2015年07月03日

トリトリデッキのまわり

あすは、子供(こども)たちの、あさっては大人(おとな)たちのトライアスロン。exclamation×2

トリトリデッキのまわりでは、トライアスロンの熱気(ねっき)とはべつに、それぞれの生(い)き方(かた)がありました。

na-150703.jpg

と、いいつつ・・・なぜかトライアスロンのときにやってくる、ハシブトアジサシが飛(と)びまわっています。 今回(こんかい)は、潮(しお)まわりの関係(かんけい)で7月(がつ)にズレこんだのに、ピッタリのタイミング。

足元(あしもと)には、ウミアメンボたち。exclamation×2

ua-150703.jpg

せっかく3種(しゅ)のウミアメンボたち、ケシウミアメンボ、シロウミアメンボ、センタウミアメンボたちがどっさり集(あつ)まっているので、420kbの画像(がぞう)をアップしました。 クリックにはご注意(ちゅうい)を。

ピルッexclamation、と声(こえ)がします。

cdr-150703.jpg

地元(じもと)で生(う)まれ育(そだ)ったシロチドリの幼鳥(ようちょう)。 これで、生(う)まれてから3ヶ月いかない・・・くらいなのでしょうから、鳥(とり)の成長(せいちょう)はスゴイですね。


そうそう
とかくこの時節(じせつ)、ヒナが巣(す)から落(お)ちた・・・などとウエカラメセンのニンゲンがいますが、たいがいの巣は卵(たまご)を温(あたた)めるための最小限(さいしょうげん)の間取(まどり)ですから、成長(せいちょう)のはやいヒナたちは納(おさ)まりません。 ニンゲンがに理想(りそう)とするような巣立(すだ)ちの儀式(ぎしき)?があるとは限(かぎ)りませんし、飛(と)べるから巣立つわけでもない。ニワトリなど、生(う)まれてすぐ巣立ち。移動(いどう)さえできればOKです。


そんなわけで
変(へん)なニンゲンに、誘拐(ゆうかい)されるヒナが後(あと)を絶(た)ちません。たらーっ(汗) しかも、自分(じぶん)では世話(せわ)をせず、誰(だれ)かに押(お)し付(つ)けた末(すえ)に、自分(じぶん)は優(やさ)しいなぁ・・・と満足(まんぞく)してみたり。 そもそも、外来種(がいらいしゅ)のネコやイヌ、マングースやイタチがいなければ、フツーは襲(おそ)われませんし、ヘビに食(く)われるのは、巣にいても同(おな)じこと。 くわえて化粧品(けしょうひん)やコロンなどはニオイが強(つよ)く、親鳥(おやどり)が嫌(いや)がるので、くれぐれも手出(てだ)ししないよう、お願(ねが)いします。



夕(ゆう)、Aコープで食料(しょくりょう)を求(もと)めた足(あし)でトリトリデッキへ。

sig-150703.jpg

キュイキュイるんるんと鳴(な)きマネしたところ、応(こた)えが返(かえ)ったところには、キアシシギたちとキョウジョシギ。 たぶん、キョウジョシギも最近(さいきん)に産(う)まれたヒナあらため幼鳥(ようちょう)なのでしょう。

キアシシギの鳴きマネは、アカショウビンのマネでバンバン集(あつ)まるような強烈(きょうれつ)な効果(こうか)はないけれど・・・チマチマと効果(こうか)のある、地味(じみ)な調査道具(ちょうさ・どうぐ)のようなモノでしょうか。 オッサンにとっては、意外(いがい)に役立(やくだ)っています。
posted by ぶん+ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/148497421
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック