2019年01月09日

気温(きおん)も 関係(かんけー)ナシ?

exclamation&questionトリトリデッキのとこで、鳴(な)きマネも虚(むな)しく・・・ イノーには、1羽(わの鳥(とり)もおらんexclamation&question ど〜なってんだ???

ならばと、イノーの南端(なんたん)へ。

おや? やっぱり巣(す)からのぞいてます。

mth-190109.jpg

ミナミトビハゼは、繁殖(はんしょく)のために巣穴(すあな)のチムニーをこさせるハズなのですけれど・・・ 周年(しゅうねん)OKなのかもしれませんね゛〜。

ナゾなのは、ミナミトビハゼが満潮(まんちょう)になったときドコにいるのか・・・ で、おそらくダレも知(し)らぬこと。 人類(じんるい)の英知(えいち)って、ソレッポッチでいいんかなぁ゛〜。たらーっ(汗)

つぎのチムニーにも。

mth2-190109.jpg

ここから顔(かお)をだしているのは、そこそこ大(おお)きい個体(こたい)で、スペック的(てき)にはオスより大きい気(き)がします。 つまり、メスはオスが死(し)んだあとも、卵(たまご)と巣穴を守(まも)っているような雰囲気(ふんいき)。 それに、オスは短命(たんめい)ですし。

でも、学術的(がくじゅつてき)んは、オスが巣穴をこさえ、卵と巣穴を守りとおす設定(せってい)になってたハズで・・・たらーっ(汗)

こっちにも。

mth3-190109.jpg

いづれの個体も、7センチオーバーに見(み)えます。

その先(さき)へ、つらつら歩(ある)くと

sts-190109.jpg

この時期(じき)では初(はじ)めての、セイタカシギが飛来(ひらい)していました。exclamation ど〜なってんの???


世(よ)の中(なか)、不思議(ふしぎ)なことは尽(つ)きません。

wasabi-190109.jpg

コレ、ナニか判(わか)りますか??? オッサンはわさび漬(づ)けかと思(おも)いましたが・・・ 納豆(なっとう)でした。 ナットくいかんexclamation×2(笑)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミナミトビハゼ 】
posted by ぶん+ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185357361
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック