2018年04月08日

アマミノクロウサギ観察小屋 なのにexclamation&question

天気(てんき)が好(い)いので、仕事(しごと)のネタ集(あつ)めに。 当部(とうべ)の観察小屋(かんさつごや)の看板(かんばん)が直(なお)ったらしいので、確認(かくにん)に。

ar2-180408.jpg

なんじゃこりゃ゛ 木目(もくめ)を全(まった)く無視(むし)したダッサダサの書体(しょたい),そのうえ名称(めいしょう)まで短絡(たんらく)しています。exclamation×2 かててくわえて、両(りょう)わきが空(あ)いているのに、文字(もじ)が長体(ちょうたい)かかって細(ほそ)うなってるし、なんちゅ〜非常識(ひじょうしき)な。たらーっ(汗) 格好(かっこう)わるすぎ。

ここは「アマミノクロウサギ観察小屋」という名称(めいしょう)で、役場(やくば)の施設名(しせつめい)を勝手(かって)に変(か)えるのは問題(もんだい)。

ar-180408.jpg

しかも、自然遺産(しぜん・いさん)になろうかというのに、ひとつのブランドのようなアマミノクロウサギの名(な)を短絡してしまうのは、カナリまずい。たらーっ(汗)

企画課長(きかく・かちょう)が変(か)わってから、やたら看板のコストをカットするようになりましたが・・・もともと企画は投資(とうし)してナンボですし、看板は宣伝(せんでん)なので、値切(ねぎ)ってダサダサの看板は、貧乏(びんぼう)を宣伝するようなもの・・・という認識(にんしき)がないようですね。たらーっ(汗)

とりあえず、間違(まちが)った名称を看板にしてはダメでしょうから、本来(ほんらい)ならやり直し・・・でしょうけど、ね。 どうしてこう、役場(やくば)のやることは、とかく完成度(かんせいど)が低(ひく)いというより、無(な)いんでしょうか・・・やっぱり、シマンチュの民族性(みんぞくせい)ってことでしょうか。exclamation&question

 
posted by ぶん+ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182927892
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック