2018年08月09日

ウミアメンボ と エビ

イノーのウミアメンボ、絶好調(ぜっこうちょう)。exclamation×2

ありゃ゛?

ua-ebi-180809.jpg

下(した)には、ミッチリとエビ。 しかも、卵(たまご)をかかえているもの、かなりいるような・・・ひらめき

一見(いっけん)、うまそうですけれど・・・エビはとくに藻類(そうるい)などを食(た)べるので、このところの気候変動(きこうへんどう)で、毒(どく)のある藻類が増(ふ)えていると、ウカツに食(た)べられません。たらーっ(汗) フグにしろ、スワシン(バラハタ)やハーナ(バラフエダイ)、アオブダイやクロモンガラなどの毒のもとは、藻類が生産(せいさん)したもの。

これまでは安心(あんしん)だったとしても、今(いま)も安心とは、とても謂(い)えない時代(じだい)になりました。 やたらに食(く)らって、末代(まつだい)までの恥(はじ)にならぬように。

それでなくても
島(しま)ではイセエビやカノコエビの網(あみ)にかかったオウギガニの類(たぐい)を食(く)らって、死(し)に絶(た)えかけた一家(いっか)があったそう。バッド(下向き矢印) 食らうならドッサリ・・・というシマンチュらしい気前(きまえ)の食い意地(いじ)が、バッチリ災(わざわ)いするワケです。たらーっ(汗)

知(し)らぬが仏(ほとけ)・・・って、そ〜ゆ〜コト。exclamation&question


 
posted by ぶん+ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184135294
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック