2020年02月01日

ヒザクラの ロケハン

当部(とうべ)の案内看板(あんない・かんばん)のリニューアルで、桜並木(さくら・なみき)を入(い)れたい・・・ とのご要望(ようぼう)でしたので、晴(は)れるのを待(ま)っていました。

昼頃(ひるごろ)になって、ちょっと晴(は)れた・・・ この場合(ばあい)のちょっとって、1〜2時間(じかん)くらいのイメージ? それとも小一時間(こいちじかん)くらいが相場(そうば)でしょうか?(笑)

ともあれ
気象衛星(きしょう・えいせい)で確認(かくにん)すると、筋状(すじじょう)の雲(くも)のスキマでしか晴れないので、パパッと行(い)って撮影(さつえい)しようかと。

さっそく、こないだ求(もと)めたIXY650で、サクッとキレイに・・・

boke-200201.jpg

あ゛りゃま゛exclamation
空(そら)をスッキリ写(うつ)そうと、偏光(へんこう)フィルター越(ご)しにすると、ピントが合(あ)ぃやせん。たらーっ(汗)

片手(かたて)だと、持(も)ちにくいしイライラするので、結局(けっきょく)いつものサイバーショットに。

hizakura-200201.jpg

並木をそのまんま写すと、遠(とお)くほど花(はな)がミッチリになってしまうので、アングルを変(か)えてアレコレ試(ため)して・・・ 花のアップ、花の重(かさ)なり、道路(どうろ)をモリッと入(い)れてみました。ひらめき


それはそうと
リュウキュウメジロが、近(ちか)いこと 近いこと。

r_mjr-200201.jpg

さっきも、ヒザクラに夢中(むちゅう)になっていたら、1メートルあまりまで。 お陰(かげ)でビーム砲(ほう)レンズの限界(げんかい) 4.5メートル以内(いない)の懐(ふところ)にサクッと入(はい)られてしまいます。

こうして、アップにして観(み)ると、オシベが近い。

r_mjr2-200201.jpg

もうちょいグイッと、クチバシを入(い)れると・・・ オシベの花粉(かふん)が目(め)に入って、しょぼしょぼするハズですから、これ以上(いじょう)は瞬膜(しゅんまく)を閉(と)じるのでしょう。

さておき
まわりの島(しま)でも、こんな風(ふう)に近いのでしょうか? 伊勢(いせ)じゃ、そんなことはアリマセンでしたが。 アタリマエのことは、ネットに載(の)らないのが弱点(じゃくてん)。たらーっ(汗) 近さには、突然(とつぜん)や偶然(ぐうぜん)でない場合は2種類(しゅるい)あり、ニンゲンを気にしないのと、ニンゲンに興味(きょうみ)がある場合です。 国内では、ほとんどニンゲンを気にしないタイプです。 小笠原(おがさわら)のハシナガウグイスのように、ジロジロしにくるのも稀(まれ)にいて、それはおそらく、えっぽどニンゲンが少ない土地柄(とちがら)だから。

なして
動物(どうぶつ)に好奇心が無駄(むだ)に必要(ひつよう)なんだ? と思(おも)ったアナタ。 知能(ちのう)こそ好奇心であり、偶然(ぐうぜん)より多(おお)くの可能性(かのうせい)を得(え)るための、生物(せいぶつ)の特技(とくぎ)なんです。exclamation×2 モテることもないし、食(た)べることも儲(もう)かりもせず無駄なハズなのに、ナゼか好(す)きだったり、拘(こだわ)ったりしているコト、ありませんか?



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ヒカンザクラ カンヒザクラ 】
posted by ぶん+ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

このごろ ちょっと 気(き)になる

AYTでおなじみのオカチャンが、よく電話口(でんわぐち)で「その日(ひ)はちょっと予定(よてい)が・・・」などと、よくよく「ちょっと」が出(で)てくるんで、すんごい気にかかるワケです。 ちょっとしか予定が入ってないんだから、おおむねOKじゃね? とツッコミたくなることこの上(うえ)ない。(笑)

JKが謂(い)うところのちょっと、よくわかんないんだけど」に至(いた)っては、むしろアンタの謂っとることがゼンゼンわからんわいexclamation×2 と、全力(ぜんりょく)で思(おも)ってしまう。

「ちょっと」の意味(いみ)というか使(つか)い方(かた)は、イロイロあるようです。

まず
ちょっとが連発(れんぱつ)されるときは、おそらく頭(あたま)の回転(かいてん)が間(ま)に合(あ)わず、間をもたせるための間投詞(かんとうし)。 え〜 あの〜 その〜 も同様(どうよう)で、それらを併発(へいはつ)するようだと、コミュニケーション不良(ふりょう)?(笑)

つぎは
「ちょっと」を用(もち)いて、ひかえめに「かなり」を表現(ひょうげん)してしまうこと。 ひかえめにすることが美徳(びとく)な民族性(みんぞく・せい)が、極端(きょくたん)に現(あらわ)れた結果(けっか)のよう。 あるいは、ちょっとと謂うことで、自分(じぶん)のヒケメ感(かん)を減(へ)らす効果(こうか)もあるみたい。

それから
ちょっと待(ま)って」を短縮(たんしゅく)?している場合(ばあい)もあるようです。 先(さき)のJKのちょっとは、ちょっとソレっぽい。(笑) 「ちょっとちょっと奥(おく)さまひらめき」も、おそらくソッチ。 

いづれにしろ
会話(かいわ)での「ちょっと」は、ほとんどの場合、無意味(むいみ)で、別(べつ)の用途(ようと)で発(はっ)せられているような?(笑) 文章化(ぶんしょうか)するとき、不要(ふよう)なものは、無意味なのでしょうね。

ちなみに
このログでは、物理量(ぶつりりょう)では「ちょっと」、感覚的(かんかくてき)なところは「いささか」を用いることが多(おお)い気がします。 また文章では「ちょっぴり」の方が伝(つた)わりやすかったり、「ちょっとも」でなく「ちっとも」を用いるので、出番(でばん)は少(すく)ないかもしれません。

オッサンにとって「ちょっとイイですか?」「少(すこ)し痛(いた)くて、心地(ここち)よいですか?」に聞(き)こえたりするので・・・ ちょっとの受(う)け止(と)めも人(ひと)それぞれ?

 
posted by ぶん+ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不自然なこと