2020年01月13日

アマミノクロウサギの 楽園(らくえん)

たまには、アマミノクロウサギ観察小屋(かんさつごや)へ。

kansatsu-200113.jpg

ナニやら、いつもとフンいきが違(ちが)うような・・・

休暇(きゅうか)で、オカちゃんが来(こ)なくなってから、ずいぶんウサフンが増(ふ)えているようです。

usafun-200113.jpg

いよいよ、入口(いりぐち)のところまでウサフンが。exclamation&question

観察小屋のまわりが、ずいぶん人気(にんき)になっているようです。ひらめき

usafun2-200113.jpg

そこらじゅうが、ウンコだらけ。exclamation×2 ウサフンが大好(だいす)きなオカちゃんにとっては、天国(てんごく)に゛るんるん(笑)

ともあれ
観察小屋のまわりはウンコだらけになり、アマミノクロウサギたちのタマリ場(ば)になっているようです。るんるん


せっかくなので
桜並木(さくら・なみき)もチェック。

hizakra-200113.jpg

ヒザクラの開花(かいか)には、だいぶムラがあって・・・こうして咲(さ)いているのは一部(いちぶ)だけ。

帰(かえ)りしな、石原(いしはら)あたりの茶畑(ちゃばたけ)に、花(はな)が?

cha-200113.jpg

やはり、チャノキの花(はな)でした。 あちこち花ごとポテポテ散(ち)っていたので、先月(せんげつ)から咲いていたようですし・・・ マルッと散るところから、ツバキの類(たぐ)いのようです。

 
posted by ぶん+ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アマミノクロウサギ

イノー のち イケ

10時(じ)すぎ、風(かぜ)が弱(よわ)まったので、チヌ狙(ねら)いでイノーへ。

inow-200113.jpg

穏(おだ)やかならざるころ、満潮(みちしお)だったので・・・ イノーには魚(さかな)がコレッポッチもおらず。たらーっ(汗)

と思(おも)ったものの、岩場(いわば)にはカワウたち。

ku-200113.jpg

ここの岩もふくめ3ヶ所(かしょ)で50羽(わ)あまり。 こいつらが、食(く)い散(ち)らしたんかよ゛〜。バッド(下向き矢印)

クロツラーズは健在(けんざい)。

khs-200113.jpg

このまま、5羽とも越冬(えっとう)してくれると嬉(うれ)しいんですけどね゛〜。

チヌを釣(つ)るのは望(のぞ)み薄(うす)なので、上名道(うぇなみぃち)へ。

カモたちは、かなり少(すく)なめ。

kg-200113.jpg

コガモが休(やす)んでいました。 オスなので、すっかり繁殖羽(はんしょく・う)です。 オシドリも含(ふく)め、カモが伴侶(はんりょ)を求(もと)めるのは、今時期(いまじき)から。

このところ増(ふ)えているオオバンたち。

oban-200113.jpg

食性(しょくせい)はカモたちと同(おな)じですが、カモ目(もく)でなくツル目クイナ科(か)で、飛(と)べないヤンバルクイナとか、ニュージーランドのタカヘと親戚(しんせき)です。 ほか、キンクロハジロヒドリガモが、わずかにいただけ。 パッとしないなぁ。

そういえば、伊勢(いせ)でも、カモやオオバンがパッとしなかった気(き)が・・・


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 クロツラヘラサギ Black-faced spoombill 】
posted by ぶん+ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) |