2020年04月30日

やっぱり 3羽(わ)に・・・

おととい、4羽めは来(き)て早々(そうそう)イビラレていたので、出(で)てったようです。たらーっ(汗)

khs-200430.jpg

せっかく、越夏(えっか)するクロツラヘラサギが増(ふ)えてくれたと思(おも)ったのにぃ゛〜 このタンチンがぁexclamation×2

もしかして
イビッテたんじゃなくて「オレとイチャイチャしろ゛〜」と追(お)っかけてた、とか・・・ そうだった、朝鮮(ちょうせん)の出身(しゅっしん)なので「オマエはオレと、イチャイチャしなければならない゛っexclamation とか・・・ それって、イチャハラ?たらーっ(汗)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 クロツラヘラサギ 越夏 トリトリデッキ 】
posted by ぶん+ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月29日

不要不急(ふよう・ふきゅう)な・・・

オッサンそのものが不要不急なので、外出(がいしゅつ)をど〜したものか・・・

とりあえず
様子見(ようすみ)で、人気(にんき)も人気(ひとけ)もないトリトリデッキへ。たらーっ(汗)

あ゛・・・ キアシシギが、そこらへんにある外来種(がいらいしゅ)メヒルギの枝(えだ)にいたようで、逃(に)げざまに、呼(よ)びとめてみました。

kas-200429.jpg

この四角(しかく)い枠(わく)がナンなのか、今(いま)もってわかりませんが、キアシシギはそこに。

オッサンを怪(あや)しんで、首(くび)をピョコピョコさせるだけでなく

kas2-200429.jpg

ヤナメツキが、ビシッと決(き)まってます。爆弾

散歩(さんぽ)がてら南(みなみ)へ歩(あゆ)むと、ケッコ〜散歩する町民(ちょうみ)がいらっしゃる。

イノー南端(なんたん)のちかくに、ソリハシシギが休(やす)んでいました。

shs-200429.jpg

ほかの2羽(わ)は、逃(に)げてしまいましたが・・・ 鳥(とり)の肝(きも)っ玉(たま)の太(ふと)さは、個性(こせい)にあふれています。ひらめき

トリトリデッキ駐車場(ちゅうしゃ・じょう)までもどって、イノーにチヌやガセがいないかチェックしながら見回(みまわ)すと、いました。exclamation

sts-200429.jpg

ほとんど岩感(いわ・かん)・・・いささか違和(いわ)はあるけれど、岩になって休(やす)むセイタカシギ。

さらに、川津辺(かわつべ)からオーサトリへ赴(おもむ)くオバチャンたちのあたりに、シラサギ?

kss-200429.jpg

チョロチョロしていたのは、カラシラサギでした。ぴかぴか(新しい)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 】
posted by ぶん+ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月28日

クロツラーズとか ビミョ〜

けさのイノーは、また北風(きたかぜ)。 もちろん、タンパク源(げん)も見当(みあ)たりません。たらーっ(汗)

川津辺(かわつべ)を見(み)やると、サギたち。

sag-200328.jpg

まんなか、やや左(ひだり)の、小柄(こがら)なフサフサ頭(あたま)がカラシラサギ。

魚(さかな)が釣(つ)れてくれないと、このログはほとんど鳥(とり)ネタばかりになってしまう。たらーっ(汗)



昼休(ひるやす)みも、やっぱりトリトリ。 なにしろ、渡(わた)りシーズン只中(ただなか)ですし。

css-200328.jpg

チュウシャクシギが、アオサのところでペタポンと座(すわ)りました。

オッサンはナニも感(かん)じなかったけれど・・・上空(じょうくう)に、ナニかいるらしかった。 紫外線(しがいせん)は曲(ま)がりにくいので、空(そら)に潜(ひそ)んでいる光学(こうがく)ステルスのUFOに気(き)づいたのかな???(笑)

はたまた、川津辺を見やると・・・

khs-200328.jpg

クロツラーズが、1羽(わ)ふえて4羽になってます。exclamation

けど、早速(さっそく)うまくいってないよう。たらーっ(汗)

khs2-200328.jpg

あのヤッカミ野郎(やろう)?が、新入(しんい)りらしい個体(こたい)にカミツキ。exclamation&question こりゃもうヤツアタリ。 どうしてもイチャイチャ・ペアへの横恋慕(よこれんぼ)が、収(おさ)まらないのでしょうか。爆弾

一応(いちおう)、運動公園(うんどう・こうえん)もチェック。

mg-200328.jpg

わざわざ、モクマオウの切(き)り株(かぶ)で物思(もの・おも)いにふけるムナグロ。 こんなの、見(み)たことありませんし、ワケがわかりません。たらーっ(汗) よほどの悩(なや)みが???

まさか、オッサンと同(おな)じく、減塩(げんえん)の味噌(みそ)が、スーパーから消(き)えたから・・・とか。exclamation&question(笑)

いろんな意味(いみ)で風当(かぜあ)たりの強(つよ)い弓道場(きゅうどうじょう)のわきには、マミジロタヒバリ

mjt-200328.jpg

なのやら、コマミジロタヒバリなんだか曖昧(あいまい)なのが。たらーっ(汗)

ともあれ
クロツラヘラサギが、今時分(いま・じぶん)なら減(へ)るハズが・・・増(ふ)えてしまうのは、わりとスゴイことかもしれません。 国内(こくない)では冬鳥(ふゆどり)とされていますから。 このまま、越夏(えっか)してくれると嬉(うれ)しいのですけど。 昨夏(さくなつ)も4羽が越夏しましたし。ぴかぴか(新しい)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 クロツラヘラサギ 越夏 トリトリデッキ 】
posted by ぶん+ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月27日

ノビコ?

ど〜も、ナニか来(き)そうなので、いささかトリトリデッキへのルートを曲(ま)げてみれば・・・

nobi-200427.jpg

畑(はたけ)のわきに、なにやらスズメのようで、スズメでない?

ノビタキのメス、ノビコ?(笑) オスだと、ノビタ。

nobi2-200427.jpg

んでも、コレ・・・ ノビタキにない白(しろ)い眉班(まゆはん)があるような。たらーっ(汗)

調(しら)べたところ、ノビコに似(に)たマミジロノビタキというレアものが、沖縄島(おきなわとう)で記録(きろく)されているとのこと。 それと、ノビタキにもチラッと眉班があるのも、いるらしい。 ややこしいな゛〜

おそらくは
写真(しゃしん)では判(わか)らないレベルの違(ちが)いで・・・ よほど、この鳥(とり)に馴染(なじ)みでないと、見分(みわ)けられないのかもしれない。


あすもいてくれれば、もっと鮮明(せんめい)な写真が記録(きろく)できそうですが。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 】
posted by ぶん+ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) |

シギシサギシギヘラサギシギサギシギサギシギシギシギ

けさ、イノーは満潮(まんちょう)。

inow-200427.jpg

でも、タンパク源(げん)のチヌやヒラアジは、まったく・・・たらーっ(汗)

おやや? 遠(とお)くにサギたちが。

sig_sag_khs-200427.jpg

と思(おも)ったら、足元(あしもと)には、シギシギシギシギシギ・・・ ほとんどがキアシシギで、ソリハシシギや大(おお)きめのチュウシャクシギ、オオソリハシシギがいます。 サギのほうは、クロツラヘラサギ、コサギ、チュウサギ、ダイサギ類(るい)などです。

んが・・・ よ〜観(み)ますと

kss-200427.jpg

小柄(こがら)でフッサフサの、カラシラサギもいました。exclamation×2 フッサフサは、頭(あたま)の冠羽(かんう)のみならず、背(せ)の飾(かざ)り羽(ばね)もなんですね゛〜。 エサを捕(と)っているときは、飾り羽はたたんでしまっていたらしく・・・気(き)づきませんでした。

別(べつ)のグループには、のこりのクロツラヘラサギ2羽(わ)や、アオアシシギなども見(み(られました。

キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 カラシラサギ 】
posted by ぶん+ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月26日

ウソ ついてましたexclamation

きのう、たまたまトリトリデッキのところで、ヤコウガイのシゲルさんや人妻(ひとづま)に出逢(であ)って、ガイドまがいになったとき、ウソつきました。

トリトリデッキのすぐ下(した)の水面(みなも)で、わらわらしていた虫。

ua-200426.jpg

1〜2ミリほどと小(ちい)さかったので、ケシウミアメンボと申(もう)しましたが、ウミアメンボでした。

画像(がぞう)を確(たし)かめたところ・・・

ua2-200426.jpg

ケシウミアメンボ独特(どくとく)の、菱形(ひしがた)でない。 それに、足(あし)も長(なが)い。 まさか、小(ちい)さいころのウミアメンボが、黒(くろ)いとは知(し)りませんでした。

澄みませんでした。exclamation またひとつ、勉強(べんきょう)になりました。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ウミアメンボ 幼体 幼虫 】
posted by ぶん+ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月25日

アカショウビン 初(はつ)いぢり

昼下(ひるさ)がり、ヤボヨ〜で美名田(みなだ)へ。 ふとアカショウビンの声(こえ)がしたので、さっそく鳴(な)きマネ。 ぶらぶら歩(ある)きながら キョロロロロロ〜 クッカルルル などと鳴いて反応(はんのう)を待(ま)ちます。

すると、5分(ふん)もたったでしょうか・・・もう1羽(わ)が応(こた)えるようになったので、オッサンは鳴きやんで録音(ろくおん)してみることに。



後半(こうはん)、ケキョロロッ ケキョッexclamationの谷渡(たにわた)りで、だいぶ離(はな)れていたのが、たちまち背後(はいご)へ。exclamation×2 あたふたするオッサンの、バタついた音(おと)も入(はい)ってます。(笑)

じわぁぁぁぁぁぁ〜っと、ゆ゛〜っくり振(ふ)り返(かえ)ってみれば お゛〜 今(こん)シーズン初のリュウキュウアカショウビン。ぴかぴか(新しい) しかも、なんかくわえとる。exclamation&question

as-200425.jpg

こんなときに限(かぎ)ってコンデジ・・・たらーっ(汗) ともあれ、爬虫類(はちゅうるい)はヘルシーなタンパク源(げん)、キノボリトカゲです。exclamation 尻尾(しっぽ)が、んなげ〜exclamation そりゃもう、ビシバシと枝(えだ)にタタキつけてました。たらーっ(汗) な〜む〜。

呑(の)みこむは一苦労(ひとくろう)、オッサンを気(き)にするどころではないらしい。

as2-200425.jpg

だいぶ呑んだところで、クッカルルル クッカルルルと無理矢理(むりやり)鳴きかけてみると、キョッケ・ルル・ル・ル・・・のどにトカゲがあると、うまいこと鳴けないことがわかりました。ひらめき(笑) やがて、ウロついていたカラスに追(お)っ払(ぱら)われてしまいました。

せっかくなので、はじめに応えてくれたヤツ・・・遠(とお)ざかってしまった見当(けんとう)へ呼(よ)びかけ直(なお)したところ・・・

as3-200425.jpg

きたきた、けど後(うし)ろの葉(は)のコントラストが強(つよ)すぎてピントが合(あ)いません。たらーっ(汗)

さらに鳴いてやると、向(む)きなおりました。

as4-200425.jpg

ほとんどピンボケでしたが、なんとか合っているらしいワンカット。ぴかぴか(新しい)

ま゛〜 しかし
やっぱりアカショウビンいぢりは、楽(た〜の)しいな゛〜 申(もう)し訳(わけ)ないけれど。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 アカショウビン 口笛 】
posted by ぶん+ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

チョ〜 めざましexclamation&question

なんと、けさは12℃まで下(さ)がったので、イノーにはヒラアジが入(はい)らないだろう・・・と二度寝(にどね)を決(き)めこんでいたら、庭(にわ)が騒(さわ)がしい。 とゆ〜ても、バババナ全開(ぜんかい)ではなく、ヒロロロロ〜 ピュルピュル チュルリリリリるんるん あ゛〜も゛〜イソヒヨドリかよ゛〜 ん゛ なんか違(ちがう)ぞexclamation×2

ガバッと起(お)きて、さっそくキッチンの窓(まど)からガラケーで録音(ろくおん)しながら、耳(みみ)をかたむけます。



ヒタキのような、コマドリのような。 特徴(とくちょう)といえば、派手なサエズリの間(ま)に・・・かすかにピッピッとリズムをとるような声(こえ)がするところ。 それと、地面(じめん)からほど近(ちか)い、低(ひく)いところで鳴(な)いているところ。

調(しら)べたところ、森(もり)の小鳥(ことり)コルリひらめき

長(なが)いこと声のほうをジロジロしましたが、記録(きろく)するどころか・・・3秒(びょう)くらい、青(あお)い背(せ)と白(しろ)い腹(はら)の小鳥が見(み)えただけでした。たらーっ(汗)

ちょうど一月(ひとつき)まえに聞(き)いたのも、たぶんこれ。 でもまさか、奄美群島(あまみぐんとう)でも、めったに見つからないコルリが、庭に来(く)るとはね゛〜。 ジャングル庭園(ていえん)、バンザ〜イexclamation×2(笑) 除草剤(じょそうざい)と伐採(ばっさい)を日延(ひの)べしたカイがありました。 ちなみに、地鳴(じな)きはジョウビタキのような、カッ カッ でした。


【驚愕の追伸】きょうがくのついしん?
夕(ゆう)、コルリがでてこないかと、一杯(いっぱい)やりながら待(ま)っていた6時(じ)まえ、聞いたことのない ヒヨ ヒヨ ヒヨ ピリリリリるんるん

kbtk-200425.jpg

キンネムの枝(えだ)には、まさか ま・さ・か・のキビタキ若鳥(わかどり)。exclamation×2exclamation×2 ジャングル庭園は、すっかりヒタキの園(その)に゛っexclamation&question(笑) ど〜なってんの? ウチの庭・・・


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 コルリ 】
posted by ぶん+ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月24日

まず ハラグロから・・・

きょうも干潟(ひがた)では北風(きたかぜ)が7〜8メートル吹(ふ)いて、20℃そこそこまでしか上(あ)がりませんでした。 もっとも早(はや)ければ、あと数日(すうじつ)で梅雨入(つゆい)りだというのに。たらーっ(汗)

サギたちは数(かぞ)えるほどで、中型(ちゅうがた)のシギたちが目立(めだ)っています。

oshs-200424.jpg

赤黒(あかぐろ)いカラーリングは、オオソリハシシギ成鳥(せいちょう)のオスです。 足指(あしゆび)の曲(ま)がりが個性(こせい)だな゛〜。

ほかにも。

css-200424.jpg

チュウシャクシギは、オスメスが見(み)た目(め)では判(わか)りません。 ヤナメツキと、鼻(はな)の穴(あな)の美(うつく)しさは判ります。exclamation(笑)

さらに目立つのが、ムナグロたち。

mg-200424.jpg

干潟よりもむしろ、運動公園(うんどう・こうえん)や畑(はたけ)で見かけます。

そろそろ、夏羽(なつばね)になりつつあります が・・・

mg2-200424.jpg

胸(むね)よりも、腹(はら)から黒(くろ)うなるんですね゛〜。 でも極北(きょくほく)で目立つのでは? と思(おも)いましたが、上空(じょうくう)からはホトンド見えませんし、ホッキョクギツネやロシアでは外来種(がいらいしゅ)のミンクなども、座(すわ)ってしまえば気(き)づきにくいのかもしれない。 ニオイが漂(ただよ)わない、風上(かざかみ)<風下(かざしも)なら・・・


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ムナグロ 】
posted by ぶん+ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月23日

な゛〜るほど

きょうもきょうとて、自然日誌(しぜん・にっし)とゆ〜より、トリトリ日誌でして・・・ かててくわえて、北風(きたかぜ)が10メートルほどで曇天(どんてん)、しかも19℃にとどいてません。曇り

シラサギたちはどこかへ・・・ わずかに残(のこ)ったのも、戸ノ木(とのぎ)のあたりで縮(ちぢ)こんでいました。 ほかには、なんもいそうにない。たらーっ(汗)

とりあえず、イノーの南(みなみ)へ。

意外(いがい)と? 外来種(がいらいしゅ)メヒルギの間(あいだ)に潜(ひそ)んでいるようで、オッサンに警戒(けいかい)して鳴(な)くキアシシギに応(こた)えると、ずっと遠(とお)くからも声(こえ)が返(かえ)ってきます。 ムナグロたちは、やはり干潟(ひがた)にもグランドにもいます。 それと、そこらの畑(はたけ)にも。

暗(くら)くてピントを合(あ)わせづらいところで、ちょこちょこ走(はし)っているシギがいます。

akas-200423.jpg

気温(きおん)のせいか、ぷっくりしたアカアシシギ。 夏羽(なつ・ばね)になりかけていて、冬(ふゆ)羽とは保温効果(ほおん・こうか)が異(こと)なるのかもしれない。

トリトリデッキのほうへ戻(もど)りながらイノーを眺(なが)めると意外(いがい)な? 大物(おおもの)。

oshs-200423.jpg

オオソリハシシギのメ・・・ オスexclamation&question カフェオレっぽいシックな色調(しきちょう)ながら、胸(むね)やわきの下(した)あたりに褐色(かっしょく)の羽毛(うもう)が生(は)えかけています。 メスにはない、色合(いろあ)い。

ちなみに
ゼロ歳(さい)の幼鳥(ようちょう)のメスもオスも、オトナのメスの色合いともにカフェオレっぽいソックリさんですから、なかなか見分(みわ)けられそうにない。たらーっ(汗) ただ、幼鳥は経験不足(けいけん・ぶそく)で天敵(てんてき)に気(き)づきにくいぶん、天敵が間近(まぢか)にいても気づかれないよう・・・チリチリした細(こま)かいパターンになってるようです。ひらめき 遠目(とおめ)には、砂利(じゃり)も砂(すな)も似(に)た色合いですけれど、近(ちか)づけばゼンゼン違(ちが)いますからね゛〜。


もう1羽(わ)、手前(てまえ)にいました。exclamation さ〜すが保護色(ほごしょく)といったところ。

oshs2-200423.jpg

こちらもやはり、オスのような羽毛なものの、もっと赤茶(あかちゃ)になっていてもいいハズなのですけれど・・・

例(れい)のAnageによると、どうやらオトナになるまで2年(ねん)ほどかかるよう。 な〜るほどね〜 いっぺんにオトナになるワケではないらしい。ひらめき でも、若造(わかぞう)なのにワザワザ渡(わた)るのは、来年(らいねん)オトナになって1万(まん)キロを渡るにしても、修行(しゅぎょう)が必要(ひつよう)なのかもしれません。

そうそう
オオソリハシシギは、南半球(みなみ・はんきゅう)のアフリカやオーストラリア大陸(たいりく)の南部(なんぶ)から極北(きょくほく)まで、春秋(はるあき)ごとに1万キロ以上(いじょう)を渡るのもいますから、30年(ねん)あまり生(い)きれば、地球(ちきゅう)から月(つき)まで≒38万キロを往復(おうふく)してしまえるようです。ぴかぴか(新しい)

トンデモナイを、飛(と)んでしまうヤツじゃった・・・



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 オオソリハシシギ 冠羽 成熟 】
posted by ぶん+ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月22日

滞(とどこお)る 渡(わた)り

きょうも北風(きたかぜ)ビョ〜ビョ〜、19℃そこそこ、冬(ふゆ)にもどってしまった寒(さむ)さ。

干潟(ひがた)には、渡りたくても北風に逆(さか)らえないダイサギ類(るい)。

ds-200422.jpg

25羽(わ)くらいいましたが、よ〜く観(み)ると、クチバシが黄(き)な、成熟(せいじゅく)していない個体(こたい)が混(ま)じっています。 ここでは、少数(しょうすう)が越夏(えっか)しますが、よそではどうなんでしょうか???

イノーの南端(なんたん)あたり、クロツラヘラサギが1羽。

khs-200422.jpg

あのイビラレていた、冠羽(かんう)の伸(の)びた個体です。 クチバシのシワもありますし、すっかりオトナっぽいけれど、淡褐色(たんかっしょく)の首輪(くびわ)がありません。 ニンゲンでも、ひとより早(はや)く背(せ)が伸びたりする個性(こせい)があるように、鳥(とり)たちにも起(お)こるのでしょう。

さらに奥(おく)のほうには、セイタカシギが1羽。

sts-200422.jpg

どえらい目(め)が赤(あか)いので、夜(よ)な夜な渡りすぎたとか。exclamation&question(笑) タカなどの猛禽類(もうきんるい)を避(さ)けなきゃならない鳥たちは、なるべく夜(よる)に渡らにゃなりません。 背(せ)の黒(くろ)さが、どちらかというと茶(ちゃ)っぽいので、メスようです。

念(ねん)のため、グランドもチェック。 なにしろ、ハクセキレイ、キセキレイ、ツメナガセキレイの気配(けはい)を感(かん)じていたので・・・

mjt-200422.jpg

って、どれでもないじゃん。たらーっ(汗) 同(おな)じセキレイ科(か)ではありますが、マミジロタヒバリ・・・そろそろ夏羽(なつばね)かな?

北風がつづくので、渡りかねている鳥たちが島(しま)のあちこちで羽(はね)を休(やす)めたり、栄養補給(えいよう・ほきゅう)したりしています。 しばらくは北風が止(や)みそうにないので、しばらくは渡らず、滞在(たいざい)するしかなさそうです。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 マミジロタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月21日

シラザギ 図鑑(ずかん)?

けさのイノーは釣(つ)りのチャ〜ンスexclamation だったハズが・・・曇天(どんてん)で北風(きたかぜ)。曇り

inow-200421.jpg

あと一週間(いっしゅうかん)あまりで、海開(うみびら)きだというのに。たらーっ(汗)

潮(しお)から逃(のが)れた岩場(いわば)に、サギたちが集(あつ)まっていました。

sag-200421.jpg

カフェオレっぽい、アマサギがいるのが新鮮(しんせん)、冬羽(ふゆばね)ですとシラサギになります。 この岩に来(き)たのは、初(はじ)めのことで・・・なんてったって、干潟(ひがた)でエサを捕(と)らないので。

んん゛〜 惜(お)っしぃ゛〜exclamation×2 白(しろ)いアマサギと、クロサギの白色型(はくしょくがた)がいたら、パーフェクトなんですけれど、それはタカ望(のぞ)みしすぎ。(笑)

zkan-200421.jpg

とはいえ、シッカリと珍鳥(ちんちょう)カラシラサギがいますし、紛(まぎ)らわしいコサギとチュウサギたちまでキチンと並(なら)んでくれました。ひらめき ダイサギ類(るい)は、オオダイサギかチュウダイサギか、サッパリわからんので。(笑) いつもなら集(あつ)まることで薄(うす)まるハズの存在感(そんざいかん)ですけれど・・・イロイロなシラサギが集合(しゅうごう)すると嬉(うれ)しい限(かぎ)りだし、カナリの珍事(ちんじ)です。ぴかぴか(新しい)

それはそうと
よ゛〜く観(み)てください。exclamation ダイサギ類にしろ、コサギにしろ、向(む)きによって足(あし)の細(ほそ)さが違(ちが)います。 サギ類「あるある」なのですけれど、空気抵抗(くうき・ていこう)を減(へ)らすためか・・・正面しょうめん)からだと、見(み)かけ細くなっています。ひらめき ほか、小柄(こがら)に見(み)えてしまう、チュウサギも要(よう)チェック。


そもそも
シラサギたちが集(あつ)まった原因(げんいん)は、イノーが満潮(まんちょう)なだけでなく、度重(たび・かさ)なる異常(いじょう)な北風。 サギたちの貧弱(ひんじゃく)≒省(しょう)エネな胸筋(きょうきん)による北上(ほくじょう)は難(むつか)しく、油断(ゆだん)すれば即座(そくざ)に海(うみ)ボチャで必死(ひっし)ですから、風が変(か)わるのを待(ま)っているのです。


これから先(さき)
ますます、マスク50枚(まい)で1万円(まんえん)とか、そ〜ゆ〜シラジラしいサギも増(ふ)えてくるのかもしれませんね。爆弾



そうそう
珍(めずら)しく、運動公園(うんどう・こうえん)のフクギに、アオバトが飛来(ひらい)していました。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 カラシラサギ 】
posted by ぶん+ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月20日

だカラ シラサギは メンドクサイexclamation

昼休(ひるやす)み、弓道場(きゅうどうじょう)の西側(にしがわ)に・・・

kss-200420.jpg

あ゛〜 まだおったんかぁ〜、カラシラサギ。たらーっ(汗) 陽炎(かげろう)のなか、フサフサなのと黒(くろ)い足(あし)が確認(かくにん)できます。

カラシラサギは、珍鳥(ちんちょう)だけれど地味(じみ)なのが玉(たま)にキズ。

kss2-200420.jpg

だって、ただのシラサギじゃもん。たらーっ(汗) ウロチョロしているアオアシシギも、シュッとしているのにパッとしないシギですけれど・・・ キョーキョーキョーと泣(な)くような鳴(な)きが、なんとも切(せつ)ないのが魅力(みりょく)。

その手前(てまえ)で、じぃ〜っと干潟(ひがた)を見(み)つめるシラサギ。

cs-200420.jpg

やはり、繁殖期(はんしょくき)にクチバシが黄色(きいろ)いチュウサギ。 カラシラサギとチュウサギの小柄(こがら)なのは、大(おお)きさまで似(に)ているのでメンドクサイ・・・ 慣(な)れるまで、スイブン悩(なや)まされました。

ほかにも、オオダイサギとチュウダイサギなどは別種(べっしゅ)なのにほぼ同(おな)じで厄介(やっかい)ですし・・・ こうして似通(にかよ)った雰囲気(ふんいき)だからこそ、天敵(てんてき)が目移(めうつ)りしやすいのを利用(りよう)してるのは分(わ)かるんですが、魅力(みりょく)も薄(うす)まりすぎですよね。爆弾


イノーの南端(なんたん)あたりで、カワセミたちが騒(さわ)いでいました。

ks-200420.jpg

クチバシの下(した)が赤(あか)くないので、オスのよう。 カワセミたちは、どえらいケンカ好(ず)き。 そもそも、ドSどうしの逢(あ)い引(び)きって、どんなん? とりあえず、惚(ほ)れ具合(ぐあい)を、攻撃(こうげき)の強(つっよ)さで確(たし)かめあうとか???(笑)

そういえば
カワセミのセミソミショウビンらしい。 で・・・ 内地(ないち)には、大(おお)きめのヤマセミがいますが、南方(なんぽう)には、たまに飛来(ひらい)するヤマショウビンとゆ〜のもいます。 かぶってますよね。たらーっ(汗)



追伸(ついしん)
カワセミの向(む)こう、空港(くうこう)の草地(くさち)から、「ポ ポ ポ ポ ポポポポポポ」とヒクイナの声(こえ)がしていたので、オッサンもつい・・・(笑)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 カラシラサギ 】
posted by ぶん+ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月19日

ヒメが タンゲサゼン?

トリトリデッキ下(した)にいるヒメシオマネキの事情(じじょう)は、そんなに甘(あま)くはありません。

hime-200419.jpg

オスどうしの争(あらそ)いで、大(おお)バサミをもぎとられてしまったオスが、しんみり生活(せいかつ)しています。 でも、関(せき)の孫六(まごろく)の名刀(めいとう)をもとめ、身(み)をやつしてるワケではありません。たらーっ(汗)

カニはトカゲの尻尾(しっぽ)よろしく、足(あし)を自切(じせつ)しますが、自動的(じどうてき)に千切(ちぎ)れるのではなく、ここぞと思(おも)ったときに切ってしまうらしい。 でないと、体液(たいえき)がダラダラ流(なが)れ、失血死(しっけつ・し)するのはニンゲンと同(おな)じ。

けれど
甲殻類(こうかくるい)のスゴイところは、脱皮(だっぴ)によって再生(さいせい)すること。exclamation

hime2-200419.jpg

こちらもトリトリデッキ下のオス。 あの凶悪(きょうあく)な感(かん)じでなく、すっとしたデザインになって復活(ふっかつ)します。 だた・・・ もとあったヤツほど、強度(きょうど)はないらしい。 再生オスは、2頭(とう)ほど見(み)かけました。
 

キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ヒメシオマネキ 】
posted by ぶん+ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

トリトリデッキまわり 活発(かっぱつ)

春(はる)の渡(わた)りで、いつもより目立(めだ)つのが、ダイゼン。

dz-200419.jpg

けどナゼか、夏羽(なつばね)になってません。たらーっ(汗) 数羽(すうわ)が越冬(えっとう)しますが、渡りのはほんの少(すこ)ししか見かけなかったのです。

そっくりさんのムナグロは、干潟(ひがた)だけでなく運動公園(うんどう・こうえん)にも飛来(ひらい)してます。

mg-200419.jpg

こちらは、ムナグロらしく腹黒(はらぐろ)?になりかけています。 ダイゼンも、腹黒になるハズですけれど、見(み)たことがありません。

ともあれ
ダイゼンもムナグロも、これから極北(きょくほく)まで5000キロほど旅(たび)をしますから、先(さき)は長(なが)い。

デッキのすぐ下(した)をウロウロするのは、メダイチドリたち。

mc-200419.jpg

この個体(こたい)はオス。 はじめて夏羽になるゼロ歳(さい)のようで、頭(あたま)の赤茶(あか・ちゃ)が、パッとしません。 がんばれ若造(わかぞう)。exclamation

に・・・ 釣(つ)られて、もっと赤いのがピヤッと飛来(ひらい)。

shs-200419.jpg

お゛〜 めったに見(み)られない、夏羽のサルハマシギです。ひらめき これまた、極北までの旅の途中(とちゅう)。 イソヒヨドリくらいしかない、小(ちい)さい体(からだ)で・・・

ほか
シロチドリ、アカアシシギ、キアシシギ、アオアシシギ、タカブシギ、オオソリハシシギなどが見(み)られ・・・ 上空(じょうくう)からはまた、ツバメチドリのキョルルルが聞(き)こえていました。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 サルハマシギ 】
posted by ぶん+ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月18日

トリトリ日和(びより)

曇天(どんてん)なのに、ちょい暑(あつ)い・・・

昼(ひる)さがりなのに、シギ・チドリたちの渡(わた)りは活発(かっぱつ)。

oshs-200418.jpg

空港(くうこう)の上空(じょうくう)でターンして、干潟(ひがた)に降(お)りようとするオオソリハシシギたち。

このあと、チュウシャクシギやメダイチドリたちも降りてきました。 遅刻気味(ちこく・ぎみ)だから、夜(よる)だけのフライトでは間(ま)に合(あ)わないのかもしれない。 ほか、コアジサシやマミジロタヒバリの声(こえ)が、空(そら)から聞(き)こえてきました。

カラシラサギは・・・

kss-200418.jpg

おったおった、いささか遠(とお)いけれど。

コサギ風(ふう)に、水面(みなも)でステップを踏(ふ)むように舞(ま)います。

kss2-200418.jpg

追(お)いかけているのか、惑(まど)わせているのか・・・ ひつっこく追われると、小魚(こざかな)のスタミナ切(ぎ)れで、スピードダウンするのかな?

少(すく)なくとも追い込(こ)んではいません。

kss3-200418.jpg

浅瀬(あさせ)でもないですし。

あ゛ 捕った。

kss4-200418.jpg

おそらく、イノーでもっとも多(おお)い、セスジボラの幼魚(ようぎょ)ではないかと。

コサギがやってきました。

kss5-200418.jpg

カラシラサギは、こうしてシュッとした姿勢(しせい)をするのが特徴(とくちょう)です。 コサギの棒立(ぼうだ)ちとは違(ちが)い、ハンナリした佇(たたず)まい。


そういえば
昨夕(さくゆう)、ダイヤモンド富士(ふじ)とならび称(しょう)される、神秘(しんぴ)の光景(こうけい)・・・

d_trtr-200418.jpg

ダイヤモンドトリトリが見(み)られました。
exclamation×2(笑)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 カラシラサギ 】
posted by ぶん+ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

AnAge Database of Animal Ageing and Longevity

動物(どうぶつ)の成熟(せいじゅく)と、長寿(ちょうじゅ)のわかるサイトを見(み)つけました。

オッサンが大好(だいす)きなアジサシ=英語(えいご)でTernと入力(にゅうりょく)すると、東西(とうざい)のEastern Westernがひっかかり、カンガルーとか出(で)ますが・・・ おおむね参考(さんこう)になります。exclamation(笑)

英名(えいめい)でも、学名(がくめい)でもOKだったり、オオザッパにツバメ=Swallowなどと入力して、ザックリ検索(けんさく)できるところもイカシてます。 ただまぁ、短(みじか)いキーワードCatとかだと、Ternよろしく、いろんなのが出(で)てしまうので、そこらはコツが要(い)りそうです。

平均寿命(へいきん・じゅみょう)でなく、長寿なのも要注意(ようちゅうい)かな? たいがいの動物は、ひとつがいから生(い)き延(の)びる子(こ)は、せいぜい2〜3頭(とう)なので、平均寿命は出産数(しゅっさんすう)が多(おお)いほど生存率(せいぞんりつ)が低(ひく)いため、短くなります。

また
成熟(せいじゅく)に時間(じかん)がかかる動物ほど、成熟してしまうと生(い)き延(の)びる確率(かくりつ)がグッとアップする傾向(けいこう)があります。

 
posted by ぶん+ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物

2020年04月17日

渡(わた)り ぼちぼち

けさは朝(あさ)ごはんのまえに、トリトリデッキへ。 ようやく南風(みなみかぜ)なのに、ひんやりと乾(かわ)いています。

このところ活発(かっぱつ)なのが、アオアシシギ。

aoas-200417.jpg

キョーキョーキョーと声(こえ)を響(ひび)かせ、活発(かっぱつ)に採餌(さいじ)しています。

ほか、メダイチドリやダイゼン、ムナグロ、オオソリハシシギなども渡来(とらい)しています。

さて
カラシラサギが来(き)ていたので、サギをチェック。

ks-200417.jpg

コサギだ・・・

クチバシが黒(くろ)く、うしろ頭(あたま)にある冠羽(かんう)が2本(ほん)しかありませ・・・ とゆ〜か、足(た)りてない。 もう歳(とし)かなぁ。たらーっ(汗)

イノーの南部(なんぶ)で、ようやく見(み)つかりました。

kss-200417.jpg

冠羽がフッサフサ。exclamation

理屈(りくつ)では
足(あし)の色(いろ)が判(わか)らないと、カラシラサギだか、クロサギの白色型(はくしょく・がた)かも判らないハズなのですけれど・・・ 外洋(がいよう)に適応(てきおう)したクロサギが、こうしてコサギよろしく足裏(あしうら)で水底(みなそこ)をググググググと小刻(こきざ)みに押(お)して、エサを追(お)い出(だ)すようなマネは、しないと思(おも)うんです。


ほか
アオサギにダイサギ類(るい)、チュウサギ、アマサギに、お馴染(なじ)みのクロツラヘラサギもいて・・・ さながらサギ祭(まつ)りに。exclamation&question(笑)


運動公園(うんどう・こうえん)は静(しず)かだったハズが・・・ やにわに「ギギギギギギギギ」。

moz-200417.jpg

まだいたシマアカモズと、渡りのシマアカモズが争(あらそ)っているというか・・・ 互(たが)いに興奮(こうふん)を抑(おさ)えられない様子(ようす)。


昼休(ひる・やす)み、平土野港(へとの・こう)に、カモメが。

un-200417.jpg

クチバシの色(いろ)や大(おお)きさから、すっかり成長(せいちょう)したウミネコで、全身(ぜんしん)に褐色(かっしょく)のところがなくスッキリしているので、4歳(さい)か、それ以上(いじょう)いってるハズ。

いささか同定(どうてい)に不安(ふあん)があったものの・・・ やっぱりアタリでした。

un2-200417.jpg

ウミネコは、成鳥になっても尾羽(おばね)の黒帯(くろおび)が残(のこ)るんです。ひらめき


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 カラシラサギ 】
posted by ぶん+ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月16日

まだ 居残(い・のこ)り?

きょねん、夏鳥(なつどり)のアカショウビンが前野(まえの)に渡来(とらい)したのは、あさって4/18でした。

わが家(や)のわきにいたシロハラは帰(かえ)ったようですけれど、運動公園(うんどう・こうえん)ではまだ。

sh-200416.jpg

冬鳥(ふゆどり)シロハラが、ウロチョロしています。 よほどコソコソしていましたが、春(はる)らしく、カナリ思(おも)い切(き)りがよくなりました。 けれども、サエズリの練習(れんしゅう)はサッパリ聞(き)こえてきません。たらーっ(汗)

実(じつ)は、わが家のわきでは、まだヂャッの声(こえ)がしてウグイスは残ってます。

日差(ひざ)しは、すっかり内地(ないち)の夏(なつ)の角度(かくど)になって暑(あつ)いとゆ〜か、ジリジリ熱(あつ)いのですけれど、北風(きたかぜ)が冷(ひ)やい・・・ 渡(わた)り鳥(どり)たちが力尽(ちから・つ)きて、だいぶ海(うみ)ボチャしているような気(き)がしてなりません。たらーっ(汗)

そうそう
ハシブトアジサシは、遠(とお)く前野(まえの)のあたりでフワフワしていました。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 シロハラ 】
posted by ぶん+ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月15日

チンチン日和(びより)?

雨(あめ)がパラついているけれど、出勤前(しゅっきんまえ)にトリトリデッキのまわりをチェック。

おった。exclamation カモメっぽいアジサシ。

hba-200415.jpg

おお゛〜 珍鳥(ちんちょう)のハシブトアジサシ、しかも夏羽(なつばね)です。ぴかぴか(新しい)

いつもながら、無駄(むだ)にカッコイイなぁ・・・

hba2-200415.jpg

カニを捕(と)るだけなのに。 かててくわえて、鼻(はな)の穴(あな)まで美(うつく)しいとは。ひらめき(笑)


昼休(ひるやす)み、またトリトリ。 運動公園(うんどうこうえん)を半周(はんしゅう)して、駐車場(ちゅうしゃじょう)にもどったとき、念(ねん)のためサギをチェック。

kss-200415.jpg

あ゛・・・

コサギそっくりなれど、黒(くろ)でなく黄色(きいろ)いクチバシ。exclamation

kss2-200415.jpg

しかも、そこはかとなく悔(くや)しみの漂(ただよ)う、フッサフサ感(かん)。exclamation&question クロサギの白色型(はくしょくがた)とも、スンゴイ紛(まぎ)らわしい。

コレは・・・

kss3-200415.jpg

またしても珍鳥、カラシラサギにございます。exclamation×2

ハシブトアジサシにしろ、カラシラサギにしても、国内(こくない)では滅多(めった)に見(み)られない渡(わた)り鳥(どり)、まさかの珍鳥を2種(しゅ)も。ぴかぴか(新しい) 昨宵(さくよい)から、北風(きたかぜ)でなくなったので、一機(いっき)に渡ってきたのでしょう。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ハシブトアジサシ カラシラサギ 】
posted by ぶん+ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月14日

かみつく ヤツ

きょうも、まだ北風(きたかぜ)。

イノーにいるクロツラヘラサギ3羽(わ)のうち、だいぶ成熟(せいじゅく)している個体(こたい)がいます。

khs-200414.jpg

ふっさふさの、パイナップル・ヘッド。exclamation&question でも、首輪(くびわ)のようなパターンはありません。

そこへ・・・

khs2-200414.jpg

イジワルなヤツがやってきて、足(あし)をハムッexclamation

おつぎは、かみつき。exclamation×2

khs3-200414.jpg

ナニが気(き)にいらないのでしょうか? イチャイチャする2羽がいると、やっかむヤツがいるもので・・・ ひょっとして、オッサンも知(し)らぬうちに、イチャついていたのかな???

ワルの顔(かお)。 クチバシを怪我(けが)してる?

khs4-200414.jpg

さておき、カッとなって頭(あたま)の羽毛(うもう)が立(た)ってます。 クロツラなりに、よほどイラっとしたようです。たらーっ(汗) でも、ヤッカミではモテやせんよ・・・ 世間(せけん)は、そんなに甘(あま)くない。(笑)

おや?

ku-200414.jpg

まだカワウが、ウロついていました。 腹(はら)が白(しろ)っぽいから、まだ若(わか)い個体(こたい)。 今期(こんき)は適齢(てきれい)でなく、急(せ)いて渡(わた)らずともいいのでしょう。 けれど、どこで越夏(えっか)するんだろ。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月13日

ナミヘー と ワカメ

きょうも台風(たいふう)のような風(かぜ)でした。台風

amagi-200413.png<気象庁より

平均(へいきん)で15メートルいくとは・・・たらーっ(汗)

さて
いよいよ、また生(ば)えナミヘーとワカメの収穫(しゅうかく)。

nami_waka-200413.jpg

右(みぎ)がナミヘーで、当初(とうしょ)一本(いっぽん)だけ抜(ぬ)きんでたのがあったんで。 でも名(な)のチカラか?ワカメのほうがフサフサに。exclamation&question ひとつの豆苗(とうみょう)パックだったんですが、豆腐(とうふ)パックに入(はい)らず、分(わ)けました。

味(あじ)のほうは・・・

salad-200413.jpg

やっぱりビミョ〜。たらーっ(汗) いささかキスイ。(@やまぐち/すじっぽく、かたい)

もともとオッサンは豆苗が苦手(にがて)。 だって、臭(くっさ)いんじゃもん。バッド(下向き矢印) で、一計(いっけい)を案(あん)じまして、ドレッシングにパクチーを加(くわ)え、クサさをもってクサさを制(せい)すことに成功(せいこう)しました。ひらめき(笑)

 
posted by ぶん+ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2020年04月12日

どこが ヒメだろう・・・

きょうはまた冬(ふゆ)に逆(ぎゃく)もどり。 北西(ほくせい)の風(かぜ)が、13〜14メートルほど吹(ふ)いてます。 瞬間(しゅんかん)だと20.1メートル。台風 なのに、ナミヘーとワカメは平気(へいき)みたいだなぁ。(笑)

さて
トリトリデッキのすぐ下(した)、干潟(ひがた)にたくさんいるのがシオマネキ。

hsm-200412.jpg

なかでも、ヒメシオマネキがもっとも目立(めだ)ちます。

んが・・・
オッサンが知(し)るかぎり、これほど凶悪(きょうあく)なデザインの大(おお)バサミを持(も)っているのは、このヒメシオマネキと、ソックリさんのミナミヒメシオマネキくらいなもの。たらーっ(汗) これのどこが、ヒメなんだろうと。 わがままで、ど〜しよ〜もないツンデレなうえ、猟奇(りょうき)なヒメがいたとか??? あるいは、そ〜ゆ〜のが趣味(しゅみ)なヤツが名(な)づけたとか。exclamation&question


トリトリデッキ下では、白(しろ)かカフェオレのような甲羅(こうら)のばかりですが、また赤(あか)いメスが見(み)つかりました。

hsm2-200412.jpg

メスとオスの色(いろ)の傾向(けいこう)は違(ちが)っているので、ハサミだけでない見分(みわ)けをしているのかもしれません。 オスのハサミは、争(あらそ)いでモゲてしまうこともあるので。たらーっ(汗)

ちなみに
もっと南国(なんごく)ですと、オスは水色(みずいろ)のもいるようです。 紫外線(しがいせん)の関係(かんけい)でしょうか???

左(ひだり)でチマっとしているのは、ツノメチゴガニのオス。

hsm_tcg-200412.jpg

からすれば・・・ 巨大(きょだい)に見えるんでしょうね゛〜ヒメシオマネキって。爆弾 ニンゲンの感覚(かんかく)ですと、保育園(ほいくえん)にアフリカゾウが放(はな)し飼(が)いみたいなイメージで、ちょっと踏(ふ)んづけられたり、寝転(ねころ)んで下敷(したじ)きになったら大変(たいへん)なことになりそうですけれど・・・


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ヒメシオマネキ 】

posted by ぶん+ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

2020年04月11日

冬(ふゆ) と 春(はる)の

まだ北風(きたかぜ)。 ナミヘーとワカメの水(みず)を替(か)えてから、イノーへ。

ダイサギとコサギが何羽(なんわ)かいて、ほかはオーサトリのババくらいなもの。 おっと・・・

khs-200411.jpg

たぶん、これから一歳(いっさい)になるクロツラヘラサギ。 クチバシは、まだ肉色(にくいろ)っぽい。

グランドも閑散(かんさん)としているように見(み)えて、シッカリいます。

tgm-200411.jpg

冬鳥(ふゆどり)のツグミ。 ほかにも、シロハラ、シマアカモズ、カラムクドリも「まだ」いました。 タヒバリ類(るい)は、帰(かえ)ったのかもしれない。

イノーの南端(なんたん)に鳥(とり)はサッパリでしたが、ミナミトビハゼ。

mth-200411.jpg

意地(いじ)のぶつけ合(あ)いが始(はじ)まっていて、ライバルを追(お)いかけまわしています。 7センチくらいあって、メスじゃない? と思(おも)うんですが、メスが争(あらそ)うのかは、知(し)りませんし。
たらーっ(汗)

トリトリデッキのほうへもどったとき、様子(ようす)の違(ちが)うシギ?

oba-200411.jpg

きょねん8末(まつ)ぶりの、オバシギ。exclamation チラッと、鼻(はな)の穴(あな)が美(うつく)し〜ぴかぴか(新しい)

シギたちは、それぞれビミョ〜に採餌(さいじ)する様子が、違って見(み)えるんです。 ついばみ方(かた)とか、姿勢(しせい)とか、水深(すいしん)とか、泥(どろ)のアルなしとか。

ピヤっと北(きた)へ飛(ど)んで、また走(はし)る。

oba2-200411.jpg

2羽で北を目指(めざ)しているようで、1ミリでも北へ近(ちか)づきたい意志(いし)がメラメラしているようでした。 これから、カムチャツカのさらに北へ向(む)かうための絆(きずな)は、ずいぶんアツアツそう。ぴかぴか(新しい)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 オバシギ 】
posted by ぶん+ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月10日

トリトリデッキの 地味(じみ)にイケてるとこ

相変(あいか)わらず、鳴(な)かず飛(と)ばずのトリトリデッキ。たらーっ(汗)

trtr-200410.jpg

でも、事故(じこ)が起(お)きていないのは、ラッキーだと思(おも)っています。

なんやかやで、子(こ)たちの遊(あそ)び場(ば)になることがありますが・・・ デッキの窓(まど)から落(お)っこちたりしないかと、設計(せっけい)のときから心配(しんぱい)でなりませんでした。 小(ちい)さな子にも利用(りよう)してほしいけれど、低(ひく)い窓からのりだしたら危(あぶ)ない。 一応(いちおう)、国際的(こくさいてき)な遊具(ゆうぐ)の規格(きかく)も調(しら)べて低さを決(き)めましたが、たぶん効(き)いているのは別(べつ)のこと。

フィールドスコープや、カメラのレンズの取(と)り回(まわ)しを考(かんが)えて、窓の外(そと)が広く(ひろ)くなっていますが、そのために窓わくの下側(したがわ)が、前(まえ)のめりに斜(なな)めになっています。 コレ・・・ フツーにただの四角(しか)くい穴(あな)だったら、たぶん子らが上半身(じょうはんしん)をのりだしたり、缶(かん)ジュースを置(お)いたりしたことでしょう。

建設当初(けんせつ・とうしょ)は、ほかでやってない凝(こ)った構造(こうぞう)なので、ヤリスギたかな・・・ と思(おも)ったりしましたが、使(つか)いやすさ以上(いじょう)に安全(あんぜん)につながったことは、驚(おどろ)きです。exclamation


そうそう
ドラマ特捜9で見(み)かけたモニター。

tokuso-200410.jpg

防災センターのヤツにそっくり。exclamation&question

 
posted by ぶん+ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

ウィルス感染(かんせん)?

このごろ、パソコンを起動するたんびに、ゾッとする画面(がめん)が・・・

dis-200410.jpg

コレはコレで、なんだかキレイかも。(笑)

カラーキャリブレーション≒色修正(いろ・しゅうせい)の設定(せってい)がロードされると、フツーにもどります。 家(いえ)でも仕事(しごと)をする手前(てまえ)、データカラー社(しゃ)のスパイダーエックス・プロを導入(どうにゅう)しているワケですが、この現象(げんしょう)が出(で)るようになったのは、導入してから。 でも発現(はつげん)のキッカケは、イーセット社のアンチウィルスが起動(きどう)したときなので・・・ 相性(あいしょう)が悪(わる)いのでしょうね。たらーっ(汗) どちらも必須(ひっす)のソフトなので、仕方(しかた)ない。 ちなみに、役場(やくば)のパソコンでは発現しませんから、Windows10の問題(もんだい)かなぁ。

あ゛・・・
いま、空(そら)アノ音(おと)が。 ベーグンのオスプレイが飛来(ひらい)したようです。 わが国(くに)の政府(せいふ)は騒音(そうおん)はフツーだとウソついていますが、ほかの機体(きたい)ではアリエナイほど遠(とお)くから低音(ていおん)が響(ひび)きわたるため、接近(せっきん)がバレバレになる騒音レベル。(笑)



ところで
お向(む)かいにご家族(かぞく)が引(ひ)っ越(こ)してこられてから、Wi−Fi(わいふぁい)が不安定(ふあんてい)になりました。 どうやら、混信(こんしん)が起(お)こっているようです。 わが家のWi−Fi親機(おやき)は旧(ふる)い暗号規格(あんごう・きかく)なので、Windows10が接続(せつぞく)を拒(こば)みたいようで、レンジでチンしたりして不安定になると、すぐに通信(つうしん)をカットしてしまう。 いっそ親機を買(か)い替(か)えかようかと思(おも)いましたが、アイパッドでは症状(しょうじょう)がでないので、昔(むかし)ながらの?LANケーブルにして、サクッと解決(かいけつ)。ひらめき Windows10は、アップデートのデータも膨大(ぼうだい)ですし、なにげにメンドクサイ基本(きほん)ソフトなんですよね゛〜。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!

2020年04月09日

近所(きんじょ)を 渡(わた)る・・・

ところで
小学校(しょうがっこう)や保育園(ほいくえん)にお子(こ)らが通(かよ)うようになって、スーパーのスナック菓子(がし)が戻(もど)ってきました。exclamation×2 内内(うちうち)の送別(そうべつ)や、お祝(いわ)いなどがあったのでしょうけれど、それ以前(いぜん)からオヤツで消費(しょうひ)されていたらしい。たらーっ(汗)


けさ、出勤(しゅっきん)しようと車(くるま)のドアに手(て)をかけたら、上空(じょうくう)に猛禽(もうきん)っぽい影(かげ)がexclamation&question

ssb-200409.jpg

ミラクルさんがサシバの渡(わた)りを熱心(ねっしん)に観察(かんさつ)されていたので、オッサンも気(き)にしていました。

1羽(わ)めは、カメラの設定(せってい)を戻(もど)すのを忘(わす)れて地上(ちじょう)のを記録(きろく)するようになってて、ミスってしまいました。たらーっ(汗) いつもは、対空(たいくう)の設定になってます。

また、来(き)ました。

ssb2-200409.jpg

さっきのはオスのようでしたが、こちらは眉(まゆ)がハッキリしているのでメスのよう。

結局(けっきょく)のところ3羽だけ・・・ 島(しま)でも、運(うん)がよければ見(み)られるけれど、そうそう見つからない ≒ めったに気(き)づきにくい。

秋(あき)ほどの大集団(だいしゅうだん)にはならないようなので、秋以上(あき・いじょう)にパラパラと渡るのでしょう。 秋は大集団が有名(ゆうめい)だけれど、そうでもない小集団(しょうしゅうだん)もいまから。 リアルタイムの渡(わた)りは、宮崎(みやざき)のデータを参考(さんこう)にさせてもらってま〜す。

それにしても
なぜ群(む)れる必要(ひつよう)があるんだろうか・・・ 渡(わた)りの苦手(にがて)なヤツがいるとか、もともとスンゴイ猛禽がいてサシバを食(た)べてしまっていたか、はたまた、春(はる)は気流(きりゅう)が不安定(ふあんてい)で読(よ)みづらいので、みんなで上昇気流(じょうしょう・きりゅう)を探(さが)すようになったのか・・・ ビミョ〜です。 

もし
気流(きりゅう)を探すのならば、秋(あき)が多(おお)いのも合点(がてん)がいきます。 なにしろ繁殖地(はんしょく・ち)は越冬(えっとう)地より、分散(ぶんさん)していないでしょうから。ひらめき




ところで
あすは中国(ちゅうごく)や朝鮮(ちょうせん)のソウルあたりから、PM2.5が。バッド(下向き矢印)

pm25_09-200410.jpg

うるずんのハズなのに、今(いま)もって北風(きたかぜ)が吹(ふ)が寒(さぶ)うございますが、マスクは情況(じょうきょう)からして一石二鳥(いっせき・にちょう)より以上(いじょう)に役立(やくだ)っているようです。ぴかぴか(新しい)


そもそも
島では、誰(だれ)かが感染(かんせん)して、発病(はつびょう)してから受診(じゅしん)したら最後(さいご)、その病院(びょういん)から連鎖的(れんさてき)に広(ひろ)がるし、病床(びょうしょう)も少(すく)ないので、用心(ようじん)に越(こ)したことはありません。

触(さわ)らない、近(ちか)くで話(はな)さない、要件(ようけん)は手身近(てみぢか)に。exclamation×2
 



一見(いっけん)
洗(あら)えそうにないマスクでも、再生実験(さいせい・じっけん)はできます。

効(き)かないかも・・・と思(おも)うくらいカナリ薄(うす)めた漂白剤(ひょうはくざい)に1時間(じかん)くらい浸(ひた)してから軽(かる)くしぼり、そしてまた、たっぷりドップリの水(みず)に1時間あまり浸(つ)けて漂白剤を抜(ぬ)き、きつく絞(しぼ)るとゆ〜か、タオルで挟(はさ)んで、その外側(そとがわ)をさらに新聞(しんぶん)で挟み、踏(ふ)んだりして水分(すいぶん)をキッチキチにしぼりとってから干(ほ)せば、使(つか)えるのでは? 捨(す)てるつもりのマスクで、実験(じっけん)してみましょう。 ちゃんとした漂白剤ほど、薄いほうが化学反応(かがく・はんのう)は進(すす)みやすいので、薄めるのがコツ。ひらめき 漂白するワケでなく、細菌(さいきん)より小(ちい)さいウィルスへの攻撃(こうげき)なので。exclamation

使(つか)い捨(す)てマスクの漂白・洗いは、可能性(かのうせい)の人体実験(じんたい・じっけん)だ。
exclamation×2


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 サシバ 】
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月08日

うるずん は まだ?

あと3週間(しゅうかん)で海開(うみ・びら)き、4週間で梅雨入(つゆ・い)りなのに、北風(きたかぜ)ひんやり。たらーっ(汗) 役場(やくば)の防災無線室(ぼうさい・むせん・しつ)がモワッと感(かん)じましたが、エアコンはシステムを保護(ほご)する22℃でヒエヒエのはずだったのに、北風のほうがもっと冷(ひ)やかった。バッド(下向き矢印)

しかも、風にのってメンドクサイやつが・・・

pm25-200408.jpg<tenki.jpより

PM2.5が、あの中国(ちゅうごく)からドッチャリと。たらーっ(汗)

晴(は)れて乾燥(かんそう)しているのに、やたら霞(かす)んでる・・・

tenki-200408.jpg

中国の人民(じんみん)は武漢(ぶかん)から世界(せかい)へコロナウィルスもばらまいたし、責任(せきにん)をなすりつけようと、ウソ情報(じょうほう)を次々(つぎつぎ)と垂(た)れながしています。exclamation×2 どんだけ迷惑(めいわく)な連中(れんちゅう)なのだろう。 やれやれ。爆弾

中国はアジアの癌(がん)で、朝鮮(ちょうせん)は盲腸(もうちょう)じゃね?(笑)


さて
あちこち見(み)て歩(ある)き、やっとイノーの南端(なんたん)にいました。

sa_sts-200408.jpg

シマアジと、セイタカシギ。

シマアジはコガモくらいのカモですけれど、もともと日本列島(にっぽん・れっとう)で繁殖(はんしょく)も越冬(えっとう)もしないので、飛来(ひらい)する必要(ひつよう)がないから、あまり見(み)かけません。 オスの眉毛(まゆげ)?みたいなところがシマっぽくて、食(た)べると味(あじ)がイイので、シマアジなのだそうな。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 シマアジ 】
posted by ぶん+ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月07日

借(か)り物(もの)を 登録(とうろく)

きょうは、また雨(あめ)になりました。雨 そんな予報(よほう)でしたっけ???

オッサンの鳥仲間(とりなかま)/人間(にんげん)のほうの・・・女子(じょし)から、貴重(きちょう)な画像(がぞう)をお借りして、データベースに登録(とうろく)させていただきました。exclamation

db-200407.jpg

ヤマシギが昼間(ひるま)に見(み)られるとは、なんてラッキーな。exclamation×2 よほどマメに、観察(かんさつ)されているのでしょう。 野鳥(やちょう)は、探(さが)してもそうそう見(み)つからないので、運(うん)しだい。 オッサンには出逢(であ)うことができない鳥が少(すく)なからずいますから、こうしてご提供(ていきょう)いただけるのは、とても有難(ありがた)いかぎりです。ぴかぴか(新しい)


ところで
きょうはモバイルワーカーしてました。 え゛? ヒッキーじゃないですよ。たらーっ(汗)

ai11-200407.jpg

広報誌(こうほうし)の連載(れんさい)、『シリーズ天城遺産(あまぎいさん)』電子版(でんしばん)を仕上(しあ)げるのに、HTMLをテキストエディタでチマチマ編集(へんしゅう)したりとか。 単純(たんじゅん)なHTMLを用(もち)いているので、あんまりカッコイイわけではありませんが、超低予算(ちょう・ていよさん)でスピーディに配信(はいしん)できるし、データ量(りょう)が少(すく)なくて済(す)むメリットがあります。ひらめき

今回(こんかい)は、トリトリデッキの総力特集(そうりょく・とくしゅう)だったので、オッサンの出番(でばん)。 配(くば)られるタイミングが、ちょうど渡(わた)り鳥(どり)のシーズンなので。 ただ、ネタが多(おお)すぎて、まとめるのに悩(なや)みましたが・・・たらーっ(汗) ぜひともご覧(らん)ください。exclamation

ちなみに
きょうは区長会(くちょうかい)だったんで、締切(しめきり)ギリギリだったワケで・・・

 
posted by ぶん+ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2020年04月06日

渡(わた)り鳥(どり) ウロウロ

7時(じ)まえ、イノーチェックに赴(おもむ)いたら、運動公園(うんどう・こうえん)の北入口(きた・いりぐち)のガジュマルにカラムクドリたち。

kmd-200406.jpg

そろそろ、この冬(ふゆ)の仕舞(しま)いなので、記録(きろく)しとこうかと。

と・・・ しまった、ナンか飛(と)んだexclamation その手間(てまえ)にヤツがおった。exclamation&question

8g-200406.jpg

すっかり警戒(けいかい)してます。たらーっ(汗) こんな遅(おそ)い時期(じき)に渡りとは、想定外(そうていがい)。

ヤツガシラが木(き)にとまるのは休むときか、警戒して地上(ちじょう)から避難(ひなん)したとき。 とかくネット画像(がぞう)にある樹上(じゅじょう)のカットは、警戒したときのヤツです。

トリトリデッキのまわり、満潮(まんちょう)のイノーをチェックしたれど・・・ タンパク源(げん)はゼンゼン見当(みあ)たらず、ボラもおらん。たらーっ(汗)

久(ひさ)しぶりにN水さんとお会(あ)いした直後(ちょくご)・・・ 水面(みなも)にナンか浮(う)かんでる。exclamation&question

kk-200406.jpg

5センチもない、カツオノカンムリがプカプカと。

エグいのに美(うつく)しい? クラゲの一種(いっしゅ)。ぴかぴか(新しい) 一匹(いっぴき)なのに群体(ぐんたい)で、いくつもの個体(こたい)がまとまって、ひとつのクラゲのような姿(すがた)をしています。 この個体のような群体が、交尾(こうび)できる親(おや)を産(う)む・・・とゆ〜、卵(たまご)から三段階(さんだんかい)の生殖(せいしょく)をします。 卵(たまご) >>> 群体(オス/メス)が小さい親を放(はな)つ >>> 小さいオスとメスが交尾 >>> メスが産卵、という顛末(てんまつ)。

朝(あさ)ごはんのあとも、またトリトリデッキへ。 クロツラヘラサギ3羽(わ)のほか、たくさんのダイサギやアオサギ、コサギが干潟(ひがた)に。

akas-200406.jpg

すぐ手前(てまえ)では、アカアシシギが首(くび)を縦(たて)にふって警戒してます。

西側(にしがわ)では、やや大(おお)きいシギたち。

oshs-200406.jpg

オオソリハシシギのペアです。 白(しろ)っぽいほうがメス。 「メスのほうが大(おお)きい」とされるけれど、そんな立派(りっぱ)なメスばかりじゃないみたい。

ほかにもいないか、ジロジロすると

aoas-200406.jpg

イノーのまんなかで、アオアシシギが寝(ね)てる・・・

さらに進(すす)むと、なんかモソモソ動(うご)いてるような???

smaj-200406.jpg

お゛〜 なんと、カモなのにシマアジのご夫婦(ふうふ)。ひらめき 奥(おく)にいるのは、4羽ほどいたオグロシギの1羽。 でも、遠(とお)いい〜。

上空(じょうくう)からはマミジロタヒバリの声(こえ)がしてたので、グランドもチェック。

math-200406.jpg

キョ〜レツな陽炎(かげろう)のなかにいたのは、夏羽(なつばね)らしくなったムネアカタヒバリ。 ほか、ツグミたちや、渡りのムクドリらしい群(む)れも見(み)かけました。

どういうワケか
あと一月(ひとつき)で梅雨入(つゆい)りだというのに、北風(きた・かぜ)ばかりのこのごろ。 渡りも大変(たいへん)そう。 たぶん、向(む)かい風に抗(あらが)いきれずに海(うみ)ボチャして死(し)ぬる鳥たちも少(すく)なくありません。爆弾



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ヤツガシラ カラムクドリ 】
posted by ぶん+ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) |