2019年01月25日

紛(まぎ)らわしい地味(じみ)さこそ タヒバリ

けさのイノーは満潮(まんちょう)。

inow-190125.jpg

ミナミクロダイが見(み)えたので竿(さお)をだしたものの・・・ダメでした。たらーっ(汗) 年々(ねんねん)、形(かた)は小(こ)ぶりになっていて、大(おお)きのでも40センチあるかどうか・・・ そうなれば、性転換(せいてんかん)してメスになってからの期間(きかん)が短(みじか)いメスで、腹腔(ふくくう)に占(し)める卵(たまご)の割合(わりあい)が小(ちい)さめなので、食(く)いが立(た)ちにくいようです。 以前(いぜん)は50センチオーバーのも見られました。


昼休(ひるやす)み、いささか潮(しお)が残(のこ)っています。

khsx4-190125.jpg

クロツラヘラサギたち4羽(わ)は、まだ歴代(れきだい)クロツラーズの休(やす)んだ枝(えだ)にいました。

けさ見かけたダイシャクシギはどこにいるのだろう・・・ と思(おも)ったら目(め)の前(まえ)にexclamation&question

dss-190125.jpg

近(ちか)いので、2羽(わ)ともフレーミングなんてムリムリ。 でも、このイノーでダイシャクシギが越冬(えっとう)するのは初(はじ)めてだから、観(み)られるだけで嬉(うれ)しい嬉しい。ひらめき

ちなみに
ダイシャクシギは、内地(ないち)でも越冬するそうで・・・ イノーは北風(きたかぜ)が強(したた)かすぎで居辛(いづら)いためにスルーされているようです。たらーっ(汗)


グランドの草地(くさち)もチェック。

mat-190125.jpg

地味ななかでも代表(だいひょう)のようなタヒバリの類(たぐ)い、しかも地味すぎる冬羽(ふゆばね)のムネアカタヒバリたち。

いささか手前(てまえ)にも。

mjt-190125.jpg

ん゛exclamation&question

ソックリですけれど白(しろ)っぽくて、シュッとした雰囲気(ふんいき)・・・ コレは違(ちが)うタヒバリ。exclamation ムネアカタヒバリは、ここまでスックと胸(むね)を張(は)らないのです。

なんちゅ〜曖昧(あいまい)なexclamation&questionと感(かん)じる方(かた)もいらっしゃるでしょうけれど、そういうモンなのです。 おそらく、群(む)れることを旨(むね)とするのがムネアカタヒバリで、群れることがフツーでないからシッカリ確認(かくにん)する必要(ひつよう)があるのがマミジロタヒバリ・・・ なのかもしれません。

それと
胸(むね)の黒(くろ)っぽいまだらが多(おお)いのがムネアカタヒバリ。 ただ・・・コレとても、ビンズイが相手(あいて)ですと、ソックリに。 そう簡単(かんたん)じゃないワケですけれど・・・ ビンズイはまた、森林(しんりん)など樹木(じゅもく)に隣接(りんせつ)した草地(くさち)にいるんです。 運動公園にも、チラっと飛来(ひらい)したことがあります。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ムネアカタヒバリ マミジロタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185438327
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック