2020年02月04日

サシバの 恋(こい)

キッチンの前(まえ)にある電柱(でんちゅう)で、やたらキッウィ〜ィexclamation

ssb-200204.jpg

このアングルだと、オスメスを判断(はんだん)する眉毛(まゆげ)?のような白(しろ)い帯(おび)を確認(かくにん)できないのですけれど・・・ たぶん若(わか)いオス。 だとすると、もうひとつの声(こえ)はメスのラブコール。揺れるハート

なぜなら
メスはオスに対(たい)して、全身(ぜんしん)で鳴(な)くハズですから。exclamation メスが都合(つごう)よく、うまうまと産(う)み出(だ)したオスの存在(そんざい)ですけれど、そうそうウマイコト反応(はんのう)してくれない・・・ のかも。たらーっ(汗)

ホントなら?
オスはメスがいたら迷(まよ)わず恋をするハズだったのに、進化(しんか)したらオスがメスを選(えら)びはじめてしまった・・・ そりゃ〜たぶん、ニンゲンも同(おんな)じみたい。

恵(めぐ)まれた環境(かんきょう)になるほど、進化は歪(ゆが)むので、鳥(とり)たちは進化しすぎてしまったのかも。 もちろん、ニンゲンも・・・爆弾


 
posted by ぶん+ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) |