2016年06月22日

イノーのあれやこれや

梅雨明(つゆあ)けの、澄(す)んだ空(そら)の時分(じぶん)を・・・オッサンは勝手(かって)に奇跡(きせき)の晴(は)れ間(ま)と呼(よ)んでいますけど、そうなってません。

tenki-160622.jpg

ど〜も、湿気(しっけ)の霞(かすみ)がとれていない。 夜(よる)の銀河(ぎんが)もスッキリしない。 温暖化(おんだんか)は、大気(たいき)の水分(すいぶん)と動(うご)きが増(ま)すことでもあるので・・・たらーっ(汗)

ame-160622.gif

西日本(にしにっぽん)では、大雨(おおあめ)になっています。

トリトリデッキのすぐ下(した)にはウミアメンボやケシウミアメンボ。

under-trtr-160622.jpg

さらにその下の魚(さかな)と、白(しろ)いポチポチのなかには・・・

under-trtr-zoom-160622.jpg

よ〜くジロジロすると、3センチくらいのエビたちが泳(およ)いでいました。 このエビがナニモノなのかは同定(どうてい)できてません。 ちょ〜一般的(いっぱんてき)なのでしょうけれど・・・

そのはるか北(きた)のイノーには、コウノトリ。

kt-160622.jpg

ゆらぐ陽炎(かげろう)で見(み)えづらいのですけれど・・・デジタルでズーム。

ktzoom-160622.jpg

右足(みぎあし)の黒赤(くろあか)こそ見(み)えづらいですけれど、青黄(あおき)の足環(あしわ)は確認(かくにん)できますから、十中八九(じゅっちゅうはっく)コーちん=コウノトリJ0066です。ひらめき


にしても、あぢ〜ですね・・・お陰(かげ)で、シャワーがぬるま湯(ゆ)になってくれるので、ガス代(だい)がかかりません。(笑)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ウミアメンボ コウノトリ 】
posted by ぶん+ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175787306
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック