2018年09月01日

運動公園(うんどう・こうえん)から 観察(かんさつ)できるもの

玉子(たまご)の特売(とくばい)のまえに、トリトリデッキのまわりからチェック。(笑)

khs-180901.jpg

クロツラヘラサギが採餌(さいじ)してま〜す。 トリトリデッキのイメージ・キャラクターでもあり、四季(しき)をつうじて、必(かなら)ずいる・・・という設定(せってい)となっております。ひらめき

地味(じみ)でマニヤックなのが、トリトリデッキすぐ下(した)の角(かど)にいます。

ua-kua-180901.jpg

ウミアメンボとケシウミアメンボ。 たくさん群(む)れているのが、ほかにないポイントのようです。 その下にエビや稚魚(ちぎょ)が観られることもあります。

夏場(なつば)の炎天下(えんてんか)、干上(ひあ)がったイノーといえば、ガセの甲羅干(こうらぼ)し。exclamation&question

g-180901.jpg

甲幅10センチくらい、2年目(ねんめ)くらいかな?

ナナメになった半身浴(はんしん・よく)みたいですと・・・巣穴(すあな)が酸欠(さんけつ)で、呼吸(こきゅう)しに出(で)てきているみたいです。たらーっ(汗) 足(あし)の付(つ)け根(ね)を水(みず)にひたし、空中(くうちゅう)の口(くち)から吐(は)きだし、また足の付け根にもどして循環(じゅんかん)させると、酸素(さんそ)が補給(ほきゅう)できるようです。

イノーをジロジロしていたとき、やにわに背後(はいご)からキュワイの声(こえ)。exclamation

sekka-180901.jpg

いろんな意味(いみ)で風当(かぜあ)たりの強(つよ)い、弓道場(きゅうどうじょう)の柵(さく)から、オッサンに声(こえ)をかけたのは、スズメより小(ちい)さなセッカ。exclamation&question チチッチチッチ・チ・チ・チ・チ・チと舌打(したう)ちすると、ライバル心(しん)を燃(も)やすことがヨクある。ひらめき なしてオッサンに声(こえ)をかけてきたかはナゾで、カメラに写(うつ)りたかった・・・んかな。(笑)

さてと
すんごい暑(あつ)いし、そろそろAコープへ。 あら゛?

g_hasami-180901.jpg

ドエライはさみが落(お)ちてます。たらーっ(汗) まわりのヒメヤマトオサガニたちは、せいぜい甲幅(こうふく)が2センチくらい。 貝(かい)を握(にぎ)りつぶすという、伝説の太(ふと)バサミにございます。exclamation×2 これだとキロオーバーの、痛(いた)おいしいアミメノコギリガザミ。ひらめき

いったいナニがあったんだ・・・

ちなみに
40センチはありそうな、ミナミクロダイの死(し)がいもありました。 いったいイノーでナニが起(お)こってるんだ・・・???

Aコープに着(つ)いたところ、降(お)りられない。雨

hardrain-180901.jpg

ここらだけ、いつもモーレツに降(ふ)っているようです。たらーっ(汗)




 
posted by ぶん+ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184320078
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック