2018年08月13日

出土(しゅつど)した ナゾ・・・

島(しま)の遺跡(いせき)からたくさん出土する、カサガイのたぐい。 オッサンはスゴ〜く気(き)になっているのに、学芸員(がくげいいん)のグッシーとか専門家(せんもんか)はスルーなのだそうです。・たらーっ(汗)

shell-180813.jpg

だってコレ・・・ど〜やって捕(と)ったん。exclamation&question

マイナスドライバーを用(もち)いたところで、さっぱり捕ることの敵(かな)わぬ現代人(げんだいじん)がゾロゾロいるのに・・・6000年もまえに、ど〜やったんですか。exclamation&question オッサンは切実(せつじつ)に気になるワケで。 もちろん、水中(すいちゅう)にいるときにクルクル動(うご)いてれば、そこへ竹(たけ)べらをサクッと差(さ)し入(い)れて捕られるでしょうけれど・・・そうまでして捕るほどのモンじゃない気がします。 むしろ、叩(たた)き割(わ)ってしまったほうが、お手軽(てがる)なのに。たらーっ(汗)

石器時代(せっき・じだい)は200万年(まんねん)もまえからでしたし、「技(わざ)あり」なテクニックがキチンとあったハズなのに・・・今(いま)やヘナチョコなニンゲンばかりになってしまった。

ニンゲンは、ホントに進化(しんか)した生物(せいつぶ)なのでしょうか???


ほかにも
出土する遺骸(いがい)から、意外(いがい)な事実(じじつ)がありそうなのに、スルーされているような。たらーっ(汗) ちなみに、奄美大島(あまみおおしま)や徳之島(とくのしま)では絶滅(ぜつめつ)した・・・とされるアオミオカタニシは、今(いま)のところ出土しておりません。 保存状態(ほぞん・じょうたい)のいいアレコレがたくさん出土する島(しま)なので、古(ふる)うて新(あたら)しいナゾは、まだまだあるんじゃなかろか・・・と思(おも)えてなりません。ひらめき


 
posted by ぶん+ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184166083
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック