2018年10月16日

観光(かんこう)マップ、グーグル版(ばん)を

オッサンが役場(やくば)から委託(いたく)いただいている、おもてなしガイドマップの(かみ)と電子版(でんし・ばん)。

さらに
電子版は、紙っぽい見(み)た目(め)のと、多国語(たこくご)に対応(たいおう)するためのグーグルマップ版があります。



きょうは、こちらの情報更新(じょうほう・こうしん)してました。 ジビエの解体(かいたい)・販売施設(はんばい・しせつ)、山猪工房(やましし・こうぼう)やら、カンミイにクロウサギの画像(がぞう)なども登録(とうろく)。

観光客(かんこう・きゃく)が増(ふ)えてからでは遅(おそ)いので、チマチマと今(いま)のうちから情報(じょうほう)を整備(せいび)しておくのが、オッサンの好(この)み。ひらめき それと、とかくカッコツケな自治体(じちたい)は完成度(かんせいど)を求(もと)めすぎて、膨大(ぼうだい)な予算(よさん)をぶっこんでしまうけれど・・・そうじゃない。 教科書(きょうかしょ)だってウソッパチになることもあるご時世(じせい)だからこそ、わかっている情報から、すぐ公開(こうかい)しないと、お客さまが困(こま)ってしまいます。 ガイドブックなどにも、チビっとしか情報が載(の)ってませんし。たらーっ(汗)

ちなみに
ハートマークはAED=自動体外式除細動器(じどう・たいがいしき・じょだいどうき)のある施設(しせつ)で、町外(ちょうがい)ですけれど、亀津(かめつ)の病院(びょういん)や、避難所(ひなんじょ)のフリーWi-Fiも載せました。 これをダウンロードすれば、伊仙町(いせんちょう)も徳之島町(とくのしまちょう)も、すぐに活用(かつよう)できますから、ガシガシ活用(かつよう)してほしいものです。

観光と防災(ぼうさい)は表裏一体(ひょうり・いったい)ですけれど、都道府県(とどうふけん)ならいざ知(し)らず・・・市町村(しちょうそん)でそこまで情報を整備(せいび)しているところはありませんから、ぜひ全国(ぜんこく)で初(はつ)になりたいものです。 すなわち、観光と防災の島(しま)がキーワード。ひらめき

スマホやタブレットからは、こちらのQRコードでご利用いただけます。

qr_amagi_gmap.png

いざ、問(と)われたとて所在地(しょざいち)をコトバで教(おし)えられない、島の景勝地(けいしょうち)。 ぜひ、ご活用(かつよう)ください。るんるん

 
posted by ぶん+ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184697939
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック