2014年08月04日

渡(わた)り本番(ほんばん)かな?・・・そろそろ

渡り鳥(どり)の出入(でい)りが活発(かっぱつ)になってきました。 残念(ざんねん)ながら、もうハシブトアジサシは抜(ぬ)けてしまいましたが、シギたちはボチボチ入(はい)ってきています。

kas-shs-140804.jpg

キアシシギに、ちゃっかりソリハシシギが混(ま)じりはじめています。

ほかにも、キアシシギの群(む)れと共(とも)に行動(こうどう)するシギがいます。

aas-140804.jpg

オッサンに気(き)づいて逃(に)げるキアシシギのなかから、キョヒ〜ンという乳(ちち)が巨(きょ)か?貧(ひん)か?たずねるようなセクハラな声(こえ)がしていたのはコレ。 トリトリデッキのすぐ下(した)にやってきて・・・ハサミや歩脚(ほきゃく)を振(ふ)り払(はら)い、カニミソのつまった胴体(どうたい)だけを食(た)べようとしています。 たいがい島(しま)に渡るアカアシシギは、1羽(わ)ずつ。

夕(ゆう)になり、オッサンから逃げるキアシシギを鳴(な)きマネでとどめながら歩(ある)いていると・・・大物(おおもの)です。

hrs-140804.jpg

斜陽(しゃよう)にたたずむのは、すいぶん久(ひさ)しいホウロクシギ。 ちなみにホーヒーンと鳴きますから豊(ほう)か貧(ひん)か・・・ってことで、やはり乳房(にゅうぼう)にコダワリがあるっぽいセクハラ声(ごえ)を出(だ)します。爆弾 んま゛〜運動能力(うんどう・のうりょく)からすれば、ニンゲンよりずっと進化(しんか)していますが、なにせ卵生(らんせい)ですからね〜・・・オッポイに憧(あこが)れるのも無理(むり)もないかもしれませんけど。たらーっ(汗) ちなみのちなみに、オッサンはドッチモイ〜ンです。黒ハート爆弾(オッサンの本能)

おっと、憎(にっく)きヒルギの間(あいだ)でエサを探(さが)しているのは、セイタカシギ。

sts-140804.jpg

や゛め゛ろ゛〜exclamation せっかく生(い)き残(のこ)ったウミアメンボたちを食(く)うな゛〜 できれば、大(おお)きいアマミアメンボを食ってちょ〜だいよっexclamation×2 といいたいところですけれど・・・台風(たいふう)のなか生(い)き抜(ぬ)いてきたウミアメンボたちですから、オッサンごときが心配(しんぱい)するなど心外(しんがい)でしょうね。

しかも襲(おそ)っているセイタカシギの右足(みぎあし)は、不自然(ふしぜん)です。 折(お)れかけたか、あるいはトラバサミでつぶされたのが、つながったように・・・曲(ま)がってふくらみ、くっついています。

生物(せいぶつ)の生活(せいかつ)は、常(つね)に命(いのち)がけの悲喜(ひき)こもごもに満(み)ちています。 明日(あす)が保証(ほしょう)されていないからこそ、24時間(じかん)生(い)きることへの手抜(てぬ)きがないのでしょうね。 手抜き=死(し)ですから。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 アカアシシギ ホウロクシギ ソリハシシギ キアシシギ 】
posted by ぶん+ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102143694
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック