2016年06月03日

ケシウミアメンボ、当(あ)たり年(どし)?

トリトリデッキの下(した)には、うじゃうじゃと・・・

kua-160603.jpg

ケシウミアメンボは大(おお)きくても2ミリほど。 毎年(まいとし)ここらに集まるのですけれど・・・今(こ)年は多(お)いめ。 オイイ=山口弁(やまぐちべん)のオオイ。

ずいぶん、ペアで合体(がったい)しているのが多いいですね。

kua2-160603.jpg

いっそう、うじゃうじゃするつもりのよう。たらーっ(汗) こうして集(あつ)まるのは、風(かぜ)を避(よ)けているのでなく・・・それに託(かこつ)けて集団見合(しゅうだん・みあ)いしているのでは???(笑)

その、はるか北(きた)には・・・コウノトリ。

kt-160603.jpg

やっぱり陸(おか)はエサがショボショボなのでしょう。

海(うみ)は生命(せいめい)の根源(こんげん)ですからね゛〜。 多様(たよう)なエサが豊富(ほうふ)です。 それにしても、コブラ科(か)のウミヘビも大丈夫(だいじょうぶ)なのですね。たらーっ(汗) ただ、ウミヘビは口(くち)が小(ちい)さいので攻撃(こうげき)には適(てき)さないようです。 しかも水揚(みずあ)げされてしまうと、ISSから戻(もど)った宇宙飛行士(うちゅう・ひこうし)のように体(からだ)がズッシリ重(おも)いので、自由(じゆう)がきかないのでしょう。 沖縄(うちなー)では食(た)べるそうですから、オッサンも元気(げんき)をつけるために食(しょく)してみようかな゛〜、それよりハブのほうが効(き)きそうな気(き)がしないでもないですけれど・・・たらーっ(汗)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ケシウミアメンボ ウミアメンボ 】
posted by ぶん+ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175551448
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック