2020年01月16日

地味(じみ)に 観察(かんさつ)

けさの天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)には、まったく鳥(とり)が少(すく)ないなぁ・・・ という印象(いんしょう)。 けれども、ゼンゼンいないわけではありません。

tgm-200116.jpg

この冬(ふゆ)は、久(ひさ)しぶりにツグミが越冬(えっとう)しています。

んが・・・ だいぶプレッシャーをかけられているよう。

mg-200116.jpg

ピヤッと飛(と)んで威嚇(いかく)したのは、ムナグロ。 オメ〜は、ここの留鳥(りゅうちょう)じゃなかろうがexclamationとツッコミたくなりますが、イソヒヨドリよりも大(おお)きいし、意気地(いきじ)も強(したた)かなので。 もちろん、イソヒヨドリもツグミを威嚇してます。たらーっ(汗)

それを、コソコソを得意(とくい)としながら、逃(のが)れているツグミ類(るい)も。

sh-200116.jpg

ご存(ぞん)じの、シロハラスメント・・・ いやシロハラです。 油断(ゆだん)すると、やはり威嚇されてしまいます。たらーっ(汗)

威嚇されても死(し)ぬるワケではなくとも、もし翼(つばさ)や足(あし)に攻撃(こうげき)を受(う)け傷(きず)ができれば、死(し)につながってしまうから恐(おそ)れているものの・・・ 慌(あわ)てるだけで、ケガするんじゃないのexclamation&questionとツッコミたくもなる習性(しゅうせい)でもあります。


昼休(ひるやす)みは曇天(どんてん)だけれど、グランドの芝生(しばふ)にいる鳥たちをジロジロ。 すると、常連(じょうれん)ムナグロの手前(てまえ)でダッシュしていたのは、マミジロタヒバリ。

mjt-200116.jpg

いつもより、ずっと素早(すばや)く移動(いどう)しています。

そして、素早くエサを食(く)らう。

mjt2-200116.jpg

やたらチョコマカしているけれど、空回(からまわ)りなような・・・

さらに、こまめに小(ちい)さくシャキーンと胸(むね)をはって警戒(けいかい)。

mjt3-200116.jpg

いつものシャキーンでないのは、ナゼなのでしょうか? そ〜せざるを得(え)ぬ情況(じょうきょう)なのか、はたまた個性(こせい)なのやら。 パラパラと雨(あめ)が当(あ)たりだしたので、ユイの館(やかた)へ。


そうそう
新聞(しんぶん)に、どこぞのログで見(み)かけた画(え)が。exclamation&question

newspaper-200116.jpg

ナンノコッチャ知(し)らんけど、長年観察(ながねん・かんさつ)を・・・ とか書(か)かれていて、まるっきりオジーマ扱(あつか)い。たらーっ(汗) たかだか10年(ねん)では、長年とゆ〜にはマダマダだと思(おも)うのですけれど・・・ ひょっとして、そろそろ長年の仲間入(なかま・い)りに゛っ??? チッキショ〜めexclamation

いや、ゼンゼン知らんよソゲナコツ・・・ ナンのことかな???(笑)


※オジーマ/オバーマ=山口弁(やまぐち・べん)で、やたら無駄(むだ)に元気(げんき)で、面倒(めんどう)くさくなるジジババのこと。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 マミジロタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) |