2015年08月25日

トリたてて・・・ナニもありませんですね

台風(たいふう)のあとといえば・・・珍(めずら)しいナニかが観察(かんさつ)できるハズなのですけれど・・・

kaas-150825.jpg

トリトリデッキのすぐのところにいたのは、フツーといささかしか?違(ちが)わないコアオアシシギ。 オッサンのキュイキュイのマネに、ヤナ目(め)つき・・・たらーっ(汗)

で・・・ダマサレ上手(じょうず)のキアシシギは少(すこ)しオッサンをジロっとたあと、

kas-150825.jpg

いつものペースでエサ探(さが)し。 すっかりオッサンのキュイを認識(にんしき)しているよう。 おっとexclamation、かすかに美(うつく)しい鼻(はな)の穴(あな)が。るんるん

キュイキュイしながらトリトリデッキの外側(そとがわ)の角から下(した)を眺(なが)めると、生(い)き残(のこ)ったウミアメンボたちがコキコキこいでいます。

ua-150825.jpg

けれど、こいでいるのはシロウミアメンボと、それよりずっと白(しろ)いセンタウミアメンボだけで、小(ちい)さなケシウミアメンボは全滅(ぜんめつ)したのか?まったくいません。たらーっ(汗)


東(ひがし)へ移動(いどう)して、角(かど)の排水口(はいすいこう)へ。 やはりキュイキュイと鳴きながら、そ〜っとのぞいてみると・・・いたいた。

hs-150825.jpg

小さなヒバリシギは、キアシシギたちとともに、キュイキュイにつきあってくれました。

つきあいたくないのですけれど・・・エサ場(ば)から逃(に)げるのも面倒(めんどう)なタカブシギ。

tkbs-150825.jpg

特(とく)に警戒心(けいかい・しん)の強(つよ)いタカブシギが、オッサンのキュイでとどまるのは異例(いれい)なこと。 というのも・・・キュイにさそわれて、キアシシギがやってきてたので、オッサンを信用(しんよう)するしかない状況(じょうきょう)になってしまったのです。 でも、キアシシギでなくオッサンですから・・・ヤナ目つきに。爆弾(笑)


夕(ゆう)、まだ中潮(なかしお)だというのに、イノーはすっかり満(み)たされています。

inow-150825.jpg

この時節(じせつ)は、とても潮位(ちょうい)の高(たか)い、特別(とくべつ)なときなのです。

そのため、台風(たいふう)15号(ごう)でさしたる被害(ひがい)はなかったのですけれど・・・湾屋(わんや)のマンゴー農家(のうか)の前(まえ)の道路(どうろ)まで波(なみ)が乗(の)りあげ、河口(かこう)の砂(すな)が打(う)ち上(あ)げられていたのです。

当然(とうぜん)ながら、イノーは干潟(ひがた)でなくなっていて、シギたちは岩場(いわば)で休(やす)んでいます。

sig-150825.jpg

右(みぎ)の大型(おおがた)のシギは、チュウシャクシギたち。 ほかは、ほとんどキアシシギと間借(まが)りしている?ソリハシシギ。

なぜか、夕ではオッサンが鳴くとソリハシシギたちが騒(さわ)ぎ、つられてキアシシギたちも騒ぐんです。

kas-shs-150825.jpg

ひょっとすると・・・ナニかの号令(ごうれい)のようなマネになっているのかもしれません。

1)さあ、これから旅に出かけよう。exclamation×2

2)さあ、アフターファイブは合(ごう)コンだ。るんるん

3)オッサンがいるところが、もっと居心地(いごこち)がいいよ。ひらめき


その証拠(しょうこ)にオッサンの上(うえ)を数羽(すうわ)のソリハシシギの群(む)れや、キアシシギの群れが旋回(せんかい)していました。

そんな状況(じょうきょう)なので、オッサンが眺めているのを気(き)にしていたアカアシシギが、気をまぎらわすために羽繕(は・づくろ)いしていたのですけれど・・・

aas-150825.jpg

オッサンを忘(わす)れて、本格的(ほんかくてき)に水浴(みずあ)びに。 きちんと警戒しないと、ダメジャン。たらーっ(汗)

そんなこんなの向(む)こうでは、サギたち。

khs-sag-150825.jpg

右端(みぎはし)のはクロツラヘラサギです。 コウノトリ目(もく)は、あまり積極的(せっきょくてき)に声(こえ)を使(つか)わないので、オッサンのマネには冷静(れいせい)そのもの。 なにしろ代表(だいひょう)のコウノトリなどは鳴(な)きません。exclamation×2 そのかわり、クラッタリングといって、クチバシをカスタネットのようにしてカタタタタタとやるのですけれど。

ともあれ
なぜ夕になると、ソリハシシギやキアシシギが騒ぎやすいのか・・・ゼンゼンわかりません。 ただ、夜(よる)は渡(わた)りのチャンスでもあります。 どこかに解明(かいめい)のヒントがあるのでしょう。 これまでは、警戒されないようにコソコソ観察するだけだったシギたちが、そこそこ身近(みぢか)な存在(そんざい)になっただけでも、オッサンにとっては進歩(しんぽ)だと感(かん)じています。



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ウミアメンボ クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162253495
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック