2020年02月09日

ビンジルガナシと 権現(ごんげん)さま

当部(とうべ)のビンジルガナシは、存知(ぞんち)でしょうか??? シマンチュなら、いっぺんくらいはお参(まい)りされたのでは???

benzru-200209.jpg

江戸時代(えどじだい)より、霊石(れいせき)が祀(まつ)られております。
 
さて
天城町(あまぎちょう)の方々(かたがた)は、もう広報(うほう)あまぎをご覧(らん)になりましたか? シリーズ天城遺産(あまぎいさん)では、当部におわすビンジルガナシや、三京(みきょう)のミンジルガナシの由来(ゆらい)に迫(せま)っています。exclamation×2

binzru-200209.png

正体(しょうたい)は、赤(あか)い仏(ほとけ)? だった・・・ のもあるけれど、オッサンが驚(おどろ)いたのは、内地(ないち)の神仏習合(しんぶつ・しゅうごう)でした。

島(しま)のテラを求(もと)めるうち、内地の神道(しんとう)や仏教伝来(ぶっきょう・でんらい)を調(しら)べていくと、鎌倉時代(かまくら・じだい)のころから、神道も仏教もありゃせん時代?になっていったようなのです。

神道と仏教が明確(めいかく)に分割(ぶんかつ)されたのは、明治政府(めいじせいふ)が天皇家(てんのうけ)を伊勢神道(いせしんとう)と結(むす)びつける必要(ひつよう)があったからです。 江戸時代(えどじだい)には、神道と仏教はゴチャマゼだったようです。

さかのぼって
お馴染(なじ)みの、聖徳太子(しょうとくたいし)の律令政治(りつりょうせいじ)のあと、国内(こくない)は落(お)ち着(つ)いていきますが、宗教(しゅうきょう)が民衆(みんしゅう)に根付(ねづ)くのは12世紀(せいき)、鎌倉時代(かまくらじだい)になって神(かみ)と仏(ほとけ)を結(むす)び、天照大神(あまてらす・おおみかみ)は大日如来(だいにち・にょらい)が現世(げんせ)に顕現(けんげん)する仮(かり)の姿(すがた)・・・ などと、ムリヤリなヘリクツを唱(とな)えたヤツがいて、それがウケたみたいですね。たらーっ(汗)

徳之島(とくのしま)にテラのコトバが定着(ていちゃく)したのは、おそらく江戸時代の中頃(なかごろ)でしょう。 内地では、寺(てら)はテラですが、神社(じんじゃ)とは謂(い)わずミヤだったのではないかと思(おも)われ、こちらではミャーのよう。

拝(おが)むところの意味(いみ)として、テラとミャーが伝(つた)わったものの、琉球王朝(りゅうきゅう・おうちょう)が成立(せいりつ)するのは15世紀(せいき)で、カミもホトケもグッチャグチャの時代。 しかも、神道は布教(ふきょう)などしていなくて、仏教は中国(ちゅうごく)から、禅宗(ぜんしゅう)/臨済宗(りんざいしゅう)が渡(わた)ってきており、内地からも浄土真宗(じょうどしんしゅう)の権現信仰(ごんげん・しんこう)が勢力(せいりょく)を伸(の)ばしていたようです。 もはや、仏教の伝来(でんらい)から800年(ねん)も経(た)っているころですけれど。たらーっ(汗)

さておき
その浄土真宗こそ、一向宗(いっこう・しゅう)とされ、あの一向一揆(いっこう・いっき)の武力集団(ぶりょくしゅうだん)でもあったんです。exclamation×2 けれど、もともと一向宗は鎌倉時代の僧侶(そうりょ)が唱(とな)えた別(べつ)の宗派(しゅうは)だったのに・・・爆弾

などなど
本編(ほんぺん)の主旨(しゅし)とは関係(かんけい)ないけれど・・・内地にかかわる宗教(しゅうきょう)のアレコレが発覚(はっかく)して、オッサンは悩(なや)ましい限(かぎ)り。たらーっ(汗)


江戸時代(えどじだい)まで、すんごい人気(にんき)だったのは、お伊勢(いせ)さんと、金毘羅(こんぴら)さんだそう。 お伊勢さんは神道で、金毘羅さんは権現(ごんげん)です。 権現さまは、カミですけれどカッピナが宿(やど)っておられるので、釈迦(しゃか)さまの弟子(でし)だそうです。

いづれにしろ
現代(げんだい)につながる明治政府が、カミとホトケを分割(ぶんかつ)する以前(いぜん)は、ご利益(りやく)さえあれば、区別(くべつ)することはなかった・・・ のが分(わ)かったのでした。 その、もっともご利益のカタマリなのが、カミやホトケにこだわらない、無敵(むてき)の七福神(しちふくじん)です。exclamation×2


 
posted by ぶん+ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 島文化

避難場所(ひなん・ばしょ)

北風(きたかぜ)が強(したた)か吹(ふ)いて、気温(きおん)は14℃ちょっとまで下(さ)がっています。

tenki-200209.jpg

ちらっと青空(あおぞら)がありますが、雨(あめ)がパラついています。 もちろん、イノーには閑古鳥(かんこどり)が・・・

これまで、荒(あ)れないようチェックしてきませんでしたが、念(ねん)のためチョコッと・・・

khs-200209.jpg

おるおる。

モクマオウの陰(かげ)になって、5羽(わ)かどうかは判(わか)らないけれど・・・ とりあえず、水面(みなも)に映(うつ)っていますし、4羽はいるよう。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 クロツラヘラサギ Black-faced spoombill 】
posted by ぶん+ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) |