2019年03月08日

オシャレ な カワウ

けさは、チヌ(ミナミクロダイ)を釣(つ)るチャンスだったんですけれど・・・ そもそも、一匹(いっぴき)もいません。 かててくわえて、ボラすらもいない。たらーっ(汗)

でも、カワウたちはいました。 奥(おく)には

ku-190308.jpg

北風(きたかぜ)に羽毛(うもう)を干(ほ)しています。 満腹(まんぷく)かどうか、別(べつ)として、カワウたちにはオッサンよりもずっと魚(さかな)たちが見(み)えていますから、ボラの小(ちい)さな群(む)れもキッチリ捕(と)らえられたことでしょう。

おや? 黒(くろ)っぽいはずのカワウのなかに、白(しろ)っぽい頭(あたま)やフトモモ?が見えます。

ku2-190308.jpg

婚姻色(こんいんしょく)が出(で)ているのです。 だからといって、オスだけでなく、メスも同(おんな)じように。 なにも、オスまたはメスだけが派手(はで)になるのが婚姻色ではないようです。

さらにずっと北(きた)の岩(いわ)には、初(はじ)めてこのイノーで越冬(えっとう)を確認(かくにん)したダイシャクシギが、ポツネンと休(やす)んでいました。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 カワウ 繁殖羽 婚姻色 ダイシャクシギ 】
posted by ぶん+ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185679389
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック