2018年12月02日

とんだ カモみ〜る?

昼食後(ちゅうしょくご)、公民館(こうみんかん)で投票(とうひょう)しました。 仕事(しごと)が立(た)て込(こ)んでいるので、きょうはネタ集(あつ)めに戸森の線刻画(ともりのせんこくが)へ。 あ゛・・・そうそう、ただいま工事中(こうじちゅう)なので、見学(けんがく)はできません。 オッサンもその周辺(しゅうへん)をウロウロするのみ。たらーっ(汗)

ちょうど雨上(あめあ)がりでしたから、マイマイ探(さが)しを・・・

しっかし、なんかアヂ〜な゛〜 日差(ひざ)しがキッツイです。 昼下(ひるさ)がりの気温(きおん)は、26℃くらいあったようで、小夏日和(こなつびより)だ・・・晴れ

森林(しんりん)のマイマイは朽木(くちき)で休(やす)むらしいので・・・チェック。

tkmymy-181202.jpg

お゛〜おったおった。 よ゛〜く観(み)ると、左(ひだり)のほうにはギザギザしたものがついていて、殻径(かくけい)1センチほどのトクノシマケマイマイです。 ほかのギザはどうしたんだろう。 でも、この感(かん)じですと、ゆくゆく大(おお)きくなるにつれ、殻と共(とも)にギザを足(た)しながら成長(せいちょう)するようです。 成長するほど、ギザも大きく丈夫(じょうぶ)になりますし。ひらめき

しばらく歩(ある)くと、すっかり白(しろ)くなった殻(から)。

tkskmymy-181202.jpg

殻頂(かくちょう)が、凹(へこ)になってる・・・ これが目当(めあ)ての、トクノシマケハダシワクチマイマイ。 雨上がりなら、一匹(いっぴき)くらいヌラヌラ歩(ある)いてないものか・・・と思(おも)ったけれど、マイマイはまったく歩いておらず。たらーっ(汗)

せっかくなので、350メートルあまり東(ひがし)にある、まえにトンボを観察(かんさつ)できた沈砂池(ちんさち)へ。

kamo-181202.jpg

なんですとっexclamation&question マガモたちで賑(にぎ)やかになってます。

トンボたちであふれていた水草(みずくさ)は、ほとんどカモたちに食(く)われて、スッキリした水辺(みずべ)になっていました。

ほかにも、まだいるカモ・・・

kamo2-181202.jpg

ヒドリガモとマガモのメス、こうして眺(なが)めると、ずいぶんマガモって大(おお)きいんだなぁ〜。いすれも狩猟免許(しゅりょうめんきょ)があれば、食用(しょくよう)OKなカモです。

さらに、こうして眺めると

kamo3-181202.jpg

ツヤツヤして、実(じつ)に健康(けんこう)で美味(うま)そう。ぴかぴか(新しい) いつもハギシリ顔(がお)のハシビロガモは、エグそう。(笑) ちなみに、カモのオスたち、は真冬(まふゆ)に繁殖羽(はんしょくう)になり、派手(はで)な姿(すがた)になります。 冬のうちに、パートナーを見つけるために。 オシドリ夫婦(ふうふ)と謂(い)われるのはタダの伝説(でんせつ)で・・・ウソッパチです。ふらふら

早々(はやばや)とアオサギがオッサンに驚(おどろ)いたのは平気(へいき)だったのに・・・何(なに)かを感(かん)じたのか、いっせいにカモたちは飛(と)んだ。exclamation×2 あ゛〜 なんてこった。バッド(下向き矢印)

だのに? シュッとしたオナガガモだけが、居残(いのこ)っています。

kamo4-181202.jpg

不安(ふあん)になり、草の間(あいだ)から首(くび)を伸(の)ばし、オッサンをチラチラ確認(かくにん)していました。 不安なら逃(に)げとけばよかったろうに・・・ カモたちにも、さまざまな性格(せいかく)や個性(こせい)があります。

 
posted by ぶん+ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185113893
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック