2019年02月10日

ミナミクロダイ調査(ちょうさ)?

きょうも寒(さぶ)うい15℃台(だい)だったんですが、のっこみチヌシーズンなので、イノーへ。

inow-190210.jpg

きのうイロイロ調(しら)べたところ、ミナミクロダイは7℃でも耐(た)えられるそうなので、15℃くらいへっちゃらだろう・・・と。

ちょい派手(はで)めなルアーをチョイス。

kure-190210.jpg

蛍光(けいこう)イエローもあるんですが・・・

そんな思慮(しりょ)など、どこふく風(かぜ)。 寒風(かんぷう)のなか、2時間(じかん)ねばったもの、一匹(いっぴき)もチヌは現(あらわ)れませんでした。たらーっ(汗)

ちなみに
大小(だいしょう)いろんなサイズのセスジボラの群(む)れが6つ。 それと、40センチほどのバラクーダ(オニカマス)の幼魚(ようぎょ)が。exclamation&question ん゛〜 バラクーダがおるっちゅ〜ことは、水温(すいおん)が原因(げんいん)ではないような・・・


そういえば
島(しま)にきてすぐのころ、トリトリデッキのあたりは灌木(かんぼく)の茂(しげ)みだったんですよね゛〜。

trtr-190210.jpg

しかも、角(かど)っこの柵(さく)がなくなっていて、へんなオジサンが昼寝(ひるね)していたりして、かなりヘンテコなところでした。爆弾

 
posted by ぶん+ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185532440
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック