2018年05月11日

アメフラシは 島にもいたexclamation

アメフラシ・・・ シマンチュにとっては、どこかの伝説(でんせつ)かウルトラマンに対峙(たいじ)した怪獣(かいじゅう)の名(な)ではないか・・・と思(おも)うかもしれない、海生生物(かいせい・せいぶつ)。

アンモナイトの子孫(しそん)にして、貝(かい)やタコ、イカ仲間(なかま)であり、つっつくと紫色(むらさきいろ)の汁(しる)をモワ〜っとだす、20センチくらいになるナメクジみたいなヤツです。


過日(かじつ)、湾屋(わんや)で釣(つ)りしてボーズだったのをヒミツにしていましたが・・・そんとき見(み)かけた緑(みどり)のアメフラシっぽいヤツ。

maf-180511.jpg

釣れないとき、ついついナニか探(さが)してしまうもので。たらーっ(汗) 4センチくらいでしょうか。 そのままポン酢(ず)につけて、プルっといけそうな感(かん)じだったので南大東島(みなみだいとうじま)の磯(いそ)でも見かけたときから10年(ねん)あまり・・・ずっと気(き)になってました。たらーっ(汗)

maf2-180511.jpg

それにしても
○○アメフラシ/○○ガイ/○○ウミウシ/○○×△□なのか、サッパリ判(わか)りません。 さらに・・・あんまりカモフラージュが上手(うま)いのか、まったく興味(きょうみ)をもたれなかったからか・・・なかなか情報(じょうほう)が見つからない。 ようやく見つかったのは「ミドリアメフラシ」・・・・・・ まんまやないかぁ゛〜いexclamation×2(笑) 



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 アメフラシ ミドリアメフラシ 】
posted by ぶん+ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183208901
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック