2019年06月10日

珍鳥(ちんちょう)の トリプルアクセルexclamation&question

大雨(おおあめ)つづきのあと、いきなり晴(は)れだした昼(ひる)すぎ、さっそくトリトリデッキへ。

満潮(まんちょう)のイノー、遠(とお)く川津辺(かわつべ)に集(あつ)まっている白(しろ)い鳥(とり)たち。

khs_kss-190610.jpg

クロツラヘラサギは4羽(わ)→休(やす)んでいるモッコリしたヤツ、左(ひだり)のサギはカラシラサギです。るんるん なかほどのサギはダイサギの類(たぐ)い。

ん゛exclamation&question その上(うえ)をヒラヒラと飛(と)ぶ大(おお)きめのアジサシ。

khs_kss_as-190610.jpg

遠いし速(はや)いし、サッパリ判(わか)りません。

でも、やがて手雨(てまえ)に飛来(ひらい)してくれました。

hbas-190610.jpg

ななななんとexclamation×2 夏羽(なつばね)のハシブトアジサシです。 国内(こくない)に、年間(ねんかん)でも10羽(わ)も飛来(ひらい)しない設定(せってい)なのに・・・

とゆ〜のも、こないだ2羽が飛来しているので、あと半年(はんとし)で6羽しか飛来できないことになってしまいました。exclamation×2(笑)


さておき
地球上(ちきゅうじょう)に3,000羽あまりしかいないクロツラヘラサギと、それよりずっと少(すく)ないカラシラサギ、そこへさらに、レアモノのハシブトアジサシが飛来するとは・・・ もはや動物園(どうぶつえん)を超(こ)えてしまった珍鳥ぞろいで、ビックリexclamation×2

なのに
地域防災計画(ちいき・ぼうさい・けいかく)の大詰(おおづ)めで・・・ ジックリ観察(かんさつ)するヒマがないとは、とほほほほほほ。たらーっ(汗)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ カラシラサギ ハシブトアジサシ Black-faced spoonbill Swinhoe's egret Chinese egret Gull-billed Tern 】
posted by ぶん+ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186121383
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック