2019年02月18日

おしゃべりな ホシムクドリ

夕刻(ゆうこく)、そろそろチョイ早(はや)めにきりあげようかな・・・ と思(おも)うたら、許(ゆる)されないのか電話(でんわ)が。たらーっ(汗) 観光連盟(かんこう・れんめい)によれば、都会(とかい)からやってきたお客(きゃく)さまが、野鳥(やちょう)のガイドをご所望(しょもう)だそうです。

やにわにやってきて、きょうあすあさっての旅程(りょてい)だそうで・・・ 関東(かんとう)のお客さまは、せわしないなぁ。 まるで、オッサンたちを試(ため)すかのよう。 世界自然遺産(せかい・しぜん・いさん)をふまえ、ベンチマーキングにやってきたとか???(笑)

さておき
鳥好(とりず)きだったらホットケません。exclamation(笑) 空港(くうこう)にみえたお客さまにお会(あ)いし、きょうのところはガイドとは別(べつ)に、オッサンも観察(かんさつ)しておきたいポイントに同乗(どうじょう)いただきました。 けれども、オガワコマドリは出(で)てきませんしイノーは満潮(まんちょう)。たらーっ(汗) やれやれ。

とりあえず
雨天(うてん)を避(さ)けてガイドさせてもらうよう、お話(はな)ししました。 それと、あすは荒天(こうてん)になりそうだから、ガイドはできそうにない・・・とお察(さっ)しいただきましたが、友人(ゆうじん)に、時間(じかん)に融通(ゆうづう)アリアリで、さらに好奇心(こうきしん)モリモリなシマンチュがいるので、紹介(しょうかい)しておきました。るんるん ヒマはさておき、シマンチュは基本的(きほんてき)に世話好(せわ・ず)きですし、荒天がアタリマエな環境(かんきょう)で育(そだ)っているので、そのあたりはウマイコトやってくれそうですし。ぴかぴか(新しい)

わが家(や)に帰(かえ)ってきたら、キュロ・キキ・ピッピッexclamation などと、かしましい。

hmd-190218.jpg

すぐよこに生(は)えているガジュマルのあたりにやってきたホシムクドリが、本気(ほんき)で鳴(な)いていました。 のどをプックリさせ、毛(け)が立(た)っているのです。 ホシムクドリたちは、早口(はやくち)でしゃべるように鳴くのが得意(とくい)なのですが、コミュニケーションなのか、鳴きたいだけなのか・・・ サッパリわかりません。たらーっ(汗)

ともあれ
さっきのお客さまに、お見(み)せしたかったなぁ。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ホシムクドリ 】
posted by ぶん+ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185577230
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック