2018年07月26日

ガセの 狩(か)り練(れん)・・・

炎天(えんてん)で気温(きおん)は高(たか)めながら、北風(きたかぜ)は風は涼(す〜)しい。、ど〜もPM2.5で霞(かす)んでいるようで、え゛っらい視程(してい)が利(き)かない。たらーっ(汗)

とはいえ、暑(あつ)さは一入(ひとしお)で、暑(あつ)い風と涼(ずす)やかな風がムラになったまま、干潟(ひがた)を渡(わた)ってきます。いい気分(温泉)

炎天では、トリもムシも鳴(な)かないから、ずいぶん静(しず)か。 なんとなく干潟を眺(なが)めて歩(あゆ)んでみれば・・・

kas-180726.jpg

外来種(がいらいしゅ)メヒルギの影(かげ)で休(やす)む、キアシシギ。 なんの利(り)もない、だメヒルギと思(おも)っていたけれど、日陰(ひかげ)くらいは利になるらしい。

おや゛? 甲幅(こうふく)6センチくらいのノコギリガザミが、陸(おか)へ揚(あ)がったり、もどったりしてます。

g-180726.jpg

どうやら、チラチラしているナニかの稚魚(ちぎょ)や、水面(すいめん)をスイスイするウミアメンボに刺激(しげき)されているよう。

g2-180726.jpg

ジワッと寄(よ)っていき・・・

とりゃっexclamation×2 

g3-180726.jpg

と、空振(からぶ)り・・・の連発(れんぱつ)。バッド(下向き矢印) 雑食(ざっしょく)だけど、狩りできないと、立派(りっぱ)なガセにはなれません。

なんべんか失敗(しっぱい)すると、陸に上(あ)がって、ウオオオオ!のように両(りょう)のハサミを左右(さゆう)に広(ひろ)げて、威嚇(いかく)のポーズをするのですけれど・・・たぶん、憂(う)さ晴(ば)らし。ひらめき(笑)

し・・・失敗(しっぱい)じゃねぇぞぉ゛〜exclamation 連週(れんしゅう)に決(き)まってんだろぉ゛〜exclamation&question 的(てき)な???


カニは昆虫(こんちゅう)とおなじで、神経(しんけい)の反射(はんしゃ)だけで生活(せいかつ)していると信(しん)じていましたが、やや知能(ちのう)があるかもしれませんね゛〜。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 キアシシギ ノコギリガザミ アミメノコギリガザミ 】
posted by ぶん+ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184012917
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック