2015年01月10日

序(ついで)があって、カモみ〜る

とりあえず・・・トリトリデッキで様子見(ようすみ)。 さっと飛(と)んできたのは、クロツラーズの1羽(わ)。

khs1-150110.jpg

川津辺(かわつべ)からやってきたので・・・そっちに仲間(なかま)が居(い)そう。

khs2-150110.jpg

木立(こだち)のなかで休(やす)むとは・・・予想(よそう)はしていたものの、器用(きよう)なもんです。 ってゆ〜か、繁殖期(はんしょくき)には樹上生活(じゅじょう・せいかつ)できるのでは? フツ・ヘラサギは樹上でも営巣(えいそう)できるらしいので。

イノーには、ず〜っと6〜13mの風(かぜ)が吹(ふ)いていて、あんまり生気(せいき)がありません。 鳴(な)きマネに応(こた)えたキアシシギのほかは・・・ハマシギ、ムナグロ、メダイチドリ、シロチドリ、ダイサギくらいなものでしょう。

久々(ひさびさ)にカーシティの東(ひがし)の池田川(いけだがわ)へ。 でも、な〜んもおらず、キビ刈(か)りの終(お)わった畑(はたけ)にハクセキレイと違(ちが)うのがいます。

tsr-150110.jpg

島(しま)で、たま〜に越冬(えっとう)しているのを見かける、ツメナガセキレイ。 

で・・・美名田(みなだ)に向(む)かう序があったので名道池(なぁみちいけ)へ。

hg-150110.jpg

まだ、おったおった。 ホオジロガモは、しっかり越冬してますね゛〜。 希少(きしょう)な記録(きろく)だけに・・まだ居てくれて、よかったよかった。 意外(いがい)に池はにぎやかで、キンクロハジロ、ホシハジロ、ハシビロガモ、オカヨシガモ、コガモ、オオバン、バンたちが浮(う)かんでいました。

さてと・・・問題(もんだい)は、いえ大問題(だいもんだい)は、この先(さき)にあります。

キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 クロツラヘラサギ ツメナガセキレイ ホオジロガモ 】
posted by ぶん+ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 不自然なこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/111197128
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック