2018年11月19日

大陸(たいりく)からの トンボ

きのう、釣(つ)りするまえに、上名道池(うえなみち・いけ)へ。 ゴクラクトンボ?のオカチャンから、スナアカネという大陸のトンボが飛来(ひらい)している・・・と教(おそ)わったので。

オカチャンは、スナアカネを限(かぎ)りなく捕獲(ほかく)したいらしく・・・偶然(ぐうぜん)というか、捕獲の見回(みまわ)り中(ちゅう)にバッタリ。

suna_a-191119.jpg<オス

お陰(かげ)で見分(みわ)けを教わったので、もう間違(まちが)えないでしょう。 そもそもオスメスとも、青(あお)いところが鮮(あざ)やかで、小(こ)ぶりなトンボでした。

その足(あし)で浜(はま)へ往(ゆ)けばよかったものを・・・うっかり当部(とうべ)へ。

sakura-181119.jpg

まだ、わずかにサクラが咲(さ)いていました。 ここで初(はじ)めて、釣りのことを思(おも)いだしたワケで・・・(笑)

昆虫(こんちゅう)は、サンプルを捕獲してナンボ・・・なのだそうで、んま゛〜鳥(とり)も魚(さかな)も最終的(さいしゅうてき)には捕獲とか血液(けつえき)のDNAだったりするのですけれど、やっぱり食(た)べるぶんだけ捕獲するのが、オッサンの好(この)み。ひらめき(笑)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 スナアカネ 】
posted by ぶん+ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185008284
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック