2018年09月13日

仕事(しごと)のまえに リフレッシュ

午前(ごぜん)の釣りは、リフレッシュじゃ・な・い・の・か・よっexclamation×2 っと、どこからか全力(ぜんりょく)のツッコミが聞(き)こえてくるような・・・たらーっ(汗)

オッサンにとって、仕事(しごと)≒デザインも、システム・コンサルタントも、釣りも一緒(いっしょ)。(笑) なので釣りがウマイコトいかなかったウサはリフレッシュする必要(ひつよう)がある・・・という設定(せってい)なのです。ひらめき じゃあ観察(かんさつ)はどこが違(ちが)うワケっ。exclamation&question っと、またしても全力のツッコミが聞こえそう。たらーっ(汗)

だって・・・観察って、クリエイティビティ必要(ひつよう)ないから、脳(のう)がゼンゼン楽(らく)チンなんじゃもん。ぴかぴか(新しい)


イノーの南端(なんたん)あたりをブラブラしながら、キュイキュイるんるんと鳴(な)くと・・・逃(に)げそびれた被害者(ひがいしゃ)が。exclamation&question

shs-180913.jpg

鳴きながらカメラを構(かま)えるオッサンを、キアシシギのような・・・ビーム砲(ほう)レンズをもった渡(わた)り鳥(どり)・・・と認識(にんしき)しようとするソリハシシギ。(笑) すんごい怪(あや)しみっぷりで、片目(かため)で凝視(ぎょうし)してます。exclamation もともと片眼視(かたがん・し)のシギたちは、こうして片目のみの視力(しりょく)を用(もち)いたほうが、モノが見(み)えやすいらしい。 たまにコウノトリもやってました。 やはり、シギにしては怪しすぎるので、テケテケとエサを探(さが)して遠(とお)ざかっていきました。

オッサンが観察している、すぐのところをビュンビュン飛(と)んでいたのは、ツバメ=フツ・ツバメ。

tbm-180913.jpg

翼(つばさ)がこげ茶(ちゃ)なのは、たぶん幼鳥(ようちょう)だから。 いよいよ、内地(ないち)で生(う)まれた子(こ)らが、島(しま)に飛来(ひらい)しているようです。ひらめき

こんだけ観察できれば、スッキリexclamation リフレ〜ッシュ。exclamation×2


そして・・・
午後の仕事は、シリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)の電子版(でんしばん)を編(あ)むこと。 バックナンバーで予告(よこく)?してあったように、下原洞穴(したばる・どうけつ)のネタが広報誌(こうほうし)「広報あまぎ」からアクセスでき、情報(じょうほう)はさらにテンコ盛(も)りに。exclamation

ai-180913.jpg

今回(こんかい)から、実際(じっさい)に発掘(はっくつ)している学芸員(がくげいいん)のグッシーが、キャラとして登場(とうじょう)。ぴかぴか(新しい) 直々(じきじき)に解説(かいせつ)してくれることになりました。(笑)

次号(じごう)を、お楽しみに゛っ。exclamation×2



そうそう
夕(ゆう)に帰(かえ)るとき、県道(けんどう)の上空(じょうくう)を、ハヤブサの一種(いっしゅ)チョウゲンボウが飛(と)んでいました。 暑(あつ)いながらも、秋(あき)ですね゛〜。(笑)

 
posted by ぶん+ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184417014
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック