2018年11月09日

刺身(さしみ)を 釣(つ)りたくて

ちょい早起(はやお)きして、燃(も)ゆるゴミをだしました。(笑) 島(しま)に移住(いじゅう)して、もっとも誤算(ごさん)だったのが、刺身が美味(うま)い魚(さかな)がナッカナカ釣れないこと。たらーっ(汗)

Aコープにも、このごろサッパリないし・・・も゛〜イ〜カゲン、ガマンの限界(げんかい)。exclamation×2

とりあえず
いつものイノーへ。

inow-181109.jpg

おだやかですが、おだやか過(す)ぎる・・・

こんだけおだやかなら、東(ひがし)の浜(はま)がイケそう。

hama-181109.jpg

え゛〜 コレ、オッサンが移住したころより1/3くらいじゃん。exclamation&question ここ数年(すうねん)、ず〜っと東風(ひがしかぜ)で時化(しけ)がつづいているのですけれど・・・ココまで痩(や)せてしまうとは。たらーっ(汗) というのも、ここはウミガメたちの産卵(さんらん)に大切(たいせつ)な浜なのです。爆弾

温暖化(おんだんか)は、ただ気温(きおん)が高(たか)くなったり、雨(あめ)や台風(たいふう)が強烈(きょうれつ)になるだけでなく・・・風向(かざ・む)きを変(か)え、波(なみ)で浜を削(けず)ってしまうとは・・・バッド(下向き矢印)

あれこれ試(ため)し、小一時間(こいちじかん)たつと・・・ゴリっと石(いし)に掛(か)かったようなexclamation&question

tk-181109.jpg

いや、魚(さかな)でした。 39センチあまり・・・食(た)べごろサイズ。尾(お)ビレのブルーが美(うつく)しい。ぴかぴか(新しい)

ツバメコノシロは、国内(こくない)ではあまり知(し)られていない、変(へん)な魚種(ぎょしゅ)。 たぶん、狙(ねら)って釣るのは、モノズキなオッサンくらないもの。たらーっ(汗)

波打(なみ・う)ち際(ぎわ)を回遊(かいゆう)する、変(か)わった生態(せいたい)で・・・

hama2-181109.jpg

こうして、白波(しらなみ)がゴロゴロぐるぐるの中(なか)、いかにルアーを魚(さなか)っぽくアクションさせるか・・・が、勝負(しょうぶ)どころ。 これまで、ジグ、ソフトルアー、アシストフックつきのスプーン、バイブレーションとか試(ため)しました。

そうしたら、5分後に。

tk2-181109.jpg

フラッシュJシャッドは10センチを超(こ)える大(おお)きめながら、30センチ足(た)らずのツバメコノシロであっても、気(き)にしないらしい。 けど、さすがに小(ちい)さいので、リリース。

一般的(いっぱんてき)に、内地(ないち)では捕食者(ほしょくしゃ)の長(なが)さ1/3くらいのルアーが適切(てきせつ)とされているけれど、ここ南国(なんごく)では、経験上(けいけんじょう)1/2くらいまでOKな気(き)がします。ひらめき

ともあれ
久々(ひさびさ)に、美味し糧(かて)が得(え)られ、自然(しぜん)に感謝(かんしゃ)でございます。exclamation×2


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ツバメコノシロ ルアー Polydactylus plebeius Lure japan 】
posted by ぶん+ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184901124
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック