2018年08月19日

カワニナの ナゾ

西阿木名集落(にしあぎな・しゅうらく)の西(にし)にある、下原(シュウバル)、標高(ひょうこう)90mくらいある石灰岩(せっかい・がん)の台地(だいち)で、川(かわ)はありません。 まえに、そこの泉(イジュン)にいるカワニナをログったことがありました。 あのときは、シュウバルのカワニナは、田(た)んぼがあったころ、イネにからんで定着(ていちゃく)した・・・と思(おも)っていました。

でも
稲作(いなさく)のはるかまえ、6,000年まえにもいたのです。exclamation×2 とゆ〜か、古代人(こだいじん)は、どんだけカワニナ食(た)べてたん?(笑)

kn-180819.jpg

4センチはある大型(おおがた)のカワニナ。 トウガタカワニナのたぐいでもなく、たぶんフツーのカワニナが、南国(なんごく)ゆえにデカくなったと考(かんが)えられます。 石灰岩台地のカルシウム豊富(ほうふ)な湧(わ)き水(みず)で育(そだ)ったお陰(かげ)で、殻頂(かくちょう)=とがった先(さき)っちょまで、しっかり残(のこ)っています。 フツー、淡水(たんすい)の巻貝(まきがい)の殻頂は、カルシウム不足(ぶそく)で欠(か)けてしまうんです。 

ともあれ
カワニナは内地(ないち)にも朝鮮半島(ちょうせん・はんとう)や中国(ちゅうごく)、台湾(たいわん)にまで分布(ぶんぷ)しています。

さて
琉球列島(りゅうきゅう・れっとう)の成(な)り立(た)ちを鑑(かが)みるに・・・大陸(たいりく)とべったり地(じ)つづきだったのは1,500万年くらいまえ。 トカラ列島(れっとう)が内地(ないち)と離(はな)れたのは150万年(まんえん)もまえだそう。

600万年も進化(しんか)しなかったというアマミノクロウサギがいるくらいですから、1,500万年くらい進化しなかったカワニナがいてもええじゃろ・・・と考(かんがえ)、ホッと一息(ひといき)。ひらめき

ん゛exclamation&question

そ〜じゃないですよね。 じゃあ、ドデカイ大陸(たいりく)にカワニナが広(ひろ)まったのは、全土(ぜんど)を襲(おそ)った大洪水(だいこうずい)でもあったとか・・・たらーっ(汗) ノアの箱舟(はこぶね)のだと、もっともっと最近(さいきん)でしょうから・・・水中(すいちゅう)のカワニナが、カタツムリよりも分布(ぶんぷ)が広(ひろ)いなんて、どゆこと???

【仮説】(かせつ)その1
カワニナは卵胎生(らんたいせい)で、子貝(こがい)を産(う)むのですけれど・・・その状態(じょうたい)でハゼなどの魚(さかな)に食(た)べられ>>>サギなどの鳥(とり)を経(へ)て分布(ぶんぷ)を広(ひろ)げる。

【仮説】その2
狩猟採集(しゅりょう・さいしゅう)が基本(きほん)だったホモ・サピエンスですけれど・・・勝手(かって)に増(ふ)える食糧(しょくりょう)を、持(も)ち歩(ある)いていた可能性(かのうせい)もあります。 ニンゲンは、川(かわ)や湧(わ)き水(みず)が必要(ひつよう)で、カワニナはそこで育(そだ)つので、便利(べんり)な食糧(しょくりょう)だった、とか?

【仮説】その3
神代(かみよ)の昔(むかし)、ナンチャラノミコト?が国造(くに・づく)りのとき、民草(たみくさ)のために、食料(しょくりょう)となるカワニナを各地(かくち)に広(ひろ)めて歩(ある)いた。 ツマミになるから個人的(こじんてき)に好(す)きだった・・・のかも。(笑)

【仮説】その4
卵(たまご)を持(も)ったメスは、わざとサギなどに見(み)つかりやすい浅瀬(あさせ)にいて・・・あるいはエサとなる藻類(そうるい)が多(おお)い浅瀬にいるところをサギなどに食べられ、ミッチリと蓋(ふた)を閉(し)めて卵(たまご)を守(まも)り、鳥類(ちょうるい)を利用(りよう)して移動(いどう)する。 カタツムリがメジロに食べられ、フンのなかから生(い)きて見(み)つかったという実験結果(じっけん、けっか)もあるので。


オッサンとしては「その4」かな。 カワニナのみならず、タニシにしても、すごくアタリマエにいるんですけれど・・・・・どうやって分布を広げたのか、サッパリわかりません。


ところで
今宵(こよい)は、あまぎまつり。

fireworks-180819.jpg

キッチンから、ガジュマルごしに仕舞(しまい)の一発(いっぱつ)が見(み)えました。

カメラを構(かま)えていた、すぐわきの面格子(めんごうし)には

skm-180819.jpg

サトクダマキモドキがいました。 クダマキとは、紡績(ぼうせき)に用(もち)いる軸(じく)が単調(たんちょう)な音(おと)を出(だ)すことから、グダグダ同(おな)じようなことを繰(く)り返(かえ)し語(かた)るヨッパライや、ひたすらガチャガチャ鳴(な)くクツワムシなどを表(あらわ)しているそうです。


 
posted by ぶん+ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184214405
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック