2020年02月10日

少(すく)なくなかったカモ・・・

午前中(ごぜんちゅう)はうだうだ惰眠(だみん)をむさぼって、日差(ひざ)しが好(よ)くなった午後(ごご)は、のんびり当部(とうべ)でロケハンでも・・・と寝床(ねどこ)にいたら、キョロロロロロ〜と電話(でんわ)が鳴(な)りました。 それでも寝床にいたら、メッセージが。たらーっ(汗) ユイの館(やかた)のグッシーから、ハードディスクが認識(にんしき)されなくなったので、直(なお)してほしい・・・ とのこと。

オッサンは、デザイナーなんだけど・・・
 
ハードディスクは、ナゼかほどなく認識させられたので、即刻(そっこく)バックアップをとるようおススメしておきました。 体調(たいちょう)がワルいとパソコンの調子(ちょうし)もワルくなるので、体調がイイときは直るのかな???


さて
午後は当部へ。

看板(かんばん)に載(の)せるネタをチェックして、久(ひさ)しぶりに全力(ぜんりょく)で百姓(ひゃくしょう)を名乗(なの)るヒロミツさんとこへ。 オッサンの大恩人(だいおんじん)には、二人(ふたり)のヒロミツさんがいて、その一人(ひとり)。

いや゛〜 やはり話(はなし)が無駄(むだ)にはずんでしまい、2時間(じかん)くらいお邪魔(じゃま)してしまいました。たらーっ(汗)

帰(かえ)りしな、東又(あがりまた)に寄(よ)って、亡(な)きショウゾウ先生(せんせい)が植(う)えられたカワヅザクラを記録(きろく)しておくことに。

kawaz-200210.jpg

オッサンが釣(つ)りに通(かよ)っていた、伊豆大島(いずおおしま)の名物(めいぶつ)オオシマザクラと、こちらのヒザクラとの交配種(こうはいしゅ)で、優(やさ)しいピンクと長(なが)い花期(かき)が持(も)ち味(あじ)です。

そういえば、ショウゾウ先生も話が長(なが)かったっけなあぁ・・・

もひとつ道草(みちくさ)して、上名道池(うぇなみぃちいけ)のカモをチェック。

kkh-200210.jpg

この冬(ふゆ)は、キンクロハジロは少(すく)ないとゆ〜てましたが、ウソでしたexclamation×2 澄(す)みません。 年明(としあ)けになってから、渡(わた)ってくるとは・・・

まんなかのオスと、そのまわりのメスっぽいの? いや右(みぎ)のはオカシイ。 いかにも怪(あや)しいカモ???

オカシイのを、ジロジロしてみることに。

kkh2-200210.jpg

一見(いっけん)、キンクロハジロのメスだけど、白黒(しろくろ)の細(こま)かいパターンが。

翼(つばさ)を開(ひら)くと、キンクロハジロのメスそのもの。

kkh3-200210.jpg

でも、背中(せなか)にあるのは、スズガモのオスっぽいパターン。 カモのオスは秋(あき)のひととき、エクリプスというメスまがいの姿(すがた)になりますが、もうメスにアピールする繁殖羽(はんしょくう)になっているタイミング。

kkh4-200210.jpg

兄弟(きょうだい)かな??? 左(ひだり)がさっきの、右は別(べつ)の個体(こたい)。

う゛〜ん・・・ スズガモのオスは、繁殖羽になるタイミングが遅(おそ)いのでしょうかね゛〜。 それとも、スズガモとキンクロハジロのハイブリッドとか???

 
posted by ぶん+ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) |