2019年05月26日

ほとんど 鳥類日誌(ちょうるい・にっし)?

鳥類ばかりのマンネリで、澄(す)みません。 干潟(ひがた)が愉(たの)しいので、ついつい山(やま)へ赴(おもむ)くのをサボってます。たらーっ(汗)

晴(は)れてたハズなのに、けさは雲(くも)がやたらかかります。

kaas_kas-190526.jpg

曇(くも)ったイノーを走(はし)っていたのは、まだ居(い)つづけしているコアオアシシギと、キアシシギたち。

その10メートルもない南(みなみ)には

sts_akas-190526.jpg

セイタカシギと、アカアシシギも。

さらにイノーをジロジロしていると、大(おお)きめのシギ

css-190526.jpg

チュウシャクシギも走ってました。 いいのかな゛〜 繁殖期(はんしょくき)なのに、こんなとこで走ってても・・・たらーっ(汗)


アレがいないかと、トリトリデッキの日陰(ひかげ)でネバッテみることに。 近(ちか)くには、採餌(さいじ)しているキアシシギ。

kas-190526.jpg

カニにとっては、アニマルウェルフェアなんて、ありゃせんな・・・爆弾

きょうはずいぶん、キュイキュイるんるんと鳴(な)きかけられました。 『見(み)た目(め)はオッサン、声(こえ)はキアシシギ』な生物(せいぶつ)を受(う)け入(い)れかけているような・・・ 渡(わた)らずに、オッサンを学習(がくしゅう)するほど居つづけしているワケは、ナンなのでしょうか???

遠(とお)く、北(きた)で休(やす)むクロツラーズたちを見(み)つけました。

khs-190526.jpg

空港(くうこう)の先(さき)っちょのほうで過(す)ごすことが、多くなりました。

しこたま待(ま)った挙句(あげく)・・・ やっとこさアレが現(あらわ)れたました。

hbas-190526.jpg

ん゛〜 ハシブトアジサシが、まだ居てくれたことは嬉(うれ)しいけれど、1羽だけ。 時節柄(じせつがら)、ペアだと思(おも)ったのに、存外(ぞんがい)クールな関係(かんけい)を好(この)むのかも。台風


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ ハシブトアジサシ 】
posted by ぶん+ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186050278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック