2019年11月03日

書(か)き入(い)れどき?

ことしは、いちだんと虫(むし)が減(へ)ってしまって、クモもあまり見(み)かけません。 島(しま)にいるクモのなかでも、愛(あい)らしいのがチブサトゲグモ。

ctg-191103.jpg

クモは、なんの目算(もくさん)もなく巣(す)を張(は)っているけれど・・・ こりゃ大猟(たいりょう)。exclamation&question

と、思(おも)ったら、どうやら小物(こもの)すぎてダメみたい。たらーっ(汗)

ctg2-191103.jpg

小(ちい)さいのには目(め)もくれず、ちょこまか動(うご)いては本命(ほんめい)を探(さが)しますが、空振(からぶ)りばかり。 どうやら、小物がかかりすぎて、かかった虫のアタリがつかめないよう。 けれど、ここらへんでは、たくさん小物が飛(と)んでいて、張りなおしても無駄(むだ)でしょう・・・ クモも楽(らく)じゃない。

ちなみに
みょ゛〜な名(な)ですけれど、ツンツンしたトゲグモよりもトゲがプックリしているから、オッパイっぽい・・・ と、たぶんオッパイ星人(せいじん)の男子(だんし)に名づけられたんでしょうね゛〜。たらーっ(汗) しかしながら、トゲグモモドキなんかより、ずっと好(い)いかも。ひらめき



ところで
イノーの南端(なんたん)には、まだサルハマシギ幼鳥(ようちょう)が逗留(とうりゅう)しています。

shs-191103.jpg<ノートリミング

かれこれ、一週間(いっしゅうかん)。 相変(あいか)わらず、近(ちか)すぎて、ウマイコト記録(きろく)できませんでした。たらーっ(汗) しっかしま゛〜 サルハマって名は、あんまりだ・・・


 
posted by ぶん+ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

見慣(みな)れぬ 鳥(とり)

どこか聞(き)き覚(おぼ)えのある乾(かわ)いた金属音(きんぞくおん)が、「キューーーーーン」と響(ひび)いてきました。 空港(くうこう)を眺(なが)めると、やっぱり。

T4-191103.jpg

T−4練習機(れんしゅうき)です。 このアングルでは見(み)えないけれど、尾翼(びよく)のエンブレムからするに、福岡(ふくおか)の芦屋基地(あしやきち)から、やってきたようです。

10/30には、C−130輸送機(ゆそうき)が飛来(ひらい)していました。

C130-191103.jpg

こちらのエンブレムはペガサスで、愛知(あいち)の小牧基地からでした。

空港(くうこう)には、移動管制隊(いどう・かんせいたい)も展開(てんかい)して、演習中(えんちゅう・ちゅう)です。 なんとexclamation×2 あすは運動公園(うんどう・こうえん)の球場(きゅうじょう)に、CH−47チヌークが飛来する防災(ぼうさい)フェスタがあるそうな。 今回(こんかい)はC−2は来(こ)ないそうで・・・ ガッカリ。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災