2015年10月10日

不眠(ふみん)と知恵比(ちえ・くら)べ

ヒミツにしていましたが・・・この半年(はんとし)、天井裏(てんじょう・うら)のネズミの音(おと)で、眠(ねむ)れない日々(ひび)でした。

半年前に台所(だいどころ)の流(なが)しの裏からやってきて、オッサンが仕掛(しか)けておいたヒッツキ・シートを軽(かる)く踏(ふ)んで・・・学習(がくしゅう)したネズミ。

nez1-151010.jpg

ついに台所の網戸(あみど)を破(やぶ)って侵入(しんにゅう)してきたのです。 ノラネズミ?がわざわざオッサンちの台所の網戸からやってくる・・・というのは、あんまり不自然(ふしぜん)です。 おそらく屋根裏のヤツです。

天井裏で活動しているだけでは、なんぼゴキブリの多(おお)い島(しま)でも食糧不足(しょくりょう・ぶそく)。 なにせネズミ算(ざん)というほどの繁殖(はんしょく)をしますから・・・タンパク源(げん)が欠(か)かせないのです。 んで・・・オッサンの台所にやってきてもタンパク源がないので、オッサンの耳をアマガミしたりするわけです。(笑) この度(たび)は、白昼(はくちゅう)に侵入したため、ミミタブでなく、風呂(ふろ)の石鹸(せっけん)=脂質(ししつ)をたいらげていました。

では、屋外(おくがい)からどうやって屋根裏へ戻(もど)って生活(せいかつ)しているのか・・・ナゾだったのですけれど、破った網戸のあたりをウロウロのぞいていたのを見(み)たことがあり・・・さらに、天井裏や壁(かべ)のなかを移動(いどう)するときに、ハエタタキでこつこつヒツコク追跡(ついせき)したとき、寝室(しんしつ)の風通(かぜとお)しのパイプから飛(と)び出(だ)したことがありました。

nez2-151010.jpg

寝室と台所は隣(となり)になっていて、台所側のパイプが開(あ)いているのです。 わざわざ壁(かべ)を登(のぼ)り降(お)りすることはあるまい・・・と想(おも)っていたのですけれど・・・今回の網戸破りで確信(かくしん)して、ふさぎました。

で・・・Aコープでヒッツキ・シートを買(か)い増(ま)して、セットしたところ・・・きのうのログを書(か)いていたとき、視線(しせん)の先(さき)・・・居間(いま)をテケテケ走(はし)っていました。 寝室にホコリがあったので、そちらに仕掛(しか)けていたのを、居間と出口(でぐち)に展開(てんかい)。

nezmitoriz-151010.gif

これがネズ見取図(みとりず)。 おそらく半年前の学習ネズミだろうから、居間へチーズをトッピングして配置(はいち)したヒッツキには反応(はんのう)せず、網戸か流し裏の穴(あな)から脱出(だっしゅつ)することを優先(ゆうせん)すると読(よ)み、さらに学習したヒッツキを飛び越(こ)えることを予測(よそく)して、台所へのヒッツキを二重化(にじゅう・か)しました。

そしてやはり、ひとつめに触(ふ)れた跡(あと)があり・・・二重化したヒッツキを飛び越しざまに、下半身(かはんしん)がヒッツキにヘバリついた状態(じょうたい)で捕獲(ほかく)しました。

nezmitori-151010.gif

辛(かろ)うじてオッサンが勝(まさ)った・・・半年の結末(けつまつ)でした。 もっとジャンプされていれば・・・いまごろオッサンは、また耳を咬(か)まれていたログになっていたかもしれません。たらーっ(汗)

さて
屋根裏へのパイプをふさぎましたが、あとひとつ床下(ゆかした)の風通し・・・ガラリが破損(はそん)したところがあり、そこから出入(でい)りしているかどうか・・・が残(のこ)っています。 ネズミたちが、どのくらい粘(ねば)り強(づよ)いのか、まだいささか不眠のネタは続(つづ)くかもしれません。

オッサンとしては、ハブやアカマタを恐(おそ)れてネズミは地上近(ちじょう・ちか)くで出入(でい)りはしない・・・と想いますが、もし出入りすれば、オッサンちの台所へハブ・・・ということもあり得(う)ることになります。

どうなりますことやら。
posted by ぶん+ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165376258
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック