じっか)から、柿(かき)をドッサリ送(おく)ってもらう時節(じせつ)。

ビタミン豊(ゆた)かなのはイイけれど、そのまんま食(た)べるダケでは飽(あ)いてしまいます。

salad-191112.jpg

いつもは、やたら酸(す)い〜ぃサラダなんですけれど、たっぷりの柿でマイルドに。ひらめき シーチキンでなく、なまり節(ぶし)を用(もち)いるのが鹿児島風(かごしま・ふう)???

今(いま)だからこそ、ゼータクにカキイレどき。 種(たね)なしで、カリッとした緑(あお)めの柿が、サラダにピッタリでっす。ぴかぴか(新しい)

 
posted by ぶん+ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

きょうも コトもなく

けさは大潮(おおしお)なので、チヌ狙(ねら)い。

inow-191112.jpg

暗(くら)くて魚影(ぎょえい)が見(み)えないので、先(さき)にトリトリチェックを。

きょうも賑(にぎ)やかなムクドリたち。

hmd-191112.jpg

とゆ〜ても、たいがいホシムクドリ。たらーっ(汗) すっかり、地場(じば)のムクドリたちを抑(おさ)えてしまってます。

グランドや球場(きゅうじょう)には、20羽(わ)あまりのムナグロたちが飛来(ひらい)していて採餌(さいじ)、そのお陰(かげ)か? ムネアカタヒバリや、マミジロタヒバリに・・・

sc-191112.jpg

すっかりマッタリぽってりの、シロチドリ。ひらめき ごっぽー かぁわゆ〜ぅい。るんるん シロチドリが、運動公園(うんどう・こうえん)に飛来(ひらい)するとはなくて、この個体(こたい)だけ。 コチドリには、ソコソコ人気(にんき)なのですけれど。

結局(けっきょく)、一周(いっしゅう)してからイノーをジロジロしたのに、チヌどころかボラもガセもおらず・・・ 撤収(てっしゅう)。バッド(下向き矢印)

昼休(ひるやす)みには、情報(じょうほう)のあったコキアシシギ探(さが)し。

akas-191112.jpg

けれど、キビキビ活発(かっぱつ)に採餌しているのは、アカアシシギたちだけでした。たらーっ(汗)

声(こえ)は、ピューピューらしいので、あすは鳴(な)きに注意(ちゅうい)してみようかと。 イノーで聞(き)こえる音(おと)は、たいがい聞(き)き分(わ)けているので、違和感(いわかん)があれば気(き)づくはずなんです。

 
posted by ぶん+ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月11日

一筋縄(ひとすじなわ)じゃ いかないカモ・・・

けさのトリトリデッキ前(まえ)には、カモメたち。

yk-191111.jpg

やっぱりテケテケ歩(ある)いているのは、ユリカモメ。

ちょい離(はな)れたところには、ズグロカモメ。

zk-191111.jpg

こちらは、どうも足(あし)を傷(いた)めているようで、ビッコひいてました。

とりたてて、な〜んもいないので仕事場(しごとば)へ・・・ と車(くるま)に乗(の)ったとたん、カモ軍団(ぐんだん)。exclamation&question

kamo-191111.jpg

着水(ちゃくすい)したのは、ほぼハシビロガモ。 ここ数年(すうねん)、渡来(とらい)は増加傾向(ぞうか・けいこう)。 左端(ひだりはし)に、2羽(わ)ほど、ヒドリガモのオス。

一応(いちおう)、練習(れんしゅう)も兼(か)ねて、飛(と)び去(さ)るところも記録(きろく)。

kamo2-191111.jpg

ありゃ・・・ このメスたち、オナガガモっぽいカモ。たらーっ(汗) 首(くび)やクチバシが、スラッと長(なが)い雰囲気(ふんいき)が。

ところで
午後(ごご)、役場(やくば)に電話(でんわ)があって、鳥(とり)についてはオッサンに・・・ とススメられたのだとか。 んも゛〜 オッサンにツル鶴つる蔓と・・・ そこんとこ、とってもデリケートなんでたらーっ(汗) とゆ〜危惧(きぐ)をよそに、なんとトリトリデッキ前(まえ)で、コキアシシギをタテツヅケに観(み)たのだそうです。 オッサンは、いっぺんも観たことありません。exclamation×2 奄美大島(あまみおおしま)に飛来(ひらい)していたので、注意(ちゅうい)してたのに。

ムジセッカに気(き)をとられいるスキに、チョロチョロしてたとか???

さておき
貴重(きちょう)な情報(じょうほう)をいただいたので、いっそう注意しとこうと思(おも)います。


 
posted by ぶん+ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月10日

絶好鳥(ぜっこーちょー)

けさは駅伝(えきでん)なので、早(はや)めがベスト。 イノーにはユリカモメ3羽(わ)と、オニアジサシ1羽がいましたが、とりあえず球場(きゅうじょう)へ。

mds-191110.jpg

お゛〜 やっぱり正解(せいかい)exclamation 300羽ちかいムクドリたち。

よ゛〜く観(み)ると・・・

mds2-191110.jpg

フツ・ムクドリもいますが、ホシムクドリがかなりの割合(わりあい)です。 少(すく)なくとも150羽はいそう。るんるん

その足(あし)で、いろんな意味(いみ)で風当(かぜあ)たりの強(つよ)い弓道場(きゅうどうじょう)・・・ の裏(うら)へ。

8jt-191110.jpg

いきなりツグミだ・・・ ん゛exclamation&question フツ・ツグミでない・・・この半端(はんぱ)な色合(いろあ)いは、ヨジョ〜ハンツグミこと、ハチジョウツグミ

この秋(あき)の渡(わた)り鳥(どり)は、イケてます。exclamation×2


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ホシムクドリ ハチジョウツグミ 】
posted by ぶん+ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年11月09日

ヌメヌメ 散歩(さんぽ)

運動公園(うんどうこうえん)を散歩(さんぽ)していると、いろんな生物(せいぶつ)に出逢(であ)います。 これ・・・ お分(わ)かりでしょうか???

nyru-191109.jpg

パット見(み)、生(なま)チョコとゆーか水(みず)ようかん風味(ふうみ)っぽくて、8センチくらいのナメクジっぽいの。exclamation&question(笑)

これぞ
あの有名(ゆうめい)な? 外来生物(がいらい・せいぶつ)の・・・・ニューギニアヤリガタリクウズムシ。 漢字(かんじ)では「新幾內亞槍型陸渦虫」になるのでしょう。

歴史文化産業科学資料センター ユイの館 よりは覚(おぼ)えやすそうな。たらーっ(汗)

アフリカマイマイを食(く)らってくれる「かもしれない」と海外(かいがい)で導入(どうにゅう)されたそうな。 マングースみたいなもんですね。たらーっ(汗) やっぱり結局(けっきょく)、アフリカマイマイよりも、カタツムリやナメクジ、あわや、農家(のうか)の味方(みかた)ミミズまで食ってしまうので、世界(せかい)の侵略的(しんりゃくてき)な外来種のワースト100に認定(にんてい)されてしまったらしい。

なせか
この夏(なつ)、排水管(はいすいかん)をたどって、わが家(や)の風呂(ふろ)にもやってきたので、塩(しお)で駆逐(くちく)しました。 いつのまにか、テーブルの下(した)で、死(し)んでたりとかも・・・たらーっ(汗)

ちなみに
ウズムシは死(し)なない最強生物(さいきょう・せいぶつ)のひとつで、悪魔的(あくまてき)に? 肉片(にくへん)から再生(さいせい)するので、ヘタに殺(ころ)そうとしてもダメ。exclamation×2 身近(みぢか)なウズムシとしては、プラナリアやコウガイビルがいます。


ところで
そういや、きのう建設課(けんせつか)のケートラが、シレっとタバコのポイ捨(す)てを・・・

k-191109.jpg

役場(やくば)を背負(しょ)ってるときには、ふだん通(どお)りポイ捨てしちゃダメでしょうにね゛〜。 とかく、チャンやチョンみたいな性格(せいかく)のシマンチュ男子(だんし)ですけれど・・・ 少(すこ)しは責任感(せきにんかん)をもたんにゃ、シメシがつかんでしょうに。たらーっ(汗)


 
posted by ぶん+ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物

2019年11月08日

きょうも 2羽(わ)でした

けさのイノーには、ふわふわカモメが。

zk-191108.jpg

おととい見(み)かけた、ズグロカモメだ・・・

またきた・・・ ありゃ?

yk-191108.jpg

クチバシが細長(ほそなが)くて赤(あか)いので、ユリカモメです。

この2種(しゅ)はソックリさん

zk_yk-191108.jpg

左下(ひだりした)がズグロカモメで、クチバシが黒(くろ)く、足(あし)は赤黒(あかぐろ)い。 ユリカモメはクチバシが赤く、先(さき)が黒い。 そして、足は赤い。

そこへ、ダイシャクシギたち。

dss-191108.jpg

先月(せんげつ)の下旬(げじゅん)から、飛来(ひらい)しているらしい。 このあと、ちょっとしたトラブルに。exclamation&question

カニ好(ず)きに進化(しんか)したズグロカモメが、ダイシャクシギがつぎつぎ捕(と)らえるカニに目(め)を奪(うば)われてしまった・・・ 

zk_dss-191108.jpg

なにしろ、ズグロカモメのクチバシが太短(ふとみじか)いのは、飛(と)びながら、干潟(ひがた)にいるカニを直(じか)に食(く)らうため。

テケテケ歩(あゆ)みより、ピヤッと威圧(いあつ)したら、ダイシャクシギがカニをポロリ。

zk_dss2-191108.jpg

すかさず、ズグロカモメがパクリ。exclamation カモメは白(しろ)いけれど海(うみ)のカラスのような存在(そんざい)で、けっこーワルです。(笑)

それを見(み)てもう1羽。

zkx2-191108.jpg

でも、さすがにダイシャクシギもバカじゃないですし、ズグロカモメよりも大(おお)きいので、ワルは働(はたら)きませんでした。


昼休(ひるやす)みにも、おるおる。

yk_walk-191108.jpg

ユリカモメは、かなりテケテケ歩(ある)くのが得意(とくい)のようです。

ズグロカモメは極東(きょくとう)の海岸(かいがん)にしかいませんが、ユリカモメはユーラシア大陸(たいりく)からアフリカ大陸にかけてスンゴイ広(ひろ)く分布(ぷんぷ)していて、たぶん、カラスと同(おな)じく拾(ひろ)い食(ぐ)いを得意(とくい)としているのでしょう。

あれ?

yk2-191108.jpg

ユリカモメも2羽いたようです。

生(い)き物(もの)は1頭(とう)だと死(し)にやすいけれど、2頭だと格段(かくだん)に張(は)り合(あ)いもでるし、敵(てき)やエサを見(み)つけやすくなり、生存率(せいぞんりつ)もアップします。ひらめき


あ゛、そうそう
きのうまでトリトリデッキ近(ちか)くの植栽(しょくさい)にいたムジセッカ2羽ですけれど・・・ 北風(きたかぜ)が、びゅーびゅー当(あ)たりだしたので、移動(いどう)してしまったようです。たらーっ(汗)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ズグロカモメ ユリカモメ ダイシャクシギ 】
posted by ぶん+ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) |