2016年10月20日

ガセを食(た)べ / 記(しる)しながら 配信(はいしん)るんるん

昼休(ひるやす)み、天城集落(あまぎ・しゅうらく)の記念写真(きねんしゃしん)の仕上(しあ)げのお代(だい)をいただいて・・・イマイチ腹(はら)がすいていないので、イノーへ。

役場(やくば)を卒業(そつぎょう)された男子(だんし)が、カニ網(あみ)を放(ほう)るのを横目(よこめ)に・・・タモ網(あみ)を携(たずさ)えてウロウロ。 というのも、おとといシュノーケリングしたダメージで、きのうは起きられなかったので、ゴッツイ栄養(えいよう)が必要(ひつよう)だな・・・と感(かん)じていました。ひらめき

g-161020.jpg

お゛〜 元気なオス。 ガッチリとタモ枠(わく)をはさんでいます。exclamation ちょい離(はな)れてメスがいましたけど。たらーっ(汗)

はさんでいるハサミは、貝(かい)を割(わ)るという伝説(でんせつ)が根強(ねづよ)い、太(ふと)いほうのハサミ。

g2-161020.jpg

かと思(おも)ったら・・・実際(じっさい)は食(た)べる用(よう)のほう。 タモ枠をはさんだのは、攻撃(こうげき)に際(さい)して体(からだ)の角度(かくど)を固定(こてい)するためのよう。 賢(かしこ)い。exclamation×2

しかしま゛〜網がグジャグジャで、身動(みうご)きとれないでしょうに。たらーっ(汗)

夕(ゆう)ごはんまでにグーグーになるよう、軽(かる)くごはんを食(た)べてからシゴ(@やまぐち=したごしらえ)します。 ど〜せ網がからまっているからと、そのままタライに水を張(は)って、ワキというワキを歯(は)ブラシでシャカシャカきれいにします。るんるん ハサミが動(うご)けないので、思(おも)わぬラクチン感(かん)。ぴかぴか(新しい)

そのあと
オッサンの向(む)こうになる片側(かたがわ)の足(あし)を網からていねいに外(はず)してやり、タモ網をゆすると・・・ホイ と逃(に)げ出(し)ましたね。 ガセはからまっているのはイヤですけれど、逃(に)げるチャンスがくるまでは、からまっていたがる。

両(りょう)のハサミをそっと捕(つか)まえてやると、バンザイしたまま固(かた)まるので、水(みず)を張(は)ったボウルへ。

g3-161020.jpg

もうすっかり、ワキがキレイになりスッキリさっぱりしたアミメノコギリガザミ。 いささか争(あらそ)ったあとはあるけれど、脱皮(だっぴ)してから間(ま)が経(た)っていない新鮮(しんせん)な?オス。

釜茹(かまゆ)でにする前(まえ)に手(て)を合(あ)わせ、絶命(ぜつめい)させました。

g4-161020.jpg

重(おも)さはソコソコ。 ざっと3500円。 さりとて肉(にく)が溶(と)けていると、重さほど身(み)がなく、身が溶(と)けたフワフワ物体(ぶったい)に満(み)たされています。

ミソが散(ち)らないよう、今回(こんかい)はグラグラ沸騰(ふっとう)させませんでした。

g5-161020.jpg

ミソがしっかりと保(たも)たれてトロトロです。ひらめき ていねいエラをもいで、細(ほそ)い流水(りゅうすい)でブラッシングしました。

汁(しる)にするには、もっとも幸(しあわ)せる場面(ばめん)が欠(か)かせない。

g6-161020.jpg

ハサミをもいだときに、プリッと出(い)でる肉(にく)にございますっ。exclamation×2 半生(はんなま)でグミグミする食感(しょっかん)が、んも゛〜〜〜タマランのですっ。るんるん

分解(ぶんかい)したり、出汁(だし)がでるよう歩脚(ほきゃく)に切(き)れめを入(い)れたりして、ひと煮立(に)たちさせつつポン酒(しゅ)と味噌(みそ)を少々(しょうしょう)。 やはりグラグラさせないで寸止(すんど)めし、午後(ごご)の仕事(しごと)へ。


* * * * * * * * * * * * * * * *
 * * * * * * * * * * * * * * * *
  * * * * * * * * * * * * * * * *



愉(たの)しみにしていた夕(ゆう)、Aコープのプレミアプムモルツやヱビスビールは旧(ふる)くなっていたので、仕方(しかた)なく一番搾りにして家路(いえじ)へ。

g7-161020.jpg

ずいぶん久(ひさ)しい生(なま)ビールをいただきながら、このごろのビールは雑味(ざつみ)が多(おお)いなぁ・・・と感じ(かん)じつつ、プリプリの身をいただく愉(たの)しさといったら、んも゛〜exclamation×2 ハサミの身はピチピチに詰(つ)んでいます。

それにしても
ミソはどうもニガいだけで、甘(あま)みがありません。

g8-161020.jpg

おそらく、ミソが旬(しゅん)となるのは産卵期(さんらんき)の夏(なつ)のはじめ、ほくほくウマウマなのは時節限定(じせつげんてい)なのでしょう。

で、タモ枠をはさんでいたハサミはというと・・・

g9-161020.jpg

細(ほそ)っています。 偶然(ぐうぜん)でしょうか? おそらく、酸素(さんそ)もないままに必死(ひっし)で枠をはさみつづけたために、筋肉(きんにく)を燃料(ねんりょう)として消費(しょうひ)したのではないか・・・と。 ニンゲンにも、似(に)たような機能(きのう)があります。

ガセを知(し)り、ノウハウを貯(た)めて、もっともっともっとウンマイ料理(りょうり)をこさえたいものです。 ありがたいことに、特太(とくぶと)の島(しま)バナナもいただいたので、ガセとともに栄養のバランスはイイ感になりました。ぴかぴか(新しい)

22:30 しまいにございます。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ノコギリガザミ アミメノコギリガザミ 島バナナ 】
posted by ぶん+ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177330684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック