2020年01月22日

昼休(ひるやす)み にも

トリトリデッキの西側(にしがわ)に、白(しろ)い一団(いちだん。

khsx5-200122.jpg

これまでで、もっとも寛(くつろ)いでいるクロツラーズ。

『寛』なんて漢字(かんじ)は書(か)いたこともないけれど、カカトで休(やす)んだり、ノビしたり・・・ ビミョ〜にイライラしているようでも、これほどホノボノした様子(ようす)は、この10年(ねん)で初(はじ)めてかもしれません。ぴかぴか(新しい)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 Black-faced spoombill 】
posted by ぶん+ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) |

ターチリ で

気(き)なっていたコトがあって、出勤前(しゅっきん・まえ)にターチリ≒高釣へ。 そこから役場(やくば)へ向(む)かいしなに、ピヤッと来(き)た。exclamation×2

8g-200122.jpg

え゛? ヤツガシラ。exclamation&question

なしてワザワザ飛来(ひらい)したのか知(し)らないけれど、たぶん、まえに真瀬名川(ませながわ)にいたヤツでしょう。

じわじわ寄(よ)っているオッサンを気(き)にしつつも、逃(に)げるのがメンドクサイのでグルーミングをワシャワシャやっていたら、なんだかヌボ〜とした雰囲気(ふんいき)に。

8g2-200122.jpg

このあとまた、もと来た見当(けんとう)の右下(みぎした)へ、ピヤッともどってしまいました。

それにしても
ピヤッと飛来しなければ、オッサンが気(き)づくこともなかったろうし、出勤が遅(おそ)くなることもなかったのにぃ゛〜。たらーっ(汗)


ちなみに
右手(みぎて)にある、沈砂池(ちんさち)にいるようです。

8g3-200122.jpg

まさか、避難(ひなん)する木(き)もない、こんなとこで見(み)つかるとは・・・


ところで
ターチリにまで、イノシシが到達(とうたつ)しているようです。 山裾(やますそ)で半端(はんぱ)に柵(さく)をめぐらせ、狩(か)りもしないために・・・ 山にもどられないイノシシが、逆(ぎゃく)に海岸(かいがん)にまで広(ひろ)がってしまった。 ほとんど、マングースまがいの状況(じょうきょう)に。爆弾 やれやれ。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ヤツガシラ 】
posted by ぶん+ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

朝飯前(あさめしまえ)に・・・

このところ、朝(あさ)が薄暗(うすぐら)かったのですけれど、ついにシビレを切(き)らして天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)へ。

なにしろ、すんごい凪(な)いでいたし。

nesgata-200122.jpg

干潟(ひがた)に残(のこ)った水面(みなも)に、寝姿山(ねすがたやま)が。

お゛〜 さっそくおったおった。

hmd-200122.jpg

ホシムクドリ たち・・・だったんですけれど、ウマイコト記録(きろく)できず。 20羽(わ)くらいいる感(かん)じでした。

けっこう寒(さむ)いなか、ブラブラしていると・・・スッカリいなくなったと思(おも)っていた、ジョウビタキのメスが。exclamation&question

jb-200122.jpg

オッサンの舌打(したう)ちでやってるマネを、ニラミつける目力(めぢから)がハンパでない。exclamation けれど、目が頭(あたま)の横(よこ)についているので、分(わ)かりづらい・・・たらーっ(汗)

どこからか、シマアカモズの声(こえ)がしていました。 ほかにも、やたら声高(こわだか)に鳴(な)いているツグミとか、ムナグロやマミジロタヒバリ、逆(ぎゃく)に珍(めずら)しい、たった1羽(わ)だけのムネアカタヒバリなどが。 さはさりながら、どこか閑散(かんさん)としすぎている運動公園。

やっぱり、オマエかぁ゛〜。バッド(下向き矢印)

ssb-200122.jpg

昨秋(さくしゅう)から、テニスコートのまわりに居(い)ついているサシバ。 どうやら、コイツが幅(はば)を利(き)かせていために、ほかの鳥(とり)たちが緊張(きんちょう)を保(たも)っているようです。

ちなみに
ホシムクドリたちは、カラスに近(ちか)いだけあって、チームプレーでサシバを威嚇(いかく)し返(かえ)していましたけどね。ぴかぴか(新しい)

そういえば
いつもならノビノビと採餌(さいじ)しているハズのキアシシギたちが、ピリピリして外来種(がいらいしゅ)メヒルギのまわりへ避難(ひなん)するような振舞(ふるま)いをしてましたから・・・ ハヤブサもウロウロしているのでしょう。

干潟を飛(と)ぶ、メダイチドリたち群(む)れ。

mdc-200122.jpg

早(はや)くも、そろそろ北(きた)への移動(いどう)を始(はじ)める時節(じせつ)なんです。 水面に映(うつ)るチドリたも、ナカナカ。いい気分(温泉) いつものように? ハマシギとキョウジョシギも混(ま)じっています。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ホシムクドリ 】
posted by ぶん+ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) |