2019年02月01日

師匠(ししょう)が やってくるexclamation×2

もともと、オッサンが野鳥(やちょう)の観察(かんさつ)を教(おそ)わった師匠が、2/10防災(ぼうさい)センターにやってきます。exclamation×2

p-190201.jpg

高木昌興(たかぎ・まさおき)博士(はかせ)は、南大東島のモズ研究(けんきゅう)において世界的(せかい・てき)な権威(けんい)となられた方(かた)で、ルアー釣(づ)りも得意(とくい)とされています。 つまり、科学(かがく)にも、アナログな技術(ぎじゅつ)にも通(つう)じ、頭(あたま)デッカチなだけの教授(きょうじゅ)とはちがってアドベンチャラーなのです。ひらめき

自然遺産(しぜんいさん)とシマの鳥類(ちょうるい)は、固有種(こゆうしゅ)もいなくてサッパリ関係(かんけい)ないように感(かん)じられるものの、ナニやら面白(おもしろ)い視点(してん)を持(も)ってらっしゃるるようです。exclamation×2

よろしかったら、2/10は防災センターへexclamation もちろんオッサンも参加(さんか)して、できるかぎり師匠へシマらしい変(へん)なツッコミ入(い)れてみたいと思(おも)います。(笑)

 
posted by ぶん+ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185480260
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック