2019年06月25日

クロツラーズX4 に とかとか

このところ、ゼンゼンまとまりのないクロツラヘラサギたち。 小潮(こしお)なので、満潮(まんちょう)の昼休(ひるやす)みにチェック。

khs-190625.jpg

ん゛? ヘラサギの類(たぐ)いが4つ???

せっかくなので、反対側(はんたい・がわ)からジロジロ。

khs4-190625.jpg

顔(かお)つきから、クロツラヘラサギが4羽(わ)だと判(わか)ります。 4羽になったのは、6/12以来(いらい)のこと。 荒天(こうてん)がつづいたので、見(み)つからなかったのか、減(へ)ってまた増(ふ)えたのか・・・ わかりません。


ようやく活発(かっぱつ)さがもどってきたコアジサシ。

kas-190625.jpg

そろそろ、子(こ)コアジサシがかえったので、とにかくエサを探(さが)しまわらなきゃならなくなったので、トリトリデッキのあたりまで来(く)るようになったようです。 でも、カッコヨク水中(すいちゅう)へ突進(とっしん)するものの・・・ 打率(だりつ)わるいですね゛〜。たらーっ(汗)


ところで
町長(ちょうちょう)さまが、会議中(かいぎちゅう)に職員(しょくいん)さんが、ペンをクルクル回(まわ)すのが気(き)になってシャーナイ・・・とコボシテおられました。  こうした手遊(てあそ)びは、会議(かいぎ)が退屈(たいくつ)だったり、つぎの仕事(しごと)があるからトットト終(お)わらせたい・・・気持(きも)ちの表(あらわ)れだったりもしますが・・・

ソレばかりじゃ なさそう。

そうした行為(こうい)を加速(かそく)させ、3年(ねん)くらいまえに流行(はや)ったのが、ハンドスピナーでした。 指先(ゆびさき)を刺激(しげき)したり、細(こま)かく動(うご)かしたりすると、緊張(きんちょう)をやわらげたり、脳内(のうない)をクリアにしたり、思考(しこう)の回転(かいてん)を速(はや)める効果(こうか)があるのは自明(じめい)の理(り)。 ガムを噛(か)むのと同様(どうよう)に、一般的(いっぱんてき)には無作法(ぶさほう)なんですが・・・たらーっ(汗) オッサンの知(し)る限(かぎ)り、技術屋(ぎじゅつや)など器用(きよう)さをウリにするヒトがやりやすい現象(げんしょう)のような気(き)がします。

オッサンはデザイナーで、究極(きゅうきょく)に器用な職種(しょくしゅ)のヒトツですけれど、ボールペンのクリップをギシギシやるクセがありまして・・・ それはホントに集中しているときより、ちょっとイラッとしているときにやってしまいます。たらーっ(汗)

オッサンが、パナソニックでシステムデザイナー/システムコンサルタントをしていたころ、技術屋との会議(かいぎ)で、同期(どうき)のギッチョがやってましたが、とても積極的(せっきょくてき)に思考し、発言(はつげん)してたので気になりませんでした。

町長さまが、クルクルをお気になされた原因(げんいん)は、会議のまわしかたそのものが、ダルかったから・・・ なのかもしれません。ひらめき

シマンチュは、会議が段取(だんど)りで決(き)まることすら知(し)ないから、いつもダ〜ラダラやるので、仕方(しかた)ありません。 会議にヤリカタがあるの?と思(おも)ったアナタ、とっくにダメダメですよ。exclamation(笑)

そもそも
オッサンは、島(しま)でマトモな会議(かいぎ)に参加(さんか)したことなど、ゼ〜ンゼンありませんから。バッド(下向き矢印) ソレでなくてもシマンチュはコミュニケーションがヘタなのに・・・ 根回(ねまわ)し悪(わる)すぎです。exclamation×2 決(き)めるべきコトや、検討(けんとう)すべきことをキッチリ絞(しぼ)っておき、あるいは可能(かのう)な限(かぎ)りアラユル質問(しつもん)を予測(よそく)して回答(かいとう)を用意(ようい)しておいて、時間内(じかんない)にサクッと終(お)わらせるのが会議の基本(きほん)。 シマンチュの謂(い)う会議など、ダラダラしたタダの顔合(かおあ)わせにすぎません。たらーっ(汗) ホンットにイライラして、メンドクサイから発言すらしなくなったオッサンですけれど・・・爆弾

とても困(こま)った現象(げんしょう)で・・・ これだとナイチャーにナメられて当然(とうぜん)です。

ともあれ
クルクルは、対外的(たいがいてき)な会議ではアウトでしょう。 わが国(くに)の外交官(がいこうかん)が会議でクルクルやっていたら、たぶん他国(たこく)の外交官はイラッとするでしょうね。たらーっ(汗)

役人(やくにん)なら公僕(こうぼく)として、立場(たちば)をわきまえるのは大切(たいせつ)ですし、相手(あいて)のヤリタイコトを慮(おもんばか)るのも大切なコト。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ コアジサシ Black-faced spoonbill Little Þern 】
posted by ぶん+ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186188904
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック