2019年06月03日

絶好鳥(ぜっこ〜ちょ〜)exclamation×2

防災(ぼうさい)センターで仕事(しごと)を終(お)え、Aコープで買(か)い物(もの)・・・ 帰(かえ)るまえに、チョコッとだけトリトリデッキへ行(い)ってみることに。 3時(じ)のオヤツに、美味(おい)しいシュークリームをいただいたので、スキッパラ至極(しごく)に達(たっ)していなかったのです。(笑)

川津辺(こおっちぶ@しまぐち≒かわつべ)には、サギたちが群(む)れています。

sags-190603.jpg

よ゛〜く観(み)ると、クロツラヘラサギが3羽(わ)になっています。exclamation 左(ひだり)から、チュウサギX2、コサギX2、クロツラヘラサギ、ダイサギX3、クロツラヘラサギ、コサギ、カラシラサギ、クロツラヘラサギです。

やがて、潮(しお)が満(み)ちてくると、サギがやってきました。

kss-190603.jpg

希少(きしょう)なカラシラサギたちです。

たまたまやってきた、知(し)り合(あ)いのシマンチュご夫婦(ふうふ)とノンビリ話(はな)していたところ、刺激的(しげきてき)なコントラストの鳥(とり)たちが、イノーを横切(よこぎ)っていきました。

avocet-190603.jpg

このメリハリのきいた白黒感(しろくろかん)は、ソリハシセイタカシギたち。 しかも5羽。exclamation×2 これまでは、せいぜい2羽だったのに・・・

ひたひたと満ちてくるイノーに降(お)りてきました。

avocet2-190603.jpg

遠(とお)いい゛〜、けどスゴ〜イ。いい気分(温泉) 国内で5羽いっぺんに見(み)られることなんて・・・ ほとんどないようで、沖縄(おきなわ)とタイ記録(きろく)のよう。ひらめき

どこか慌(あわ)てたように、北(きた)へ向(む)かいました。

avocet3-190603.jpg

これから、バイカル湖(こ)のあたりまで、フライトせにゃならないのでしょう。 こんな時期(じき)には見たこともなく、遅刻(ちこく)は確実(かくじつ)でしょうけれど・・・たらーっ(汗)

クロツラヘラサギ、カラシラサギ、ソリハシセイタカシギがいっぺんに観察(かんさつ)できるなんて・・・ 盆(ぼん)と正月(しょうがつ)と、揚(あ)げたてアツアツのガンモドキをいただく日(ひ)がいっぺんに来(き)たようなもんです。るんるん

さっそくデータベースのトリトリデッキのとこへ記載(きさい)しておきました。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ カラシラサギ ソリハシセイタカシギ 5羽 Avocet Chinese egret Black faced spoonbill 】
posted by ぶん+ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186089976
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック