2019年12月31日

いろんな食材(しょくざい) in 伊勢

晴(は)れ予報(よほう)のハズが・・・ 昼(ひる)ごろから降(ふ)りだしました。 なので今年(ことし)、仕舞(しま)いの買(か)い出(だ)しへ。

そういえば、職場(しょくば)に麦(むぎ)アレルギーの人妻(ひとづま)がいらっしゃるけれど・・・

gemmai-191231.jpg

イオンにあったのは、米(こめ)のうどんとパスタ。 しかも、手(て)ごろな価格(かかく)。ひらめき 細(ほそ)くて薄(うす)いリングイネは、フォー感覚(かんかく)のパスタ???

マカロニもあります。

gemmai2-191231.jpg

これならグラタンもOKかと思(おも)ったら、問題(もんだい)はホワイトソースも・・・でしたわ。たらーっ(汗) ミートソースに、チーズたっぷりのグラタンなら、イケるかも。ひらめき 大潟村(おおがたむら)あきたこまち生産者協会(せいさんしゃ・きょうかい)の製品(せいひん)です。

帰(かえ)りしな、業務(ぎょうむ)スーパーでは・・・ 超(ちょう)ダジャアップが可能(かのう)な、カスタード食材がががっexclamation&question

purin-191231.jpg

パック入(い)りのカスタードプリン??? そうです、期待通(きたいどお)り、四角(しかく)なプリンがテロロロ〜ンと出(で)てくる嬉(うれ)しいヤツです。るんるん けど、いっぺん溶(と)かして型(かた)にも流(なが)せるそうですから、アガーで固(かた)めてるのかな???

ほか
シリーズには水(みず)ようかんやコーヒーゼリー、マンゴープリンなどもあり、一生(いっしょう)にいっぺんくらい腹(はら)いっぱい食(た)べたいヒトに、おススメです。ひらめき

ダジャレシオはアップしそうにないけれど、ほうじ茶(ちゃ)ラテプリン・・・捨(す)てがたし。(笑)



では
みなみなさま、よいお年(とし)を。

 
posted by ぶん+ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

無駄(むだ)に 美味(おい)しい? in 伊勢

昨宵(さくよい)のこと、弟(おとうと)が持(も)ってきたのは、見(み)たこともないシベリヤでした。

ringo_s-191231.jpg

なんとexclamation&question 大手(おおて)のヤマザキパンから発売(はつばい)されてた『りんごシベリア』。 なんと、ご当地(とうち)アイドルまでトッピング?した、ド派手(はで)なパッケージ。exclamation×2

う゛〜ん もはや和菓子(わがし)とか、パンの領域(りょういき)を超(こ)えた美味しさだ・・・ ハイボールにも合(あ)うし。(笑)

ringo_s2-191231.jpg

ぶっちゃけ、アップルパイよりウマウマかな。グッド(上向き矢印) リンゴ味(あじ)のあんが、カステラ生地(きじ)になかば染(し)みた正(ただ)しいシベリヤ。 島(しま)にも輸入(ゆにゅう)してもらったら、ヒット間違(まちが)いなし。exclamation×2

 
posted by ぶん+ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2019年12月30日

アレで 塩辛(しおから)? in 伊勢

きょうは雨(あめ)、8℃にとどかず・・・ 足元(あしもと)からグッと冷(ひ)える感(かん)じ。 日差(ひざ)しがアルとナイとじゃ大違(おおちが)い。雨

買(か)い出(だ)しでポーターかたがた、見(み)つけた珍品(ちんぴん)。

saba-191230.jpg

サバで塩辛となっexclamation&question 切(き)り身(み)が漬(つ)けられていて、イカ塩辛よりボリューム感(かん)があります。

調(しら)べたところ、山陰(さんいん)の漁師(りょうし)さんに作(つく)られてきたようで、今(いま)では島根(しまね)で水揚(みずあ)げされたサバを用(もち)いるのが、ブランド化(か)しているようです。 島でも新鮮(しんせん)なゴマサバが水揚げされれば・・・ できそうなような。

ちなみに
右(みぎ)にある「かんずり」は唐辛子味噌(とうがらしみそ)のブランドで、それと酒盗(しゅとう)=カツオ内臓(ないぞう)塩辛のコラボ商品(しょうひん)のようです。 これまた、マニヤ〜ック。ひらめき

 
posted by ぶん+ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2019年12月29日

冬(ふゆ)の チョウ in 伊勢

けさは氷点下(ひょうてんか)まで下(さ)がったようですが、日中(にっちゅう)はあったか。

sjm-191229.jpg

チョロチョロしていたのは、ヤマトシジミ・・・かな?

まだ暖(あたた)かいからか、ちょくちょく見(み)かけるモンキチョウ。 もう少(すこ)し冷(ひ)え込(こ)んだらアウトで・・・サドンデスになる情況(じょうきょう)。

mkc-191229.jpg

白(しろ)いのがメスで、オスはものすごい勢(いきお)いでまとわりついてました。 死(し)ぬが死ぬるまでメスにアタック・・・頭(あたま)がさがるなぁ。


 
posted by ぶん+ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

ジョウビタキ いぢり in 伊勢

気温(きおん)はせいぜい10℃あるかどうか・・・ ですけれど、ほとんど風(かぜ)もない快晴(かいせい)なので、長袖(ながそで)Tシャツ1枚(まい)でじゅうぶん。

外城田川(ときだがわ)の川(かわ)べりにいる、ジョウビタキのオス。 ついつい・・・

jb-191229.jpg

舌打(したう)ちで「タタッ タタタタッ」とやると、コチラを探(さぐ)りにやってきます。

ススキがあんまりかぶるので、しゃがんでいる姿勢(しせい)から、いささか背(せ)を伸(の)ばして・・・

jb2-191229.jpg

お互(たが)い、様子見(ようすみ)。(笑)

白目(しろめ)も。

jb3-191229.jpg

鳥(とり)たちは、わりとマメに瞬膜(しゅんまく)でまばたきしています。

メスもいっしょにいたのですけれど・・・ ノリはイマイチでした。 やはり、テリトリーを守(まも)るのは、オスの役目(やくめ)??? この冬(ふゆ)は、なぜかペアのジョウビタキが目立(めだ)っています。

 
posted by ぶん+ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月28日

牛尾崎池(うしおざきいけ) in 伊勢

昼(ひる)から餅(もち)つきなので、午前(ごぜん)のうちに。

usozk-191228.jpg

静(しず)まりかえって・・・ ガーガー鳴(な)いていたのは、1羽(わ)だけはぐれた?カルガモだけ。

ほかは黙(だま)ってスイスイ。

0ban_umu-191228.jpg

オオバン、カワウや、写(うつ)っていませんがヒドリガモ、ホシハジロ。

まわりの木立(こだち)も、ついでにチェック。

dongri-191228.jpg

まだドングリが残っていました。 どんぐり図鑑(ずかん)によると・・・ アラカシか、ツクバネガシか・・・う゛〜む゛たらーっ(汗)

こちらは、ドングリよりデカい・・・

ookama-191228.jpg

オオカマキリの卵(たまご)。 今宵(こよい)のツマミになりそうな。ひらめき

ここらへんは、ホオジロのポイント。 やはり、田(た)の枯(か)れたイネのなかから、ピヤッとでました。exclamation

hj-191228.jpg

「チチツ チチツ」と舌打(したう)ちしながら、寄(よ)っていくとナカナカ逃(に)げず、興奮(こうふん)しているメス。

オスも、へっぴり気味(ぎみ)に頑張(がんば)って?鳴(な)きかえしています。

hj2-191228.jpg

この鳴きに刺激(しげき)されて、もう一番(ひとつがい)やってきたり。 意外(いがい)と?舌打ちもイケるもんですね。


帰(かえ)りは、ゆっくりジックリとコソコソしている鳥(とり)たちを探(さが)します。

hbr-191228.jpg

と謂(い)いたいところですが、これは往(い)きしなに見(み)つけてしまったヒバリ。 編集(へんしゅう)の都合(つごう)で・・・たらーっ(汗)

コチラがコソコソの本命(ほんめい)。

tsg-191228.jpg

まだ、記録(きろく)できていなかったタシギ。 撮影中(さつえいちゅう)、すぐ手前(てまえ)からもう1羽が「ジェッ」と飛(と)びましたが、そちらに気(き)を取(と)られてはダメ。

気温(きおん)8〜10℃ほどで、4メートルあまりの風(かぜ)で、ちょうどイイ寒(さむ)さ?でした。 長袖Tシャツとハーフコートだけでも、日差(ひざ)しがあたるとケッコ〜暑(あつ)くなります。

 
posted by ぶん+ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月27日

風速(ふうそく)10メートル台風 in 伊勢

10時(じ)すぎ、天城町(あまぎちょう)もタイガイ強風(きょうふう)な土地柄(とちがら)ですけれど・・・ まさか平場(ひらば)で10メートル吹(ふ)くとは。

tenki-191227.png

ここ10年(ねん)で、こんなことは初(はじ)めて。

田んぼでは、まっすぐ歩(ある)けないので、ヤマ≒林(はやし)の向(む)こうへ。

hayashi-191227.jpg

ヤマガミさまにあいさつしてから、陽(ひ)だまりへ一直線(いっちょくせん)。

寒(さむ)さにあらがう、生(い)き残(のこ)りのチョウ。

hat-191227.jpg

ひたすら分布(ぶんぷ)を広(ひろ)げようと北進(ほくしん)しつづける、ヒメアカタテハ。

風裏(かぜうら)の畑(はたけ)で採餌(さいじ)していたのは、ツグミたち。

tgm-191227.jpg

20羽(わ)くらいでしょうか。

こそっと林から、畑(はたけ)を狙(ねら)う猛禽(もうきん)。

nosri-191227.jpg

ノスリは、かなり地味(じみ)なハンター。 なので、名(な)もイマイチ知(し)られず仕舞(じま)い。たらーっ(汗)


ところで
トライアルというスーパーで、買(か)い物(もの)トライアル? 税込(ぜいこみ)の値段(ねだん)が表示(ひょうじ)されているので、わかりやすい。ぴかぴか(新しい)

spice-191227.jpg

スパイスコーナーには、トーストに合(あ)うパパン・シリーズexclamation&question カカオとかシナモン、バニラ、キャラメル、メロンパンまで。

マスヤの本店(ほんてん)が閉(し)まったらしいので、もうソース味(あじ)の「おにぎりぜんべい」は食(た)べられないのかと探(さが)していると・・・

onigiri-191227.jpg

限定(げんてい)の「柚子こしょう」を発見(はっけん)。 ユズはさておき・・・ あとからジンワリと来(く)る辛(から)みがナカナカでした。 ソースよりは、上品(じょうひん)な味わいでした。るんるん


 
posted by ぶん+ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月26日

日食(にっしょく)が・・・ in 伊勢

15:15に、アラームをセットしておいたら・・・

tenki-191226.jpg

ありゃま゛〜 ドド曇天(どんてん)やぁ゛〜。曇り 5円玉(えんだま)で、実験(じっけん)しようと思(おも)とったのにぃ゛〜。たらーっ(汗)


さて
買(か)い物(もの)のとき、オモシロイものを見(み)つけました。

beer-191226.jpg

ジュースより安(やす)いビール。exclamation×2

もしや、このイカニモなパチモン感(かん)みなぎる缶(かん)は・・・

beer2-191226.jpg

お゛〜exclamation カン国(こく)の感動的(かんどうてき)にマズイというビール。exclamation×2 不買運動(ふばい・うんどう)とやらで、わが国(くに)のビールを買わないらしいのですけれど・・・ アチラのビールはあまりにもマズイために、飲食店(いんしょくてん)では、わが国のビールをだしていたみたいですよ。

アチラのメーカーの人(ひと)が謂(い)うには、マズイのでなく、薄(うす)いのだ・・・ と主張(しゅちょう)されてましたわ。ぴかぴか(新しい)(笑) あ〜いえば、こ〜ゆ〜民族(みんぞく)らしい模範解答(もはん・かいとう)でしたが、そもそも「薄い」とゆ〜のは、ある一定(いってい)の味(あじ)に対(たい)して、薄いことが分(わ)かっている・・・ と自白(じはく)していることに気(き)づかないのが、さすが朝鮮人(ちょうせんじん)。 大統領(だいとうりょう)ともども、いつも笑(わら)いをありがとう。ぴかぴか(新しい)

 
posted by ぶん+ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2019年12月25日

田(た)んぼ ぶ〜らぶら in 伊勢

一年(いちねん)ぶりの伊勢(いせ)、さっそく田んぼをぶらついてみました。

tanbo-191225.jpg

どこまでも平(たい)らだ・・・ 天気(てんき)もいいし、風(かぜ)もない。 気温(きおん)は9℃あまりですけれど、タートルネックのTシャツ1枚(まい)でOK。晴れ 日陰(ひかげ)は寒(さぶ)ぅいですよ。

近所(きんじょ)の乾(かわ)いた田には、一見(いっけん)な〜んもいないように見(み)えて、ツグミ、ヒバリ、タヒバリの群(む)れがいっせいに飛(と)び立(た)ちました。 でも、すぐ逃(に)げられてしまい、撮影(さつえい)できません。たらーっ(汗)

んま゛〜 田んぼの鳥(とり)はソンナモンなので、気(き)をトリなおして・・・ 用水路(ようすいろ)に沿(そ)って歩(ある)いていると、ススキの陰から驚(おどろ)いたセッカが飛びだしました。 すかさず、舌打(したう)ちすると、5メートルくらい先(さき)へ舞(ま)いもどり。ひらめき

sekka-191225.jpg

ススキがかぶっているところで、ジロジロ警戒(けいかい)しています。

んが・・・ あんまりオッサンが鳴(な)く?ので、よく見(み)えるところまで横(よこ)歩きして、シッカリのぞき見してます。exclamation

sekka2-191225.jpg

よほど、怪(あや)しみを感(かん)じたのでしょうか・・・? ともあれ、島(しま)のみならず、内地(ないち)のセッカも、しっかりイヂられることが分(わ)かりました。るんるん(笑)

ちなみに2カットとも、ノートリミングです。

なんとか逆光(ぎゃっこう)で先手(せんて)をトリたいもの。

hbr-191225.jpg

遠(とお)いけれど、潜(ひそ)んでいるヒバリが見つかりました。 どんだけ逃げられたことか。 順光(じゅんこう)だと、まず見つかりません。

タシギにも、結構(けっこう)逃げられました。

matabe-191225.jpg

いるのは、30センチくらいの「また生(ば)え」(マタベェ)の合間(あいま)に浅(あさ)く水(みず)があるところ。 ココは道端(みちばた)ですが、3羽(わ)もいました。

近所までもどってきたとき、猛禽(もうきん)が電柱(でんちゅう)に。

nsr-191225.jpg

ぽっちゃりしたフォルム、逆光(ぎゃっこう)ながらハラマキのような班(はん)があるので、ノスリ。

あ゛exclamation たぶん逃げた2羽(わ)はホオアカ

mizo-191225.jpg

こうした、草(くさ)のある溝(みぞ)や、用水路わきの草のあたりにいます。 やはり先(さき)に警戒されてしまい、ほとんど撮影はできません。たらーっ(汗)

お゛〜 なんと、オッサン史上(しじょう)もっとも神経(しんけい)の太(ふと)いタヒバリ。exclamation×2

th-191225.jpg

15メートルくらい先(さき)でしょうか。 すんごくビンズイそっくり。(笑)

タヒバリたちは「ピピピピッ」や、「ピッ」と「キッ」の間(あいだ)くらいの細(ほそ)い声で鳴いていましたから、あのとき島にいた黒(くろ)っぽいタヒバリは、やっぱりフツ・タヒバリだったようです。ひらめき

 
posted by ぶん+ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月24日

帰省中(きせいちゅう)

あさイチの便(びん)で島(しま)を脱出(だっしゅつ)するまえに・・・ ネスガタ・チェック。

nesgata-191224.jpg

あ゛〜 管制塔(かんせいとう)が。 たぶんYSー11のころは、見(み)えてたんでしょうね゛〜。

穴(あな)あき曇(ぐも)は見つからないまま、桜島(さくらじま)。

sakura-191224.jpg

ナゼか去年(きょねん)とおなじで、下(した)だけ霞(かす)んでますね。たらーっ(汗) 火山灰(かざんばい)? PM2.5??

鹿児島(かごしま)まで同乗(どうじょう)していたグッシーと別(わ)れ、M系空港(けい・くうこう)? 伊丹(イタみ)へ。(笑)

takachiho-191224.jpg

それにしても、活火山(かっかざん)が多(おお)いいなぁ。爆弾 高千穂峰(たかちほのみね)でしょうかね。

ナルホド、こ〜ゆ〜土地柄(とちがら)だから、語尾(ごび)が「バイ」なワケね。ひらめき(笑)

いよいよ大阪(おおさか)、寝屋川(ねやがわ)に5年(ねん)くらい住(す)んだけど・・・ ゴチャゴチャやね。

osaka-191224.jpg

パソコンのデザインは楽(たの)しかったけど、排(はい)ガスで喘息(ぜんそく)が復活(ふっかつ)したんだよなぁ・・・

近鉄(きんてつ)のカラーリングが変(か)わった。exclamation&question

kintetsu-191224.jpg

つこてるペンキが減(へ)って安(やす)なるよってに、選(えら)んだんとちゃうん? なんや、JRクサない?

伊勢(いせ)までは、ビスタカー。

vista-191224.jpg

もちろん、上(うえ)の席で、デラックスな旅(たび)に゛。exclamation(笑)

ちなみに
下だとJKのミニスカがヤバいです。(笑) 関西(かんさい)では昔(むかし)からおなじみですけれど、二階建車両(にかいだて・しゃりょう)の製造(せいぞう)って、技術的(ぎじゅつ・てき)にカナリ難(むつか)しいらしい。


駅(えき)から実家(じっか)への道(みち)すがら、ビールを求(もと)めて寄(よ)り道。

donki-191224.jpg

近所(きんじょ)のスーパーが、ドンキに・・・たらーっ(汗) 時代(じだい)は変わったなぁ。

 
posted by ぶん+ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月23日

休日明(きゅうじつ・あ)けの

静(しず)まり返(かえ)った運動公園(うんどう・こうえん)、月曜(げつよう)ですから職員(しょくいん)さんも休(やす)みです。

南(みなみ)から巡(めぐ)ることに。 なぜかグランドは閑古鳥(かんこどり)だったので・・・ イノーから。

mth-191223.jpg

青(あお)いヤツですけれど、リフォームしたのかな? 巣穴(すあな)が低(ひく)くなってます。

この冬(ふゆ)もオーサ(ヒトエグサ)はサッパリですが、ヒドリガモが飛来(ひらい)しています。

hg-191223.jpg

ノビをし始(はじ)めたのは、たぶん、オッサンを警戒(けいかい)し様子見(ようすみ)しているのでしょう。 その億(おく)では、タシギがシャープなツッコミしてました。(笑)

球場(きゅうじょう)は業者(ぎょうしゃ)さんが手入(てい)れしているのですけれど、外野(がいや)ではタヒバリたちが。

mjt-191223.jpg

数秒(すうびょう)おきに、シュッと胸(むね)を張(は)るように警戒するのはマミジロタヒバリ。

ほとんど警戒しないで、ウダウダと下(した)を向(む)いてばかりのも。

mat-191223.jpg

オッサンに気(き)づかず、ずいぶん近(ちか)づいてきたのは、ムネアカタヒバリ。

ん゛〜惜(お)しい。 現場(げんば)では、レンズが風(かぜ)にブレて判(わか)らなかったんですが・・・

t-191223.jpg

画像(がぞう)を整理(せいり)しながら確認(かくにん)したところ、やっぱりフツ・タヒバリのようです。 怪(あや)しいなとは思(おも)いましたが、遠(とお)いのでチョイ記録(きろく)しただけでした。たらーっ(汗)

もどってきたところ・・・ ありゃ゛exclamation&question

tgm-191223.jpg

さっきは閑古鳥しかおらんかった?のに、ツグミが。 すんごい神経質(しんけいしつ)で、ナニかに反応(はんのう)すると、近(ちか)くの木立(こだち)に逃(に)げ込(こ)んでしまいます。

そんな強風(きょうふう)も吹(ふ)いていないのに、ナゼかイノーではシギもサギもクロツラヘラサギも、ほとんど見(み)られないとは・・・ どこ行(い)ったのやら。

 
posted by ぶん+ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月22日

サッカー と 珍鳥(ちんちょう)

天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)は、ずいぶん賑々(にぎにぎ)しい。

football_191222.jpg

サッカーボールが、あんなにド派手(はで)な蛍光(けいこう)の赤(あか)とは知(し)りませんでした。たらーっ(汗) 手術室(しゅじゅつしつ)の青緑(あおみどり)と似(に)た原理(げんり)なのでしょうか??? 赤(あか)ばかり見(み)ることによって残像(ざんぞう)ができて疲(つか)れるけれど、フィールドが反対色(はんたいしょく)の緑だから大丈夫(だいじょうぶ)とか???


グランドではサッカーですから鳥(とり)はいないけれど、昼下(ひるさ)がりは夏日(なつび)25.2℃で、南西(なんせい)の強風(きょうふう)11メートルですから、陰(かげ)になるイノーの南端(なんたん)らへんをチェックしとくことに。

avocet_191222.jpg

お゛exclamation まさかのソリハシセイタカシギるんるん

実(じつ)は
『沖縄のとくに水鳥日記』さんとこの記事(きじ)にあったので、気(き)になってたんです。 やっぱり島(しま)では、まわりの情報(じょうほう)がないと、見当(けんとう)もつけられません。たらーっ(汗) けど、中(なか)ほどにあるトクの島だけに・・・いつもいつもトクさせてもらって澄(す)みませ〜ん。ぴかぴか(新しい)


あら゛exclamation&question

avocet2_191222.jpg

いささか寄(よ)ろうとしただけで、すかさずピヤッと逃(に)げ、スンゴイ警戒(けいかい)しています。 こんなピリピリしている個体(こたい)も久(ひさ)しぶり。たらーっ(汗) アチコチで、カメラ小僧(こぞう)に追(お)い回(まわ)されたかな?

ともあれ
今年(ことし)の渡来数(とらいすう)は、累計(るいけい)10羽(わ)になりました。exclamation×2 これまでで、ダントツの記録(きろく)です。



ぜんぜんカンケーナイんですれど・・・ まえまえから「ドイツの乾杯の歌」と、「マグマ大使のうた」は、な〜んとなく雰囲気(ふんいき)が似(に)てるような気がするんですよね゛〜。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ソリハシセイタカシギ Avocet 】
posted by ぶん+ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月21日

セッカ いぢり

きょうは、南国(なんごく)の冬(ふゆ)らしい・・・ ドド曇天(どんてん)。曇り

tenki-191221.jpg

F4のレンズで、ギリな明(あか)るさです。 サングラスかけたら、逆(ぎゃく)にチヌが見(み)えなくなるくらい。 でも、20℃もあって、長袖(ながそで)のTシャツ一枚(いちまい)でもOKなこともあって、季節感(きせつかん)は、イマイチですね。たらーっ(汗)

さて
サッカー大会(たいかい)でにぎわっていてネタもないので、トリオキのネタで。 鳥(とり)だけに・・・

冬もセッカは、テリトリーにウルサイようで、わりと意気地(いきじ)を発揮(はっき)します。 数メートルの距離(きょり)でカメラを構(かま)えると、さすがに逃(に)げようとするものの、舌打(したう)ちでマネしてやると

sekka-191221.jpg

もっふもっふになって向(む)き直(なお)ります。るんるん たぶんオスで・・・ナゼなら、興奮(こうふん)して羽毛(うもう)が立(た)ってますから。 オスというものは、興奮するとアレやコレや立つものです。exclamation×2(笑)

ちっこいのに気(き)の毒(どく)と思(おも)いつつも・・・ ついついイヂってしまいたくなります。 セッカに対(たい)しては、ですかね。

ちなみに
場所(ばしょ)は、球場(きゅうじょう)の得点(とくてん)ボードや、弓道場(きゅうどうじょう)らへんにいるヤツです。

 
posted by ぶん+ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月20日

小(ちい)さな 見識(けんしき)

なんとなく、雰囲気(ふんいき)で信(しん)じこんでしまっているコトがあるものです。

例(たと)えば、キリスト教(きょう)のキリストさんってば、主(しゅ)?とやらに導(みちび)かれたニンゲンだった・・・ とか。 こちらで謂(い)えば、霊感(れいかん)のある人(ひと)のユタのような。 世襲(せしゅう)のおばちゃん、ノロじゃアリマセン。

なんとなく・・・オッサンでもジリジリするから、わかり始(はじ)めています。たらーっ(汗)


さて
そ〜ゆ〜 オカルトまがいのネタとは別(べつ)に、国際機関(こくさい・きかん)で制定(せいてい)されていることも、ウッカリ認識(にんしき)できてないこともありまして・・・オッサンは島(しま)に移住(いじゅう)してから、ようやく徳之島(とくのしま)が太平洋(たいへいよう)とは無縁(むえん)と知(し)ったんです。

map-191220.jpg

島の先輩(せんぱい)かたがたとお話(はなし)したとき、ときどき話題(わだい)になるので、データベースに登録(とうろく)しました。 徳之島は東シナ海(ひがししなかい)に囲(かこ)まれていて太平洋には面(めん)してません。exclamation×2 これ常識。


ところで
オッサンの生涯(しょうがい)で、もっとも衝撃的(しょうげきてき)だったのが、初(はじ)めてUFOを見(み)たときでした。

南大東島(みなみだいとうじま)でのこと。 気象観測(きしょうかんそく)のラジオゾンデではないか・・・とも謂(い)われていますが、そもそも人類(じんるい)の科学(かがく)をサラッと超(こ)えた光景(こうけい)を目(め)にしたとき・・・ オッサンの学(まな)んだモノって原始(げんし)の科学だったんだたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)と愕然(がくぜん)としてしまいました。 だって、目の前(まえ)にあるソレを、科学では再現(さいげん)できないんですから。exclamation×2

さておき
宇宙(うちゅう)の歴史(れきし)は150億年(おくねん)あまりと謂うし、太陽系(たいようけい)の歴史は46億年かそこら。 つまるところ、恐竜(きょうりゅう)がいた2億年ほど先行(せんこう)した先輩(せんぱい)が宇宙の近所(きんじょ)にいたら、トンデモな科学で地球(ちきゅう)に飛来(ひらい)しているワケです。 おそらく、ドローンとAIロボットっぽいモノで。

オッサンの借(か)りている家(いえ)は、たぶん近々(ちかぢか)追(お)い出(だ)されて、露頭(ろとう)に迷(まよ)ってしまいそうだけれど・・・ ソンナンは家族(かぞく)を失(うしな)うワケでもナンでもないので、大(たい)したコトじゃないんでしょうね゛〜。ひらめき

物事(ものごと)の大小(だいしょう)は、感(かん)じ方(かた)しだいで・・・坊様(ぼうさま)の謂う「この世(よ)に、悩(なや)みなど存在(そんざい)しない」 ただ悩んでいるアンタだけの問題(もんだい)だ、ってことなのでしょうね゛〜。(笑)

確(たし)かに
家がなくなっても、オッサンはどこかに居候(いそうろう)してしまえば、OKかもしれない。

アテはないけど・・・


 
posted by ぶん+ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 不自然なこと

きょうも 地味(じみ)

昼休(ひるやす)み、やや天気(てんき)は回復(かいふく)。

イノーは満潮(まんちょう)で、チヌ(ミナミクロダイ)もウロウロ。

dss-191220.jpg

岩(いわ)のうえで休(やす)むついでに、オッサンを警戒(けいかい)しているのは、ダイシャクシギ。 雰囲気(ふんいき)は12/14にいた個体(こたい)のような気(き)がします。

小潮(こしお)なので、干潟(ひがた)も残(のこ)っています。

tn-mg-191220.jpg

小(ちい)さいのがトウネン、奥(おく)のはムナグロ。 ムナグロは、ちょろちょろするトウネンが気にいらず、追(お)っ払(ぱら)ってました。たらーっ(汗)

この冬(ふゆ)は、トウネンが越冬(えっとう)しつつあります。 オッサンの記憶(きおく)では、この10年(ねん)で越冬したことはありません。 ウィキには九州以南(きゅうしゅう・いなん)では越冬することもある、とありましたから・・・さもありなん


運動公園(うんどうこうえん)には、マミジロタヒバリと・・・

mat-191220.jpg

ん゛〜 また、地味なのに判(わか)りづらいヤツが。 でも、飛(と)んだときにピスーバッド(下向き矢印)と鳴(な)いてくれたので、タヒバリでも、マキバタヒバリでも、あるいはまさかビンズイでもなく・・・ムネアカタヒバリだと判りました。 ムネアカタヒバリが1羽(わ)だけというのは、ここらでは珍(めずら)しいことなので、しこたま悩(なや)ましかったワケです。

 
posted by ぶん+ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月19日

マミジロタヒバリに 適(てき)す?

運動公園(うんどう・こうえん)の南(みなみ)に、飛来(ひらい)していました。

mjt-191219.jpg

あさってのサッカー大会(たいかい)のゴールポストわきで、採餌(さいじ)しています。

おそらく
南西諸島(なんせいしょとう)では、ほとんどの空港(くうこう)の草地(くさち)で越冬(えっとう)が可能(かのう)なのですけれど・・・ ココ天城町(あまぎちょう)なら空港が強風(きょうふう)でも、まわりにある運動公園や牧草地(ぼくそうち)などに避難(ひなん)できますから、わりと安定(あんてい)して見(み)られるようです。


わが家(や)のまわりでは、よほどの荒天(こうてん)でもない限(かぎ)り、このごろほぼ毎日(まいにち) 見かけたり声(こえ)がしてます。ぴかぴか(新しい)

とゆ〜か地味(じみ)なので・・・ あんまりネタにならないだろうと、控(ひか)えていたり。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 マミジロタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月18日

ネスガタヤマニヤ

このログのイメージ画像(がぞう)が寝姿山(ねすがたやま)。 オッサンはたぶん、いつのまにか・・・ かなり寝姿山が気(き)にいっているのかもしれない。 撮(と)りだしてから、9年(ねん)くらいになりましょうか。

そして、きょうも記録(きろく)。

nesgata-191218.jpg

まずは、空(そら)のほうのカット。

つぎは、イノーのほう。

nesgata2-191218.jpg

毎回(まいかい)、この2カットを記録(きろく)。

コンデジですが天候(てんこう)によって、キチンと露出補正(ろしゅつほせい)をかけています。 きょうは+1/3段(だん)で。 ただ・・・ソレだとちょいオーバーなので、撮るとき細工(さいく)してま〜す。ぴかぴか(新しい)(笑)

コンデジやスマホのカメラは、センサーが小(ちい)さくてラティテュードがやたら狭(せま)いので、このひと手間(てま)でズイブン違(ちが)うワケで。ひらめき


日(ひ)に3べん赴(おもむ)いたり、土砂降(どしゃぶ)りの日、はたまた記録を忘(わす)れてしまったりしても、たぶん年間(ねんかん)500カットオーバーになると思(おも)います。いい気分(温泉)

今月(こんげつ)の広報誌(こうほうし)、シリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)のテーマも寝姿山。

isan-191218.jpg

意外(いがい)と? シマンチュに愛(あい)されている寝姿山を特集(とくしゅう)するのには、むやみに何千(なんぜん)カットのうちから選(えら)びました。たらーっ(汗)

役場(やくば)の看板(かんばん)のも、そのなかの一枚(いちまい)。

nesgata3-191218.jpg

こちらは、なるべく新(あたら)しくて清々(すがすが)しいのを選(えら)んでいます。 天寿園(てんじゅえん)の裏(うら)の、砂防(さぼう)ダム建設(けんせつ)で起(お)こった土砂崩(どしゃくず)れは、処理(しょり)しましたが・・・

 
posted by ぶん+ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2019年12月17日

ベニシオマネキは レッドゾーン爆弾

きょうは、カナリ暑(あつ)うなりましたね゛〜。晴れ

amagi-191217.png

夏日(なつび)になりました。 小夏日和(こ・なつ・びより)とゆ〜より、フツ夏日和に。(笑)

んま゛〜 キッチンに陽光(ようこう)がサンサンなので、窓辺(まどべ)で手軽(てがる)に干(ほ)しシイタケできてケッコーにございます。ひらめき(笑)

そうなると出(で)てくるのが、シオマネキの類(たぐ)い。

beni-191217.jpg

なかでも、目立(めだ)つベニシオマネキ。 ん゛〜 かなりヤバい。

シオマネキの種(しゅ)によって、干潟(ひがた)の具合(ぐあい)が判(わか)ります。 空港(くうこう)の東(ひがし)にある干潟(ひがた)が陸(おか)になってしまうと、空港を営(いとな)むのが困難(こんなん)になります。

シオマネキのオスは、アピールのための潮(しお)を招(まね)く/ウェービング動作(どうさ)が必要(ひつよう)なので、干潟の時間(じかん)が長(なが)いところにいます。 ヒメシオマネキがいるところは、陸(おか)になりつつある陸の候補地(こうほち)、ベニシオマネキはほとんど陸になった干潟オキナワハクセンシオマネキとベニシオマネキがいるところは陸でありながら潮が満ちてくることもあるところ、オキナワハクセンシオマネキしかいないところは陸でメッタニ潮が来ないところ。

すでに
干潟のあちこちでヒメシオマネキやベニシオマネキが見(み)られるようになりました。 ど〜すんだコレ・・・たらーっ(汗) 観光連盟(かんこうれんめい)や個人(こじん)が植(う)えてしまった外来種(がいらいしゅ)メヒルギによって流(なが)れがユルくなったことで砂泥(さでい)が堆積(たいせき)し、陸が増(ふ)えてます。たらーっ(汗)


おや゛?

ha-191217.jpg

たぶん、誰(だれ)も気(き)づかないようメヒルギの幹(みき)に、木(こ)の葉(は)で印(しるし)がつけられています。 でもコレ、ど〜やってヒッツイテんの。exclamation&question

コレはそもそも、ニンゲンのテクノロジーでは不可能(ふかのう)っぽいですし・・・ ここらに昔(むかし)いたアヤカシ、カチャブフージの仕業(しわざ)かな? 戦後(せんご)は活動(かつどう)してないような雰囲気(ふんいき)ですが、実(じつ)は干潟で活動してるのかも。ぴかぴか(新しい)

不思議(ふしぎ)で不自然(ふしぜん)なことは、わりと日常(にちじょう)にあって・・・ 気(き)づかないダケのこと。exclamation×2

 
posted by ぶん+ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識

2019年12月16日

夕暮(ゆうぐ)れは キジ

きょうも、地味(じみ)ぃ〜に暑(あつ)うございましたね゛〜。晴れ スーパーで買(か)い物(もの)してから、喜治(キジ)の海岸(かいがん)へ。

sunset-191216.jpg

ん゛〜 惜(お)しい゛〜 このところ、スッキリ晴(は)れることはほとんど無(な)くなり、霞(かす)んでしまいます。たらーっ(汗) グレタさんが吠(ほ)ているCO2だけが、問題(もんだい)ではないような・・・ だいいち、CO2は吸(す)うても害(がい)はありゃせんですし。

さて
太陽(たいよう)が沈(しず)んだら・・・ 振(ふ)り返(かえ)り。

nest-191216.jpg

お゛〜 来(き)とる来とる。ひらめき

続々(ぞくぞく)とムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリたちが集(あつ)まってきます。 ただ、初秋(しょしゅう)のようにドバっと群(む)れで来(こ)ず、せいぜい20羽(わ)あまりとか数羽(すう・わ)ずつ、あるいは1羽だけとか、よほど地元(じもと)に馴染(なじ)んでバラけているようです。 ど〜りで、このところデカい群れを見(み)かけないハズです。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ホシムクドリ ムクドリ 】
posted by ぶん+ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月15日

花(はな)より派手(はで)な 実(み)・・・

クロスカントリーパークのまわりを歩(ある)いていたら、紫(むらさき)の実がたわわに。

ms-191215.jpg

ムラサキシキブか、その変種(へんしゅ)のようです。 ナゼか葉(は)がボロボロなのが、印象的(いんしょうてき)。

かなりフツーな?種だそうですけれど、こうして実がならないと、さっぱり目立(めだ)たないので、オッサンはまったく知(し)りませんでした。 これだけ目立(めだ)つのに、ヒヨドリなどに食(た)べ尽(つ)くされてないってことは・・・ 絶妙(ぜつみょう)に美味(おい)しうないってコトかも。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

クロツラヘラサギ ふえました

静(しず)かなイノーには、クロツラヘラサギ。

khs-191215.jpg

休(やす)んでいるのは、2羽(わ)。exclamation×2 ヘラサギかどうかは、目元(めもと)と大(おお)きさで判(わか)ります。 徳之島(とくのしま)が奄美大島(あまみおおしま)に勝(まさ)ることのできる、数少(かずすく)ない要素(ようそ)のひとつが、クロツラヘラサギの越冬・越夏(えっとう・えっか)。ひらめき

ちなみに
越冬している冬鳥(ふゆどり)を、おおまか挙(あ)げると・・・ カワウ、ウミウ、オオバン、アオサギ、チュウダイサギ、チュウサギ、コサギ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キンクロハジロ、サシバ、ミサゴ、メダイチドリ、ムナグロ、ダイゼン、トウネン、ハマシギ、イソシギ、キアシシギ、アカアシシギ、アオアシシギ、タシギ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、ハクセキレイ、キセキレイ、マミジロタヒバリ、ムネアカタヒバリ、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキ、ノゴマ、ウグイス、アオジ、ムクドリ、ホシムクドリ、カラムクドリ、あたりです。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 Black-faced spoombill クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月14日

ハンズオンexclamation

きょうは、七分丈(しちぶたけ)のTシャツで過(す)ごせる陽気(ようき)になったので、林道(りんどう)へ。

おや゛? この秋(あき)はドングリが不作(ふさく)だとオカチャンが言(い)ってたけど、シイの実(み)が。exclamation&question

seed_droppin-191214.jpg

おっと、なんか違(ちが)うのも拾(ひろ)ってしも〜たわい。(笑)

さっくり割(わ)ってみたりとか・・・爆弾

uncology-191214.jpg

なにしろオカチャンときたら、アマミノクロウサギのウンコはミントの匂(にお)いがするとかで、すっかりスカトロジストになってしまっているけれど・・・ ホンマか???

おそるおそるクンクンしてみたところ、ほとんど匂いません。 う゛〜ん、こ の匂いは・・・強(し)いて謂(い)うならヨモギっぽいような? すっかり養分(ようぶん)を吸収(きゅうしゅう)されて、ほとんどナニも残(のこ)ってない感(かん)じです。 さりとて、コレをエサにするウンコンチュウ?のマルダイコクコガネなんかがいますから、スッカラカンではないのかも。 匂いについては、たぶん、その日(ひ)の食草(しょくそう)によって、変(か)わってしまいそう。

ノコギリガザミにはさまれたり、アカマタに咬(か)まれるなど痛(いた)いのはイイけど・・・ ウンコロジストにはなりたくないので、もうヤメトコ。(笑)


さて
都合(つごう)のイイことに、防災(ぼうさい)センターとAコープは向(む)かいにあるワケで、買(か)い物(もの)するまえに・・・移動博物館(いどうはくぶつかん)で、週末(しゅうまつ)までオアズケだったアレを。ぴかぴか(新しい)

ski-191214.jpg

お゛〜 なんともいえないヤワ触感(しょっかん)、モッサリした動(うご)きがタマランですっ。exclamation×2 子(こ)らにも大人気(だいにんき)だそう。

シリケンイモリは、なんだかエノケンやビリケン、カトケンとかマツケンの親戚(しんせき)のような名(な)ですけれど・・・カエル同様(どうよう)に両生類(りょうせいるい)の強力(きょうりょく)な再生能力(さいせい・のうりょく)があって、少々(しょうしょう)イジられようが、脚(あし)がモゲようが大丈夫(だいじょうぶ)なので、こうしたハンズオンには向(む)いているのかもしれません。 だいぶ気(き)の毒(どく)ですけれど・・・たらーっ(汗)

カラバリもあります。

ski2-191214.jpg

イボイモリに似(に)たオレンジのポイントカラーに驚(おどろ)きです。ひらめき 腹側(はらがわ)はベッタリと柿色(かきいろ)ですが、ひっくりかえすとスンゴイ嫌(いや)がるので、記録(きろく)してません・・・

徳之島(とくのしま)では絶滅(ぜつめつ)してしまったらしく、生息(せいそく)していないのが残念(ざんねん)。 ゴボウといっしょに出汁(だし)で炊(た)いて、しょうゆ、みりんで味(あじ)を調(ととの)え、玉子(たまご)でとじると・・・ けっこうイケそうだし。(笑) ただ、トラフグと同(おな)じ猛毒(もうどく)のテトロドトキシンをもっているので、ちょいムリ。たらーっ(汗)

そうそう
係(かかり)のひとから聴(き)いたのだけれど、水中(すいちゅう)にいるシリケンイモリはすべてオトナだそうで、両生類のくせに幼体(ようたい)のころは、地上(ちじょう)にいるらしい・・・そうです。 つくづく興味深(きょうみ・ぶか)いヤツですね゛〜。いい気分(温泉)

 
posted by ぶん+ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物

ハマちゃん

トリトリデッキのまえの干潟(ひがた)には、な〜んもおらん・・・ と思(おも)ったら

dz-191214.jpg

ダイゼンたちがやってきました。 そのあと、ビビり?のハマシギも。

ダイゼンがイイ感(かん)じに寄(よ)ってくるので、これならハマちゃんもオッサンを気(き)にしなくなるかな゛〜と待(ま)っていると

hs-191214.jpg

やっぱり。ぴかぴか(新しい) 意外(いがい)と?臆病(おくびょう)で、フツーに見(み))かけるはずなのに、なかなか記録(きろく)しづらいハマシギ。 声(こえ)も「ビビリ ビビリ」だったり。(笑)

遠(とお)くには、意外に大(おお)きなのが・・・

dss-191214.jpg

ダイシャクシギです。 この秋(あき)は、なかなか渡(わた)りが止(と)まらないようで、オッサンとしては嬉(うれ)しい限(かぎ)り。

それにしても
このごろダイシャクシギばかりで、ソックリさんのホウロクシギはさっぱりだなぁ・・・

 
posted by ぶん+ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月13日

青(あお)い ミナミトビハゼ

今朝(けさ)は、チヌ狙(ねら)いのチャンスで・・・

inow-191213.jpg

なのに、チヌはかすかに3匹びき)ほど見(み)られただけで、ボラは皆無(かいむ)で、カワウたちですらもウロウロするだけで、サッパリでした。たらーっ(汗)

昼休(ひるやす)み、気(き)になっていたミナミトビハゼをジロジロすることに。

mth-191213.jpg
チムニー≒巣穴(すあな)が増築(ぞうちく)されX3になってますね゛〜。

ありゃりゃ??? のどが青(あお)いのが。exclamation&question

mth2-191213.jpg

こんな色合(いろあ)いの個体(こたい)は初(はじ)めて。 個性(こせい)なのか婚姻色(こんいんしょく)なのか、はたまたナゾの決(き)まりごと? 或(ある)いは毒入(どくい)りなのやら・・・たらーっ(汗)


そうそう
地味(じみ)に、リュウキュウコスミレが咲(さ)きだしてました。

rksmr-191213.jpg

雑草(ざっそう)なので、ビーバーで刈(か)られまくってますから、どこから生(は)えてくるのかビミョ〜。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミナミトビハゼ Mud skipper 】
posted by ぶん+ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2019年12月12日

博物館(はくぶつかん)がやってきたexclamation

防災(ぼうさい)センターへ。

ent-191212.jpg

お゛〜るんるん

イモリもいるし・・・ なんか右(みぎ)のほうに、不発弾(ふはつだん)キャラみたいなのが気(き)になるけど・・・(笑)

研修室(けんしゅうしつ)には、いろいろなアイテムが。

tenji-191212.jpg

昆虫標本(こんちゅう・ひょうほん)や貝殻(かいがら)、剥製(はくせい)、あるいは子(こ)らの研究(けんきゅう)まであります。 イボイモリとオビトカゲモドキの模型(もけい)?は、イマイチですけどね。(笑)

なに゛exclamation&question コレってミサゴじゃないの???

taka-191212.jpg

内地(ないち)の留鳥(りゅうちょう)、クマタカの剥製(はくせい)だそうです。 となりにはトビ(とんび)があるので、デカさにびっくりですが、あまりにもミサゴにソックリで驚(おどろ)きました。 デカいからといって、クマを狩(か)るからクマタカ・・・ じゃなさそうですね。(笑) ただ、オッサンとしては、フクロウのように薬指(くすりゆび)?がクルッと後(うし)ろにまわる、ミサゴのほうを展示(てんじ)してほしかったなぁ。 島(しま)にいるけど、あんまり知(し)られていないし、カッコイイし。

むむむ゛・・・

nina-191212.jpg

下原(したばる)の遺跡(いせき)から出土(しゅつど)した、トウガタカワニナの類(たぐ)いに似(に)た標本(ひょうほん)はありませんね。

まったく知(し)らんかった、マイマイを発見(はっけん)。

mymy-191212.jpg

オオシマフリイデルマイマイ・・・ なんかデンデンムシの和名(わめい)とゆ〜より、競走馬(きょうそうば)っぽいような。 競走馬の名(な)は、10文字以内(もじいない)なので、オオシマフリイデルならギリギリOK。ひらめき(笑) 大島(おおしま)にしかいないのが、残念(ざんねん)。たらーっ(汗)

ど〜せヒマだし、あすも行(い)こうかな・・・

そうそう鹿児島県立博物館(かこぎまけんりつ・はくぶつかん)と聞(き)いて、な〜んか引(ひ)っかかっていたんですけれど、そういえば、徳之島(とくのしま)コーナーに、トクノシマトゲネズミの写真(しゃしん)を提供(ていきょう)していたのでした。

 
posted by ぶん+ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識

警戒(けいかい)された?

イノーをジロジロしていたとき、メダイチドリにレンズを向(む)けたところ・・・

mc-191212.jpg

座(すわ)った。exclamation&question

不意(ふい)に上空(じょうくう)から襲(おそ)われそうになると、鳴(な)いて飛(と)ぶときと、座って石(いし)ころに化(ば)ける?ときがあります。

オッサンを警戒していたようでもあり、上空をチラチラ眺(なが)めていたようでもあり・・・

mc2-191212.jpg

しばらくすろと、ナニもなかったように、エサ探(さが)しをしはじめました。

 
posted by ぶん+ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月11日

あすから 移動博物館(いどう・はくぶつかん)exclamation×2

夕刻(ゆうこく)、所用(しょよう)で防災(ぼうさい)センターへ赴(おもむ)いたところ、移動博物館の準備(じゅんび)が、ほぼ整(ととの)っていました。

ido_haku-191211.jpg

あすはさっそく・・・ 説明員(せつめいいん)の方(かた)が回答(かいとう)に困(こま)るような質問(しつもん)を携(たずさ)えて、ヤナ客(きゃく)でもやりに行(い)きましょうかね゛〜。ひらめき(笑)

オッサンが期待(きたい)しているのは、コチラ。

ido_haku2-191211.jpg

イモリに触(さわ)られるらしいんです。exclamation イモリって、フグ毒(どく)のテトロドトキシンがあるってゆ〜ウワサだから、チョ〜期待。exclamation×2


それはそうと
防災センターの駐車場(ちゅうしゃじょう)からは、ずいぶんキレイな月(つき)が。

15ya-191211.jpg

そろそろ、望月(もちづき)ですね゛〜。

 
posted by ぶん+ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項

意外(いがい)と? オキナワギク

近所(きんじょ)の磯(いそ)に降(お)りたら、オキナワギクが咲(さ)いていて、いささか驚(おどろ)きました。

og-191211.jpg

こんなところにも生(は)えるんだ・・・ 実(じつ)はこれまで、犬の門蓋(いんのじょうふた)くらいでしか観(み)たことがありませんでした。

オキナワギクは、分布(ぶんぷ)が限(かぎ)られているそうで、徳之島(とくのしま)のほか、奄美大島(あまみおおしま)と沖縄島(おきなわとう)の北部(ほくぶ)の海岸(かいがん)にしか生えていない固有種(こゆうしゅ)なのだとか。

薄(うす)ピンクがオキナワギク、黄色(きいろ)いのはニガナことホソバワダン。

og2-191211.jpg

ホソバワダンもキク科(か)。

そういえば、もうずいぶん、ニガナを食(た)べてないなぁ・・・ 久(ひさ)しぶりに、白和(しらあ)えがたべたくなってしまいました。(笑)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 オキナワギク 】
posted by ぶん+ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年12月10日

知(し)らない 運動公園(うんどう・こうえん)

きょうも、もちろんトリトリデッキへ。

偶然(ぐうぜん)にしては、デキスギなほどのタイミングで、ズグロカモメが飛来(ひらい)。exclamation

zk-191210.jpg

12/1ぶりです。 今年(ことし)はナゼか、ズグロカモメの渡来(とらい)が頻繁(ひんぱん)だなぁ。

さて
穏(おだ)やかに曇(くも)っていますが・・・ イノーは静(しず)かで、たぶん朝早(あざ・はや)くにカワウたちやサギ、ヘラサギたちは狩(か)りを済(す)ませているんでしょう。

なので、ぶ〜らぶらと。

mjr-191210.jpg

アダンの切(き)り株(かぶ)でピヤピヤしていたのは、メジロ(リュウキュウメジロ)。

よ゛〜く観(み)ると、濡(ぬ)れています。

mjr2-191210.jpg

しぶきもパラパラと。exclamation&question どうやら、行水(ぎょうずい)しているよう。

タダの切り株と思(おも)っていたけれど・・・ こんな風(ふう)に活用(かつよう)されているとは、意外(いがい)でした。ひらめき

違(ちが)う株をのぞいてみたら・・・

mg-191210.jpg

ミングイ(キクラゲ)じゃん。exclamation×2

キッチリ整備(せいび)されている運動公園だけれど、自然(じぜん)とゆ〜のは無駄(むだ)がないんだなぁ。

 
posted by ぶん+ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月09日

徳之島史上(とくのしま・しじょう)で初(はつ)の 地味(じみ)さ・・・

午後(ごご)はやっぱり、地元(じもと) 天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)をジロジロ。

球場(きゅうじょう)のまわりにマミジロタヒバリがいて、中(なか)にも。

mjt-191209.jpg

このごろ現(あらわ)れるマミジロタヒバリは、これまでになく、目(め)の後(うし)ろの茶(ちゃ)がクッキリしていて、縁取(ふちど)りもあって、違和感(いわかん)があるけれど・・・ 声(こえ)はビュウexclamation なので、間違(まちが)いなくマミジロタヒバリ。 ただ・・・ 亜種(あしゅ)の分類(ぶんるい)がイマイチ定(さざ)まっていないらしい。たらーっ(汗)

ありゃ゛exclamation&question

kuro_tahi-191209.jpg

これほど黒(くろ)いタヒバリ属(ぞく)は、島(しま)で見(み)たことがありません。

2羽(わ)で飛来(ひらい)したよう。

tahi-191209.jpg

もう1羽は、薄(うす)めでコントラストも低(ひく)いカラーリング。

この薄さ・・・ ムネアカタヒバリ冬羽(ふゆばね)にソックリで、どこかモッサリ感(かん)。

tahi2-191209.jpg

いや、ムネアカタヒバリかな?

黒いほうは、明(あき)らかにムネアカタヒバリより黒っぽい。

tahi3-191209.jpg

具体的(ぐたいてき)には、背側(せがわ)が。 それに、褐色(かっしょく)ながら、やや緑(みどり)っぽい。

とゆ〜ことで、このところ声(こえ)はチョクチョク聞(き)こえていたけれど、ようやく記録(きろく)できたタヒバリ(=フツ・タヒバリ)にございます。exclamation×2

おそらく
徳之島史上、初(はじ)めて地味なタヒバリ属をキッチリ見分(みわ)け、確認(かくにん)した記録ではないか・・・ と。 さすがに、オッサンほどヒマなシマンチュはいませんし。たらーっ(汗)


ちなみに
飛(と)び去(さ)るときの声(こえ)は「ピピピピピ」と連続(れんぞく)していました。 ムネアカタヒバリですと、どこか空気(くうき)が抜(ぬ)けるような「ピスー ピスー」のような声です。

そうそう
ちょくちょくツグミの「クオッ」の声がしていました。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 亜種タヒバリ 】
posted by ぶん+ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) |